練習場に掲げられた本番までのカウントダウン表示が「あと3回」になりました。

本番と同じような熱の入った指揮の下、全曲を通していきます。いい曲だなぁ~と思いながら歌っていると、たぶんみんなもそう思っているということが空気の中に感じられてきます。ここはこうやって歌うのだったよね、そんなコンセンサスをいくつも創りあげてきました。「時間はかかってもわかり合えればいいから」とマエストロ。思えば長い道のり。同じことをあの手この手で何度繰り返し指導していただいたことだろう。こうして積み重ねてきたことが全部、本番で花開きますように。声のボリュームも勢いも、だいぶ充実してきているように感じます。すみだトリフォニーの上質な響きの中で歌えることがとても楽しみですね。いよいよあと2回、細部まで悔いのないようにみっちり歌い込みたいです。