2005年06月13日

小児科学(1)

最近、「産科・小児科」を学んでいます。
やっぱ疾患を知ると怖くなりますね。


子供を授かる=それなりのリスクを背負う

とういうことに。


かりに障害が認められた際に家族にどのような説明をするのか…
なんてことは学んでいますが、それは知識を身につけたかどうかだよね。


正直言って、自分の子供(胎児・乳児)に
「先天的な重い障害があります。」
と告げられて、それを受け入れる器はまだ形成されてない気がする。


メディアで報道される障害児の番組に涙する自分は確かに存在するのだが、
その涙に何に向けられたものなのか?
自問することが最近多い気がする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

およそ3ヶ月前になるけど知り合いの方が、
当大学病院の小児科に入院していました。

病名は「点頭てんかん」

治療は今日学んだようにACTHのパルス療法。
当然ながら顔が凄くむくむ。(ムーンフェイス)
なんだか可愛そうになるくらいに。
でも、てんかん発作が習慣化すると脳の正常な発達が妨げられる訳で…

1ヶ月におよぶ入院治療を終えて良化し、
定期的な外来治療になったんだけど、予後を知った今は本当に心配。
どうかうまく行く様に祈っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この友人は点頭てんかんの初期サインである
・子供が急に笑わなくなった。
・大きな音に過敏に反応する。

ということに気がついていましたが、それが病気とは思いませんよね。
亀の子のように首をすくめる発作に気づき、初めて受診したそうですが、
小児の出すサインの持つ意味の重要さに改めて気づかされました。  
Posted by eijirooeijiroo at 15:56Comments(0)TrackBack(0)医療

2005年06月09日

ひさびさ日記…蛍の光

またまた久々となってしまいました。

敗戦の弁ですが、いつも「日記書こう!」と思うのですが
時間が中途半端だし…またにしよう…の繰り返しだったような気がします。

自分の心に余裕を持つためにも、
今後はとりとめもなく更新していこうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、ちょうど「蛍」の季節です。
あの闇に浮かぶ蛍光色は、なんらかの魅力がありますね。
あまりに人工的な発光に慣れてるせいでしょうか、
一秒一秒変わっていく光に魅入られてしまいます。

ところで工場の多発する宇部市内にも蛍をみる絶好の場所があります。
お気に入りは「小野区」です。

先日も「小野蛍まつり」なるものがあったので参加してみました。
市内を中心に約500人ほどが、集う小さなお祭りなんですが、
地元のおばあちゃん達が中心に豚汁・焼き鳥・からあげ…なんかを
販売してて良い感じでした。

あ、そうそうなぜか「餅まき」もありました。
平均年齢60〜70歳の集団の中では、私の身長・運動能力はずば抜けているはずですが、あまり取れませんでした。

下に落ちた餅に群がるみんなのエネルギーはかなりの物でした。
とても張り合えそうになかったです。
まぁそんなこんなで、楽しんできました。

オチはありませんが、今日はこんなところで…







  
Posted by eijirooeijiroo at 16:00Comments(2)TrackBack(0)イベント

2005年05月18日

多忙!?

最近は微妙に忙しい感じです。

まずフットサルの試合が開幕します。
今年は市のトップリーグに登録しました。
このリーグには全国大会常連のチームもいるし、
かなりレベルの高い戦いとなります。

ちなみに私は医学部のサークルと工学部のフットサル部に
所属していますが、一チームしか登録できず、苦渋の決断の末に
医学部のチームを選択しました。
工学部のチームには毎週お世話になっており大変申し訳ない思いで一杯です。
いつもゴロレイとして参加させてもらっていたので、
多少は困るんじゃないかな…と。


まぁ、今後は日曜毎に試合が組まれることになります。
試験のこともありますが、今しか出来ないことを精一杯やろうと思っています。前は勉強は大事で、良い成績を取ることは大事だと思っていたのですが、
変わりつつあります。

うまく言葉に出来ませんが…
・精一杯打ち込める何かを持つこと。
・自分自身が幸せとなること。

何気ないこういったことが結果として、他人に優しく出来るし、
他人を幸せに出来るんじゃないかな?って…

都合の良い刷り込みかもしれませんが、しばし励んで行こうと思います。


  
Posted by eijirooeijiroo at 17:07Comments(0)TrackBack(0)生活一般

2005年05月17日

アーチェリー☆

実は先週から、初心者講習を受講しています。
って、アーチェリーって知ってますか?


弓道よりも矢が細い。
あ、何かオリンピックで高校教師がメダル取って
「中年の星」 とか言われてたな〜…


くらいの認識しかありませんでした。
まぁやってみると、矢の飛んでく速度が超早い!です。

うまい人になると200Kmくらいでるとか。
その反面に危険なスポーツでもあるとか…
そんな高速の矢なわけですから、簡単に人体なんか貫通してしまうそうです。
(もともと戦争の道具として使われてたわけですからね。)

そんなに力を必要としないから女性でも出来るし、若者がうまいとは限りません。
何より障害者(特に車椅子の…)の方の参加率が高いスポーツでもあります。
今、頑張っているフットサルは、あと何年出来るかな…? 
て思うくらい選手寿命が短いスポーツです。

そんなこんなで、ちょびっと始めてみました。
とりあえず左腕は紫斑が出来まくりです。  
Posted by eijirooeijiroo at 17:25Comments(0)TrackBack(0)イベント

2005年05月02日

最近、感動した話

講義が退屈だったので、いろいろな掲示板を眺めていました。
で、その中で激しく心を打たれた書き込みがありました。

以下転用です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。

それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにぐれた。

親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探していると
ビデオテープがあったんだ。

俺、親父のエロビデオとかかな?なんて思って見てみた。


そしたら・・・


病室のベットの上にお母さんがうつってた。


『〇〇ちゃん二十歳のお誕生日おめでと。
 なにも買ってあげれなくてゴメンね。
 お母さんがいなくても、〇〇ちゃんは強い子になってるでしょうね。
 今頃、大学生になってるのかな?もしかして結婚してたりしてね・・・』


10分くらいのビデオテープだった。



俺、泣いた、本気で泣いた。
次ぎの瞬間、親父の髭剃りでパンチパーマ全部剃った。
みんなにバカにされるくらい勉強した。


俺が一浪だけどマーチに合格した時、
親父、まるで俺が東大にでも受かったかのように泣きながら
親戚に電話してた。


そんで、二十歳の誕生日に、案の定、親父が俺にテープを渡してきた。
また、よく見てみたら。


ビデオを撮ってる親父の泣き声が聞こえてた。
お母さんは、笑いながら『情けないわねぇ』なんて言ってるんだ。
俺また泣いちゃったよ。


父親も辛かったんだろうな、
親父にそのこと言ったら、知らねーよなんて言ってたけど、


就職決まった時、
親父が『これでお母さんに怒られなくて済むよ』なんていってた。

俺このビデオテープがあったからまっとうに生きられてる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いい話じゃないですか!!
講義中というのに、周りに人がいるのに…涙が溢れそうになりました。

ネット上の真実も定かでない文章にここまで心打たれたのは初めてでした。

  
Posted by eijirooeijiroo at 15:18Comments(4)TrackBack(0)生活一般

2005年05月01日

整形外科と私

今日の整形のテスト…ボチボチです。

でもね、こんな科目はテストが出来たって…と
思っている えいじろう です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前にも話したかも知れませんが大学病院で唯一お世話になった科です。
二年前にスノボーに行ったときに鎖骨骨折したんですよ。

隣県から飛ばして帰って来たんですが、夜の12時くらいだったかな?
激痛に顔をしかめながら整形の門を叩きました。


早速、X線を取ってもらったのですが、
胸鎖乳突筋による上部への牽引が見られ、明らかに痛そうな画像でした。
担当医をA先生としましょう。


A先生:「骨片があるな〜、うんでも手術したくないよね?」
私  :「はい、痛そうなんで…」
A先生:「じゃ、固定して付くのを待とう。
     鎖骨なんて、なくても大丈夫なもんだからね」
私  :「そうなんですか?!…よろしくお願いします」



で、A先生が出て行った後にもっとベテランぽい先生(B先生)がやって来て


B先生:「おっ、医学生か? 分かるか? どれどれ、あ〜こりゃ手術だろ」
私  :「…いえ…固定するとか…(汗)」
B先生:「〜そうなのか、いや〜A先生だから大丈夫だよ…」
私  :「・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後、思ったより治癒に時間かかりました。
ぶっちゃけあまり整復良くないように思います。
今でも痛みあるし、だいぶ左鎖骨飛び出てます(涙)

最近、STEP読んでると観血的に治療したほうが良かったのかな…
なんて思うんですが…こればっかりはね。。。

うん、難しいですね。


  
Posted by eijirooeijiroo at 14:27Comments(1)TrackBack(0)医療

2005年04月20日

ひさびさ日記

春休みボケもようやく終わったので、ぼちぼち更新していきます。
今日は映画についてお話しましょう。

実は先日ようやく「ハウルの動く城」を見に行きました。
なんとなく混んでるイメージがあり、伸ばし伸ばしにしているうちに
上映終了の数週間前になったんよね。


いきなりですがハウルが…自分に似てる…と思いましたよ。
何かって、ハウルの城と部屋の汚さが…(笑)

外に行くときは比較的小奇麗さを心がけていますが、部屋は駄目です。
なんか汚い方が落着く。
映画の内容よりもそのことが気になりました。

映画ではハウルの精神的な不安定さを隠していた…
というようなフォローが入っていましたが私の場合も精神的な危うさがあるのかもしれません。

最近、精神科・心理学の講義が始まり、STEPでの症例が自分にそこはかとなく合っていることを感じます… 
はぁ〜プチへこみと反省を強いられる毎日です。


この前、ある書物で読んだんですけど
「心理学」を専攻している学生は自殺率高いんですって…
気をつけないと。
  
Posted by eijirooeijiroo at 15:04Comments(4)TrackBack(0)生活一般

2005年03月22日

ぎゃらん杯

昨日は朝から晩までフットサルの大会(ぎゃらん杯)に参加しました。

翌日には耳の試験が控えていましたが…
卒業のために最後の参加となる友人も多く、気合を入れた大会でした。


結果は見事優勝!!


頑張ったかいありました。
今日の試験過去問どおりで助かりました。
変わっていたらやばかったです…(汗)



卒業、別れ…なんとなくこの時期は悲しくなります。
  
Posted by eijirooeijiroo at 14:26Comments(3)TrackBack(0)フットサル

2005年03月21日

ガンダムSEED DESTINY 第22話

2cb6d3d8.jpg今回はなんといってもキラの登場でしたね。
この場面・このタイミングの登場なんてカッコよすぎる☆


ザフト VS 地球連邦&オーブ

の構図が固まりつつある状況で、キラ・アークエンジェルはオーブの味方となるんでしょうかね?


シンの力も相当なもんなんでしょうが、まだまだキラには…て感じます。
まぁ、ロ−エングリーンだけを破壊するという選択肢はないでしょうね(汗)



また一部情報によるとキラ×ハイネ戦があるとか。

たぶんハイネは死ぬんでしょうね。
だからあんなに沢山カッコいい台詞あるんでしょうね。
なんたって西川さんですからね…


そんなこんなで次週も目が離せません!!
  

2005年03月13日

ガンダムSEED DESTINY 第21話

1726cf2a.jpg気がつくと種Dも21話なんですね〜
今さらですが感想を記して行きたいと思っています。

種Dの主人公は建前上「シン」ですよね?
それにしてもシンの評判はあまり良くないような…
(特に女性ファンはそうなんじゃない!?)

人気のキャラを挙げるとアスラン・キラといった前作からのキャラの他に、「レイ様」の名前がちらほら聞かれます。

でも…シンは…

駄目のようです。
やっぱりあの激しいシスコンがネックのような気がします。
男の私から見ても放送開始当初は、悲劇だな〜と同情していたのですが、
最近ちよっとやりすぎなんじゃ…?…と。


OP・EDの雰囲気からなんとなく「ステラ」といい関係になるんじゃないかな〜とは思っていましたが、あのシスコンでどうやって?と疑問に思っていました。

まぁ今回の放送で納得です☆
壊れそうなステラを前に「俺が守る!」を連発。
あ〜これまでの「まゆ」への気持ちをステラに注ぎ込むのね…
戦闘シーンは最近パッとしませんが、今後の種Dから目が離せません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
知ってた?
公式データによるとミーアの方がラクスよりだいぶ背が高いんだって!
なんかミリアリアが写真とってたから近々暴露されそう…
(でもミーアの曲のほうが明るい気持ちになれるかもね)

  

2005年03月08日

泌尿器と私(2)

さっそく本日の試験に出ていました。


問い:  ○か×か?

尿管結石の疝痛発作では鎮痛剤の投与のみで十分である。



自分が苦しかったときに確か痛み止めの注射しかしなかったよな…
             OR
あれは完璧な対処ではなかったんだよ…


この二つの考えがグルグル回って回って、
結局最後まで試験受けることになってしましました。
寒いのに外でお待ちのみなさん、申し訳ありませんでした。


ちなみに、×にしました。
ちなみに正解だったようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談ですが、写真は先日行った某水族館での一こまです☆



水族館  
Posted by eijirooeijiroo at 01:24Comments(2)TrackBack(1)医療

2005年03月07日

ウルトラマン・ネクサス

今日はいつも見ているテレビ番組について紹介します。
土曜のAM7:30からやってる「ウルトラマン・ネクサス」です。

毎週土曜は朝からバイトなので、ネクサスは必然的に見ていますね〜
もともとはそこまで興味があった訳ではないのですが…最近はまってます。

「ウルトラマン」小さい頃良く見ました。
その頃の印象を簡単にまとめると…

前半:怪獣出現(30分番組だけど毎回新しい怪獣が)
中盤:地球防衛軍が頑張るが全く役に立たない。
後半:ウルトラマン登場(初めはやられる)
終盤:ウルトラマンの必殺技炸裂(なんで初めからやんないの…?)

みたいな感じですかね。
幼い心ながら、地球防衛軍は役に立たんな…と思ってました。
一方、ウルトラマンはスゴイ!
なんでもウルトラマンに任せとけばいい!

そして大事なのはウルトラマンの正体は秘密であること!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、そんなイメージを吹き飛ばしてくれたのが「ネクサス」なんです。


<まず地球防衛軍が強い。>
ウルトラマンと遜色ないぐらい活躍しています。
もちろん男女とも美形キャラのみ出演です。
(お笑いキャラはいません)

そして、しょぼい怪獣(ビーストと名前も変更)なんか直ぐに退治します。
最近ではウルトラマンを軟禁して人体実験を行い、
必殺技の波動を解析して同等の武器を作ったりしています。
(昔だったらありえないよ…)


<ウルトラマンは絶対ではない>
ネクサスではウルトラマンの正体は分かっています。
またウルトラマンも元々人間であり、変身は負担となります。
ここ最近は戦闘の最中に体調を崩して倒れたりしています。
小さい子はもう変身しないで!と思っているかも知れません。

<話が難しい>
俺が思うに最近の小学生は頭が良いのか、理解していないのか分からないけど
ストーリが複雑です。
決して水戸黄門ばりにお決まりの展開ではありません。
背景には重いテーマが見え隠れもします。

(内容だけ見ると幼児を対象にしているとはとても思えません。)




まぁ総括するとですね。。。
ヒ−ローも時代に合わせて変わってきたということでしょうか?

単純な展開・理論では現代っ子を満足させれなくなったということか、
もしくは絶対的なものなどないから自分が頑張るしかないぞ!というメッセージか、
反対にヒーローも体調が悪いときがあるんだからキミも頑張り過ぎるなよ…
という意味なのか…


昔を知る自分には少しショッキングな30分間です。


ネクサス  
Posted by eijirooeijiroo at 02:09Comments(2)TrackBack(2)生活一般

2005年03月06日

泌尿器と私

いよいよ講義もマイナー系に突入です。
マイナーということで試験=過去問のにおいがプンプンです。
 

泌尿器で思い出すのが、3年前に起きた「尿管結石」です。
もともと結石が確認されてたのですが、
「尿管に落ちたら凄く痛いのでそんときは救急車呼んで病院にきなさいね。」

とDrの指示を受けてから3ヶ月後にそのときがやってきました。
何もお盆の真っ最中にね…

泌尿器の担当医の言葉通りに無理いって救急車を走らせてもらったのですが、
休日ということで担当医はなし。
居たのは研修医の女医さんのみ。(しかも救急外科の担当日ではなかった)

激痛にもがきながら、腎結石があったこと。
痛みがあれば直ぐに来なさいと言われたことを話しました。
どうしたらよいか分からない感じで、カルテを見ていましたが
「あ、医学生なんですね!」
と安堵の声をあげました。
(医学生=訴訟なし ですからね。)

まぁどうしようもないので痛み止めの注射をしましょう。と…
自分なりに勉強して超音波等で破石出来ると思っていたので、

私「はぁはぁ…超音波とかはないんですか?」
医「えっ、…いやここにはないんですよ…」
私「では、どこに?」
医「いやたしかU市とかにはあるけど…」
私「…」

今から思うと、泌尿器科もあるそこそこ大きなS生会なのに…
本当になかったのか?と思います。
(ない=やったことがない )


まぁ、そんな感じで学びました。
「ブラックジャックによろしく」にもありましたが、夜間と休日は病院に行ってはいけないと…

確かに無理ですよね。
うん無理です。研修医に専門以外は無理ですよね…  
Posted by eijirooeijiroo at 00:35Comments(0)TrackBack(0)医療

2005年02月26日

無双魂☆

<2/24(木)

まだ肌寒い日にそれは発売された。

・・・そう、三国無双4・・・


うまく頃合いを見計らって発売してくれます。
いつも新しいゲームに飢えているときに発売されます。



あ…今振り返ると三国無双1〜4、戦国無双1〜2、各種猛将伝すべて購入しています。

世の中にはソフトを買ってもらえない小学生が蔓延る中、まことに申し訳ない。
これが一種の大人買いなんだろうね。(しみじみ…)



という訳で生活が乱れていく。
よりによって内分泌の前に発売だなんて…


<追伸>
娘が出来たら「星彩」って名付けようかな?って本気で思っています。

musou  
Posted by eijirooeijiroo at 16:47Comments(2)TrackBack(0)ゲーム

2005年02月25日

ベースボール魂☆

草野球しました。


でも…
あれはありえん。




なぜなら…




市民球場でやったから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

卒業記念ということで学年対抗でやりました。

ご丁寧に電光掲示板はフル稼働☆




どこに投げたか分からない大暴投もカウントされました。

なにをしたのか分からない大失策もカウントされました。
(両軍合せてエラー総数は20個?…)


電光掲示板さまに申し訳なかったっす。
でも、楽しかったっす☆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【さらに追伸】

巨人×楽天 のオープン戦あったみたいです。
内分泌試験さえなかったらな…




球場  
Posted by eijirooeijiroo at 16:31Comments(0)TrackBack(0)イベント

2005年02月21日

フットサル魂☆

振り返ってみると、先週は週5でやりました。
太もものサイズがまた大きくなったけど幸せです。

こんな生活もいつまで続けれるのか!?


(肉体的・時間的に…)

はぁ〜

前に広島に行ったときの写真です。

prpba  
Posted by eijirooeijiroo at 16:54Comments(1)TrackBack(0)フットサル

2005年02月15日

むっく侍

beb61f6f.gif最近、頑張っているゲームがあります。

「義経英雄伝」

斬新です。
あまり聞いたことない会社から出ていたので微妙かもと
少し心配しましたが、取り越し苦労でした。


義経が切ります。
弁慶も切ります。



相手は血を噴出して倒れます。
まさに和製バイオハザード☆

初めてゲームした人は少し引きます…





ここ↓
http://www.yoshitsune-eiyuden.net/

  
Posted by eijirooeijiroo at 16:19Comments(3)TrackBack(0)ゲーム

2005年02月14日

VT=心室頻拍


というのは有名ですが、2/14はバレンタインでした。
最近は「友チョコ」がブームのようですが、
その分、義理チョコが下火になったのでしょうか?

バイト先とフットサルのマネから貰っただけでした…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という訳で、試験クリアを記念して昼から麻雀開始!
本日はツキも実力も発揮され、三連勝を飾りました。
という訳で、おこずかいを頂きました。


M井、W辺両氏ありがとうございます☆

  
Posted by eijirooeijiroo at 16:07Comments(2)TrackBack(0)イベント

2005年02月10日

最近の注目人☆

487a601f.jpg最近、シャラポアが大人気ですが私はミキティ派です☆
  
Posted by eijirooeijiroo at 12:30Comments(1)TrackBack(0)生活一般

2005年02月09日

日朝戦を考える

結果は2対1で日本の辛勝
最後の最後で決めてくれましたね!!

でもいろんな事を考えてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


毎週水曜は工学部にフットサルに行っています。
練習中もみんな気になって気になって…
結果、練習切り上げって おい。

そんなで前半15分頃から観戦
1対0のスコアに「まぁ、そんなもんか」と余裕の傍観者
だが、時間が経つにつれ顔色が変わってくる。
やばい負けるかも…

うん、決して強くはないんだけど、攻撃・守りがシンプル
日本が形を気にして中盤でショートパスをミスするのに比べ
北朝鮮は中盤を省略気味にどんどんロングボールで勝負にくる。

弱いチームが強いチームに勝つときの典型的なパターンなんだよね。
さらに早い時間に点が入ったもんだから日本はどことなく守りに入ってる。
 
そんな訳で同点を許し、そんな訳で解任が見えたジーコが海外組を投入。
そんな訳で勝ち越したと…
でもあれだね、やっぱり海外組の力は頭一つ抜けてるね。
俊介のパス・展開はゲームのレベル一つ上を行ってた気がする。
結果論といえばそれまでだけどね…


これからが本題なんだけど思ったのは二つある。
   〆瀑のあり方
   ⊃佑鮃せにするには…
ってことかな。

まず一つ目、ずっと地方育ちだったせいもあるが、
在日朝鮮人の方がこんなにも沢山いるとは思わなかった。
そして普通にごくごく普通に生活してるとも。

日本に住みながら外国籍を持っているせいで、苦労するんだろうな…
先日もニュースになっていたが、
東京都の職員は日本国籍がないと管理職になれないらしい。
そのときもおかしいと思っていたが、昨日の日朝戦を観ていてそのことが思い出された。

もはや単一民族国家ではないのに、振りをする。
で、能力のある特殊な人だけを帰化させたりする。
なんか日本という国が少し悲しくなってきた。
自由自由というが、すぐ側には「不自由」が転がっているのに…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次は「人を幸せにすること」について
これは前々から少し感じていたのだが、人を幸せにするにはまず自分が幸せにならないといけないと思う。
自分の生活が不自由なのに、周りの人を本当に幸せに出来るとは思っていない。特に小さな器の持ち主である自分はね。

なんでこんなことを言うかというと、昨日の試合で日本が勝ったから
その後の日本−北朝鮮の関係を温かく見守れたことにある。
試合後、日本人の妻と在日の旦那と子供の一家の応援ぶりを報道していたが、
日本が勝ったから心安らかに見ることが出来た。
もし日本が負けていたらそれどころではなかったと思う。
相手を応援していた人にも怒りが向けられたかもしれない。
きっとテレビ局もそれを承知していて、そんな風景は日本が勝ったあとにだけ放送されていた。
普段は気がつかないことが多いと思うが、
こうやって情報操作されていることきっと多いと思う。

そんな感じで、まず自分が幸せになろうと思った。
その満ち足りた心を持って周りの人も幸せにしたいと願う。
悲しいけど、完全な慈愛の心を持った人というのは世の中にあまりいないかもしれない・・・






  
Posted by eijirooeijiroo at 12:26Comments(0)TrackBack(0)