土曜 っしゃ~!ライヴじゃ、ライヴ!

マジで、きっつかった。実に、ピッタリ3ヶ月もライヴしてなかったンだもの(弾き語りはヤったケドさ、人と一緒にヤるってコトが重要なのさ)。

このブログを読んでくださってる方は知ってると思うケド、その間何をしてたかって、スタジオ入って、曲作って、お酒呑んでるだけよ。人にも会わんしさ、他に楽しみがあるワケでもないしよ。

だからもう、この日が来るのを、首を長くして待っていたのさ。半泣き、いゃ、大袈裟ではなく、半狂乱で毎日を過ごしてたよ。



・・・・・・・・・・・・


住む町の駅のエスカレーターに乗ってると、後ろから「おはっス」。振り向くと、タカノ。なんたる偶然。幸先、イイね。

代々木に到着し、ライヴハウス・・・の、前にスタジオへ。昨日できた歌詞のチェックをしたかったもんでね。・・・よし、問題無し。

ライヴハウスへ向かい、リハ。これまた、問題無し。声も、気持ち良いくらい出る。

ブリキの2人も到着し、彼らのリハを拝見。くそっ、かっちょいいゼ。彼らはモノホンだ。そして、彼らも2人編成。2人歴も長くて、その完成度もたっけぇーのさ。負けられねぇ魂に火が着く。

ほてほて代々木を歩く。
どんどん高ぶってく。
嬉しいナァ。

やるか。



・・・・・・・・・・・・


タカノに目をヤり「1、2、3、4」

さぁ、ライヴのスタート。

・・・うん、幸せだったンだナァ。

ステージに立って。照明に照らされて。アンプから自分の音が聴こえて。友達でありメンバーでもある彼の弾くギターが聴こえてよ。自分の曲を歌って・・・!

あっちゅー間の40分。

なんかね、上手く言えんケド、俺、音楽ヤってて良いンだナァって思った瞬間があったンだわ。何言ってンだかね。バカが。でも、マジマジ。


田代さん、誘ってくれてありがとうございました。そして、ジェッサンで出られなくてすみませんでした。

遊びに来てくれた、キミ、キミ、キミ。たまたま居合わせた、キミ、キミ、キミ。ありがとう。荒削りなトコも愛してくれたなら、嬉しい。ワンマンでも必ず会おうゼ。



・・・・・・・・・・・・


イベントがハネて、打ち上げ。

タカノとイェーィ。ブリキとイェーィ。遊びに来てくれた、内藤さんちの重人さんとイェーィ。

シゲさんと色々喋るコトができて良かった。

や、数少ない俺の友達なンだわ。波長が合うンだ。距離感も絶妙。数少ない理解者。―――つまり、友達。

前々から遊ぶ約束をしてたンだケド、"俺がこーゆーヤツだから"、なかなか会うタイミングがなくって。今夜、久々に会えたってワケだ。

久々に、人と―――それも、友達と会えたから―――更には、酔いと日々のストレスも相まって、ベラベラヘラヘラ喋りすぎた気がするケド―――すまん、嬉しかった。落ち着いたよ。ありがとう、シゲさん。今度は、サイゼでマグナムね。



・・・・・・・・・・・・


終電に飛び乗り、住む町の駅にて、タカノとMさんと、ベンチで1杯。

やはりここでも、話題は"距離感"に、ついて。

ダメだ、もう歩けねぇ。
タクシーに乗る。

景色が後ろに吹っ飛んでく。もう止められないンだナ。6月が始まったね。





1サヨナラ世界
2メリーゴーランド
3どしゃ降りの日曜日(二人サンダース)
4世界で1番キミのコトを好きなのは俺さ
5空がまた暗くなる(RCサクセション)
6目を開けると彼女が笑ってた
7ソーメニーブルー(二人サンダース)
8空っぽの世界(二人サンダース)