ポチヨロシクです

        ↓  ↓   
                                                                                                          




開花宣言相次ぐ中での<寒の戻り>週末花冷え。
      それにしては異常すぎる天候ですね。

日向の国の春の甲子園は早や桜散るでシテ。
未練の甲子園。
山梨・野村テェ、でかい尻はアリャァ器が違うねぇ
ゴジラ松井バンチョウ清原超えてるね。

途中経過・・・パウ爺ブログにあったが、同じことのようです

これを見ていたが
また2点入って17-3・・20-3・・・
イメージ 1
  それでも・・・・こちらを応援したくなった
イメージ 2
急成長した創立10年目、北海道大谷の昨日試合の道産子勢力の対比

ニュウヨークが600ドルを超す今年2番目に大暴落、
日本も600円を超す値下がりで引けた。 





 安屁晋三総理が「景気拡大局面は続いている」と叫んで強行しようとしている10月からの消費税10%増税。
イメージ
国会論戦では、家計消費も実質賃金も落ち込んでいる実態を突き付けられ反論不能になりました。
さらに中国、EU(欧州連合)、米国など世界経済の減速がいわれ、
「消費税増税の方針は八方ふさがりの状況」

【世界経済減速、波乱は山積】
この国で消費税増税をする狂気
 FRBもハト派に転じたように世界中が景気減速に警戒し、
米中協議、英国のEU離脱問題の行方を固唾をのんで見守っている 
そんな中、アベノミクス偽装で取り残された国が付け焼き刃のポイント還元で消費税増税とは正気なのか

3月12日 フクシマ事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人の裁判、東京地裁で結審。判決は9月19日。
3人は無罪を主張し、検察官役の指定弁護士は禁錮5年を求刑している。
国家裏ビジネス。世界分業負産業分野。プルトニューム製造秘密裏産業

浄化処理後の水には、トリチウム以外にも基準を超えた放射性物質が含まれており、東電は放出する場合は再浄化する方針。

浄化処理水が100万トンを超える2019年03月20日


浪江町仮焼却施設周辺の空撮。ここでも膨大なフレコンバッグの山が。 緑のシートの下にもフレコンバッグが保管されている
 
スゴイネ350万も投入してブログを編集アップさr多様です
貴重な資料です ぜひ
  

昨年全面改築の当主の長男坊はフクシマ詰め。
建設業で一旗揚げてるようです
改築の材料選定とか不思議でした。
言い値で決まる。
          
105億円で契約した除染請負企業の純利益56億円のうち、
43億円をその企業の役員報酬にあてていた、というニュース。
半分は税金だと憤る記事だが、ソレ政府・電力会社を「親分」とした#原発利権 による国家予算ピンハネと全く同じ。
上から下まで税金分捕り合いの国なのだーー


安屁総理がいくら「景気回復」を強調しても国民の実感はありません。
「産経」19日付世論調査
「景気回復の実感はあるか」の問いに「実感はない」は83・7%。
「朝日」同日付では景気の実感が「悪くなった」が49%
                  、「そうは思わない」41%を上回りました。
 経済指標でも、内閣府が3月7日に発表した景気動向指数に続き、
20日発表の政府の月例経済報告でも景気判断を3年ぶりに下方修正
こうしたもとで「消費税10%増税は自殺行為」

 原発問題では、安屁総理自らトップセールで進めてきた原発輸出
各国でとん挫。
世耕大臣発表の原発の電力価格に一定の価格を上乗せして安全対策費をカバーする報道もあり、「原発は安い」という言い分も崩壊中。
永田町霞が関界隈の圧倒支配、安屁一強。

ハテ?それなんですが・・・花のお江戸の前哨戦の市町村に当たる選挙。

 17日投開票された東京都台東区議選

自民党は、14人の候補を立て現職2人を含む5人が落選、1議席減。
総得票・得票率も減らし、「票の掘り起こし」にも失敗でしたね。。
また、「毎日」18日付世論調査では内閣支持率で不支持優勢に逆転。
「産経」19日付でも支持を下げ、不支持と拮抗。。

 「無党派・中間層が離れている。

参院選では比例票に影響が出る」。自民党内ではこんな見方も。
自民党議員の一人「今の自民党は外から見ているよりずっと弱い。女性を中心に、『思い上がっている』『ごう慢だ』という嫌悪感が強い」と警戒中。

【沖縄に続いて北海道知事選でも】
ロコツな「争点隠し」の風呂敷に堕した客寄せパンダ進次郞クン
 道知事選は
①カジノを含むIR誘致
②JR北海道の鉄路廃止
③泊原発の再稼働──
   と安屁政権の国策への是非が争点 
どうでもいい内容に時間を費やし約10分で演説を終え..

消費税・原発・沖縄・憲法… 民意と大きなかい離

原発輸出に固執


イメージ


写真)安屁改憲を止めようと訴える、市民連合と野党4党の共同宣伝=10日、東京・新宿駅東南口

 安屁政権の八方ふさがりは、消費税増税の問題だけではありません。
原発輸出・再稼働に固執する政策の破綻もはっきりしています。
 この間、ほとんどの世論調査で原発再稼働に反対が多数を占めてます。

安屁晋三総理自らがトップセールスで推し進めてきた原発輸出も、米国、ベトナム、台湾、リトアニア、トルコ、英国すべてでとん挫し総崩れ。
原発がビジネスとしても成り立たないことは明白です。

 原発政策をすすめる「根拠」としてきた「原発の電気は安い」との理屈も通用しなくなっています。
経済産業省は、原発で発電する電力会社への補助制度の創設を検討。「安全対策費」が高騰し、原発の発電コストが他の発電と比べて安くなくなってきているため、原発を特別扱いして価格競争力の維持を狙ってます「『原発は安い』という政府の説明は破綻。
原発ほど高くつくものはないということ」。

新基地は不可能

 沖縄名護市辺野古への米軍新基地建設の、県民投票(2月24日)で「新基地ノー」の圧倒的な民意が示されました。
ところが安屁総理は「評価を差し控えたい」と繰り返すだけ。
民意を認めることさえできない局面に追い込まれている。
 新基地建設は技術的に不可能です。
 基地建設の埋め立て海域には最深90メートルの軟弱地盤が存在し、 7万7千本もの砂杭を打ち込まなければなりません。
今まで国内では65メートルまでしか実績がなく、前例のない工事です。
にもかかわらず、安屁政権は「一般的で施工実績が豊富な工法」などと言ってきました。
 さらに、岩屋毅防衛相
「70メートル地点まで地盤改良を行えば安定性を確保できる」などと根拠もなく述べました。玉城デニー知事が基地反対で頑張り、オール沖縄が結束し、全国が連帯すれば辺野古新基地は不可能のハズ。

   総裁選でカレー食い逃げ犯人ーーー

個人情報を利用

 安屁総理は、年明けの通常国会から自衛隊明記の9条改憲について新たな「理由付け」を持ち出しました。
 「6割以上の自治体が自衛隊員募集に必要な協力をしていない」
「このような状況に終止符を打つためにも自衛隊を憲法上明確に位置づける」というのです。この主張も、改憲・右翼団体「日本会議」仕込みです。
 しかし、自衛隊の募集に自治体が、無断で住民の個人情報を提供すること自体が重大な人権侵害です。
岩屋毅防衛相も「強制はできない」と言わざるを得ませんでした。それを「合理化」するための憲法明記だという本質が露呈したのです。
 この動きに全国で危機感が強まり、自治体の情報提供への抗議が広がっています。


不可解な^^---
統計不正担当の課長が嫌韓自任での有名人が
休暇まで取って、嫌いな国韓国に行く。
 不可解さ

2015年:内閣官房一億総活躍推進室企画官
2016年:内閣官房一億総活躍推進室内閣参事官、内閣官房働き方改革実現推進室併任
2017年:厚生労働省賃金課長

わざわざ大韓航空を選んで帰国するあたりで更にきな臭さ増してるわw
金浦線のJALやANAが一日に多数運行しているというのにどうして大韓?
-----------------------
>『武田康祐賃金課長は16日から渡航。トラブルを起こした当日の19日、自身のフェイスブックに
「なぜか警察に拘束されてます。殴られてけがをしました。手錠をかけられ5人に抱えられ。変な国です」と投稿していた。』
(´・ω・`)変なのは武田康祐の方だと思うーーー。
~内閣参事官(捏造統計担当)の武田康祐、2019年3月19日・韓国金浦空港で暴れる~

 

発表まで1週間【やはり安屁総理の名前入り?】
新年号 有力候補は「光安」or「康安」情報
 すでに案を皇太子に提示か 
果たして、
来週4月1日に発表される新元号には「安」の文字が入っているのか

芸能界関連のアベ取次・食事会事前窓口仕切るのは
見城徹なる出版社社長です。
これが。自民党さえ牛耳っています。
マスコミ界隈NHKもー
左隣は三浦知良選手。後列左は[おのでらグループ]小野寺代表。    右隣はフジテレビ小川取締役。[鮨 たか緒]にて。
新聞の首相動静欄を見ると、昨夜、安屁総理、麻生副総理らと二階幹事長は銀座の[ステーキ かわむら]で食事をしてる。前から決まっていたのだろうが、余りにもタイミングが良すぎて、
つまらぬ憶測を呼びかねない。
あの二階発言を安屁総理が歓迎しているとは思えないのだが…。
二階幹事長は辞任せよ          
人間50年下天のうちをくらぶれば夢幻のごとくなり一度生を受け滅せぬもののあるべきかーー
幸若舞(あるいは曲舞=くせまい)で演じられる作品「敦盛」の一節。
織田信長が好んだ覚悟のセリフ。
どうせ一夜の夢ならば実をも散らして狂うのみ 徹城


「見城徹営業せき...」の画像検索結果



アベと幻冬舎トップ見城徹との超ズブズブに関して
17年7月刊:行笠岡和雄『狼侠 芸能界最強の用心棒が明かす真実』(れんが書房新社)に、その「きっかけ」となった要因について記述
イメージ 2
笠岡和雄は1944年生まれ、ハイッ!長州ですよ御多分に漏れず 山口県の出身。16歳で広島の岡組(後に共政会へ合流)で渡世入りし京都に出て修行。18歳で縁あって松浦組傘下の江口組の舎弟。    20歳の時に京都の賭場で中島会(後の会津小鉄会の中核組織)幹部を刺殺し、笠岡は懲役6年の刑を受けて服役。               出所後に初代松浦組組長の松浦繁明と盃を交わした。 
2017年09月23日、神戸市にある非指定暴力団『二代目松浦組』  元組長で政治結社『大日本新政會』総裁の笠岡和雄(73歳・兵庫神戸市)、職業不詳の小嵐太樹(30・神戸市北区)と大植健一(31・兵庫県西宮市)の計3人が恐喝未遂の疑いで逮捕された。2019年02月27日

女優の仁科亜季子さんを脅す、『二代目松浦組』元組長の政治結社『大日本新政會』総裁に懲役2年 


、「芸能界のドン」と呼ばれる周防郁雄・バーニングプロダクション社長や関功・住吉会会長など“大物”を、委細構わず“なで斬り”する姿勢につながっている。
 「見城徹営業せき...」の画像検索結果「見城徹営業せき...」の画像検索結果
過激な内容ゆえ、個々の記載内容、ブログ記事が「文春砲」につながるなど、芸能マスコミにインパクトを与えてきた事実。
「NHKが頭を抱える『八重の桜』プロデューサー。モー娘。肉弾接待騒動」は、『週刊文春』(2013年9月12日号)がNHKプロデューサーへの不適切な接待を報じたものだが、記事の序文にある、
「(この問題を最初に報じて)芸能界を震撼させているあるサイト」とは、大日本新政會のブログだった。https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52275

逮捕容疑は2012年~2015年に女優の仁科亜季子(64)に「元夫の故・松方弘樹さんへの貸付金が返済されていない、松方さんに渡した金の返済義務がある」
  Twitterで画像を見る

工藤美代子『悪名の棺━━笹川良一伝』(幻冬舎)の10年10月刊
に詳しくー
この工藤の笹川本の刊行の時期と、 見城がそのMBOに大失敗し外資の禿鷹ファンドに乗っ取られる寸前まで追い詰められつつも、
幻冬舎の株を買い戻して、上場を廃止止めえた。

ピッタシカンカンで符合

この「笠岡和雄」って、ヤクザれんが書房新社から出した『狼侠』ってのは、手記。笠岡の肩書「元・2代目松浦組組長、大日本新政會総裁」  

ヤクザで、右翼

この「松浦組」ってのは「非指定暴力団」とのことなんで、上納金を払い込んで、「菱」や「住吉」といった、メジャーな組の代紋を掲げておるってんでのうて、恐らく、独立系ってことなんだろうーーーな。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

 んー、その『狼侠』の本の帯広告
「ニッポン芸能界のドン・周防郁雄と袂を分かった侠客が最後通告!」
「高倉健と香港マフィア、松方弘樹と毒女、ビートたけし独立のウラで動いたヤクザマネー」
「スターたちとヤクザの蜜月を見てきた男が語るウラ芸能史」かあ

コイツは、なかなかスンゴイ本。
 この笠岡和雄だが、その『狼侠』の刊行から2ヵ月後の「2017・9・3」に、松方弘樹の元嫁ハンである仁科亜季子に対する恐喝未遂の戒名で、桜田門は町田ケーサツ署にタイホ。

たぶん、芸能界ドン・バーニング周防郁夫。                        この暴露本を出したことへの意趣返しだわな。
それで、今年の「2・26」に、1審の東京地裁、懲役2年の実刑ハンケツ。      しかし、いずれにしても、いろいろウラがあるよな。その工藤美代子ってのも、いろいとと周辺を調べてみる必要はありそう。          
 こんなふうにセレブ然として、スマしたオンナが、ウラで何か蠢いておるってのは、なきにしもあらずだからな。
「見城徹営業せき...」の画像検索結果「見城徹営業せき...」の画像検索結果「見城徹営業せき...」の画像検索結果クリックすると新しいウィンドウで開きます




それと、その「MBO失敗→幻冬舎株の買い戻し→上場廃止」のウラで、      見城は、ウラ社会の連中にキンタマピャーッと握られてしもうたってこと
見事にアベ一派に寝がえり、幹部扱いの不可思議。

、あんなバカ丸出しの裸の王様の極みのアベが、
「見城徹営業せき...」の画像検索結果この再登板で、6年以上も総理ダイジンの椅子に座り続けておることがデキておるのーーまさに「摩訶不思議」、もちろん、理由を1つに絞ることはできん訳で。



その「自公」という枠組みを踏まえ、閣内仕切っておる、官房長官の官菅の存在をはじめとして、それと、「アベ応援団」。

 で、その「アベ応援団」の内実だが、イチバンの肝は、                元文春編集長ーの花田紀凱と、幻冬舎トップの見城徹、                この2人が、アベ再登板にあたって、「全面支援」に出ておること、          コイツは超デカイ訳で。                                    んで、この2人は、まさに「タブーそのもの」で、誰からも、全く批判、  弾劾されることがないからな。                                       このイカレW親父が、ブイブイと言わせマクっておるのは、ある意味全てと言って過言ではないとーー思える。「官邸仕切る見城...」の画像検索結果

 やっぱ、スンゴイと思ったのは、花田以上に見城で、例えば            、森友学園ジケンでアベを斬りマクった森功だが、しかし、森もこの  幻冬舎から本を出しておるから、口が裂けても、この見城をたしなめることは、デキんからな。



それと、小林よしのりだが、今しがた、「小林よしのり  幻冬舎」で検索をかけたら、『新・おぼっちゃまくん』ってのが出てきて、アマゾンで確認したら、ぬあんと、この2月に刊行されておるんだよな。「見城徹」の画像検索結果
だから、あの小林よしのりですら、花田をブッ叩くことはデキても、          見城に関しては、超スルー状態だからな。
 だから思うに、あの「噂の真相の廃刊」の致命傷はまさしく、コイツや。
「噂の真相は、出版社のドル箱の「作家タブー」はもちろんだが、その背後で糸を引いておる「出版社タブー」にも、敢然と斬り込んでいったからな。

中国一帯一路。案外この辺り動かすが一番かも

ご支援ポチよろしくですhttps://blog.with2.net/rank4667-0.html










































コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

↑このページのトップヘ