日曜 夕方前に起床。やっぱ、このリズムが染み付いてきてるナァ・・・


ちょっとした話し合いがあったもんで、チャリンコをかっ飛ばして、駅に両親を迎えに行く。

ドコかで食事でもしながら話をしよう、ってコトになったンだケド、何やら、食べに行きたい蕎麦屋があるらしい。

「○○○って、お蕎麦屋、ドコにあるか知ってる?」
「いゃ、ちょっと解らないナァ」
「こーゆー時の為に、アイフォーンがあるのよ」
「!?」

お母さんが、バッグから取り出したのは、真新しいアイフォーン。そういや、お父さんも携帯をやっと買ったって言ってたナ。もしや、と、お父さんに目をヤると、お父さんも真新しいアイフォーンを持っておる。

これで、家族でガラケーを使ってるのは、俺だけ。我が家に訪れたIT革命に、俺は乗り遅れたってワケだ!

で、お母さん。アイフォーンで蕎麦屋を検索するトコまでは良かったが、地図の見方が解らずに、困ってる。「それじゃぁ意味無いじゃーん」と、心の中で突っ込みつつ、携帯を見せてもらうと、我が家の近所にある、気になっていた蕎麦屋だった。

ソコは常に満席で、閉店時間を迎えるコトなく品切れするコトもしばしば。そして、常に長蛇の列。

気にはなるが、並んでまでご飯を食べるのが好きじゃないから、勘弁してもらい、最近できた寿司居酒屋へ。お父さんも生魚、好きだしね。

って、入ったお店がもう!味、接客、内装、盛り付け、その他全てがデタラメで大ハズレ!久し振りに、両親に謝ってしまったくらい、酷い店だった。そりゃないゼ。

ままぁ、なんだかんだで3時間近く喋ってたのかナ?穏やかで、良い時間だった。



その後、近所の神社で催されていた、お祭りへ。

小さい頃、お祭りに亀すくいがあってさ。で、1匹だけ、金の亀がいたンだわ。

よく考えりゃ、そんなもん子供騙し。金色のスプレーかなんかを塗ったくっただけなンだケドさ、ガキんちょのわたくしは、テキヤのおっちゃんに、まんまと言いくるめられて、信じ込んでしまって。バカだね。お祖父ちゃんに貰った大金を、ソッコー亀すくいに全て注ぎ込ンだ。

当然、亀はすくえず、そして、両親に死ぬ程怒られたコトを思い出した。ふ。

来月37歳になる俺は、相変わらずお金の使い方がヘタクソなままだ。苦手だよ、あんなもん。





そういや、妹が友達と食事に出掛けた時のハナシに、苦笑してしまった。

その友達は、赤ちゃんをベビーカーに乗せていて。事前に、ベビーカーは大丈夫か確認するとOKだったから、そのお店に行ったハズなのに、「迷惑なんですケド」的なコトを店員に言われたらしい。妹は、当然ぶちギレて、「店長を呼べ」と。

その店長がまた、アタマの弱い人で、きちんと謝罪もせず、ヘラヘラと対応する様な、アブナイ人だったそうな。更にぶちギレた妹は、そのビル(某有名ファッションビル)の、責任者を呼びつけた、とのコト。で、その友達はひいてたっつー。ふ。

異様に、曲がったコトは嫌いで、正義感が強い。妹らしい、っつーか、お父さんそっくりやねと、一同苦笑い。

妹には、久しく会っとらん。今年のお正月は、会えたら良いナ。



・・・ってな感じで、穏やかで健やかな、いちんちだった。

本来この世に存在しなかったハズの、俺。無だったモノを有にしてくれた、両親には、感謝してる。そいでもって、2人から産まれて良かったとも、思ってる(そう思えるには、時間がちとかかってしまったが)。

くぅ~ッッ!さんきゅーべりまっち!ムーチョグラシアス!



明日は、代々木でライヴです。