2019年02月15日

早春の風景(3)・・・寒もどり


conv0028
2月13日(木)。立春が過ぎて10日経つ。
が、このところ寒さがぶり返している。

午後になって日が射してきた。
散歩がてら京王百草園へ向かう。

寒い中でも、春の訪れを告げる「梅まつり」が始まっていた。



conv0003



















松連庵前の「寿昌梅(じゅしょうばい)」は樹齢300年を超す。百草園を代表する名木
江戸時代の享保年間(1716年〜)、小田原城主大久保候の室であった寿昌院慈岳元長尼が、徳川家康の長男・信康追悼のため当地に松連寺を再建した。

その後、時代を経てここに作られた日本庭園が京王百草園。
寿昌梅は寿昌院自ら植樹したと伝わる。この柵の中に福寿草咲いている。



conv0022


































百草園には季節ごとに色々なが咲き乱れる。絶好の撮影スポットも各所にある。



conv0021conv0025










conv0023



















紅梅白梅もかなり咲いた。約50種・500本の梅。暖かくなる来週は満開になるか。



conv0016



















古民家の裏に作られた心字池。春には花菖蒲梅雨に、夏にはスイレンが咲く。


conv0019



















心字池を囲む静かな回遊路。紅梅や雪吊りの松の傍らには、子育て地蔵尊が立つ。



conv0027conv0001









conv0029



















和紙の原料となるミツマタが膨らみ始めている。ニホンズイセンも早や満開だ!




conv0004conv0006










conv0030



















この季節を迎えると、つい探しに出かけたくなるめでたい名前の花フクジュソウ
寒さにめげず、鮮やかな黄色い花を咲かせていた。幸福と長寿を約束してくれた?



conv0017



















マンサク
も、若葉に先立って花を開いた。細長く縮れたリボン状の花が春を告げる。



conv0024



















散策途中の東屋で一休み。半分補修を終えたばかりの茅葺き屋根は、腕白小僧の頭?


このところ寒暖の差が激しい。ポカポカ陽気が訪れたと思うと雪が降ってみたり。
三寒四温どころが五寒二温といった感じで、立春前に逆戻りしたような気もする。
とはいっても2月中旬。来週は暖かくなるとお天気姉さんの予報。春はすぐそこまで!




eiji255 at 11:41コメント(4)四季の風景  

コメント一覧

1. Posted by 小肥り   2019年02月15日 16:31
雪のすき間から小さく顔を覗かせるのが福寿草でしたっけ。
それにしては雪がいない。情緒に欠ける。
ミツマタのこれは…………芽(?)花(?) これが和紙の原料(?)
梅、咲いとるね。
2. Posted by eiji   2019年02月15日 19:52
小肥りさん
そうです。雪解けとともに顔を出すのが福寿草。
先日の雪は早や解けて、黄金色の花が咲いていました。
ミツマタ(三椏)は、コウゾ(楮)とともに和紙の原料として知られています。
冬、茎を刈り取って釜に入れて蒸し、蒸しあがると皮を剥いで干して、
和紙の原料とするようです。
米沢藩の名君として名高い上杉鷹山公が、財政再建策の殖産興業として、
漆木、桑木、楮(こうぞ)各百万本の植立て計画を進めたことでも
しられています(藤沢周平著・『漆の実のみのる国』)。
ミツマタは花です。暖かくなってきたら膨らみが増して、黄色に色づきます。
神代植物公園には、赤く色づくミツマタもあります。

3. Posted by まっちゃん   2019年02月15日 23:26
今年は朝夕と昼間の温度差が10度以上もあり、春の花々は早々と咲き始めているようですね!
高尾山界隈の梅園も咲き始めてきました。
都心には今日も雪が舞っているようですが、山間地区には降雪が無く、花もそろそろ芽を出し始めるかも?
4. Posted by eiji   2019年02月16日 11:12
まっちゃん
ほんとに毎日、寒い日が続いた。
2月もそろそろ中旬から下旬へ。
早春の花は、寒い中でも次々と咲き始めています。
今月は下旬ごろに、あと1回雪をみれるかな・・・?

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ
Recent Comments
Profile

eiji255

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ