June 17, 2006

卒業式

会場集合いよいよこの日が来た。卒業。今から3年以上も前に、英語が全く使えないのに会社からMBA候補生として指名されて以来今まで、ある意味、この日を迎えるためだけに、血のにじむような努力をしてきた。まさに、感無量だ。午前中の、大学全体の卒業式の式典に参加しながら、そんなことをしみじみと味わうつもりだったが、、、それにしても暑い。暑いもそのはず、その式典の会場とやらは、一切の日影も存在しない、いかにもStanfordらしい一面の芝生。その上、ここアメリカではご覧の写真のような黒マントを卒業生は着る。こんな悪環境での式典とは、まさに、結婚式での「乾杯のスピーチ」と同じとでもいうべきか、どんなにいい内容の話だろうと、話が長い時点でかなりキビシイ。従って、今日は諸先輩方から、どんなにいい話をしてもらっていても、ただ聞いているだけで辛かった。そんな灼熱地獄を味わうこと1時間半。ようやく開放され、仲のいい友達達と、ただひたすら写真を取りまくる。彼らとも、もうすぐお別れだ。

あかひかお昼をはさんで午後は、Business School主催の卒業式を持つ。Diploma(学位)もその場で、ひとりひとりに配られる。Diplomaを受けるにあたり自分としての不安は2つ。そのひとつは、自分の名前が正確に呼ばれるか?、ということ。きわめて単純な悩みだが、やはり私の名前はそのローマ字の表記だけでは、正しく発音できる人はかなり少ない。過去にもこのBlogで紹介してきたが、やはり発音としては、エイヒロが主流だ。たまに、エイジャロという亜流も現れる。そして、以外に多いのが、名前を呼ぼうとして、名前を見ながら黙ってしまうケース。やはりこれだけ母音が連なると、彼らは混乱してしまうようだ。そして、もう1つの不安は、両手であか・ひかを抱えながら壇上にあがっていって、その上、Diplomaを受けとれるのか?、ということ。アメリカの卒業式では、子どもも一緒に壇上にあがっていくのはある意味おなじみの光景だが、自分の場合(=両手が双子でふさがっている場合)果たしてそれができるのか、かなり不安だった。

GSB会場そして、式がはじまる。ただただ、名前を呼んではその人に学位を渡し、次の人、という具合で、極めて単調な流れ作業であるのだが、ここGSBでは、そんな単調な式典でも、見ている人を飽きさせない1つのスパイスがある。それは、Arjay Millerと言う名の、お勉強の面で学年のTOP 10%だった人に与えられる名誉。ここGSBでは、成績は基本的に非公開なので、誰がどれだけデキルのかは学期中は分からなかったが(といっても、ある程度はクラス中の発言などで推察できるのだが)それが、最期の今日、明かされる。Arjay Millerの人は、名前が呼ばれる際、一連でそれも呼ばれるのだが、すなわち、仮に僕がその賞をとれるのなら、「エイジロ・ツカダ、アルジェイ・ミラー」と呼ばれるし、取れてないのなら単に、僕の名前だけだ。(ちなみに、誤解がないように書いておきますが、僕はそんな成績ではありません)

授与そして、名前が呼ばれだした。イの一番(Aの一番?)、Harishが呼ばれる。しかも、観客の期待通り、Arjay Millerを伴って。そして、次のDanもArjay Millerを呼ばれ、「お、今日はフィーバーか?」となるも、その後は、しばしおやすみ。そんな感じで、Arjay Millerの発表は、炎天下の中、ただひたすら自分の番が来るのを待つという、たいくつを凌ぐのには、かなり格好のゲームだ。そして途中、双子のJason、Jeffが共にArjay Millerを受賞するなどで、会場を沸かせながら、ようやく自分の番が来た。とりあえず、「それらしく」名前も呼ばれていて、ホッとする。その成功の裏には、今学期の授業中、隣の席のLaShownとNicoleに書いてもらった、僕の名前の正しい「読み方インストラクション」のおかげだ。そして、半ば手もつりながら、あか・ひかを落とすことなく(←これ重要)、無事にDiplomaを手にすることができ、これで、GSBでのお勤めも完了だ!

帽子式後しばらくは、友人達と「しばしの別れ」を告げつつ、また、写真をとりまくり、はたまた、卒業式の直後には帽子を投げなかったので、ここぞとばかり投げてみたり、と、しばらく余韻にひたりながら、各々がそれぞれ散っていきました。ちなみに、アメリカの卒業式は、基本は各々の家族がいらっしゃっているので、夜も、全体での学生の集まりはなく、それぞれが家族と過ごす時間に当てられる。そして僕はというと、自分らと同じく、遠国にいる為、家族が式には来られなかった、Pascal夫妻、Eduardo夫妻とともに、和食居酒屋「Gochi」に案内し、最期の晩餐を楽しむ。(ちなみに、下の写真に写っている青いボトルは、この日のために2年前に日本からわざわざ持ってきた、知る人ぞ知る、幻?のウイスキーです)ここ、Gochiの食事はかなりおいしく、そして、そのウイスキーと見事に味が響きあい、なんとも至福なひと時を持ちました。
宴

eijiro625 at 00:00│Comments(1)TrackBack(0)MBA 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by いたる   August 19, 2006 15:43
届くかな?

ひろやが
S.hiroya@mitsui.com
9月にアメリカに赴任するからその前に集まろうって話。

きむBが言い出した。
Tomoyuki.Kimura@ATKEARNEY.com

れんらくくれ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔