湘フィルのクリスマスコンサートの一番のお楽しみといえば、これまた定番の「キャロルは流れる」。素敵にアレンジされたクリスマスソングのメドレーで、お客様も一緒になって歌う曲もあり、ホールでの演奏会では味わえない一体感が魅力です。歌のうまいお客様たちに喜んでいただくため、女声陣はマイナス18歳の飛び切りの笑顔、男声陣は裏打ちに乗り遅れない軽快なリズム感が求められ、結構ハードルが高いです~♪歌い慣れた曲ですが、出だしやフレーズの終わりの息の表情、同じ音が続くときの支えなどなど、細やかに神経を使うところはたくさんあります。同じようでいてその年によって微妙に違う流れもあるので、ていねいに歌っていきたいですね。
チケットは発売初日で60枚、(湘フィル割り当て分の1/3弱)が売れました。お早めにお買い求めください!