おはようございます。
最近、トラックス・バスのディーラーさんとの関係がかなり良くなってきています。
尿素水の品質が高い評価を得ているからなんです。
グループで月間150万リットルの販売をしていますが、何しろトラブルが無いんです。
運送業界は人手不足なので、車両トラブルによって仕事ができないというのは会社にとって大きな痛手。
尿素水による車両トラブルは尿素SCRシステム搭載車が増えてきたことで、尿素水が結晶化し堆積。
このことで排ガスの流れが遮断されエンジンストール。
これを防止するためにはエコツーライトを使うことです。
私たちが納品させて頂いてる運送会社さんを調べるとわかるのですが、尿素SCRシステムのトラブルでトラブルで入庫した車両は無いんです。
このことが業界で話題になっているんだそうです。
以前、日野自動車の役員の方から、「おたくの尿素水が認められるようになるのは時間の問題だよ」と言って頂いたことがあります。
やっとその時間が来たみたいです。