2019年01月16日

平成最後の新年山行・・・高尾山へ


新春の1月13日(日) 。今年の初山行は13名で、恒例により高尾山薬王院へ向かい、一年間の安全登山を祈願。凍てつくような真冬の寒さをものともせず、8:30分に高尾山口へ集合した。

〇 コース:京王線高尾山口駅・・・・高尾病院裏・・・霞 台・・・浄心門・・・薬王院・・・高尾山頂・・・一丁平・・・大垂水BS−−相模湖駅・・・かどや・・・相模湖駅 

〇 歩 程:約3時間15分      〇 標高差:約400m


          ≪ 高尾山口駅前に集合! ≫

conv0006conv0007









高尾山口駅前。鏡開きも過ぎ正月気分を一掃すべく、少し鈍った体を動かして身支度。
 


       ≪ 東京高尾病院前から登山開始! ≫


conv0011
このルートは近道だが、岩交じりの急登。

左側は切り立った崖。つまずくと危険だ。


去年この辺りから、2名の登山者が転落死したと聞いた。

conv0012









conv0010conv0009









正月明けとて体が重い。それは当然だ。年末年始は飲んで食べて、ごろ寝した体だ。



           ≪ 霞台展望台で一休み ≫

conv0013conv0014









展望台からの遠望。雲が多く日差しもない。山並の稜線の向こうに相模湾らしき姿が。



         ≪ 長い参道を薬王院へ向かう ≫

conv0017急な男坂と、スロープの女坂の分岐へ来た。

無理して、階段がハードな男坂を登る。

登りながら数えたら、たしかに108段あった。


conv0016












        ≪ 大護摩修行の、僧侶の行列に遭遇す ≫

conv0024
大本坊から僧侶の一団が本堂へ向かう。

最前列の数人が吹く法螺貝の音が、山内に響き渡る


僧衣と行列順序は、僧侶の位階を示すもののようだ。

conv0021












          ≪ 薬王院本堂で安全祈願 ≫

conv0025conv0026









今日は日曜日だが、さすがに人出はそれほど多くない。家内安全、山行安全を祈る。



          ≪ 高尾山頂(599m)に到着! ≫

conv0030
高尾山頂の展望台。

真上は青空が広がってきたが、はるか山並上空は雲が。

富士山も、丹沢の稜線もほとんど見えない。


conv0031












     ≪ シモバシラの華を求めて奥高尾方面へ ≫

conv0033
足元左側を探しながら進む。

が、この日はまったく見かけない。

例年の今頃は、きれいな姿を見かけるのに。


conv0032













         ≪ 一丁平でランチタイム・・・ ≫

conv0035conv0034









何はともあれ腹ごしらえ。ラーメンもホットコーヒーも、冷えた体を温めてくれる。

いつものランチタイムは3〜40分。が、この日はバス時間に合わせて引き伸ばし作戦。
じっと待つのは寒い。押し競まんじゅうか、かくれんぼが候補に。分別が邪魔して没。




      ≪ まだ早いけど、そろそろ下山開始 ≫

conv0036



















今12時40分。バス停の時刻は13:29分。この分じゃぁ13:10分頃には着いちゃう。
早く着き過ぎてもバス停は寒い。ゆっくりしたいが動かないと凍える。歩くしかない。

歩きながら、進まなくても寒くない方法を密かに思案…そうだ!「進んで戻って」を繰り返せば体は温まり、遅々として進まなくて好都合。「3歩進んで2歩さがる」が名案!
「365歩のマーチ」だ!ワンツーワンツー 休まないで歩け〜またも分別が邪魔。


conv0038conv0039









大垂水バス停に着いてバスを待つ。陽射しなく山あいの谷間なので、なお寒〜い!



       ≪ めざすかどやに到着! ≫


conv0040



















最終目的地の”かどや”に着いた。座席も料理も山の上から予約済み。我らが口開けだ。

余談独言。。。かどや直行組約1名を含めて14名。二つのテーブルに着いて小?宴。
まずは生ビールから・・・。飲むにつれ
食べるにつれ、気分は軽く、口は滑らかに。
去年の山の思い出や失敗談。話は今年の夏山の楽しみにも。思いは膨らむ。談論風発!

小寒に入って1週間過ぎた。今度の日曜日が大寒の入り。さらに2週間経てば節分、立春だ。しかし、2月いっぱいは真冬並み。雪も降ることだろう。が、これも魅力的な日本の四季の一つ。寒いときこそ外へ出よう。山へ登れば体が温まり汗もかいて心地いい!

今年も山歩きが始まった。毎年思うことだが、人生健康第一。健康で山へ登れるのは、本当にありがたいことだ。今年も年相応に、体力に応じた山歩きを心がけようと思う。



eiji255 at 09:26コメント(9)山歩き  

コメント一覧

1. Posted by まっちゃん   2019年01月16日 09:47
今年もRAC会の山行がスタートしたね!
年々体力を気にしながら山登りを満喫しているが、今年の毎月計画を考えると、メンバーの足運びについていけるかな?
山登りが出来るのも健康あってのこと、お互いに体調を維持して頑張ろう!
2. Posted by 小肥り   2019年01月16日 12:23
そうか。平成最後の山登りですか。
「分別が邪魔して………」という言い方が気に入りました。使わせていただきます。
寒そう。陽射しがあっても寒いときは寒いからね。
吾輩は今、餅腹状態です。なかなか消化してくれない。
3. Posted by eiji   2019年01月16日 13:40
まっちゃん
自分の体力と体調に相談しながら、分相応に山歩きを楽しみましょう。
毎年のことながら、新年山行は気持ちがいい!
安全祈願もできるし、下山後の小宴がまた懇親を深め、
向こう一年間の頑張りを促してくれる。
ときに、小宴のつもりが盛宴になるのもまた、ご愛敬。
ガールズトークの賑やかさも、また楽しからずや・・・!

小肥りさん
忘年会も新年会も、何かにつけて平成最後と・・・。
分別くさくならぬ程度にご髄意に。
ただし、ゴミ出しはしっかり分別しましょうね。
餅腹状態もアルコール漬け状態も、健康によくありませぬ。
早く消化して抜け出さないと・・・それには山歩きが一番ですぞ!
4. Posted by 緑。。。   2019年01月17日 06:55
平成という時代の忘平成会、まだ早いですよ。
次の◯◯を迎える新時代歓迎会とか、何でも名目なるね。
祝オリンピックとかも。誰かが金メダルとかも。
新年の高尾山詣り、いいですね。僧侶軍団遭遇も縁起いい。
理性が邪魔してじゃなく、分別ですか。ゴミの分別と同じ字ですね。
5. Posted by eiji   2019年01月17日 11:38
緑。。。さん
平成最後の新年会は、きのうも。
来月下旬にまたもう一つ・・・これは、平成最後の忘年会になるかも!?
桜の咲き始める3月30日には、1回目の花見が決定済み。
すぐ新元号も発表されるとかで、新時代歓迎花見会に?
法螺貝を吹き鳴らしながら通り過ぎる僧侶軍団。
この場に居合わせると、いかにも正月らしい、気持ちのいい雰囲気です。
邪魔するほどの理性の持ち合わせがなく、
せいぜいごみの分別と紙一重のところが、納まり処と心得た分別です。
6. Posted by ポッチ〜   2019年01月18日 22:32
お坊さんの列の中で一番偉いのは最後尾で、
赤い日傘を差しかけてもらっている方でしょうね。袈裟の色も金色だし・・・。一目瞭然の世界?
>人生健康第一。
ほんとにそうですね。
元気でなければなんにも出来ない。
美味しいものを食べることも、飲むことも、
悪口を垂れることもね。
7. Posted by eiji   2019年01月19日 09:58
ポッチ〜さん
そうです。最後尾から前を見渡して進む鮮やかな僧衣の僧侶。
その世界にも、厳然とした階級、地位、身分があるんでしょうね。
そうです。健康は何よりも大事。健康があれば命だっていらない!?
悪口を垂れるのは、ストレス発散の極意!
数人テーブルを囲んでの、ご婦人トークがうらやましい・・・!

8. Posted by しゅん   2019年02月03日 11:52
最近友人と健康の話をすることが多くなってきました。いつまでも健康で人生楽しみたいですね!
新元号まであと少し、、昭和が遠くなっていく、、
9. Posted by eiji   2019年02月03日 20:49
しゅんさん
そう、健康第一!
何をするにも、なにを食べるにも、なにを楽しむにも、
健康でなければできません。
若い頃はこんなことを考えもしなかったのに・・・。
平成の時代も、残り3か月を切りましたね。
新しい元号は・・・?発表が待ち遠しい気も。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ
Recent Comments
Profile

eiji255

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ