mercy

転んだ先 今のところは猫気分

二日にかけての捕獲大作戦の末、ちゃおのきょうだい二匹の保護と
母猫を確保して
おまけに風邪をひいて衰弱した、ひと月も経ってない子猫二匹を保護。
もう一日そのままだったら命を落としていたに違いない・・・
良かった。
さらにおまけでそのこたちの母猫も確保。
ついでにちゃおのお父さんまで罠にかかったらしいですが、
その場で解放したそうです。

やれやれ安心です。

愛護団体さんが手つかずだったその地域に
これからは罠を仕掛けていかれるように伺いました。
頭が下がります。
今回の母猫二匹に関しては、こちらからお願いした責任もあるので
気持ちとして避妊手術費用をポケットマネーで用意しました。


以上です。

みるみるうちに成長してる。

DSC_0314

DSC_0303

00020002

親のおっぱいを飲んでるところを引き裂いて連れて帰ったので
ごはんといっしょに仔猫用ミルクや
離乳用(粉)ペーストを混ぜようとして用意してたのに
まったく必要としなかった。
メスと違って遊び方も半端なく
あっというまにいろんな技もこなしている。
みいこがいまだにモタモタやっている押入れの下段の隠家(のつもり)
に器用にジャンプして忍び込んだり
今朝がたは姿が見えないと思ったらハンモックに入っていた。
降りられずに、呼び声に反応して鳴いたので気付いた。

DSC_0319

動物愛護団体の方に相談して、
7月になったら親猫の避妊手術をしていただけることになっていた。
それまでの間引き続きご飯を与える役割りのおばあさんが
怪我で一カ月間の入院となってしまい
ごはんもらえずにどこかに行ってしまったら捕獲ができなくなるので
管理人さんにお断りして数日間ごはんを与えに通っていただける役割の人ができた。

マンションの一階部分のベランダで、
周囲の方々から警察に通報するという話もでていると
管理人さんからお伺いしたとかで
2~3日うちに捕獲大作戦となった次第です。
仔猫二匹は保護してもらえるとのこと、おいおい里親探しになります。
うまい具合に捕獲できるか心配です。

メス二カ月ちゃんはいなくて連絡待ち状態だったところに
野良がベランダで育てていた三匹のうちせめて一匹お願い!

と、別口から頼まれて、そのお宅のベランダへ・・・
そこには母猫に抱かれてスヤスヤ眠っている仔猫たち。
母猫から取り上げることに胸が痛みましたが
母子猫たちが逃げ出した瞬間に、どんくさい一匹をとっ捕まえて
我が家にお出迎えです。
なんと、ついてました。

まぁほかの子猫は逃げ出したし・・・・



見た瞬間、返してこい!!との給うた家人ですが
そこは多数決で強硬です。

二晩夜中に母親を探して鳴いて大変でしたが
わたくしの寝ずの子守りとひっしのばっちの努力が実って
三日目には、みいこと子猫がお互いに心を許し合えるようになって
それを機に、すっかりうちのこです。
母親のことは忘れています。

DSC_0295

DSC_0298


DSC_0284

耳とシッポがダークグレーでからだは薄茶なので
ちゃお(茶男)、と初日から呼び始めましたが、
茶というよりはモカブラウンっぽいので
モカにしようと思ったのですが
ミヤァミヤァ鳴きまくる子猫にもっさりしたモカ名はそぐいません。

次は、ひたいにマクドナルドのMがあるのでマックにしようか。

でもやっぱりちゃおが一番しっくりです♪
このこも左目が結膜炎です。

仔犬用のハウスをトイレトレーニングの間知人から借りてます。
まだ二カ月経ってなくて心配しましたが、歯も生えてカリカリも食べれるし
ウエットと半々にして問題なく食べてます。
ノミの薬は二カ月を過ぎないとダメと医師に言われて
ノミ取りグシにチャレンジしてますが、やっとのことで一匹しか捕獲できません。

大飯食いで、チャーハン好きで
ラーメン好き、野菜嫌いな人は肥満して当たり前じゃないですか。

仕事関係でお近づきになったライザップもどき(元ライザップ関係者)に
半額でよいのでと声をかけられた。
ただし、エドはるみのように、使用前使用後を公表するのが前提。
それには耐えられないので全額で(でもライザップの半額)
二か月(週二回筋肉トレーニング)をやり始めることにした。

そろそろ二か月が。近づいている。
当初の目標は15キロ減量。
現在12キロ前後減ったところで、ウエストのベルトの穴4つぐらい絞る。
体重が落ちてから買ったジーパンがさらに少しダブついてきた。

毎食画像を撮って送信するのもノルマ。

「やば!食べてしもうた・・・」ごはんを食べる夢を見ても報告。


きみは今やめたらすぐリバウンドするぞ
二カ月以降は半額でいいから、もう二カ月続けなさい。目標は70キロ。    
(始めたころは97キロ!(^^)!   )
ただしトレーニングは週一。
要領は分かるんやし、自分でトレーニングしーや。

ということで、ごはん麺類パン類などの炭水化物は絶対✖。糖分✖、肉も油は極力✖
赤身肉(牛、豚、鶏なんでも)卵、豆腐、納豆、葉野菜、なんでも
バランスよく、量的にも結構平らげられる。

とにかくタンパク質はどんどん摂ること。


数か月後は15年過去にさかのぼった姿が拝めるのか❢  楽しみです。
長い長いなが~~~I春に終止符をうつためにも頑張れや。(ほんまかなあ)


でね、メスの二カ月の猫を引き取りたいって動物愛護団体に申し入れた。
多勢に無勢 亭主の意見は無きに等しい。

近所の

さくらcatクラブ

いつもはF6かF8サイズを使うことが多いのですが
今回はF4サイズのパステルブックで画面も小さいので
おうちで作で、葉っぱを適当にに省略して早々に切り上げました。
ソフトパステル画でジュゲムでアップしておりまする。

https://www.osaka-c-t.jp/event/fujishiro17/

「出かけたほうがいいですよ。」と聞いていたので 
七の日感謝祭・月例祈願祭 に参加後、自転車で天保山まで出かけ ました。
現地に到着時間が午後四時で、閉館まで一時間しかありませんでしたが
まあ、一時間もあれば十分かな・・・・とおもいきや
いやいやとても一時間では回り切れません足りません。
1924年生まれなので現在は9?歳でしょうか?生涯現役ですね。
愛犬愛猫への思いにも共感。
創世記から仏像に風の盆、we are the worldシリーズなどなど
影絵であっても基本はデッサン力
鉛筆画が何よりお好きだそうです。


http://www.jukushin.com/archives/2750



いいね2

DSC_024622

今日は中之島のバラ園”辺り”のスケッチ日でしたが、
さあ描こうとしたところでパラパラ雨が降ってきて、断念。
描けそうなポイントをケータイカメラに収めて
お昼ご飯を食べて
中央公会堂前の大阪市立東洋陶磁美術館をウロウロして
ああ、それから五代友厚公の銅像がある証券取引所内の「上島珈琲」で
おコーヒーをいだだいて帰宅。
次回、次々回は招待するモデルさんと対座して、
次々次回に、撮ったバラを描くそうです。

多種多様なバラを山ほど撮りましたが
咲き切らずに花数 花びらも少なめのここらあたりがラクそう。
いずれにしろ完成は、あるかないか定かではありません。

知らない教室の生徒さんがおひとり参加同行されたのですが
ななんとお住まいの東京から大阪の教室に通っておいでとか。
79歳寅年です。

なお、同行メンバー 寅年78~9歳は〆てお三人。
同期のタメのメンバーは私以外 みな定年退職して
悠々自適な日々を過ごしておいでです。
 

↑このページのトップヘ