歌い慣れた曲を如何に美しく仕上げられるか。お客様もリピーターが多いクリスマスコンサート、年々少しずつでも完成度を上げたいものです。「聖なる都」~大きなフレーズをちゃんと届けること、必要な子音をしっかり発音すること、流れに乗ること、強弱の立体感や遠近感を作ること、音楽に合った表情の息を吸うこと等々、短い曲の中に大切なことがたくさんあります。いい曲なので毎年感動するけれど、結構グズグズで音程も悪いのがホントのところらしい・・・いい曲だと自分たちが酔ってしまいがち。今年はぜひすっきり歌いたいものです。メンデルスゾーンのAve Maria も、久しぶりに歌ったらあちこちグズグズのところが散見。演奏会で歌ってからまだ1か月もたっていないのに大昔のような気がしてしまいます。が、ちゃんと思い出しておきましょう。クリコンのプログラムっていつもいい曲ばかり。聴いてくださる方にもいい曲だなと思っていただけると、きっと来年もいいことがあると思います。