さくらプラザのホールでソリスト4人との合わせ。聞き惚れるなと言ってもそれはなかなか酷なこと。いや~4人とも本当に素晴らしかったですね!!ぴんとした張りのある清潔感溢れる豊かな歌声が、高い天井に楽々といくらでも響き渡る。自分も何やらちょっとうまくなったような気さえしてしまいます。ピアノも高性能で、いつもよりさらに豊かに鳴り響きます。しかし、響きの多いホールは落とし穴がいっぱい。聞こえてくるものに合わせようとしていると、インテンポに乗っかることができずにずるずる遅れてきてしまう。いつものように息が吸えない、細かい音符のタイミングが合わない、などなど。チェック用のカラー付箋であちこちマークできたのは収穫でした。音の回り方に慣れて対応できるところまでは時間がありませんでしたが、一度やっておくと2度目は楽なのではと思います。こういう練習をすると、本番が近付いているのを肌で感じますね。こんな素晴らしいソリストの方々と共演できることが本当に楽しみです。もっと顔が上がって、余裕であちこち見渡しながら歌えるようになりたいですね。