2018年12月10日

たくさん降りました。

こんにちは杉田です。

金曜日、たくさんの雪が降りました。
釧路では6年ぶりの30cmを超え、32cmも積もったそうです。
IMG_6253
(左が金曜、右が月曜(今日)です)
写真では分かりにくいですがこんな感じです。

IMG_6211
 
ひざ下までの長靴が半分以上。
場所によっては、ギリギリまで積もっているところがありました。



雪が降ると子供の頃を思い出します。

釧路は雪が少ないので、かまくら作りはあまりしたことがなく、学校で禁止されていたため、雪合戦をした記憶がありません。


空き地や小さな公園は、雪置き場のようになっていて、そこにソリの跡をつけ、滑り台を作ったり、分厚くなって割った氷(近所の家の玄関先で割れてる大きめのものを調達)二人掛かりで持ってきて階段を作るなど、冬遊びが楽しかったなぁ。と思い出します。

寒いのを我慢しながら遊びすぎて、唇が紫色になったり、手足がしもやけになったり、氷で指を挟んで打撲をしたり、それも含めて良い思い出です。

FullSizeRender

誰も踏んでないところは行きたくなりますね。
つい、やってしまいました。

昔は、雪の上の足跡を見て、ドロボーの足跡!と言って、自分の足跡をつけないようにするのも下校時の遊びでした。



雪かきで体がバキバキになりましたが、昔のことを思い出し、とても楽しい気持ちになりました。

FullSizeRender
(トトロが通ったあとみたい…)


皆さまの冬の遊びはどんなことをしましたか?
コメントお待ちしております。



eiseibus at 13:54|PermalinkComments(1)

2018年12月07日

粋な大人のあそび方



みなさーん!!
こんにちは(^∇^)
先日チダは、とあるアクティビディを楽しむため阿寒湖へ行って参りました。

IMG_5758


IMG_5759


この日の阿寒湖は晴天。
最高気温は8℃。
風が吹いていたので少し肌寒い中
チダがもとめてやってきたのはー??


コチラ↓
IMG_5770

テントサウナ

フィンランド生まれのテントサウナ。
本場は、フィンランドで伝統的に楽しまれているサウナ入浴法のひとつ、それがサウナ後に楽しむ湖や海での冷水浴。


アウトドア担当部 CHIDA がサウナテントの魅力に引き寄せられたのは、Yさんとの出会い。
おそらく、サウナテントを釧路にはじめて取り入れた人。


大自然の中に建てられたサウナテント。
北海道には、アクティビティを楽しむロケーションやスポットが数多くあります。

雄大な北海道にいて
絶景を楽しまなきゃもったいない。


IMG_5771


テントサウナは、防炎素材を使った簡易テントを設置して、テント内にサウナヒーターを置くことでサウナ空間を作り出す。

テントサウナの室温は、サウナストーンにかける水の量で調整できます。


IMG_6135

サウナストーンも購入の際に選べるそうで
チダは、このサウナストーンに一目惚れ。


IMG_5781

かわいい〜♪
どんぐりみたい♡♡♡
チダの心にズキュン、、、、(о´∀`о)


拡大すると
IMG_5738
なんて、かわいい〜の〜
どんぐりちゃん。
サウナストーンだけでおしゃれ。


ストーンだけでなく、アロマも楽しむことができるのです(゚∀゚)♡

そう!CHIDAは、サウナテントに入った瞬間この香りに恋をしました。
サウナフレグランスは、色んな香りを楽しむことができます。


白樺、レモングラス、シトラスなど、、、
癒し効果バッチリ。


IMG_6145
これは女子旅モニターツアーの時の写真


サウナで芯から温まったあとは、冷水浴。
そう水風呂ですよ。水風呂。


どこに飛び込むか???って

ここでーす。
IMG_6139
動画の写真をスクショしたので画像があらめ

冷たくて、寒い寒い言ってましたが
カラダが徐々に慣れてくるんですね〜

慣れってこわいですね。

FullSizeRender

絶景ダイブは最高に気持ちよかったです。

サウナ後はプロフェッショナルが作ったベーグルをいただき、癒されるのでした。
IMG_5756


彩りも鮮やかで美味しい(〃ω〃)
今回参加した、サウナパーティーは皆人生の大先輩ばかりで、色んなお話を聞くことができたチダにとって至福なひとときでした。


粋な大人のあそび方。


充実した1日。
人生楽しんだもん勝ちですね〜
enjoy!enjoy!




最後に前回のクイズの解答を、、、
正解は??
IMG_6103


①ちー姉
②ちだ
③めぐ
④あやの

でした。


END







eiseibus at 09:00|PermalinkComments(3)

2018年12月05日

これが本物のししゃも!!

皆様こんにちは。
稲垣です。

12月ですね…!

なんだか今年は暖かいですね…!
昨日は本州で20度を超えていた所もあったとか
怖いような…
嬉しいような…




先日社長からししゃもを頂きました!

本物のししゃも!


IMG_1868




しかも生ししゃも!

おいしそう〜!!

天ぷらでも
フライでも
一夜干しでも
新鮮なものだと、
刺身、寿司ネタなどなど…

おいしい本物のししゃも!


皆様もご存知の通り、この本物のししゃもは、北海道太平洋沿岸の一部だけで、獲れます。
だいたい鵡川〜釧路あたりですね。

よくスーパーで販売されているのは
姿形はよく似ていますが、
肝心の味が全く違う、
カラフトシシャモ(カペリン)
というものです。


産卵のために10月から11月頃に川に遡上してくるので、この時期ならではのものです!

子持ちししゃもの雌もおいしいですが、
雄も脂がのってて、おいしいです!

漁獲量が少ないので、とても貴重です。
お歳暮に送る方も多いですね。


IMG_1873



一夜干しししゃも!

またお酒が進みますね…笑


ししゃもの語源はアイヌ語のスサム。
スス(シュシュ)→楊
ハム→葉

他にも、
シサク→美しい
シサム→日本人
などの意味もあるとか。

アイヌ伝説が殘されており、
諸説あるそうです。

むかわ町では、
シシャモカムイノミが行われています。

カムイノミは、アイヌの人達が
「神に祈る」という意味で、
生活をする上で必要なことを
神に祈る儀式です。

例えば熊送りのイオマンテ(イヨマンテ)
マリモ祭りでも、
マリモを送るカムイノミなど
各地で行われています。

むかわ町のカムイノミは
ししゃも漁の前に行われ、
村の守り神、海と川と河口の神々に
豊漁を祈る儀式です。





旬のものを
美味しく頂きました!

社長ありがとうございます!笑

稲垣











eiseibus at 10:55|PermalinkComments(8)