11月24日


 今日は松村先生は、合唱コンクール全国大会のため札幌行き。服部先生ご指導で、クリスマスコンサートの第二部のメインの曲、服部先生が指揮される「キャロルは流れる」の練習であった。

 細部まで、とても丁寧にご指導していただいた。ただ、何度も何度も、ダメ出し、やり直しをいただいた。なかなか先生のご要求される歌にならないのだ。
 この曲は、新人さんはともかく、大部分の団員は長い年月にわたり毎年歌っており、言葉(日本語!)も、メロディーも、リズムも、ハーモニーも、あれもこれも、身についている、とても歌い易い曲のはずなのに…。
改めて「易しい歌ほど難しい」という言葉が頭を過ぎった。
結局、どんな感じの歌でなければならないのか、どんな表情で歌わなければならないのか、といった「表現」の問題は、そんなに簡単なことではないのだ。
メンバー各自の「センス」の問題もあるだろうけれど、少なくとも、そういった事を意識しないと、なかなか良い歌にはならないのだろうと思う。
ホントに、流行りの「ボーっと歌ってんじゃないよ~っ!」である。

 ともあれ、3週間後(12月15日)には、クリスマスコンサート(クリコン)である。今年もまた、お客様も我々も、ほのぼのと、心温かく帰途につけるクリコンになりますように。

by Sham