こんにちは、Perryです。

今回は安平古堡にやって来ました。

安平古堡は台湾で最も古い古堡で、別名を「台湾城」、オランダ統治時代にはオランダ東インド会社による台湾統治の中心地として栄えた場所だそうです。

そんな安平古堡を観光します。

IMG_2667

入場口がこちら。

料金は50元。(およそ150円)

IMG_2669

さっそく入場します。

IMG_2670

チケットオフィスを抜けると、無料のパンフレットが置いてあります。もちろん日本語も。

IMG_2671

こういった看板も見られました。

入場口の広場を抜けると、白い建物があります。

IMG_2672

ここが博物館となっており、安平古堡についての展示がたくさんあり、なんと日本語の解説もあります。

ちなみに、中はとても蒸し暑いです。

IMG_2674

博物館から向かって右側。

いよいよ台湾最古の古城に登ります。

皆さんいい笑顔です。

IMG_2677

安平古堡と書かれた碑の前でガイドさんが一生懸命、解説していました。

向かって正面に移ります。

IMG_2678

鄭成功の像です。

彼は明の遺臣であり、1662年に新たな拠点を探すべく、当時、力を持っていたオランダ人勢力を一掃し、台湾史上初めての漢人による政権が樹立されました。

そして、この場所を安平城と改名し、その後、3代にわたり、鄭政権を築いたのだそうです。

IMG_2680

1番上の段までやって来ました。

あれは大砲でしょうか。

どことなく大陸の戦術を感じますね。

IMG_2681

景色はこんな感じ。

ここに昔は城が築かれていたのですね。

そして、お土産物屋さんもありました。

IMG_2683

城があった場所だけあって、何だかマニアウケしそうな渋いテイストのお土産がたくさん並んでいます。

そして、同じ建物に資料館がついていました。

IMG_2684

見学がてら少し休憩。

IMG_2685

再び下に降りてきました。

往路には気づきませんでしたが、入り口の博物館の裏には立派な城壁がありました。

今は花壇が添えられ、静かに坐っています。

ちなみに、観光客がここでもカッコいいポーズを取って城壁を撮影していました。

そんな感じで安平古堡の見学は終わりです。

皆さんも是非、台湾に訪れたからには、台湾最古の城跡へ訪れてみてはいかがでしょうか?

ではでは。