早いもので、もうモスクワを去る時が来ました。

シェレメチヴォ空港へのアエロエクスプレスは行きと同じく、ベラルースキー駅から出発します。

ただ、行きと帰りでは乗り降りする出入り口が違うので気をつけてください。

帰りは大きなロータリーのある、ベラルースキー駅から入ります。

入り口はアエロエクスプレスと書いてある、小さな矢印の看板のある所から入らないと辿り着けないので、こちらも気をつけてください。

IMG_1497

荷物検査を終え、抜けると切符売り場があります。

IMG_1498

インフォメーションカウンターもあるので、何か困ったことがあれば訪ねて見るのも良いでしょう。

IMG_1499

駅には時刻表も掲示されています。

シェレメチヴォ空港に到着する時刻も逆算できるので、チェックしておくと便利かもしれませんね。

IMG_1500

ホームは外にあります。

あとは電車が来たら乗り込むだけです。

中には指定席の車両もありますので、確認してから乗るようにしましょう。

走行中は車内販売のカードなども来ます。

職員のおばちゃんは旧ソ連を彷彿とさせるように愛想がなく、売る気があるのかすら疑問にさせます。

電車に揺られること45分。

シェレメチヴォ国際空港に到着しました。

帰りもエアチャイナを利用します。

IMG_1503

18時55分の北京行きです。

シェレメチヴォ空港に着くと、空港の中に入るために荷物検査を行います。

タブレットなどは電源を入れて確認させられます。

そして、チェックインカウンターに入るために、もう一度荷物検査をします。

検査の時に行き先が確認されます。

北京では、ちゃんとベイジンと言わなければ通じませんでしたが、ロシアでは職員の方もペキンと発音しており、なんだか感動しました。

IMG_1502

エアチャイナのチェックインの列は果てしなく長いです。1時間ほどカウンターに並びました。

シェレメチヴォでは、チェックインが終わるとすぐに出国審査のゲートへとたどり着きます。

出国審査の通過口は手動です。

ここでも子連れ優先レーンがあることに驚きました。

ここでは、そもそも、時間のかかる前提なのですね。

チェックインを済ませて外のレストランで食事…なんて呑気なことはできないのが残念です。

そして、出国審査を終えると税関です。

チェックインから税関を抜けまで1時間30分ほど時間を要します。

シェレメチヴォの中を探検して記事にしよう…など思いましたが、狭苦しい制限エリアにたどり着くと、すぐに搭乗のアナウンスが聞こえてきました。

写真を撮ったりするなどは愚か、お手洗いにも寄れずに、急いで近くの売店で水分と軽食を買い、なんとか無事、乗り込むことができました。

今回もフライトは定刻通りでした。

離陸して1時間ほどすると、機内食の時間です。

このフライトでも魚を頼みました。

魚というので、何の魚かはわかりませんが、とにかく白身の甘いソースのかかった美味しい魚でした。

IMG_1504

チョコレートのまぶされたケーキも美味しかったです。

機内に揺られること6時間。

それまで消灯されていましたが、地上にも少しずつ灯りが見えるようになり、1人ひとつ、飲み物とサンドイッチが配られました。

こちら。

IMG_1505

とてもショボかったです。

少なくとも自分の知ってるサンドイッチでは…

まったく食欲をかき立てなかったので、とりあえず、機内冊子と一緒に前の棚に挟むという中学生のようないたずらをしておきました。(置き忘れただけです)

7時30分。

ほぼ定刻通りに北京首都国際空港に帰ってきました。

乗り継ぎ時間は1時間45分で、朝の混雑した北京では40分ほど時間を要しました。

余った時間はレストランに入る余裕もなかったので、自販機のカップラーメンを食べました。

ハルビンでも食べた赤色の牛肉なんちゃらです。

IMG_1202
(ハルビンの旅より使い回し)

8時40分。

成田行きの飛行機の搭乗が始まりました。

乗客は3〜4割程度であり、スカスカでした。

中国国際航空はANAと同じスターアライアンスに加盟しているので、今回の北京〜成田線にはANAのCAさんも乗務されていました。心強い。

FullSizeRender

北京〜成田も3時間30分ほどの短い路線ですが、機内食が出ます。さすが大手。

この時もチキンか魚かを聞かれて、魚と答えましたが、確認したところ、チキンしかないと言います。

仕方ないのでチキンを食べてみることにしました。

やはり、魚より美味しくはなく、デザートと温かいお茶を飲むだけのティータイムでおさめておきました。

13時40分。

飛行機は定刻通り、成田国際空港に到着しました。

帰りの税関でロシアへ行ったと述べたら、根掘り葉掘り訊かれました。

悪いことはしていないですが、やはり、まだロシアの自由旅行はあまり一般的ではないみたいです。

しかし、前述の通り、今回のモスクワ旅は行きたいところに行き、好きなことをして帰ってきました。

自由旅行ができないと言われているロシア。

また行きたいと思います。