先週に引き続き Nanie を練習。まずは姿勢。背筋を使って背すじを伸ばさないといい声は出ませんね。マエストロの位置から見渡すと、だいぶ背中が緩んでいるようです。しゃきっとフォームを整えれば、それだけで見た目も実際の声もずっとよくなるとのこと。見た目って結構大事なのでがんばりましょう。
さて、だいぶ歌いこんできてはいますが、大人数でこの曲にニュアンスを出すにはまだまだ心配りが必要です。ゆっくり吸ってやわらかく出るときの支え方、隣のパートの音が動くのをちゃんと耳に入れること、音のつなぎ目の粘り方、ユニゾンになるときのバランス等々、あちこち筋肉を使ったり耳を開いたりしてくると、歌い心地や聞こえてくる音が全然違ってきてとても楽しい!一度ぎゅっと圧縮された音が解放されて進んでいくさまを味わってしまうと、気持ちよくって何度もそこを通りたくなりますね。アカペラなので倍音が聞こえるところもあって、楽しみな個所がだんだん増えてきました。短い曲ですがいろいろな魅力がいっぱい詰まっていて、ppのデリカシーからffの迫力まで自在に表現できたらホントにいいですね。
「讃歌」の4番も少しだけ歌いました。例によって出だしのテンポ感が合わなくて遅れてしまいます。注意するポイントは決まっていて、マエストロの手はそこを絶妙につまんで運んでいます。(自分じゃないからよく見えるのです)顔が上がったらもうバッチリですね。本当はマエストロに運んでもらうのではなくて、自分から進んでいくところにマエストロが軽く手を添えるくらいがいいのでしょうけれど、だんだんに目指しましょう。楽しみです。