目指しちゃう?都立中高一貫校

2009年生まれの息子と歩む、都立中高一貫校への道。2022年受検予定。

日々の取り組み記録以外に、自分の考えや気持ちを書く事で頭の中を整理したり、集めた情報を整理するためのブログです。 2017.10.25開設

家庭学習は英語と、ベネッセの通信教材(進研ゼミと考える力プラス)以外、あまり取り組んでこなかったのですが、国語が少々苦手な雰囲気があるのと、「書く」ためにも論理的思考は必要だろうということで、一年生の終わり頃から、亀の歩みではありますが、以下に取り組んできました。





『はじめての論理国語』は問題集というより、テキストに近いです。
説明を読みながら、簡単な練習問題に取り組んでいくことで、「論理とはどういうものか」を段階的に学べるようになっています。
演習問題がほとんど無いので、これだけでは、読解力が急についたりしないとは思いますが、じっくり取り組めれば、読解問題や作文の力に影響するのではないかと思います。

この論理国語は、現在小1レベルから小4レベルまで出ているようですが、学年にこだわらず、苦手な人は高学年でも小1レベルから、得意であれば該当学年より先に進むことを推奨しています。
息子は小1レベルを終え、小2レベルを現在取り組み中です。
小2レベルと小1レベルは同じテーマの単元もありますが、内容は小2レベルの方がより詳しくなっています。
そして、小2レベルで躓いた場合は、該当する小1レベルのページ数が書いてあるので、そこに戻って基礎から確認し直すことが可能です。

とても分かりやすくて良い問題集(?)ですが、演習問題がほぼ無いので、定着しているのか不安なのがマイナス点です
わが家はとりあえず、難しくて先に進めなくなるまで進むつもりで取り組んでいますが、先に進めなくなったら、同じ出口式シリーズの『日本語論理トレーニング』の習熟編や応用編などを試してみるのも良いかなと思っています。

論理国語と合わせて取り組んでいるのが、同じく出口式の『論理エンジン』です。
こちらは読解力と思考力アップを謳った問題集です。
なかなか時間が取れず、小1レベルをつい最近終えましたが・・・2年生には簡単すぎました
でも、読解問題に取り組む際のポイントを効率よく養える、良い問題集だなぁと感じましたので、続けて小2レベルにも取り組んでいくつもりです。

・・・早くしないと、3年生になっちゃいますけどね(笑)

一年ほど前にこちらの本を買いました。


息子は興味を持って、この本を楽しく読むという感じではなかったので、辞書引き学習のきっかけとして利用することにしました。
特に辞書引き学習がしたかったわけではないのですが、辞書を引く練習になるのと、この本に書いてある以外の意味や言い回し、例文などが読めて良いかと思ったからです。

辞書引き学習用の付箋も見つけたので、こちらも購入してみました(笑)



普通の付箋だと、のり付けされている幅が辞書の余白より少し広いのですが、こちらの付箋はのり部分が辞書の余白に収まってくれるので使いやすいそうです。

辞書引き学習は、まず対象の言葉を辞書で引き、見つけたら辞書にマーカーでチェックします。
そして、付箋にその調べた言葉を書いて、その言葉が載っているページの余白に貼っていくだけです。
この時、付箋には通し番号を振っていきます。
番号を書くことで、自分がいくつの言葉を調べたかが分かるのでモチベーションに繋がるとか・・・
ちなみに、辞書引き学習用の付箋には通し番号用に「番」という文字が印刷されています

息子は一年くらい前から始めたのですが、途中、全然取り組めない時期もあったので、まだ220個ほどしか調べていません。
『10才までに覚えておきたい・・・』の言葉以外にも、新聞その他で出てきた言葉を調べたり、調べた言葉の説明に分からない言葉が出てきた時は更に調べたりして、付箋貼り付けをしています。

image


調べた言葉をどれだけ覚えているのか不明ですが、単に『10才までに覚えておきたい・・・』を読むだけ、辞書で調べるだけよりは頭に残りやすいのかな?と期待しています。
あと、辞書引きに慣れるまでは時間もかかりましたが、最近は慣れてきたので早くなってきました

『10才までに覚えておきたい・・・』の言葉1000個を調べ終わる頃には、辞書が付箋で膨れ上がっていることでしょう

今月に入ってから、週末にこちらの問題集に取り組んでいます。



どちらも全10テーマの構成になっており、各テーマは3回の問題と、グレードアップ問題1回の構成になっています。
用語などを暗記させたりするのではなく、絵や写真をヒントに考えたり、迷路や塗り絵、文字のなぞり書きなどで用語に触れたりします。

本当にサラッとなので、実際に習う時には忘れている可能性が高いですが、「あ、これ、なんか知ってる!」程度には残ってくれるといいなーと思い、取り組んでいます
実際に習う際、何かひっかかり、とっかかりのようなものがあると、興味を持って授業に入っていけるかなーと思いまして。。。

内容は本当に簡単なので、一気に片付けようと思えばできると思いますが、わが家では1テーマを2回(2週)に分けて取り組んでいます。
1週目は問題の1~3に取り組み、2週目は1~3を読み直した上でグレードアップ問題に挑戦しています。
出てきた用語や写真などから、身近な話をしたり、図鑑で調べたり、インターネットで調べたりすることもあります。
こんな感じでのんびり取り組んでいるので、理科と社会が始まる3年生までに終えられるのかな・・・?(笑)

このページのトップヘ