ekho_perryのblog

タグ:ご飯


安平古堡と安平樹屋を見学し、安平老街を軽く散策して、バス停で市内へのバスを待ちます。

IMG_2687

15〜20分間隔での運行と記載されており、鵜呑みにして待っているのは2番の路線です。

IMG_2688

何だか味のある風景をぼーっと眺めながら待ちます。

しかし、バスは一向に来ません。

はじめに言った通り、鵜呑みにしたせいで、バスが来るまで45分もかかりました。

ちなみに、反対車線には行きに乗ってきた系統の2番のバスが3本も過ぎ去って行きました…辛い。

ちなみに、Uberもここでは使えなかったので、急ぎの方はタクシーを捕まえるしかありませんね。

やっと乗った2番のバスで孔子廟に来ました。

IMG_2689

しかし、工事中でした…

ウソでしょ…と落ち込みながら、予めチェックしておいた担仔麺の発祥のお店、「度小月」に来ました。

IMG_2694

お店は…ちゃんと開いてました 笑笑

コロナウイルスの影響で、入店の際に熱を計測。

30度の気温の中、大汗をかいていましたが、表示された体温は35.8。低っ…

さて、気を取り直して度小月の紹介をします。

まずはお店に入り、店員さんに席に案内してもらいます。他のお客さんがいたので、写真は自粛です。

FullSizeRender

席に着くと、伝票とメニューが渡されます。

メニューは担仔麺の他にも台南の伝統料理がメインになっており、何を食べるか悩みます。

IMG_2693

さて、食事の時間です。

頼んだのは担仔麺が50元。台南豚味ご飯が35元。

そして、度小月のボトルに入った仙草茶が65元です。

合計150元。(およそ450円)

担仔麺は頼む時に香草が平気かを訊かれました。

わからなかったので、とりあえず入れてもらったのですが、なんといいアクセントになること!

とても、さっぱりしたスープに少量の麺が入っており、香草とエビの香りがとてもクセになりました。

台南豚味噌ご飯は、チャーシューを砕いたようなものがご飯の上に乗っており、食べやすかったです。

度小月の料理の味は控えめで上品にできていますが、、後味がとても印象に残りました。

度小月のボトルに入ったお茶は持ち帰り自由で、ずっと来てみたかったお店だったので、今回の旅の中で、1番のお土産になりました。

少し値段は張りますが、お土産にと考えると、是非とも買って帰ることをおすすめします。

お店を出た先に一際、雰囲気のある建物が。

IMG_2696

あれは林百貨店です。

次の回では、林百貨店の回をお届けいたします。

いかがでしたか?

皆さんも安平から市内に帰ってくる時は時間にゆとりを持ち、お昼ご飯は是非とも担仔麺の発祥のお店、度小月でランチをしてみてはいかがでしすか?

ではでは。






こんにちは、Perryです。

台湾、高雄の六合國際観光夜市にやって来ました。

入り口には看板があり、非常にわかりやすいです。

FullSizeRender

美麗島駅からの行き方は前回の記事で紹介しているので、ぜひご覧になってください。



時刻はちょうど18時。

夕暮れ時ですが、お店は既に活気が溢れていました。

FullSizeRender

ここの六合國際観光夜市は、台北などの大きな夜市に比べると、落ち着いていて雰囲気も良いです。

ちなみに、ここのブログでは以前、士林夜市に訪れた話を残していますが、あまりに人が多くて落ち着かず、結局、何も食べられなかったのですが、今回の感じだと一人でも気軽に入れそうだと思いました。

IMG_2569

さっそく1軒目。調べておいたお店に到着です。

その名も「老牌木瓜牛奶」というお店です。

漢字が難しかったので、引用してきたのは秘密です。

美麗島駅の出口からすぐの入り口付近にあり、行列ができてました。ここは果物とミルクを混ぜたジュースのお店で、中でもパパイヤミルクが有名なのだとか。

さっそく注文します。

ちなみに、今回は5分ぐらい列に並びました。

IMG_2570

注文すると、裏でお姉さま方が作ってくれます。

出来立てが飲めるのは嬉しいですね。

ちなみに、出来上がると中華圏特有の大声で呼ばれるシステムです。味があって良し。

FullSizeRender

さあ、やって来ました。噂のパパイヤミルクです。

椅子に腰掛けてゆっくりいただきます。

IMG_2572

料金は60元。(約180円)

パパイヤのフルーティーな香りに、ミルク特有のまろやかさが絡まって、とても美味しかったです。

何度も言いますが、台湾は暑いのでこれは嬉しい。

コンビニのドリンクとかに比べると高いかなぁという気もしますが、お値段に見合う味。大満足でした。

少し休憩をし、散策を続けます。

IMG_2573

六合國際観光夜市はそんなに大きくなく、端から端まで歩いて5分かからないほどです。

ひと通り目を通した中で、一際にぎわいを見せるお店があったので、ここでメインを食べることにします。

FullSizeRender

お店の名前を調べ忘れたのが残念ですが、夜市の中ほどにある、黄色い屋根が目印のお店です。

オーダーの仕方はテーブルやレジに置いてある紙に、食べたいものをチェックして、その通りのお金を払うだけです。現地語ができなくても簡単に頼めます。

IMG_2574

番号札は4番。

ワクワクしながら、その時を待ちます。

IMG_2575

今回、座席の目の前が厨房です。良い。

お母さんが一人で切り盛りしてるのかな?

他にもレジにお姉さんがいましたが、彼女は調理せずに配膳やお会計などを担っている様子でした。

IMG_2576

席から見た店内の様子です。

店内には、家族連れやカップルなど、幅広い世代が見られ、とても繁盛している様子で活気があります。

…と見物しているうちに、あっという間に食事が運ばれてきました。待望の晩ごはんの時間です。

FullSizeRender

今回は、海鮮がたっぷり入ったラーメン。

高雄は港町だけあって、海産物を使った料理が多く、また有名だと聞いたので、頼んでみました。

お値段85元。(約255円)

味はそれほど濃くないですが、太めの麺と、中に隠れている卵の甘さ、エビや貝の出汁がよく効いたスープの相性がよく、これまた美味しかったです。

IMG_2577

ちなみに、橋やレンゲはあの駄菓子屋で見るソースカツの器みたいな所から自由に取ります。

夜市には基本的にお手拭きのようなものは無いので、ポケットティッシュやウエットティッシュを持参しておくと良いかもしれないなぁと思いました。

IMG_2580

時刻は19時過ぎ。すっかり日も落ちて夜です。

この時間は歩行者天国となっているはずですが、油断しているとバイクが入ってくるので、注意して歩かないと危ないなぁと思いました。これも味ですね。

IMG_2581

楽しい時間はあっという間に過ぎ、今回の六合國際観光夜市はとても楽しい時間となりました。

目当てのお店を調べていくのもよし、なんとなく散策するのもよし。何をしても楽しいと思います。

皆さんも高雄に来たときには、ここの六合國際観光夜市に足を運んでみてはいかがでしょうか?


ではでは。






こんにちは、Perryです。

いよいよパリへ行く時が来ました。

今回もエアリンガスを利用します。

IMG_2180

機内の写真が無いのは、機内が混雑していたことと、乱気流で酔ってしまったからです。

パリのシャルル・ド・ゴール空港に到着しました。

IMG_2181

この面白い形をした近未来的なエスカレーターが、とても強く印象に残りました。

IMG_2182

もう訳がわかりません。

空港からホテルへは体調不良で動けなかったので、Uberにて直接運んでもらいました。

パリ市内のホテルにチェックインをし、少し休息を取り、ご飯を食べに行くことにしました。

Googleマップを見ていたら、近くに一風堂が。

疲れた身体に日本の味が欲しくなったので、今回はパリの一風堂に行ってみることにしました。

FullSizeRender

今回は地下鉄のJacques Bonesergent最寄り、パリ東駅から歩いて10分のこちらにお邪魔しました。

IMG_2191

外観は、ぱっと見、見過ごしてしまいそうですが、暖簾と赤提灯で一風堂だとわかりました。

中はバーカウンターがあり、他の席はカフェのようになっていて、お客さんが食事をしていました。

メニューはこのような感じ。

IMG_2192

豊富なメニューと日本語表記があります。

サイドメニューとドリンクも充実しています。

IMG_2193

特にラムネが置いてあるのが印象的でした。

今回は、醤油豚骨ラーメンを注文しました。

IMG_2194

見た目から、しっかりしています。

味もとても美味しく、麺のかたさなども選べたのが、とても面白かったです。

私はラーメンの他に、替え玉とご飯、コーラを注文して、合計で約23€でした。

これが日本だと目玉がひっくり返りますが、このクオリティのものをパリでお腹いっぱい食べられたのですから、今回は充分すぎるほど満足に感じました。

また、フランスでは飲食店にて水道水を提供するのが義務づけられているようなので、コストはご自身にあわせて削減することができると思います。

一風堂はパリ市内にて、他にも2店舗も展開しているようですので、長旅に疲れ、日本の味が恋しくなった時は、ぜひオススメです。

店内をのぞいていると、日本人らしき店員さんの姿もあり、どこか安心ができました。

皆さんも機会があれば是非!

それでは。


こんにちは。

今回は私がアムステルダムの旅で滞在したAvenue Hotelのご紹介をいたします。

IMG_1907

Avenue Hotelはアムステルダム中央駅からアクセスがよく、非常に観光には便利です。

FullSizeRender

このようにアムステルダム中央駅から、一本道をイビス系列のホテルを2つ抜けるとたどり着きます。

15時30分に空港に着いてから、アムステルダム中央駅に着いたのは17時過ぎのこと。

IMG_1911

外はすっかり暗くなっていました。

フロントは品のある作りです。

スタッフの方が常にいらしたので、写真は控えましたが、とても丁寧に対応していただきました。

さて、さっそく部屋のご紹介です。

IMG_1900

今回は306号室です。

中はとてもシンプルな作りです。

IMG_1901

扉を開けるとすぐにシングルベッドです。

そして、ベッドから後ろに振り向くとすぐに洗面台とコーヒーメーカーがあります。

IMG_1902

この部屋はとても効率的で、洗面台からこの距離にお手洗いとシャワーがあります。

IMG_1903

シャワーのアメニティはシャンプーのみ。

ヨーロッパあるあるでしょうか。

髪の毛がきしみます。

それと、私の滞在した部屋のシャワー扉は壊れており、気づけば床が水浸しになりました。

大惨事になる前に気づいて止めたからよかったものの…。

海外のホテルといえば、やっぱり部屋から見える景色が大事ですよね。

こちら。

IMG_1904

壁。残念。

部屋には電気ポットが置いてありました。

しかし、冷蔵庫はなく、冷蔵庫がない代わりに飲み物の自動販売機があります。お菓子やハイネケンも。

IMG_1912

なんだか一人暮らしを始めたような感覚です。

今回、朝食付きで179.27€、日本円で21500円と、物価の高いアムステルダム中央駅付近では、比較的、お手頃な価格でした。

チェックインの時に宿泊税と言われ、5.5€支払ったのですが、これはオランダの法律なのでしょうか…。

さて、朝食会場はこちら。

IMG_1914

思いのほか、宿泊客が多く控えめに撮影しました。

調食のメニューはいたって普通です。

パンがメインで、ベーコンや卵、シリアル、ヨーグルトといった当たり障りない内容でした。

さて、ここまでいかがでしたか?

今回、滞在して思ったことは、やはり何かを我慢するだけ、やはり何かリスクがあるなということです。

今回はAvenue Hotelを紹介しましたが、皆さんもご自身のスタイルに合わせてアムステルダム滞在をカスタマイズしてみてはいかがでしょうか?

参考までに。

それでは!


2020年1月28日。私はKLMオランダ航空を利用し、オランダの首都アムステルダムへと旅立ちました。

今回は、その時の様子をお届けしようと思います。

時刻は9時過ぎ。

アムステルダムへのフライトは11時25分発です。

さて、まず、KLMオランダ航空はワンワールドグループに加盟する航空会社が集まる、成田空港第一ターミナルは北ウイングを利用します。

IMG_1864

KLMオランダ航空はCとDに位置し、エールフランスと提携してカウンターを使っている模様でした。

ビジネスクラスや、それ以上のステータスの乗客はCのカウンターに、我々エコノミークラスの乗客はDのカウンターを利用します。

IMG_1863

それぞれチェックインカウンターの前には、自動チェックイン機が置かれており、こちらにて予約番号やパスポートの情報など、必要事項を入力します。

今回、私は事前にKLMオランダ航空よりオンラインチェックインのメールが届いていたので、成田へ向かうのバスの中でオンラインチェックインをしました。

やはり、オンラインチェックインを済ませると何かとスムーズで便利なので、非常にオススメです。

ちなみに、搭乗券は紙のタイプか、スマホに送信するかの2パターンから選べます。

次に荷物預け入れです。

IMG_1862

こちらにて、無人カウンターで荷物を預けて手続きを終えます。薄っぺらいレシートのようなものが、手荷物タグになるので、無くさないようにしましょう。

細かい過程も撮影したのですが、名前が書いてあることに気づいたので自粛させていただきます。

それから荷物検査を終えて、制限エリアに入ります。

10時40分。

チケットに振り分けられた番号順に搭乗します。

IMG_1872

今回の乗客は4:6の割合で日本人客の方が多いといった感じでした。周りはツアー客が多かったせいか、CAさんも日本人の方が乗務されており、何かと不都合にはなりませんでした。

IMG_1873

成田の天気は雨。

昨晩から雪の予報もあったのですが、フライトは定刻通り進むみたいで安心です。

IMG_1880

中はコンパクトな割に効率的に作られており、足場も広く、今まで乗ったエコノミークラスの座席では、個人的に最も快適だったと思います。

IMG_1874

もちろん、機内エンタメも大変充実しており、何かと退屈はしないかと思いました。

さて、およそ11時間半のフライトが始まります。

離陸を終え、機体が安定すると、CAさんより、アメニティが配られました。

IMG_1879

水とお手拭きです。

ワゴンのデザインがとてもかわいいです。

2時間ほど経つと、機内食の時間です。

IMG_1882

今回はサーモンミールです。

サーモンとチーズのサンガ焼きのようなものと、そぼろ丼です。

箱の中にはマーガリンなどが入っています。

KLMオランダ航空は機内食のパンが焼き立てのような食感ですごく美味しかったです。

それから、7時間ほど、私は爆睡しました。

隣の乗客の肘があたり、再度、機内食の時間だと気づかされました。

IMG_1888

ご覧のとおり、パスタです。

やはり、今回、フライトの機内食は、パンが一線を引いているような気がしました。

機内食から1時間30分。

無事、オランダ、アムステルダム・スキポール空港に到着しました。

IMG_1890

合計12時間近いフライトでしたが、足元のストレスも無く、機内食も美味しく、快適な空の旅を送ることができました。

今回のフライトは、帰り道のフランスのパリ、シャルル・ド・ゴール国際空港からエールフランスの直行便と合わせて、83170円でした。

それぞれ別都市から出発する、直行便の往復で80,000円は大変、お得であったと思います。

また、45,000円追加で支払えばビジネスクラスにアップグレードできたようです。

格安旅行者には遠い話ですが、欧州直行便を13万円でビジネスクラスは大変お得だと思います。

さて、今回はとにかくコスパ最高なKLMオランダ航空のご紹介でした。

皆さんも次の旅行にはオランダを候補にいれてみてはいかがでしょうか。

では。

このページのトップヘ