釧路に流氷9年ぶり。チダが見た車内。そして…

2017年04月06日

2017年度ガイド室1年生研修スタート

こんにちは、
新人指導担当のチーフ原田です。



入社式から4日が過ぎ、翌日から本格的に新人バスガイド研修に入りました。




1年生ガイド研修生の杉田さんは、もともと放送部だったり地元FMさんでの学生パーソナリティ経験があるので発声や話し方は基礎ができています。



いろいろな『話す』仕事がありますが、
バスガイドが特化しているのは『案内』。

これからは11冊の原稿暗記と地理、歴史、動植物、文化、時事、地域性の話しを、時には全国からいらっしゃる沢山のお客様からの変化球に対応しながら長時間お話しを続けていかなければいけません。



大変なことだけれども、
幸せなお仕事だということも先輩がたはみんなわかっているので、
みんなで頑張ります!



頑張れ、研修生‼︎




こちらは北海道バス協会共通のバスガイド教材です。


これを地図を使いながら研修期間に暗記して覚えていきます。



バスガイド研修生の1日
発声、敬語、立ち姿のチェックから始まります。
朝のウォーミングアップの担当は猪瀬先輩。


そして教材を使った読み合わせ、
暗記開始。


外に出て安全確認のバック誘導、
ホイッスル訓練も。



ホイッスル(笛)訓練の様子はまた詳しく更新していきます。今回は基本動作のみです。


午後からは猪瀬先生による観光歌の練習。
私が教えると衛星バスのガイドは末代まで大変なことになります。



教材以外の知識もつけておけないといけません。毎日更新される新聞とニュースは常時チェック。それを資料に落とす作業も習慣化しないといけません。
文章にふれて語彙力にも強くしておきます。


最初のうちは何がバスガイドに必要となる記事かもわからないので私がある程度指示してみます。





こうしてあっという間に1日が終わってしまいます。

明日からはバスの車内清掃も始まります。

他にも観光バス車内に貼り付ける絵やバスゲーム用のフリップを書いたり、
行程表の見方や乗務までの流れを覚えたり、研修ノートの取り方や研修の備えを学んだり…。
バスの避難訓練や救命講習もあります。




今日は釧路市内デモンストレーション走行をしてきました。
新人バスガイド杉田さんにも釧路市内の短い紹介をしてもらいましたよ。


マイクの担当は2年生渕瀬さんとベテランちひろちゃん。


その初々しさと緊張の車内の様子は、
明日から紹介してまいりますー。





チーフ原田


eiseibus at 13:48│Comments(5)

この記事へのコメント

1. Posted by 青春北海道   2017年04月06日 22:51
原田さんへ


ガイド教本一色、ハンパない量ですね(*_*)。

新人さんは皆これを覚え、更に常に新しく入る情報を取り込み覚えなければならないんでしたよね💦。

お客さんからは思いも寄らぬ質問が来る事もあるでしょうし、あちこちにアンテナを張り巡らせないとならないですね(^^;。

新社会人は覚えなければならない事が山程あって大変ですが、2年連続でルーキーの指導を担われる原田さんも、指導スケジュールの作成が大変ですね。

ところで、バスの安全確認指導の写真を見て気付きましたが、もうすっかり足元の地面が見えていますね。
少し前までの写真では地面はまだまだ白かったですが…。

釧路が本格的に暖かくなるのはもう少し先でしょうが、流氷がやって来た釧路も着実に春の足音が近付いて来ているんだな、と感じましたよ(^^)。
2. Posted by 魂は釧路男児   2017年04月06日 23:04
今年もこの時期がやって来ましたね(・・;)
去年1年間ずっと渕瀬さんの成長をブログで観察(?)してたのでどんな流れなのかは少しだけ理解したつもりです(笑)

写真をよくよく見てたら三菱ふそうエアロシリーズの車両にも新カラーリング採用になったんですね?
これから順次、塗り替えになるんですか?
3. Posted by minami   2017年04月06日 23:12
相変わらず、膨大な量の教本ですね・・・
毎回思うのですが
どこのガイドさんの卵も
辞めちゃう原因の1位といって良いくらい
暗記が追いつかないというところに
原因が、あるのではないでしょうか?
ガイドさんの素質があっても
暗記が苦手・・・
この人たちを救う方法が出来ても良い頃なのでは?
景色は日々変わっても
基本みたいな案内をDVD化して
CD化もしたらどうなのかなと思います。
カーナ先生が、釧路衛星バスの
DVDとCDのテキストの見本を作ったらどうかなと
いつでも思います。たぶん1年前にも提案したかと・・・

この先、次々に入ってくる新入社員の
ガイドさんの卵に、ただ暗記するだけでなく
耳から、目と耳からのテキストも
作ってあげたらいいのにな・・・と
いつでも思っています。

なぜなら、テレビドラマとかの台詞や
漫画の台詞、耳に聞こえてくる歌・・・
それは、自分ひとりで覚えるよりも早く
自然に口ずさんだり、繰り返し見ていると
次の台詞が出てくるようになるからです。

もう、ひとりで、覚える時代じゃ無いのでは?
それは、最終的には、ひとりで覚えなきゃ
いけないのですが、新人の時代は、そういう
動画や音声のテキストも導入されれば
辞める人も減るんじゃないかなと
全国のガイド研修で脱落していく人を見ていて
感じます・・・

甘いと言われるかも知れませんが
誰でもが暗記が得意じゃ無いと思います。
覚えやすくする教材を作るのも
バス会社に課せられた課題だと感じます。

辞める人も数に入れて大量に採用する
大手のバス会社さんもありますが
それは、間違って居ると思います。

毎年同じ事を繰り返しているということは
会社にも責任があると思います・・・

>>>

生意気なことを言ってしまいましたm(_ _)m
4. Posted by ゆう   2017年04月07日 06:31
 原田先生おはようございます、今年も頼もしい新人ガイドさんが仲間入り。入社2年目の淵瀬さんには後輩が出来たんですね。
 新人ガイドの杉田さんは学生時代は放送部に所属されていた。ということは、今回ホイッスルを吹くのは全く初めてになるのでしょうか。杉田さんに渡されたホイッスルは伝統の「モルテンプラホイッスル」、今回は青色になったんですね。
 ホイッスルを吹いてのバス誘導訓練の様子、楽しみにしています。
5. Posted by ピッピー   2017年04月20日 03:51
久しぶりに見たら新人ガイドさんが!!また新しい仲間が加わったんですね?
ホイッスルを使った誘導の様子を楽しみにしていますね。原田先生のホイッスル講座とかあったりしたら面白いかも🎶
楽しみにしていますね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
釧路に流氷9年ぶり。チダが見た車内。そして…