愛国心で理性を停止させるな 亀井静香 亀井静香は、対米従属をよしとしない、
本当の愛国者です。
「オスプレイ配備を強行した防衛相は間違っている」、「日本の防衛オタク達は、米国の機嫌をとることしか考えていない」

          
「新植民地主義について。植民地化された国は、表向き独立し、主権国家の体裁を整えているかも知れないが、事実は、経済と政治が外からコントロールされている状況のことだ」―エンクルマ


 

   
パソコンをやったことない桜田大臣がサイバーセキュリティ―担当大臣をやってるって世界中で爆笑ネタになってるけど、
これは桜田大臣が笑われてるだけじゃなく
大臣を任命した安屁総理が笑われてるだけでもなく、
そういう総理を6年間も信任している
日本国民が笑われてるんだと思えば・・・相当深刻だよ、これ。


欧州とアジアに影響拡大するロシア3大プロジェクト=ブルームバーグノルド・ストリーム2(欧州)、パワー・オブ・シベリア(中国)、トルコ・ストリーム(トルコ経由南欧向け)の3大ガスパイプラインの事。
昨年欧州の燃料需要の3分の1を露が提供した。

サンデーモーニング仏・マクロン大統領の演説が世界から注目。
「古い悪魔が再び現れつつあり…ナショナリズムは裏切りです。
それは自分さえよければ他者などどうでもよいという考え…
倫理観を抹殺する」トランプなどに対して向けられたものだろうが、一番、安屁総理に当てはまってる

英エクアドル大使館、「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ氏の弁護士ポヴェダ氏は、エクアドル政府がアサンジ氏を引き渡す可能性を示唆。米司法省がアサンジ氏を起訴し、終身刑が言い渡される可能性。






日米地位協定で米軍は、日本全土を基地として使える権利を持つ。
1960年不平等関係を結んだのは、岸信介。
アメリカは日ソ交渉に露骨に介入。
重光葵外相が二島返還でソ連と平和条約を締結しようとした際、
アメリカのダレス国務長官が、日本が二島返還で決着させるなら沖縄を永久に返還しない、と恫喝




「オレの支配下で、カネのないやつは死ぬんだよ!!」


われわれ日本国民は、今こそ勇気を持って、これ以上の移民受け入れに対して、断固NOを主張すべき時である。移民問題の答えは、ヨーロッパで完全に出ている。自己満足のための偽善者になる事は許されない。





総理が国連総会で「背後」を「せご」(せいご)と読み間違える事件が発生。
総裁選出馬表明会見でわざわざ桜島を背景にしたのはNHKの「西郷どん」を意識したと言われてますが、国連総会でも同様に意識してたのでしょうか。NHKが 「背後どん」を撮り始めるかもしれません。

水道法改正で「日本の水」がハゲタカ外資に乗っ取られる!



「栄養失調で苦しんでいる子どもにさらに絶食を強いるようなもの」

「(10%への増税は決まったことだから仕方がない)と国民が容認すれば、15%、20%へとさらに引き上げられるでしょう」と述べている。

諦めず党派を超えて反対し、阻止したいーー。

    


8%増税を自民とスクラム組んで押し通し、10%のアクセル全開の公明が

「対策に影響力」って。これ、マッチポンプの完全見本ッス。

そんなに選挙へのダメージが心配なら、増税中止に「影響力」発揮しなよ。

増税は、超富裕層と大企業に!アベノミクスで大儲けした分、負担ふやすのは当然でしょ








何かパリが大変なことになっている。燃料費高騰に抗議するデモが大統領府(エリゼ宮)への侵入を狙い、警戒線突破を狙う。革命さながら。








小沢一郎の疑獄事件には、この国の利権構造が集約されている。壮絶なパッシングのモチベーションは小沢が掲げていた政策をみればあきらかなのであり、政界、財界、官僚、米国、報道これら全ての既得権益の解体を目指したことに他ならない。



マニフェストの骨子とは

①特別会計の廃止、

②独立行政法人など外郭団体の統廃合、

③天下りによる官僚OBの不労所得の禁止、

④米国による内政干渉の排除、

⑤クロスオーナシップ(新聞社によるテレビ局経営)の禁止と電波オークション制度の導入、

⑥企業団体献金の廃止(「政党評価表」による外資支配の排除)、

⑦消費税引上げ禁止、

⑧最低賃金法の導入と非正規労働の規制強化であり、つまり政策本質とは支配体制の破壊そのものであったわけだ。