2018年12月17日

師走の風景(4)・・・落ち葉散る


conv0009
12月も早や半ば。あと2週間で年が変わる。

ここは都立桜ヶ丘公園。

いつもの散歩・トレーニングコースを、落ち葉が埋める。

conv0003







 

近くの保育園児には、格好の広い運動場。男女手をつなぎ、声を弾ませて通り過ぎる。




conv0011
落葉前の最後の賑わい。

モミジの染まり具合は、陽当たり次第で微妙な差が。この辺りは例年紅葉の‟とり”だ。

秋から冬へ。色合い豊かな季節が変わる。

conv0016









conv0010



















赤く染まったイロハモミジの落ち葉。散り積もって、秋の名残をしばしとどめる。



conv0007
初冬の光は黄金色。葉を落とすのは、足元から順に。そのてっぺんを陽光が照らす。

キャンプ練習場に並び立つ、メタセ三兄弟?

積もった落ち葉に、長身の仲間が影を映す。


conv0008













conv0023
雲一つない青空に、イチョウの大木が立つ。

影を落としたベンチを、落ち葉が囲む。

もう年の瀬だ。人も景色も冬支度。

conv0004












conv0014
縦横に道が巡らされた、雑木林の丘陵公園。

いつもの階段トレーニングの足元。

日を追って、散り落ち葉が丸太を覆い隠す。


conv0015











conv0017
中腹にある兎平は、丁度いい休み場。

厚く積った落ち葉を、初冬の木漏れ日が暖
かく照らす。

夕暮れ時がさらに早くなってきた。


conv0024











conv0019
遊歩道に散り敷いた雑木林の葉。

風に吹かれて、風下に片寄せられた。

木枯らし吹けば、たちまち一掃される運命だ。

conv0020









空気は冷たくなっても、こんな日は木道の落ち葉を踏んで、大股に歩くと気分が弾む。



conv0021



















ここはゆうひの丘。ガイドブックで紹介されている高台の展望台。眼下に多摩市〜府中市街が広がり、奥多摩や奥秩父の山並も遠望できる。夕景がとくに人気の場所だ。


今年の残りもあとわずか。暖冬の予報はどこへやら。空気はかなり冷たくなってきた。
街中も雑木林も、晩秋の装いからすっかり初冬の佇まいに移り変わった。

この暮れは駅前の商店街でもデパートでも、クリスマスメロディをほとんど聞かない。あのせわしなさを掻き立てる音楽をとんと聞かないのだ。この地域だけだろうか?
お蔭で急き立てられる思いをすることなく、落ち着いて街を歩けるような。
いつもの年末とちょっと違っていい傾向。が一方、なんだか年の瀬らしくない気分も。
我ながら身勝手なものだ・・・。



eiji255 at 21:19コメント(6)四季の風景  

コメント一覧

1. Posted by まっちゃん   2018年12月17日 21:53
11月まで紅葉と落ち葉の山道山行だったが、今月になってやっと冠雪の稜線を望めるようになった。
だが、急な寒気の到来で15日の奥高尾には、早くもシモバシラの氷の華が出始めていたよ。
好天の日には、高尾山に多くのハイカーが訪れていました。
これからの山行は雪道登りが楽しみになるね!
そうだね、師走の雰囲気が無いね?、消費税増税の影響かな?
2. Posted by eiji   2018年12月18日 09:26
まっちゃん
このところ続いた寒さも、今週はどうやらひと休みとか。
とはいえ、年末は大寒波が押し寄せそう。
かくして今年も、あっという間に暮れてゆく。
はて来年は・・・新年早々に初雪があるかも・・・?
3. Posted by 小肥り   2018年12月18日 23:16
年末ノイズ、耳に入りませんか(?)平成最後の年末。
ではご期待に沿うべく、盛大に年末ノイズ合戦、いかがですか。
2週間か。もう駄目ですね。もはやこれまで。
では、新年ノイズ祭でも。年賀状、やんなきゃ。まいったなあ……………
4. Posted by eiji   2018年12月19日 08:55
小肥りさん
平成最後か・・・もう2週間切っちゃった!
年末は無理でしょう。新年ノイズ祭といきますか。
年賀状・・・減らしましょう。そろそろ。
せめて掃除をしっかり。煤逃げも減らしましょう。
5. Posted by 緑。。。   2018年12月19日 23:32
秋もすべて終わりですね(しみじみ)。
春の新緑&桜他花満開と同等に、秋の紅葉はいいのに…。
しかたない、雪の美しさを待つとしますか。
最近、朝日・夕日鑑賞にはまってます。
6. Posted by eiji   2018年12月20日 10:06
緑。。。さん
<春はただ花のひとえに咲くばかり もののあわれは秋ぞまされる>
 (拾遺集 詠み人知らず)。
春よりも秋がまされると詠われたその秋が過ぎ、
街中も雑木林も枯れ木立状態にはなっても、
これはこれで日本の四季を感じます。
朝日、夕陽鑑賞とは、これまた雅な世界。
年末は寒波襲来とか。間もなく霜が降り、初雪も近いことでしょう。




コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ
Recent Comments
Profile

eiji255

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ