前回の更新から一ヶ月以上たちましたね、鈴夜ひとみです。


この一ヶ月、スクフェスばかりしていましたとか口がさけても言えないですね。
これは手がすべってるだけです。

さて、進化と題しましたが。

人間という生き物の進化とはどんなものなのかなーと思いまして。

進化の速度は100万年に1%変化することを1ダーウィンって言うんでしたっけ。

まあそういう個体としての進化の話ではなくてですね。

人間は環境を変えて生存しようとしますよね。
色んなものを研究して、開発して、利用して。

それも一つの進化だと私は思うのです。

人間の進化の速度がどれくらいかわかりませんが、決して早くはないでしょう。

環境を変える力を身に付けてしまったら、そちらの方が楽だから当然でしょうね。

この人間の進化の仕方というのは、生物のなかではイレギュラーじゃないでしょうか。

他の生物にも大きな変化をもたらすようなものですしね。


そこで思ったのですが、このまま人間の進化が止まるとどうなるんでしょうか。


恐らく、徐々に個体数が減っていき絶滅するでしょう。
と思うのも、今の人間のやり方では、進化をし続けて現状を変えていくことが種の保守に必要だからです。

自分が作り出したもので破滅する、そんな感じでしょうか。

なんのために生きるのかってところまで話を持っていくと、やはり全ては種の保守のためなんでしょう。

よく綺麗事並べてる人居ますが、ああいうのは苦手です。



と、いうわけで、人間の進化について思うところを書いたわけですが、私のなかではやはり種の保守というところに落ち着いてしまいました。

自殺とか、そういうのもありますが、あれもある種生物としての進化の形な気がするんですよね。

まあそれは気が向いたら書きましょうか。



長々と適当な事を話してしまったのですが、ここまで読んだ方が居るとしたら多分超暇人ですね👏(・_・)

ではでは、次回更新で。