ブツリブログ

栄光学園物理研究部 公式ブログ

ちょっと宣伝

こんにちは。66kのSです。最近寒いですね。仮設校舎は寒いですが、あと少し、頑張っていきます。

さて、今回はちょっとした宣伝です。物理部関係ないんですけど。

栄光学園には部活動の他にグループ活動というものもあり、その中に競技科学同好会というものがあります。毎週1回、物理教室で工作や実験などの活動をしています。現在の会員は5名となっていて、予算がもらえるギリギリの数ですが、毎週活動日には20人前後の参加者が集い、楽しくやっています。(入会しなくても参加が可能です)
しかし、来年度になり66期が抜けた時、予算をもらえる最低限の会員数を、競技科学同好会員数が下回ることになり、運営が危うくなってしまいます。ということで、現在入会していない人は是非入会してください(ただし、入会は中2の9月以降である必要があります)。今度、次期競技科学同好会長にグループ入会届を渡しておきます。

さらに、部員の方々は是非参加するようにしてください。物理部とは独立した組織ですが、参加者の多くは物理部員です。少しでも興味を持ったら、周りの人(物理部員でなくても全然構いません)を誘って参加してみてください。

ということで、競技科学同好会会計からの宣伝でした。

役職選挙について

 こんにちは。66kのSです。いつからか金曜日20:00更新になっていますので、しばらく金曜日20時更新で続けたいと思います。ちなみに先週はお休み・・・でしたが、今週からは毎週更新を目標に頑張ります。

 ちなみに投稿は今回で85回目のようです。100回は行けるかな?って感じですね。

 さて、役職選挙に関してです。昔は屈●の儀とも呼ばれたこの行事、数年前は「執行部選挙」と呼んだり、あるときは別の呼び名だったりしましたが、役員(キャプテン、サブキャプテンなど、のべ7名)と責任者(部展責任者、合宿責任者など、のべ10名)を合わせた言い方である「役職」から、今年は「役職選挙」と呼ばれています・・・。まあこんなことはどうでもいいですが。今回の重要ポイントは、選挙のシステムが変わります。(いずれはマーク式とか、プログラムとか?でやるのかも・・・?)

 −立候補方式についての変更−

 前年度以前:当日立候補
 今年度(以降?):事前に書類を届け出

 ということで、今までは当日に立候補していたほぼ全ての役職に関して、今年度は予め事前に立候補をしてもらうこととします。主な理由は以下の通りです。

・ 当日、立候補者が出ないために時間がかかる。
・ 立候補者が出なかった場合に、無理矢理立候補させられている人が居た。
・ 投票用紙が記名式となる(詳細は省略)。

 今年度の事前立候補は1/14までの受付です。その後、立候補者が居なかった役職に対して被選挙権を持つ全ての部員を集め、話し合う、という可能性もあります。

 役職と被選挙権の大幅変更も生じていますので、立候補する部員のみなさんは執行部規約三訂版をよく確認して下さい。

第4回科学の甲子園ジュニア全国大会 出場報告

 皆さま明けましておめでとうございます。
 はじめまして69KのTです。明後日から3学期が始まりますがいかがお過ごしでしょうか。
 今回は昨年12月2日〜4日に東京都で行われた科学の甲子園ジュニア全国大会の出場報告をしたいと思います。
 昨年8月に行われた県大会で69K(中2)の我々3人はなんとか優勝し、準優勝の桐蔭学園中学校2年の3人と共に全国大会に挑みました。
IMG_6065-20161202-224402548 全国大会初日は初めに、開会式が行われました。神奈川県チームは最近話題のピコ太郎さんのPPAPと大会マスコットキャラクターであるアッピンをかけたAPAPを披露しました。会場全体がいい感じに寒くウケていたので良かったと思います。その次に、お土産交換会が行われました。栄光は大量のお菓子と数独の書いてあるトイレットペーパーを用意して臨みました。開始前は量が多すぎて配り切れるか多少不安ではあったものの、前半戦の暴走?!により高速かつ大量に名刺と菓子を配って行ってなんとか全て配ることができたという感じでした。
 大会のメインは2日目。筆記試験と実技試験が行われました。
 筆記試験(詳細はこちらをご覧ください。)は、合同チームだったので互いの得意分野などを完全に把握することはできなかったものの合計2回の筆記試験練習で両校の雰囲気などを把握して本番に臨むことができました。本番、栄光は化学・地学・情報などを主に担当しました。大会終了後、全ての問題に目を通してみましたが、過去4回に比べると閃めきに左右される難易の激しい問題も多少あったように感じました。全員が練習の時よりは上手く解き進めることはできたかなあという感じでしたが、閃めかなかった部分やケアレスミスなどでチームとしてはあまり良い結果にならなかったのが残念ですが、今回の失敗経験を高校生のの大会で生かすことができれば良いと思います。
 実技試験は、各校分かれて行い、栄光は実技競技,鮹甘しました。実技競技,浪蹴惻存魁幣楮戮呂海舛蕕鬚翰ください。)で、薄層クロマトグラフィの手法で色素を分離するというものでした。クロマトグラフィについては中1の理科1の授業で実験や考察をしたという経験がありました。また、顧問の先生や環境化学班の方々の協力のもと過去問(第1回)を用いて実験トレーニングをしました。顧問の先生、環境化学班の方々、本当にありがとうございました。トレーニングでは実際の役割分担や作業の手際の確認など様々な調整をしました。これらの経験・トレーニングによって当日は分担してスムーズに実験が進み、実験競技,呂泙△泙⇔匹し覯未鮗めることができました。
(参考動画)

 総合結果は惜しくも優秀賞を逃したという感じでしたが、現在、我々出場選手は高校生大会でのリベンジにむけて地学・物理と各分野でさらなる高みを目指しています。
 そして、70K・71Kの皆さんは第5回の全国大会(茨城県つくば市で開催)を目指すことかと思いますが、今回よりもさらに良い結果を残せるように頑張ってください。

【地学班】科学コンテスト 結果

地学班Tです。
今年も残すところ1週間となりました。

早くおしるこが…何て言ってましたが、先取りしてもう食べちゃいました。
今シーズン、あと何回食べれるかな…

おしるこトークはこのくらいにして、今回は先日お知らせした「小田原白梅ライオンズクラブ・早稲田大学 科学コンテスト」について、最終審査会に参加してきたので、結果をお知らせします。

なんと、最優秀賞取っちゃいました!

そもそも、「台風通過時の気圧変化〜デジタルカメラを用いたフルタイム観測〜」というタイトルで応募していたわけでした。

内容は、まずデジタルカメラのインターバル撮影と、気圧計機能付きのアウトドア腕時計を用いて、フルタイムで気圧を観測する手法を確立。
そして、平成26年の台風8,18,19号の気圧変化の観測を行い、気圧変化と台風の構造との関係までを考察していく、という内容でした。
(もう少しまとめろよ…)

そして一時審査を通過し、顧問の先生方に発表を見てもらい、万全(?)の体勢で最終審査会に挑みました!

そして本番、自分の番が来ると、まさかのスライドの一部が白紙になっているというアクシデント…
「お手元の資料をご覧ください…」と何とか切り抜け、無事発表も終わりました。

他の人の発表も終わり、いざ結果発表。
ステージに全員上がり、そこから順次結果発表されるという、なかなか面白い方式でした。
そして最優秀賞の発表、呼ばれたのは自分の名前でした!
呼ばれた時はとても嬉しかったです!

来年は後輩に参加させようと思ってます。

自分は、今後も研究を深めていき、全国規模のコンテストなんか狙ってみたいなと思ってます。
みなさん、ありがとうございました!

2016年を個人的に振り返る

こんにちは。66kのSです。そういえば数日前が冬至だったようですね。あまり意識してなかったですが汗。とりあえず徐々に日が長くなっていくことでしょう。はい。

さて、2016年もあと1週間ほどです。「個人的に」振り返ってみたいと思います。

2016年1月
役員選挙にて、キャプテン等々の役職に立候補、当選する。
初めての部内科学の甲子園(第2回部内科学の甲子園)を運営する。

2016年3月
第5回科学の甲子園全国大会に出場、全国2位を獲得する。

2016年4月
キャプテンに就任。

2016年5月
仮設校舎での初めての栄光祭、部展責任者として運営をする。

2016年6月〜9月
特になにもなかった。

2016年10月
体育祭で実…(物理部関係ない)

2016年11月
第6回科学の甲子園神奈川県予選に出場、栄光の2チームは優勝、準優勝を獲得、全国への切符を手にする。
第3回部内科学の甲子園を開催、これをもって部内科学の甲子園の運営から退く。

うーん、科学の甲子園ばっかりの1年間だったようですね。物理部での小さいこととしては講義やったり工作やったりしました。そういえば70kの夏休み課題で課したプリントの答えが間違ってるのにまだ言ってなかったかも…? 訂正のプリント配ってなかったような気がします。69kの工作プリントも、70kの課題もあんまりチェックも終わってないし…。今年度中には返せると思います…。

ただ、個人的には今までの中では1番忙しかったですね。まあ充実していたということでしょう。

さて、67k以下の部員の皆さん、部員としての時間を大切に、是非充実した残りの部員生活を。



部室の引越しシリーズもそろそろ復活ですかね。
来週、再来週、更新できるかどうか…
秀逸な記事
日光で湯を沸かしカップ麺を食うプロジェクト

59期が物理部クオリティ全開で行ったプロジェクトを記事にしたもの。論理展開が明確で、誰もが楽しく読める記事です。

Comments
About Us

栄光学園物理研究部のWeblogです。
公式Webサイトへもどうぞ。


(移転に伴いリンクを張り替えました)

物理研究部twitter:こちら

物理部への問い合わせについてはeikophys @ gmail.comへどうぞ
(@の両側のスペースは消してください。スパム対策です)
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ