おはようございます。
今年に入り忙しい毎日がず〜〜〜〜〜〜っと続いています。
今月も予定はびっしりです。
一昨日は日本梱包運輸倉庫さんとミーティング。
昨日はキャタピラージャパンさんとミーティング。
今日は午前中に日通商事さんとミーティング。午後からはユニキャリアの方が来社し、フォークリフトのDPFの洗浄を行います。
明日は埼玉県トラック協会の会合で1時間ほどお話しさせていただきます。
5日、6日と和歌山県串本町のエコ工房四季さんにパーマンコーポレーションさんから受注したバッグインボックスを届けに。
7日、8日は山形県のオプティ山形で地元のディーラーさんや運送会社さんを集め勉強会。
15日〜17日は沖縄で勉強会
19日、20日は大分県で営業のお手伝い。
26日〜28日は北海道の帯広で営業のお手伝い。

既に3月も予定が埋まり始めています。
3月からは三重、岐阜、愛知、滋賀といった地元での営業を強化するつもりです。
DPFの洗浄、インジェクタークリーナーの啓蒙販売、アドブルーの販売、エンジンオイルの販売とやらねばならないことが満載です。

それはなぜか!
今のトラック・バス・建機・重機・農機具は、排ガス後処理装置が付いていることを前提として燃料やエンジンオイルそして尿素水(アドブルー)の選定を行わなければなりません。
ターボ、インジェクター、EGR、DPF、尿素SCRシステムなどが何故不具合を起こすのか。そこにははっきりとした原因が有るんです。
その原因を説明しながら全国を回っています。
僕の話を聞くとどうすればコスト削減できるかはっきりと分かります。
必要と思う方はご一報ください。