売り上げ50億円目指してます!環境ビジネス研究開発日誌

尿素水の販売で年商50億円を目指しています。 トラック・バスの尿素水はこれから大きな発展に・・・・

2009年02月

先輩の息子が

僕が一緒にハンドボールをやっていた先輩(谷本さん)の息子さんが日本ハムファイターズに今年入団し、一軍で頑張っています。

小さな本格派ピッチャー谷本です。

応援お願いします。

ホンダ

本田技研ハンドボール部は今日で本格的な活動を休止しました。

33年間日本リーグで活躍、6連覇を含む8回の日本一を誇ったチームが終わりを迎えてしまいました。

僕が第一線から引退する時の最後の試合会場が鈴鹿市体育館でした。フランスナショナルチームとの試合でした。

その時の写真が体育館に飾ってありました。僕もホンダのユニフォーム姿で写っていました。

仲間たちと体育館にいたときは何も感じなかったのですが、一人になってから、何とも言えない寂しさが出てきました。

こうして年齢を重ねていくんでしょうね。

僕もいづれこの世から消える日が来るんだなということを実感したような気がします。

もうすぐ僕も50歳になりますからね。

残された時間を大切にします。



発泡スチロールゲル小型蒸留装置「SD100」

42775d0c.jpg発泡スチロールゲル小型蒸留装置「SD100」の移動は上手く行きました。

1.5トンのフォークリフトで移動したんですけど。緊張しましたー!

でも、本当にほっとしました

がんばれホンダ!

cd7b79e0.jpg今日は午前中に約1トンあるSD100を移動します。写真の装置です。

結構大がかりな作業となりそうです。

一人でやることになるので慎重の上にも慎重にやろうと思います。

やらねばならないことは山積みです。

でも、充実しています。


今日は午後からハンドボールの試合を見てきます。

ホンダとして最後の試合です。

がんばれホンダ!

僕の結晶

考えに考え抜いた装置が届き、感動しています。
今も、眺めていました。
子供がうまれた時のような気持ちです。

今まで再資源化が難しいといわれていた発泡スチロールを、どうしても再資源化できるようにしたくて取り組んできた結果です。

「小型で性能が良く、誰でも導入できる安価な装置を作る!」と決めてから3年の月日が流れてしまいました。

ここにその結晶ともいえる装置があります。

完璧なんてありませんが、今の僕にとっては最高の出来栄えです。

3月3日には完成前ですが、千葉県から見学にきていただくことになりました。

明日は、緊張する作業を朝からやることになっています。



それと、明日(2月28日)午後3時から三重県の鈴鹿市体育館でホンダのハンドボール部が最終試合を行います。

試合終了後にセレモニーがあるそうです。

僕の青春の一ページを飾ってくれたチームの最後の晴れ舞台を見てきます。

SD100が届きます

やっとSD100が自分の家に帰ってきます。
月曜日から電気関係の工事に入り、電気工事終了後に熱電セメントの塗りこみをし、木曜日から保温工事をやることになります。
保温工事が終われば完成です。

コンパクトに纏まった使いやすい装置になっています。価格も低価格に設定することができました。

確定はできないのですが、3月9日には試験運転を始められそうです。

試運転のポイントは、かなり形状を変更したので、操作手順の見直しと時間の短縮がどこまでできるかです。
時間は1バッチ2時間半が目標です。

見学はいつでもOKです。声をかけてください。

装置の完成が遅れたことで、関係各位にご迷惑をおかけしたことをお詫びします。

清水に追いつくぞー!

ホームページを作り直そうと思います。

過去3度ほど業者にお願いして作っていたのですが、数百万円単位の請求が来るものの、こちらの意図したものは作ることができませんでした。

デザイン性とやらばかりに気を使い、内容がお留守になっていたんです。Tシャツや販売促進など、誰でも知っていることは作ってもらえるのですが、リサイクル関連のことについては「からっきし」で、「掲載するための素材を作ってもらえるならば、ホームページ上にアップします」ときたもんです。

まともな取材もせずに「全部作れ」ですからね。

だったら全て自分で作ってやろう!というのが今回の思いです。

ホームページビルダーというソフトを使って作ることにしました。

時間はかかるかもしれませんが、タイムリーな情報を交えつつ、デザインにこだわることなく、内容が分かりやすいものを作りたいと思います。

5月26日から28日まで東京ビックサイトで行われる「NEW環境展」に間に合うようにするつもりです。

どこまでできるか不安はありますが、慣れてしまえばこっちのもんです!

清水家の清水に負けないホームページを作りたいと思います。

明日です!

横浜行きがキャンセルになり、今日は一日事務処理と、明日入荷するSD100の受け入れ準備をやっていました。受け入れ準備は完了!後は入荷を待つのみです。


「発泡スチロールの油化」についての原稿は、説明不足の部分があったので、追記しました。
結局今日まで伸びてしまいました。あ〜あって感じです。

今日はゆっくり休むために銭湯にでも行き、ゆっくり風呂に浸かってこようかと思います。

どっちやねん!

今日は書類作成のため、急遽横浜に行く予定だったのですが、ペンヂング゙になっています。

9時頃には行くか行かないかはっきりします。

明日、三重研究所に発泡スチロール再資源化装置「SD100}が入ってきますの、その準備があるので焦ってます。

見やすくしました

画面が見にくいという苦情がありました。
変えてみました。
どうですか?
これなら今までよりも見やすくなっていると思うのですが。
季節も仕事も、春はそこまで来ていますからね。

ピッタリでした!

今日届いたヒーターはピッタリでした。

これで次へのステップに進むことができます。

シーズヒーターの径が太い物を選んで製作してくれていたので、今回のようなことになったということが判明しました。

こんなことになるのであれば、もう少し細い物を使えば良かったといっていました。

事前に説明してくれれば良かったのにと思います。

次回の装置に使うヒーターの径は一回り細いものにしようと思います。

それにしても、毎日いろいろな勉強をさせてもらっています。

装置作りの楽しさと難しさを実感しています。

明日も何が起こるか分かりませんが、一歩一歩前進していることだけは確かです。

ワクワクしながら明日を待っています。

ひたーが届きます2

待ちに待ったヒーターが届きます。

ヒーターの納品は1か月以上遅れたことになりすが、届けばOKということにします。

ただし前回と同じように「取り付けられない!」なんてことがないように祈るだけです。

取り付けられないといえば、図面に基づいて装置の部品や組み立てを行っているのですが、図面に不具合があることがわかってきました。

毎日現場での組み立てに立ち会っているのですが、図面通りに作ってしまった場合、装置として使い物にならないものにならないところでした。

今考えると「ぞっ!」とします。

現場作業の方々が、臨機応変に修正してくれているので、僕が考えている通りの、良い装置になりつつあります。

図面は作り直しかもしれません。

原稿

やっと「発泡スチロールの油化」という原稿を書き終えました。

正直、何をやっていても常に気になり、精神的にも参っていました。

これで、本来の仕事に戻れます。

ヒーター

今朝の三重県四日市地方は雨です。

昨日は午後3時ころまで快晴だったので、花粉が飛びまくっていました。

洗濯物を取り込み、夜になりたたんだのですが、くしゃみが止まりませんでした。


さて、今日から発泡スチロール再資源化装置「SD−100]の配管工事が始まります。

午前中、不足しているガスケットを取りに行き、配管工事を頼んでいる会社に届けることになっています。

一通り組み込みが終わった段階で、オプティ三重研究所に入ってきます。

あとは、ヒーターだけです。

ひーたーさえ入ってくれば完成するんです。

今日も三重です

今日は三重県で事務処理や研究所の片付けをします。

あれもやらなきゃ!これもやらなくちゃ!とやることがいっぱいです。

頭の中を整理してから仕事に取り組むつもりです。

整理している間に、夜にならなければよいのですが。

テレビで

今夜、発泡スチロールを溶剤で溶かす放送を、日本テレビ系列の番組「世界一受けたい授業」の中で紹介されました。僕はテレビが無いので見れませんでしたけど。

発泡スチロールを溶剤で溶かしてリサイクルするメリットの紹介がされていなかったという情報を得ましたので、ここでご紹介したいと思います。

発泡スチロールを溶剤で溶かすメリット!

1)溶かす場所でエネルギーを必要としない
発泡スチロールは熱可塑性樹脂(熱で溶ける樹脂のこと)であるため、何らかのエネルギー(石油や電気等)による熱を利用して発泡スチロールを減容するのは当たり前に知られていることです。溶剤を使用して発泡スチロールを減容する場合、エネルギーを使用する必要がありません。つまり溶剤を使用して発泡スチロールを減容する場合、排出場所の条件にこだわらず、エネルギーを使わずに減容できるメリットがあります。

2)発泡スチロールの容積のほとんどは空気で構成されています。そのため、発泡スチロールを運搬する場合、空気を運んでいることとあまり違いはありません。
4トントラック1台に積みこむことができる発泡スチロール(魚箱の場合)の重量はおおよそ100〜150kgと言われています。現場いにおいて溶剤で発泡スチロールを溶かした場合、約1600kgの発泡スチロールを1台のトラックで運ぶことができます。

3)難燃剤を含有している発泡スチロールも再資源化できるんです。発泡スチロールに使用されている難燃剤(発泡スチロールを燃えにくくする化学物質)は臭素系の難燃剤(HBCD)を使用しています。HBCDに190度以上の熱を加えた場合、HBCDが分解し、臭化水素を発生するため、処理する装置を構成する金属を腐食する原因の一つになります。これを無害化することができます(オプティの技術です)。

大きく分類すると以上のようなメリットがあります。

この番組の中で、ペットボトルのキャップから自動車に使えるガソリンを作るといった内容の放送もあったようです。しかし、ペットボトルのキャップを油化した油を分留することで、車の燃料になるということはありませんのでご注意ください。
東京大学の先生がお話していたようですが、もう少し勉強して欲しいものです。僕のような化学の素人でも、オレフィン系の油が内燃機関の燃料に向かないことは知っているんですからね。国民に誤解を招くような発言は控えて欲しいと思います。

トラックは返せませんでした

昨日はトラックの帰りが遅くなり、レンタカー屋さんにトラックを返すことができませんでした。

計画通りには行かないものですね。


さて、ヒーターの業者さんから納期の回答はもらえませんでした。月曜日の朝に回答をお願いしました。

一日も早い納品を期待しているのですが、どうなることか心配です。

月曜日の朝から配管工事の仮組が2日間の日程で始まります。仮組が終了した時点でオプティの三重研究所に持ち込まれ、ヒーターを取り付けた後、電気関係の工事を行い配管の漏れや攪拌機等の電気で動く機器が正常に稼働するかをチェックし、保温をします。

2月上旬の完成を目指していましたが、3月上旬の試験運転となりそうです。

試験運転の見学希望が多く寄せられています。一日も早く見ていただける状況にしたいと思っています。


昨晩は甥の賢太と近所(歩いて1分)の焼き肉屋で久しぶりに肉をがっつり食べました。初めて入ったお店だったのですが、なかなか美味しい店でしたよ。

三重県の四日市と桑名にはこれといったご当地グルメはないのですが、この辺りの人たちは舌が肥えているからでしょうか、美味しい店が多いんです。
レベルは意外と高いんですよ。

今日は伊勢神宮に行ってみたという賢太のリクエストに応えて、伊勢神宮に連れていく予定です。
伊勢うどんの美味しい店に連れて行こうと思います。

ガッカリ

がっかりです。

ヒーターが届いたのですが、お願いしていた形状通り仕上がっておらず、取り付けができませんでした。

図面を先に提出するように言っていたのですが、図面も今日持ってきた始末です。

納期が大幅に遅れ、求めていた図面は送ってこず、挙句の果てに取り付けができないという、最悪の結果になってしまいました。

ヒーター以外は全て揃っているんですけどね

過去の実績もあったので、一番信頼していた会社だったんですけどね。

それにしても、今後の予定が全く組めなくなってしまいました。

参りました。

千秋楽

佐久間ダム近くの現場は、本日千秋楽を迎えました。

2週間の予定が4週間になってしまいましたが、本当に良い経験をすることができました。

現場を管理している皆さんに心から感謝します。

昼過ぎに荷物や発泡スチロールを溶かす装置「アップダウンプレス」を積み込んだトラックが現場を出発し、三重研究所に戻ってきます。

リースで借りたトラックを戻せば全ての作業が完了します。

かなり疲れ、仕事も段取り通りになっていない部分もありますが、土日で元に戻すようにしたいと思います。

多くの関係者の皆さんのご協力の下、いろいろ難しかった今回の作業を終了することができました。また、役割分担の大切さも学びました。

心から感謝いたします。


今日は遅れていたヒーターが午後2時ころ届きます。

一日も早くSD−100を完成させたいと思っています。

ヒーター入荷

SD−100に取り付けるシースヒーターが明日入荷します。

これで部品は全て揃います。やっとここまで来ました。

配管工事は来週早々始まり、電機工事も始まります。来週はかなり忙しくなりそうです。

配管工事

配管工事はお互い誤解をしていました。

若干値上がりしましたが、許容範囲に収まりました。

これ以上の出費が無いようにお願いしておきました。

鼻水

今朝は筋肉痛とくしゃみで目が覚めました。

僕は心も体も古いタイプの人間なので花粉症にはかからないと思っていましたが、どうもやっちまったみたいです。

目はかゆい、鼻は詰まる、鼻水は垂れてくる。詰まるか垂れるか

「どっちかにしろ!」と言いたいです。


さて今日は、午前中に発泡スチロール再資源化装置「SD−100]配管工事についての打ち合わせです。

昨日見積もりをもらったのですが、予想していたよりも高いので「ビックリ!」してしまいました。

今日は、今回のような見積もりになった根拠を聞いてみようと思います。


佐久間ダム近くの現場は今日で全ての作業が完了します。

一年で最も寒い時期でのSD溶剤による発泡スチロールの減容作業は、オプティにとって多くのノウハウ蓄積になりました。

溶剤による発泡スチロールの減容は、寒い時期は困難とされてきました。溶剤を温めればできるという人がいるかもしれませんが、毎日800箸陵郎泙魏垢瓩覆ら作業するというのは不可能です。寒い時期は寒いなりに溶けるような溶剤にしなければならないんです。

また、溶剤で発泡スチロールを溶かす仕事をする前に、役所や消防署などの打ち合わせや届け出などが必要な場合があります(今回はそうでした)。
面倒がらずに必ずやるようにしましょう。


それにしても鼻水がとまりません。これだけ鼻水がでるのですから、ダイエット効果もあるのではないかと期待しています。なんちゃって

鉄クズ

廃プラやクズ鉄等の価格が若干ですが戻ってきているようです。

昨年末から今年にかけ、ほとんどお金にならなかった廃プラやクズ鉄ですが、2月に入り国内の市況が持ち直している感があります。

楽観はできないのですが、環境ビジネスがほんの少しですが定着しつつあるのかな?という雰囲気です。

今日持ち込んだ鉄クズは、1キロ3円で引き取ってもらいました。

先月までは「無価」だったそうです。


今朝は午前4時半に起床し、7トン近い鉄くずをハンドパワーでトラックに積み込み、午後8時半に帰ってきました。
身体はガタガタですが、何とも言えない充実感があります。

良い勉強になりました。

なせば成る!

景気は自分で作るもんだ!業績の悪さを他人のせいにするな!
という名言をおっしゃったのが、仕事の大先輩で釣りの師匠でもある牧野さんです。

こうした状況下、過去最高の収益を上げている会社もあるのですから、牧野さんの言うことがさらに真実味が出てきました。

販売促進や販売企画を中心に事業展開してきた弊社オプティですが。環境事業部を立ち上げていなければどうなっていたかと思うと背筋が「ぞっ!」とします。

立ち上げたばかりのこと。「また猪野がバカなことを始めた」とさんざん言われてきましたが、最近では「見る目が違う!」という方々が現れ始めました。それどころか、「またか!」と言っていた人たちが「う〜ん、やると思った!」と言い始めています。

始めから「やれ!」と言ってくれたのは大澤部長とその仲間の皆さんと公認会計士の中村先生。それと大切な先輩であり友人の藤田耕一郎さんでした。

もう間もなく、結果を出せる日が近づいてきたみたいです。

も久我持っているノウハウを全て注ぎ込んだ装置「SD−100」の完成まであと少しです。今まで処理できなかった発泡スチロールを小型で安価に再資源化できる装置の完成まであとわずかです。

世界で唯一の技術をもうすぐお披露目します。

なせば成る。
なせねば成らぬ、何事も。
成らぬは人の、成さぬなりけり。

もうすぐです!

SD-100を見に行ってきました。

勿論完成はしていませんが、イメージ通りに仕上がりつつあります。

明後日、配管に使用するバルブやガスケットを渡します。

来週の月曜日にはヒーターとヒーター関係の部品が入荷します。ヒーターを取り付け、熱電対を取り付け、保温工事をすれば、本体は完成です。

電気屋さんとの打ち合わせも終わりました。操作盤の取り付けと、配線工事が終わると試験運転をすることになります。

もうすぐです!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別記事
  • ライブドアブログ