July 02, 2011

まくら

「枕が変わると、眠れない」という方がおられるようですが、私もそんな人間の一人です。

私の今のこの稼業、どこでも眠れるくらいの図太さがなければやっていけないとも言われるけど、それはそれ、これはこれ。泊まり勤務で、ぶっ倒れるくらいに疲れていれば、職場の休養室の硬い枕でもアッサリ眠れるけど、前泊で、全然疲れていない状況下ではダメだね。前泊で眠れぬ夜を過ごすよりも、多少なりともアパートで睡眠時間確保して、朝思いっきり早起きして、カブで出勤した方がずっとマシ。

で、私が使う枕。御存知の人は知っているであろう「通販生活」でおなじみの“メディカル枕”。首の支え具合とか、程よいフィット感が秀逸で、なおかつサイズも大きくて寝がえり打っても大丈夫。万博当時、八草での駅員のバイトでかなり稼ぎ、余剰資金が潤沢にあったので、1万2千円という高額商品でも勢いで買えた、そんな時代から愛用してきた枕。

で、今日。枕カバーを交換するため、カバーを外してみて、改めて思う。「汚ったねぇ…」。そりゃそうだ。この枕を買ったのは万博当時、つまり2005年だ。それから7年も使い続ければ、汗染みやら何やらで、汚れるのも必至。改めてそんな枕を見返してみると、あんまりイイ気分はしないわね。

で、思いついたのが枕の買い替え。「通販生活」で、同じモノを買えば簡単なハナシ。でも、参考程度にネットで調べてみると、楽天で、同じメーカーの、同じような(←完璧に同じではないらしい)枕が、「通販生活」の1/5の値段で買えるらしいじゃないの!

この「完璧に同じではないらしい」というのがクセモノ。「枕が変わると眠れない」ので、完璧とまではいかなくとも、それなりに同じでなければ困る。で、悩む。しかし、1/5という価格差に勝てる訳もなく、これも“勢い”で購入ボタンを押してしまった今日この頃。ああ、折角の休日、こういう思いをしつつモンモンとしている自分が果たして有意義であったかどうか…?

まぁ、いいか。とにかくナカシマはこんな事を考えつつ金沢で元気です♪



ekimax_f315 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 26, 2011

気になる

一応、自覚はあるんですけどね。私自身、相当なひねくれ者で変わり者であると言う事は自覚してます。自分が「こうだ!」と思った事には一直線、そういう人間です。

それは別に今最近始まった事じゃない。昔からそうだった。

男の子ですから、誰でも幼少期に戦隊モノのヒーローにハマる事もあったでしょう。保育園時代、世の男の子たちが戦隊モノにハマっていた当時、私はと言えば「ウルトラマン」一色。それも、最近のシリーズではなくて初代ウルトラマンとかセブンとか、昔のシリーズ。

男の子ですからね、ゴジラとかガメラとか、そういう特撮モノにハマる時期もあったでしょう。小学校低学年時代、世の男の子たちが怪獣特撮映画にハマっていた当時、私はと言えば「サンダーバード」。イギリスの特撮人形劇のアレです。緑色の飛行機がヤシの木をなぎ倒して空を飛ぶアレです。

男の子ですからね、アニメにだってハマる時期もあったでしょう。小学校高学年〜中学1年くらいの時期、世の男のたちが「ガンダム」や「エヴァンゲリヲン」にハマっていた当時、私はと言えば「パトレイバー」。今や知っている人がほとんどいない、知る人ぞ知る、名作アニメ。ロボットアニメなんだけど、どこか現実の人間臭さがたまらない、そういうアニメ。

まぁ、そういう育ち方をしてきた私。今さら、人並みの過ごし方をすることなんて出来る訳があるまい。そう言う訳で、今日もナカシマは金沢で元気です。

で、そんな事を、ふと思い出して昔の思い出に浸っていると、昔見たそれらの特撮モノやアニメを再度見たくなって仕方ない気持ちになってきた。「パトレイバー」は全部動画データが手元にある。「ウルトラマン」も、TSUTAYAやGEOに行けば比較的簡単に借りれる。でも、「サンダーバード」がどうしても見られない。劇場版の「サンダーバード」や第二作「サンダーバード6号」はGEOにある。でも、私が見たいのはTVシリーズの「サンダーバード」。これが、どこのレンタル屋を探しても見つからない。見つからないから、ますます気になる。困った…。

誰か、金沢近郊か名古屋近郊で、TVシリーズの「サンダーバード」をレンタルしているレンタル屋を知りませんか?気になってしょうがないのです。シゴトも手につかないのです。情報あれば、教えてください!



ekimax_f315 at 18:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

June 02, 2011

夏野菜スペシャル

夏野菜昨日、いや、一昨日だったっけ?とにかく、アパートで、名古屋で言う「ぴーかんテレビ」の時間帯にやっている番組(←『リフレッシュ』だったっけ?)を見ていて、石川県は小松産のトマトの特集をしていて、農家の御婦人の作るトマトのカレーがとにかく美味しそうで…じゃあ、作ろう!

トマトは、今日シゴト終わりにスーパーで買ってきた石川県産(小松産かどうかは不明)。それに、冷蔵庫にあった茄子とピーマンを適当な大きさに切り、合挽き肉と共にシリコンスチーマーにブチ込み、適量の水を加えてレンジで600wで5分加熱。一旦レンジから取り出して、一食分のカレールーと、隠し味に名古屋人のソウルソース「つけてみそ かけてみそ」を少量加え、再度レンジで600wで3分加熱。これを、これまた石川県産(ウチのばーちゃん家の本家産)のコシヒカリにトロリとかけ、食す。これだけ。

ウンッマァー!!!!!

何と言いましょうか、トマトの甘みと酸味、ピーマンの苦み、挽き肉と茄子のガッツリ感がイイカンジに合わさって、感動的な美味さ♪

シアワセー♪



ekimax_f315 at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 01, 2011

冷たい人間と言われるかも知れんけど

私自身、結構一人で生きていける人間だと思っています。

いや、炊事洗濯家事全般とか、そういうハナシじゃなくて、悩みとか、モヤモヤとか、そういう事を抱え込んでも、それに対する答えってのは自分で導きだしちゃう、そういう事。誰かに相談する事があっても、結局自分の中に答えを持っていて、それに対する理由付けをしたいが為だけに、誰かにすがる、そういうズルッこい人間です。

そして、他人の生き方に対しても無頓着な人間です。自分は自分、人は人。他人の生き方に対してどうのこうの言うのは嫌いです。「みんなで頑張ろうよ!」という精神自体は否定しないものの、それを自分から押しつけがましく言うのは嫌いです。それぞれ、人が「こうしたい」と思う事、それに対して他人の立場からどうのこうの言うのって、そう簡単に出来ない事だと思うんですよね。

他人から問われれば、自分なりに「こんなのじゃない?」という回答は出します。「こんな事も出来るよ?」という提案もします。でも、こちらから「こうしなよ!」という事は絶対に言いたくありません。そういう人間です。

ズルい…ですよね?自覚はあります。でも、そういう人間です。それが、「えきちょ♪」という人間のキャラクターです。だから、金沢でひとり、アパートでも暮らしていけるのです。

自分の都合だけで生きている…反省はしないけど、改めて自分の姿を思い返してみて、そう思いました。

ナカシマはいっつも元気のように見えるかも知れんけど、そういう裏の姿もあるのよ?なーんてね♪

以上、解散!



ekimax_f315 at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 25, 2011

KG-ACARS

ご無沙汰でございます、金沢からナカシマでございます。皆さん、お元気でしょうか?私はと言えば、若干風邪を召しまして…いささか体調が悪うございます。何と言いましょうか、ここ最近の疲れが一気に襲ってきたのか、あるいは急な寒暖の差に身体がついていけなかったのか、久々に“動けなくなるくらい”の体調不良にヤラレておる次第でございます。幸い、今日と明日は休みで、今日の昼間はしっかり寝て休息し、今現在回復傾向に向かっているところ。明日こそは全快して、また勉強せにゃあなぁ…。

さて、見習い実習中の立場であるが故、一人前の運転士となるべく、それこそ“月月火水木金金”の勢いで昼も夜も関係なく勉強!というのが本来あるべきタテマエなのでしょうが、そんな事をしていたら人間ぶっ壊れます。シメるときはシメて、ユルメるときはユルメる。ご飯を作ってシアワセに浸る事だってしますし、趣味の時間に没頭する時だって必要。そう思います。

最近、新しいツールを使って遊んでます。京都で生活していた頃、寮の隣が電車の線路だったので、無線のレシーバーを買ってきて、列車無線を傍受していた時期がありました。無線の傍受自体は違法な事ではありません。それの内容をネットに流したり悪用したりしなければ、至って合法的な事。で、そのときに使っていたレシーバー、金沢に来てからは全く使っていなかったのだけど、同じようにレシーバーで航空無線の傍受を趣味としているウチのオトンから教えてもらって、「KG-ACARS」というフリーソフトで最近は遊んでおります。

旅客機が飛んでいるとき、「今、この飛行機はこの辺の場所をこんな状況で飛んでいるよー」って情報を、無線を使ってデータ送信しているらしい。それ自体は「ギャビギャビギャビ」というような、人間が聞いても何だか判らない不協和音なのだけど、それを「KG-ACARS」を使って変換すると、パソコンの画面上に表示した地図上に、それこそ空港の管制官が見るモニターのようなイメージで表示されるのです。それを見ながら、航空無線を傍受すればもう、管制官にでもなったような感じよ?これが結構面白い。

いかんせんハンディのレシーバーで、申し訳程度のロッドアンテナ取り付けて、アパートのベランダでの受信なので、電波状態が良い訳ではない。なので、次から次に情報が更新されるほどの状態には程遠い。でも、遊び半分で楽しむ分には十分でしょう。

そんな事をしながら、今宵もナカシマは金沢で過ごしております、風邪と闘いながら。じゃあね、みんなも風邪には気をつけて!



ekimax_f315 at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 30, 2011

シリコンスチーマー

5連勤、身も心も完全にヤラれている、金沢からナカシマです。みなさんこんばんは、お元気でしょうか?

電車を運転する、ただそれだけの事なんだけど、線路条件とか運転速度とか、そういう事に意識を集中させ、張り詰めた状態でシゴトをしていると、とにかく疲れるモンですよ、ええ。「ただ単純に機械を動かすだけ」なんて、そんな簡単には表現できない奥深さが、電車の運転には存在します。その奥深さをひしひしと感じつつ、その全てを理解しないまま電車を動かす事に対するストレスフルな状況、それが5日も続くと、本当に身も心もヤラれます。今日と明日は連休なので、休日の有難さをまざまざと感じている今日この頃、そう言ったところです。

シゴトはしんといけど、アパートでのズボラ自炊生活は完全実施しております。見習乗務でも弁当持参。弁当男子(←もう古い?)な生活でございます。昼食のおにぎり+夕食のお弁当、私の乗務かばんには、それらがいつも入ってます。

そんな中、前々から気になっていた「シリコンスチーマー」と言うモノを買ってみた。出始めの頃は、ちょうど研修センターに入所する前後だったので気にしなかったけど、いざ自炊生活を始めると「手軽にいろんなモノが作れる」というのは非常に魅力。ビレバンで、1000円ちょっとで売ってたので、試しに購入。

いやぁ、実際に使ってみると結構便利よ?食材に下ごしらえして、調味料入れて、レンジでチンするだけでいろんなモノが作れるんだもの。ムズカシイ火加減は一切無視、丸コゲになる心配もないし、手間もかからないし、後片付けもとっても簡単。

温野菜…適当な大きさに切った野菜をブチ込んでチンするだけ。ポン酢しょうゆをちょっとかけて食べると激ウマ♪

肉じゃが…玉ねぎと細切れ肉と切って、新じゃがは丸のまま、日本酒と醤油、お砂糖をブチ込んでチンするだけ。ジャガイモの中まで味が染みてとってもおいしい♪

スープカレー…市販のレトルトスープカレーと、適当な食材を一緒にブチ込んで、レンジでチン。鶏肉とカレーのハーモニー、感動的なうまさ♪

手間かからず、すぐ出来る。夕飯作るときもそうだし、朝、お弁当作るときにも大活躍♪

本屋さんで、シリコンスチーマーを使って作るレシピ本なんかも売ってたりするし、ネットで調べても結構いろいろアイデアが出てくる。面倒と思ってしまいがちの自炊も、こうも簡単にいろいろ作れると思うと楽しみ倍増ですよ♪

ご飯がおいしいと、辛いシゴトの合間にシアワセを感じる今日この頃。ナカシマは、今日も金沢で元気です♪



ekimax_f315 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 18, 2011

多分嫌じゃあないんだと思う

ご無沙汰しております、金沢からナカシマでございます。皆さんお元気でしょうか?お変わりないでしょうか?

私の方はと言うと、研修センターを無事に出所したのが先月の下旬。その後配属先での見習乗務に先立っての机上教育を日勤で2週間半ほど受け、昨日から見習乗務本番が始まったところ。元々、泊まり勤務主体の勤務体制に慣れ切ったカラダが、月曜〜金曜は朝出勤して夕方帰り、また翌朝も出勤するという、世間一般では当たり前の日勤勤務が2週間以上も続くと、流石に調子が悪くなります。見習乗務が始まり、ようやく泊まり勤務主体の生活に戻ったところ、いよいよ本調子と言ったところだわね。

見習乗務と言っても、最初の3日間は先生がするシゴトを横で見る“線見”。4日目から私がハンドルを持ちます。今まで、机上でいろいろ勉強してきて、「こんなの全部覚えられる訳ないじゃん!」と思ってあたふたしていたけど、いざ本当に電車に乗って、先生のシゴトを横で見ていると、その「覚えなくちゃいけない事」が次から次に現場で実践されていく訳で、全部覚えなくちゃいけないという事、それをキチンと実践せにゃならんというのは、どうも冗談ではないらしい。ま、諸先輩方だって同じことをしてきている訳だから不可能な事ではないんだし、それら全てを今すぐに全部覚えないといかん訳じゃない。長い見習期間なんだから、その間に少しずつ覚えていくしかないわね。

クルマと違って、電車は急に止まれない。速度制限もそこら中にあるし、乗り心地を考えれば加速減速を繰り返すのもよろしくない。だから、効率的かつ美しい運転操縦をマスターしないといかん。その為には、どこにどういうカーブがあったり、どこの場所に速度制限があったり、駅はどこにあるんだって事を、全部覚えないといかん訳だ。ウチの職場の乗務範囲は滋賀県から新潟県南部まで…それを考えただけでもう既にげんなり…。

でも、冷静になって考えてみると、そんなに焦る気持ちもないんですよ。実際問題として、例えば金沢から名古屋に帰省するときにクルマで何度も高速道路走るけど、その高速道路の景色とかカーブとか制限速度とか、そういうのってボンヤリとだけどある程度は覚えているモンなんだよね。高速道路だけじゃない。一般道路も、自分の生活圏内の道路の様子もこちらはほぼ完ぺきに覚えてる。無意識的に覚えている事であり、かつ今まで長い期間をかけて覚えてきた事ではあるけれど、それがこれから半年かけて毎日覚えていく事なんだなって思ったら、案外何とかなるんじゃないか?って、そう思います。

運転操縦云々についてもそう。元々機械いじりは決して嫌いじゃないし、クルマの運転も割と好き。なので、操作する対象がコペンやカブから変わっただけで、いっぺんに覚える事は無理としても、少しずつなら何とかなるんじゃないか?

見習乗務1回目をとりあえず終え、研修センター出所直後やその後の昨日研修中にあったような絶望的な気持ちから、ちょっと回復しつつあります。かと言って、過度に呆ける訳じゃないけど。

とりあえず、ナカシマは金沢で元気です!と、言っておきましょう。じゃあ、みんなそれぞれの場所で頑張って、以上、解散!



ekimax_f315 at 15:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 03, 2011

誕生日です

ご無沙汰しております、金沢からナカシマです。

先週木曜、研修センターでの研修を無事修了し、それから1週間と少し。実に目まぐるしかったというか長かったというか、生活環境こそ変わらなかったので良かったものの、職場での立場も一変し、次から次にいろんな事がドドドーッと言われるはせにゃいかんはで、もうヘロヘロな状態なのでございます。決して、元気ではないです。アパートに帰ってきても、夕飯作って食べて、職場から持ち帰って来た宿題やら課題をこなすだけで瞬く間に時間は過ぎ、それだけしか出来ない、そういう状況です。

研修センターでの研修に入る前、勤務は基本的に泊まり勤務主体だったので、今週に入ってからの連続日勤のキツさにヤラレております。世間一般のサラリーマンの皆さんは、こんなにもキツい勤務体系なのか…と驚くばかり。昨日と今日は休みだったので、有意義に休みを楽しみたい…と思うも、何だかんだボヤボヤしているうちに日曜もこの時間になり、日曜の夜の憂鬱さをまざまざと感じさせられる今日この頃なのでございます。

まぁ、ボヤいてばかりいても仕方がない。やらなくちゃいけない事をひとつひとつこなして、淡々と進んでいくしかあるまい。ストレスを上手く飼いならし、その場の空気をブチ壊さない程度に、マイペースにやります。

で、今日は皆さんご存知、私ナカシマの誕生日なのです、27歳の。ちょっと味気ない誕生日ではあるけど、何人かの方から誕生日おめでとうメールを頂き、これまでお世話になって来た皆様方に感謝感謝なのです。ナカシマはこれからも頑張ります!これからもよろしくお願いします♪

さぁ、またひとつ歳を重ねて、気持ちを切り替えていきますよぉ!以上、解散!



ekimax_f315 at 22:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

March 19, 2011

この一週間に、思う事

ご無沙汰しております、今日も元気に名古屋からナカシマです。3連休は、名古屋でゆったりと過ごします♪

4ヶ月もの長きに渡る研修生活もいよいよ大詰め。先週末から始まった最後の修了試験も峠を越え、来週火曜に2教科を残すだけ。本来であれば、“修羅場”と言うか何と言うか、身も心ももっとボロボロになっていて然るべきなんだろうけど、思いのほか元気です。先週末も金沢に帰省してリフレッシュを図る事が出来たのが功を奏したって事もあるだろうし、冷静に考えてみれば、4ヶ月間の研修、その間に試験が2回というのは、高校時代の1学期分に相当する訳で、“全寮制によるストレス”って事だけ除外すれば、似たような状況は既に経験済みなんです。「ここまでだったら大丈夫」「この境界を越えたら、私壊れる」というのが判っているんで、無理はしても無茶はしない。そういう訳で、研修の終盤においても、私ナカシマは名古屋で元気です。

さて、東日本で巨大地震が発生してから1週間。外界からの情報が乏しい研修センターに隔離されている状況で、それでもiPadで新聞読んだり、ワンセグでニュース見たりしながらとりあえずの情報は得られていた訳だけれど、新しい情報が入ってくる度に「これはとんでもない事になったぞ」と、ただただそう思うしかない、と言うよりそう思うしか出来ないのです。死者が1万人以上いる、被災者が10万単位でいる、今も埋まっている方がどれほどいるか見当もつかない、さらに悪い事に福島の原発が大変な事になっている…。そういう圧倒的かつ壊滅的な情報を目の当たりにし、かたや自分は大した影響を受けるでもなく、今までどおりに研修を受ける毎日を過ごしていると、妙な感覚と言うか、なんと言うかとにかく「これはとんでもない事になったぞ」と思う事しか出来ないのですよ。

ただね、これだけは判った。今、自分が“普段どおりの生活”をする事ができているって言うのは、どえらいシアワセな事なんだなって、そう思います。今までと同じように月曜から金曜まで大阪で研修を受け、修了試験に向けた勉強をし、夜は夜でちゃんと布団で寝られる。で、週末になれば意気揚々と新幹線に乗り、EX-IC早得で「こだまグリーン」を堪能し、飲むお酒はブラックニッカのハイボール2本、じゃがりこをつまみながら、iPadで「水曜どうでしょう」を鑑賞…こういう何気ない事も、地震一発で容易に崩れる事が出来てしまう訳で、それがどえらいシアワセな事だったなんて、今の今まで気付かなかった自分がいます。

「何かしなくちゃ」「何かしよう」と、地震発生直後から個人単位、あるいはそれが繋がって人と人との横断的な動きになって支援の輪が広がっている事も、ウレシイハナシ。エヴァンゲリヲンは全然判らんのだけど、「ヤシマ作戦」とは考えたものだ。日本人もまだまだ捨てたモンじゃない。でも、申し訳ないけど地震発生直後に頻発したチェーンメールの類、これは私に送られてきた分については転送しなかった。ウワサ好きなのもまた日本人。ウワサが現場を混乱させる事もあるんだよ、こういうときこそ、ちゃんと1次情報を確認しやぁ、と、私は言いたい。

誰も経験した事のない大きな災害、その中で、それぞれの持ち場でそれぞれの人間が「何かしなくちゃ」「何かしよう」、そう思って立ち向かっているのだもの、対処法とか対応方にマニュアルなんかある訳がないじゃない、そんな状況で、全てを上手く出来る訳がないじゃあないか。それを、やれ「対応が遅い」とか「政府が悪い」とか「民主党政権がどうしたこうした」とか、そういう批判は筋違いというか「何バカなこと言ってんの?」と、一部報道(というよりiPadで読んだ一部の新聞)を見てそう思います。

じゃあ自分は「何かしなくちゃ」「何かしよう」としているか?今すぐに出来る事って多分ないんだと思うんですよ。被災地に行ったって邪魔になるだけ、何の専門知識もある訳じゃない。「鉄道員」として行くにしたって、鉄道そのものが流されちゃってるんだもの、制服着てその場にボーっと突っ立って苦情対応くらいしか出来んもの。支援物資にしたって、ただ送りゃあいいってモンじゃない。せいぜい、コンビニでモノ買うときにわざとお札で支払って、おつりを全部募金するとか、ガソリン消費を抑えるために、コペンを自粛して低燃費のパイオニア「スーパーカブ」での移動に重点を置いたり、その程度のことです。

これだけの大災害です。日本に住む誰もが、いつか何らかのカタチで関わりを持つ事になるでしょう。私も、鉄道員と言う立場上、自分のシゴトが何らかのカタチで復興支援に関わる事も出てくるでしょう。そういう段階になったときに、「よし、任せとけ!」と言えるだけの体力を、今は蓄えておく段階にあるんだと思います。絶対に、そんなすぐには解決できる問題じゃないし、これからずーっと続く問題なので、元気な我々が「いつでも何でも出来るからね!」と言えるだけの元気さを持っておかないといかんのだと思うのです。で、当たり前のシアワセの有難さを、実感しておいていいと思います。

やれる事を、ちょっとずつやりましょうよ。以上!

今日はこの後「リニア・鉄道館」に行ってきます♪



ekimax_f315 at 12:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 12, 2011

花のズボラ飯

先週末、大学時代の友人と飲んだ時に聞かれた一言。「えきちょーって自炊とかしてて、何か自慢の料理とか得意な料理とかないのー?」

正直、答えに詰まった。というのはね、ひとり暮らしし始めて2年と半分、シゴトのとき以外は基本的に自炊を貫徹しているとは言え、「どうせ自分しか食べる人いないし♪」という妙な安心感から、手の込んだ料理とか、自慢の料理とか、そういうモノを作った事がないのですよ。手持ちの食材を、科学の実験のようにいろいろと試行錯誤を加え、どうにかこうにか食べられるモノを作っているだけ。一応、料理本も何冊かある。ニンテンドーDSの「お料理ナビ」もある。でも、参考程度にパラパラ見る事はするけど、それを完璧に真似して作った事はほとんどない。ウチのアパートで同期会の飲み会をする時も、料理担当は同期のT氏。私は専ら酒飲み担当。人に食わせるような料理を作った事がない。だから、答えに詰まった。先週末のハナシです。

で、今朝。ちょっと遅めに起きて「王様のブランチ」を見ながらのんびりコーヒーを飲んでいたところ、面白そうなマンガを紹介していたので早速購入。ハズカシイハナシ、初めて本屋さんの少女マンガコーナーに立ち入りました(笑)

「花のズボラ飯」というこのマンガ。ズボラな主婦が、ダンナが単身赴任中なので手抜きなズボラ飯を作ってひとりで食べるという、ただそれだけのマンガ。ただそれだけなんだけど、あり合わせの食材で「人に食わせない」「自分が食うため」の食事を作り、そのウマさにひとり感動するというハナシに、「ああ、これでもいいんだ」という訳の判らない安心感を覚えたりしている今日この頃。研修中であり、かつ名古屋に帰省するため、日持ちのしない食材の買い置きが出来ないが故、最近は金沢に帰っているときの食事はかなり「ズボラ飯」になりつつあるので、共感こそ覚えてしまった。

かほくイオンでお買い物して、ナカシマは今日も元気に金沢でズボラ飯作っています。ああーそろそろ勉強せねば…。



ekimax_f315 at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

昨日、今日、明日の事

こんばんは!3週間ぶりの、金沢からナカシマです。先週・先々週と立て続けに名古屋に帰省したので、野々市のアパートに踏み入れるのも本当に3週間ぶり。3連休なんで、また名古屋に帰っても良かったんだけど、流石にこれほどの長期間、アパートを放ったらかしにするのも心配。なので今週はあえて金沢に帰ってきています。

通常であれば、週末は一刻も早く、名古屋なり金沢に帰って羽根伸ばしを…というところですが、今週はちょっと変則的。昨日、研修終了後に駅時代の同期と、以前よく行っていた大阪でお気に入りのステーキ屋さんでステーキを食し、酒を飲んできました。昔の思い出話から今の状況を鑑みた愚痴り、将来に対する不安と期待なんかを語りながら、300グラムのステーキを完食。こちらも久々のビクトリアビターを飲みながらの約2時間。いやぁ楽しかった♪今ではそれぞれ違う職場にいるけれど、たまたま研修センターで同時期に入所しているという事もあって、また同じ境遇に置かれていることもあり、出るわ出るわ、いろんな話が。あっという間でしたよ、ホント♪

飲み会があったので、当日中に野々市まで帰って来る事は不可能。連休前日で混雑が予想される「急行きたぐに」で夜通し立ちっぱなしというのは死んでも嫌。名古屋に帰っても良かったんだけど、今週は金沢に帰りたかったのでそれも却下。いろいろ悩んだ挙句、昨日は大阪のビジネスホテルで一泊し、今朝の4003Mで金沢まで帰ってきました。4003Mに乗るが為に早起きして、アパートに帰って来たのが今日の11時前。仮に昨日、真っすぐ帰ったとしても午前中は爆睡してただろうから、思いのほか早い時間から金沢で活動を開始できるというオマケまでついて、これはこれで良かった。

太平洋側の雪をしり目に、今日の金沢はぴーかんの晴天。こういう時こそ、カブに乗らないといかん。最低限、月一回のペースでエンジンだけはかけていたけど、積雪で「カブでどっかにお出かけ」は全然出来ていなかった。「積雪のない今日こそ…!」と思って、喜び勇んでカブに跨ったところ…エンジンがかからない!いかん、ついにエンジン壊れたか!?2時間ほど、キックスターターを蹴り続け、いろいろ試してみたけどウンともスンとも言わず、途方に暮れ、最後の拠り所と思って、弟に電話をかけ、とりあえずの対応策を聞いたところ、「スパークプラグ交換すると多分直るよ」という予想外の回答を得て、実践してみたところあら不思議。キック一発で調子よくエンジンかかるじゃないの…!見れば、元々ついていたプラグはカーボンで真っ黒、しかもキックスターターを蹴り続けたせいで湿り気を帯びていて、とてもとてもこれじゃあエンジンもかからん事が明白だったんで、適切な対応だったと言えよう。ウチの弟、流石は専門家♪

 

兼六園①兼六園②兼六園③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息を吹き返したカブに乗って、夜は兼六園までカメラ持って散歩しに行ってきた。この3連休、兼六園はライトアップがされるとのことで、いつも見慣れた昼間の姿とは一味違う幻想的な姿をちょっと見てみたい。一撃必殺・高感度での手持ち撮影なので、多少の手ぶれ・ノイズのザラつき感はご愛敬。流石に混み合っていて、落ち着いて散歩を楽しむ雰囲気ではなかったけど、思いのほか良かったですよ?

で、明日。週明け月曜に研修の中間試験が1教科あるんで、流石に勉強しない訳にはいかん。昨日・今日と楽しい時間を過ごさせてもらったんで、はらわたが煮えくりかえる想いではあるけれど、真面目に勉強します。でも、息抜きもします。3連休だもん、上手く時間配分したいわね。

まぁ、いろいろあるけどとりあえず現段階ではナカシマは金沢で元気です。

以上、解散!



ekimax_f315 at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 22, 2011

研修折り返し

こんばんは!今日は金沢からナカシマです。

ここのBlogもすっかりご無沙汰してしまい、誠に申し訳なく思っているところです。本当は、研修中の事とか書ければいいのだろうけど、内容が内容だけに書く訳にもいかず、かつ、研修以外にほとんど何もせず、休日も金沢でダラダラ過ごすか名古屋に帰るかのいずれかのパターンだけなので、書く内容がパターン化されてしまうんですね。まぁ、とりあえずナカシマは元気にやっております、と言っておきましょう。

先週末の休み、大阪から金沢に帰るつもりが急遽名古屋に行き先変更をしたので、2週間ぶりの金沢です。先週末と言えば北陸地方は大雪だったそうで、結果的には大正解だった訳だけど、それはそれでいい。2週間ぶりに帰って来たアパートも、2週間前と全く変わってません。当たり前だわね、ひとり暮らしで、私しかいないアパートで、様子が変わっていたらそれこそ怖い(笑)

研修も、中間試験が終わりましてね。長い長い研修も折り返し地点を突破しました。自分のやりたいシゴトと別の方向に向いているので、決して前向きに研修に臨めている訳ではない。でも、かと言ってテストの点数悪くて補講とかレポートとかで自分の時間を侵食されたり、オンとオフの切り替えが出来ないような状況に追い込まれるのはもっと嫌。なので、中間試験は“それなりに頑張って”、補講もレポートも回避出来ました。まだ1教科だけ結果が返ってきていないけど、うーん、多分大丈夫。という訳で、今週末は大手を振って、アパートでも「全く勉強しない!」と心に決めて、オフの時間を満喫しておるところです。

シゴトでも研修でもそうだけど、オンとオフの切り替えはキッチリしないとやっていけないと思っておるのですよ。やるときはやる、やらないときはやらない。そのうえ、こういう性格なので、自分の興味関心のベクトルが向いた方向に突っ走る傾向が強いので、その興味関心が勉強の方向に向いたときは徹底的にやる。で、前にも書いたかもしれないけど、よく人から「いいねぇ、やりたい事をやっていて」と言われるけど、それは違う。「やりたくない事をやらないだけ」なんですよ。そういう人間なのです、私は。

で、研修に話を戻すと、運転士になる事に対しては後ろ向きでネガティブ指向だけど、研修で学ぶ内容、勉強については、最近、自分の興味関心のベクトルが向きつつある。何だかよく判らなかった内容が、ある時点で徐々に判るようになる、自分の中で「ああ、こういう事か」と気付く、で、そこからの理解のスピードは一気に急加速し、「なぁるほど」と納得する。「何じゃコレ!?」という疑問と「ああ、こういう事か!」という感動の、感動が生まれる訳ですよ。どこぞの脳科学者の先生の言う「アハ体験」だったか「イヒ体験」だったか…それはこういう事なんだと思う。そんでもって、名古屋に帰った時に、慣れ親しんだ地下鉄の車内で、大阪で勉強している事が、名古屋の地下鉄でも同じ動作で電車が走っている事に気付く。そこで更に感動する訳だ。

もちろん、中間試験が終わったからと言って、ここまでの内容を全て完璧に理解している訳ではない。直球の質問には答えられるけど、ちょっと変化球を投げられたらもうおしまい。打ち返す事が出来ません。しかも、自分なりの独自の解釈でしか理解していないので、一言一句間違いなく、「正しい答えを述べよ」と言われたらそれが出来ない苦々しさも感じている訳で、心苦しく思うところ。まぁ、それを今、アパートで「今日と明日は一切勉強しない!」と心に決めている状況下でモンモンとしていても始まらないのだけれどさ。まぁ、いいか。来週から頑張ろう。

とりあえず、木曜日くらいから「から揚げ食べたいなぁ」という欲求にヤラレていたので、今日はこれからから揚げを山盛り作って食します♪

じゃあ、みんなも元気に過ごすのよ?私は、来週・再来週と用事が出来たので、2週連続で名古屋に行きますよ♪以上、解散!



ekimax_f315 at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 11, 2010

磯野藻屑源素太皆

サザエさんでおなじみの磯野家の、ご先祖の名前が「磯野藻屑源素太皆」と言うらしい。こういうどうでもイイ事はハッキリ覚えているのに、今すぐ必要な、研修で勉強している知識は全然覚えられん…。人間、困ったものだ。

全国の皆さんこんにちは、今日も元気に金沢からナカシマでございます。

すっかりご無沙汰してしまいましたが、ナカシマは元気です。というのは、先月下旬から会社の研修で大阪に行っておりまして、研修自体は月~金で、前泊するので日曜の夕方から金曜の夜にかけては、大阪にいるのです。研修場所にはiPadも持っていってるので、ネット環境もあります。しかし、何せ会社の研修生活での中での事。おいそれとBlogに書く訳にもいかず、長期間にわたってここのBlogを放置してしまっている体たらく。誠に申し訳なく思っている今日この頃です。

で、今日は金沢のアパートに戻ってきています。研修生活も土日はお休み、時間に縛られる事なく、強いて“時間の決まった予定”を挙げるとすれば、クリーニング屋さんに制服とスーツを出しに行くくらい。優雅な休日を満喫しておるところです。

昨日の帰りのサンダーバード車中では、先週末から「今日は絶対に車販さんから“ますのすし”買って食うぞ」と心に決めていたので、まずはとにかく“ますのすし”とハイボールで乾杯。アパートに帰って来てからは、山のような洗濯物と格闘しながら日本酒で酩酊。今朝はちょっと遅めに起きてガストで優雅にモーニング…。研修生活ではできない、自由気ままな食生活です。でも、研修中はほとんど酒も飲まず、食事も質素とまではいかないけれどそれなりにつつましいモノを食べていた体には、この変化は急すぎたらしい。ハイ、体調を崩しておるのですよ。まぁ、いいんだけどさ。

ところで、研修生活で、今回はiPad持参したことで生活の幅がグンと広がった訳ですが、欲を言えば、「iPadでワンセグ見れたらもう言う事ナシ」だったんですがね。それが出たんですよ、バッファローからiPad用のワンセグチューナーが。バッファローと言えば、名古屋にあるメルコと言う会社が出しているパソコン周辺機器のブランド。流石は名古屋、やってくれるじゃないの♪

で、そのiPad用のワンセグチューナー、12月上旬発売とのことで、そろそろ店頭にも並びだすんじゃないかな?そう思って、まずはとりあえずヤマダ電機へ。金沢市内で、iPadを取り扱っているお店って、実は県庁近くのヤマダだけなんだそうで…。で、とりあえずヤマダに行く訳ですよ。店員さんに聞きます、「iPad用のワンセグチューナーってあります?」と。その店員さん、型番も何も調べず、「さぁ、そういうモノが発売された事は知ってますが、当店で取り扱ってるんでしょうか…?」だって。まぁ、聞いた相手が他社メーカーからの販売応援だったってのも悪かったかも知れんけど、「さぁ…」はないだろう!

ムカついたので、それ以上の追及は避け、ウチのアパートの近所に最近出来たケーズデンキに行ってみた。とりあえず聞く、「iPad用のワンセグチューナーってあります?」と。店員さん、「えっ…そんなモンあったっけかな?」みたいな顔をして明らかに困惑していたけど、ここからがヤマダ電機とは違う。「お調べしますね」と言い残し、2~3人の店員さんが型番調べて店頭の在庫をチェック、店頭にないと見るやバックヤードに飛んで行き、5分後、「ありました!昨日入荷したばかりの新製品です!」と、意気揚々と戻って来た!家電量販店2軒をハシゴして、iPad用のワンセグチューナーを無事入手♪

大学生だった頃、家電量販店の販売応援のバイトをしていた当時、最大手のヤマダ電機と、そのほかの家電量販店の違いをまざまざと見せつけられ、すっかり「ヤマダ嫌い」になった私。「そういえば、昔そんなこともあったなー」と、ふと思い出した今日この頃でした。

とりあえず、久々に再燃した制作意欲を解き放ち、「ナカシマ製作所」のシゴトに勤しんでおります、今日のナカシマさんでした。じゃあ、皆さんもそれぞれのフィールドで頑張るのですよ?以上、解散!



ekimax_f315 at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 15, 2010

薬の副作用

多少の風邪なら、薬には頼らず治します。別に、自然治癒力を過信している訳ではなく、仕事柄、「眠気を催す薬」は飲めないのです。そうであれば、病院に行くほどの風邪でなければ、気合いで治すくらいの気力が必要なのです…とは言いつつも、私もそんなに強い人間ではない訳で、ただただ耐えるだけの日々が続きます。

時たま襲われる偏頭痛と、季節柄どうしようもない鼻炎(花粉症)以外は、薬は飲みません。幸い、ここ何年も、病院に行くほどの風邪も全くひかず、生まれてから一度もインフルエンザにかかった事がない。丈夫な体に産んでくれた親に感謝だわね。

でも、どうしようもない時もある。ここ最近、急に寒くなったせいもあってか、いささか風邪気味が続いております。で、一昨日から昨日にかけては咳が止まらず、このままでは車内放送中にゲホゲホと咳込んでしまいそう。それは非常にみっともない。で、“仕方なく”薬局で「眠くなりにくいですよね!?」と念押しして買って来た咳止め薬。飲みましたよ。

薬は、薬である以上、何かしらの副作用があるのは仕方ない。で、普段薬を飲まないが故、その微々たる副作用にも非常に敏感になるんでしょうね、多分。いや、むしろその微々たる副作用に敏感であるからこそ、「あー今自分おかしいわ」と、その微々たる副作用も飼いならす事が出来る。それに対する対処の仕方もあるというもの。

ただ、予想外と言えば予想外なんだろうけど、副作用のせいかどうかも判らんけど、昨日の夜、不思議な経験をした。

夜、寝ているときに、ふと目が覚める。で、意識ははっきりしているんだけど、目が開けられない。体を動かす事が出来ない。それだけじゃなく、全身をギリギリと締め付ける、極めて不快で奇妙な感覚に襲われたのだ。何とかそれから脱しようと試みるも効果なし。足がつった時のように、ひとりで気味悪く「クキキ」と声を出す事も出来ず、そのまま耐える事数分。ふっと、その不快感から解放され、我に帰る。で、また寝るも再び襲われるその訳の判らない不快感。それを3回繰り返し、ようやく朝を迎えた。とにかく目ざめの悪い朝でした。

多分ね、これを“金縛り”というのだと思う。幸か不幸か幸いか、今まで26年生きて来て、金縛りというモノに遭遇した事がなかった私。「霊感強い人が金縛りにかかったりする」と聞いた事があるけど、こちらも幸い、私に霊感と思われるモノは全くなし。いや、それ以前に霊感あるんだったら、2年以上住んでいるこのアパート、もう既に何かしらの“モノ”を見てしまっていても不思議じゃない。じゃあ何が…?

やっぱりね、薬の副作用なんじゃないかと思う。それ以外では説明つかないもの。咳止め薬飲んで、金縛り。はぁ、何なんだろうね、全く…。これじゃあ、今晩は咳止め飲んで寝れないじゃないの!

こんな困難に立ち向かいつつ、今日もナカシマは金沢で元気です。午前中、こちらも風邪でダウンしているばーちゃんを病院に連れて行き、現在に至っております。午後2時、寝不足でフラフラしております。

じゃあ、皆さんも今晩はぐっすり寝てちょうだいよ?以上、解散!



ekimax_f315 at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 02, 2010

何とも言いようのないモヤモヤ感

金沢の今日はひどい天気です。こんばんは、金沢からナカシマです。

何というかね、ここ最近スコーンッと急に冷えだしたかと思えば、どよーんとした低い雲がたちこめ、数年前の“ゲリラ豪雨”を彷彿とさせる土砂降りの雨が横殴りに降る、もうちょっと冷え込みが厳しければ、絶対ミゾレになってるよね?とにかく、ひどい天気です。この状況では、外に洗濯物が干せません。切実な問題です。

こんな天気でも、強い冷え込みの中、子どもはカブで能登半島を縦断し、横殴りのどしゃ降りの中、親はカブで名古屋から白山市のばーちゃんの家まで走破するのです。ナカシマ家は、そういう家族です。

 

さて、ここ最近、何とも言いようのない無力感というか、虚脱感というか、虚無の感覚に悩まされております。そうです、いよいよ運転士の研修が今月末からに迫っております。

大きくなったら電車の車掌さんになるんだ、そう言って、本当に電車の車掌になりました。じゃあ、運転士はどうか?本音を言えば、車掌ほどの強い憧れは持っていない。なれるんだったら、一度くらいは電車の運転もしてみたいという気持ちは無きにしも非ずだけど、今の車掌というシゴトを天職と感じ、やりがいと生きがいを持って毎日過ごしている中で、それがもうあと1ヶ月も続けられない、何だか「もうそのシゴトはしなくていいよ」と言われているような気がして、「何やってんだろ…」と、無意識のうちに思ってしまうのです。

運転士を経験して、その後また車掌に戻る道もある。事実、諸先輩方でそういう方もいる。車掌としてシゴトをする上で、キャリアステップと経験を重ねる為、一度は運転士を経験しておいた方がいい、という話もある。というのは、運転取扱であったり、機械としての車両関係の知識であったり、そういう部分は運転士を経験すれば自然と身に付く。最終的な私の目標「すっごい車掌になる」という目標達成に、運転士を経験するというキャリアステップは、決して無駄な事じゃない。

ただ、それは判っていても、自分の中で気持ちの切り替えが出来ていない。それゆえ、何とも言いようのないモヤモヤ感を常に持ちつつ、「ああ、あと1ヶ月しか車掌が出来ない」というバカバカしい悲壮感を、勝手に展開しておる訳です。みっともないでしょ?自分でも判ってます。でも、これが私の本音。

出来れば、あと2〜3年くらいは車掌をやってたかったなぁ…。でも、仕方ない。やるべき仕事をキッチリこなして、ライフワークである「ナカシマ製作所」の制作活動も一応の区切りをつけて、次のステップに進む事の出来るよう、気持ちの切り替えを図っていきましょう…。

とは言うものの、気持ちの切り替えなんてそうそう簡単に出来る訳がないじゃないかよう…!

とりあえず、今週末、そんなモヤモヤを感じながら、実家に帰省します♪



ekimax_f315 at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 22, 2010

今、思う事

日勤勤務終了後、カブでアパートまで帰る訳ですよ。で、途中のコンビニで立ち読みして、ATMから生活費をおろして、今晩の酒を買い、アパートまで帰る訳ですよ。で、風呂に入り、テレビを見ながら夕飯の支度。「はー、ついに大泉君も“ぴったんこカンカン”に出るような、ビッグな人になったんだなー」などと思いつつ、ひたすら鍋をかきまぜる、そんな20時過ぎのナカシマ邸です。

テレビを見流しつつ、ふと思った。「あれ、野球中継やっとらんじゃん!?」

今日は、名古屋人にとって重要な日。というのは、プロ野球セリーグのクライマックスシリーズ、中日対巨人戦。今日勝てば、中日は日本シリーズに進出する訳で、その結果は非常に重要な訳ですよ。そんな日に、何で地上波で野球中継やっとらんの!?

ハッキリ言ってしまうと、私自身、決して熱心な“ドラキチ”という訳ではない。スタメン選手も、今どんな選手がいるのかもよく知らない。中日は投手陣がスゴイとよく言われるけど、実際よく判らん。名前を知ってる投手も、はたして今、どれだけ現役なのか…そういうレベル。でも、地元の野球チームが今、どういう状況なのかはちょっとだけ興味がある。順位の浮き沈みも気になるところ。せめて、クライマックスシリーズの最終局面くらいは見ておきたい。それなのに…中継やってないってどういう事!?

まぁ、世間一般の興味関心が、野球に向ける関心の度合いのレベルがそこまで下がったという事の表れなんだろうね。まぁ、仕方ないと言えば仕方ない。それはそれで受け入れましょう。

あ、中日負けちゃった…。


閑話休題


アパートで自炊をしていて、かれこれ2年。別に誰かに食わせる訳じゃないので、毎回“科学の実験”のような料理を繰り広げていることは言うまでもなし。それでも、おいしいごはんが作れた日はシアワセに思う訳です。一人で夕飯食べていても、「ものすごくうまい」モノが作れた日は、どれだけ嫌な事があった日でもシアワセを感じます。

お手軽に作れて、しかも“手の込んだモノ”っぽさも実感できる料理が出来ると、いい気分な訳です。最近のお気に入りは無印良品の“○○の素”シリーズ。そこらへんのスーパーでテキトーに鶏肉買ってきて、その○○の素に
一晩漬けこんで、オーブンで焼く、これだけで、自分でイチから絶対に作ろうとは思わない「タンドリーチキン」やら「北京ダック風鶏の照り焼き」なんかが作れちゃったりするのです。“○○の素”シリーズは何も鶏肉だけじゃない。いろいろあるんで無印良品に行く度に「あー、こんなモンも作れるんだー」と、その都度いちいち感動している訳です。

で、今日作ったのはタンドリーチキン。ものすごくうまい♪


今日も、ナカシマは金沢から元気です。やっぱり、ひとりでも強く生きていけるモンです♪


じゃあ、明日も皆さん元気でね。以上、解散!



ekimax_f315 at 21:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

October 19, 2010

でんしゃがくるよ

ウチのオカンが勤め先の保育園で偶然見つけた紙芝居。

 


おとこのことお父さんが、近所の踏切で電車を見ている

おとこのこは、通過していく電車に手を振る

ばいばーい、ばいばーい!

電車、行っちゃった

しばらくして、次の電車がやってきた

ばいばーい、ばいばーい!

あっ、車掌さんが手を振ってくれた!

ばいばーい、ばいばーい!

ねぇ、お父さん。ボク、おおきくなったら電車の車掌さんになるんだ!

 


後日談…このおとこのこは、20年後に本当に電車の車掌さんになりました。

 


実はこの話、本当のハナシ。紙芝居で描かれていたのには後日談までは書かれてなかったけど…

ウチのオカンが、たまたま勤め先の保育園で偶然見つけた紙芝居、長久手に実家には近くに電車が走ってなかったので、ばーちゃん家の近所の踏切、具体的にいえば北陸鉄道石川線の乙丸〜四十万間の三十刈踏切、一緒にいたのはお父さんじゃなくておじいちゃんだったけど、紙芝居のそれと全く同じ構図で、私が電車に手を振っている写真が、ウチの実家のアルバムにある。

ウチのオカンはこの紙芝居を見つけ、これは私のハナシだ!と、思ったらしい。家に帰り、速攻で楽天でこの紙芝居を買って、私に読み聞かせてくれた。泣いたよ、正直にいえばね(笑)

 

先週末、実家に帰ってました。日進おやこ劇場、そこの秋総会で私に講演依頼が来て、そこで話をするための帰省。総会に来る親御さんに向かって話す講演のため、どうしようか正直悩んだ。そこで思い浮かんだのがこの紙芝居。今まさに、子育てに立ち向かっている親御さん、今はそんなこと考えないかも知れんけど、子どもの何気ない一言が、20年後に本当になるかもよ?現に私が本当にそうなっちゃったんだから…そういうハナシをしてきた。

冒頭、ウチのオカンにその紙芝居を実際に読んでもらい、その後、私が話す、そういう構成で話してきました。親子の夢のコラボレーション?といえば大袈裟か…。結論を言うと、まぁ上手くいったんじゃないでしょうか。電車に手を振っていて、車掌さんが手を振り返してくれた、その男の子が、20年後に車掌さんになって、今度はおとこのこに手を振る役を演じている、そういう瞬間の一つひとつが嬉しい訳ですよね、その男の子にとっては。その感動が、少しでも伝わっていればなおよし。

 


今回の帰省中、弟と焼き鳥屋でしこたま飲み、秋総会で喋り、家族4人で航空自衛隊浜松基地の航空祭の見学に行く“絵に描いたような休日”を過ごし、今日に至っております。

ナカシマは、今日も金沢で元気です♪



ekimax_f315 at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 14, 2010

こういう人間もいますよ?

ある集団で、かなりの大多数が知っている情報、いわば常識となっている事があったとしましょう。暗黙の了解というか、ウワサ話というか…そういう類のハナシ。

でも、その中でひとり、そういうハナシに全く無頓着な人間もいたりします。他人の事に興味がないゆえ、わざわざ知ろうとする必要もなし。で、かなり後になって、皆が当然のように知っているその常識をふとしたきっかけで知り、「えっ、何、そうなの!?」と、その人は驚くのです。

でも、他の人はそれを聞いてもっと驚きます。「何を今さら言っとるの!?みんなそんなもん知っとるわ!」と。そういう瞬間、その全く無頓着な人間は自分の知らなさ加減を思い知らされるのです。

ここで言う、この全くの無頓着な人間はワタシの事。ぜーんぜん、知らんモンは知らん。

情報は、知らないがゆえに自由に生きられるという部分がない訳じゃない、そう信じたい。こういう人間がいたって…いいじゃねーかよぅ!



ekimax_f315 at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 04, 2010

実録 サイコロの旅!

サイコロフリップ(一回目)運転士科に入所前に、ドンと休みを取ってどっかに旅行に行きたいなーと、漠然と思っていた。当初は海外行きも想定していたけど、「行きましょうよ」と言ってくれた会社の後輩との協議の結果、一度はやってみたい“サイコロの旅”を実際にやってみる事に決定。

サイコロの旅、ご存知の方はどういう旅か判ると思うけど、あえて説明すると、元ネタはテレビ番組「水曜どうでしょう」の企画の一つ。出発地(どうでしょうでは専ら「東京」)から帰着地(どうでしょうでは「札幌」)まで帰るにあたり、6つの移動手段を選択、サイコロを振ってその手段を決め、たとえそれが札幌とは逆方向でもそこに行かないと次のサイコロが振れない、かつ、何日かかろうとゴール札幌の目が出ない限り、サイコロを振り続けないといけない、と、そういう企画。「どこそこに一泊」という目が出なければ宿泊もできない、そういう企画なのです。

やるからにはホンモノ指向にしたい。6つの行き先の選択肢を書くフリップは本家水曜どうでしょうと同じようなモノをナカシマ製作所で自作、サイコロもこちらも本家ではおなじみの「明治製菓のサイコロキャラメルの空き箱」を使用。金沢在住なので、出発地は大阪、最終目的地は金沢に置き換えて、サイコロの旅、スタートです。

まずは大阪駅でのサイコロ一投目。
ヾ覯莉了直行便 特急サンダーバードで一気に「金沢」
△舛腓辰箸任睫瓩蠅燭ぁ崙慍譟
ひとっ風呂浴びたい「城崎温泉」
ぢ席人里瞭罎療隋崙間賀島」
イ弔い望緡Α〇郵顱峭眈勝
Δ海虜蘖鵑へ 御存知!深夜バスで行く「博多」

ここでM君が振ったサイコロの目は。長距離移動の目も覚悟しつつも、思いのほかそれなりに近場で、かつ社割も使える範疇だったので一同安堵。特急北近畿に乗って、乗車時間2時間46分、移動距離183キロの移動がスタート。

夕刻の城崎温泉での目はこちら
/写襯丱垢嚢圓 とちのき号「宇都宮」
△海譴禄个垢福 サンライズ号「熊本」
I當摸鷦屬乃嫐瓩蝓峙都」
ぃ複凖豎い領蓮 新快速で「名古屋」
ダこΔShinkansen! のぞみ63号「広島」
Σ浩瑤任んずほぐれつ「城崎一泊」

時間は既に18時を回り、普通の旅行なら「そろそろ宿でしっぽりと…」といきたいところだけど、サイコロの旅はそんなに甘くない。ここでも地獄の移動が続きます。サイコロを振るのはK君。Δ量椶魎待しつつも、振られたサイコロの目は。まだまだ移動が続きます。一同、何をしにここまで来たか判らんと疑問に感じ、それでも乗車時間3時間41分、移動距離158キロ。わざわざ特急で来た道を、3時間以上かけてほぼ戻るハメに…。

夜の京都での選択肢はこちら
,泙西茲譴襪里? 深夜バスで恐らく「東へ」
∈E戮賄譴惺圓たい 新幹線で東へ「名古屋一泊」
2度ある事は3度あるのか? 「京都グランヴィア一泊」
せ咳◆四国への足がかりとなるか? 新幹線で西へ「岡山一泊」
イ舛腓辰叛召慳瓩襦崑膾絨貲顱
Δ佞蠅世靴北瓩襦ゝ濤圓たぐにで「金沢」

サイコロを振るのは私。ここまで、大阪・城崎で立て続けにの目が出ており、かつ待ち時間も含めて8時間以上移動し続けてきた我々。誰もが「どこかで一泊」の目を期待しつつ、振られたサイコロの目はまたしても。グランヴィアが案外高かったので、APAホテルに宿泊地を変更してこの日は終了。移動はしんどかったけど、一泊の目が出たことで一同安堵。

翌朝、京都での選択肢はこちら
‘B治弔亮族箸惺圓「鶴舞」
⊇評譴鯔ねる「南木曽」
F匹瀛がわからん「御嵩」
ぅ優咳慊垢鵬颪い帽圓海Α峙志」
イ笋辰僂蟷郵顱峭眈勝
Δ海海焚燭發覆い勝嵎道辧

この選択肢を作ったのは私。 銑にはJR東海エリアを配した「JR東海スペシャル」と題し、サイコロを振るのはM君。振られたサイコロの目は◆新幹線には乗らず、京都から米原〜名古屋〜中津川と新快速と快速を乗り継いでの大移動。乗車時間5時間24分、移動距離246キロ、地獄の移動が、ついに始まる…

中山道の宿場町、妻籠に近いこの南木曽に着いたのは昼過ぎ。次の選択肢はこちら
/濃の国を堪能 快速リゾートビューふるさと「長野」
⊆鹽垠突入 スーパーあずさ28号「新宿」
ついにShinkansen!? あさま544号「東京」
いい辰燭麑瓩辰董,劼り478号「品川」
イ早めの予約を… ドラゴンライナー「高知」
Δ舛腓辰般ノ蓮.魁璽薀襯┘スプレス「ハウステンボス」

不用意に私が南木曽の目を書いちゃったばっかりに、これまで潜在意識の中に「出来れば社割が使えるエリアがいいよね」というのがあった我々。その緊張の糸がここでブッツリと切れ、どの目が出てもエラいことになる事必至。K君がここで振ったサイコロの目は。「この選択肢の中では比較的ラクな方だったね」などという発言が出るあたり、感覚はもう完全にマヒしています(笑)。乗車時間3時間8分、移動距離458キロ

品川に着いたのは夕刻。この時間に東京近辺にいるのは、実は非常に危険なのです。というのは、各方面に出る深夜バスの発時刻がこの時間帯に集中し、かつ東京近辺からは実に様々な方向に向かう深夜バス路線が充実しているからなのです。北は青森、西は九州博多…。この時間に東京近辺にいるという事は、そういう危険な目も覚悟しないといかんと、そういう訳です。

品川駅での選択肢はこちら
,笋辰僂蠅海譟⊃写襯丱抗Δ離ング はかた号で「博多」
※満席ならブルーメッツ号で「高知」

△気蕕謀譴悄△気蕕頬未悄〕射杞罎如崋鯏帖
N鷦峩茲砲盻仗噺人がいます 深夜バスで「三重」
い笋辰僂衫しい信濃路へ あずさ31号で「松本一泊」
ズFも疲れた「東京一泊」
Δ修蹐修輓しい北陸が 急行能登で「富山」

アグレッシブな選択肢を用意してくれたK君。サイコロを任されたのは私。一同注目の中、振られたサイコロの目はなんと 弔笋辰討靴泙辰拭帖ちょっとでも金沢に近づこうと「よいしょ、よいしょ」と進んできた道のり、それを全てバーンッとひっくり返す深夜バス…エラい事になった。

ここで一つ問題が。深夜バスはかた号が、期待に反して満席だったのです。それならば仕方がない。もともと代替案として用意してあったブルーメッツ号で高知に行く事に…。それでも高知、目的地とは逆方向。しかも四国上陸。乗車時間10時間55分、移動距離851キロ

ここで小田急バスさんが用意してきたブルーメッツ号。独立3列シートで、続行便の2号車だったので、車内はそこそこ空いていた。ギッチギチの環境ではなかったので、そこそこ楽だったとはいえ、3人それぞれ深夜バスにヤラレ、“逆浦島現象”も体験。本家水曜どうでしょうではおなじみの「インターレポート」も実践してきました。

翌朝、すっかり深夜バスにヤラレ、高知駅前に立った我々。それでもサイコロ振らないと帰れない。しかも、私以外の二人は次の日仕事なので、今日中には何としてでも帰らないといかん。

土砂降りの雨が降る中で、そうした緊張感に包まれ、高知での選択肢、「チャンスタイム」はこちら
,發Ω続Δ任后.哀蝓璽鷦屬妊螢奪舛法峩眤堯
帰れればいいです 普通車で行こう「金沢」
最後もやっぱりバス「金沢」
け鷁鵑蠅世韻豹覆燹峅山」
イΔ匹鵑鮨べよう「高松」
λ椽最南端「和歌山」

大胆に 銑に金沢を配し、ぁ銑Δ砲呂泙世泙清気な行き先を設定。そんな中、M君が振ったサイコロの目は。「やった…帰れる…!」という安堵感を感じながらも、最後もやっぱり高速バス。乗車時間8時間50分、移動距離565キロ。最後はもう感覚がマヒして、長い移動も全く長さを感じませんでした(笑)

 

実際にやってみての感想→「思いのほか、しんどくなかったね」。理由として恐らくだけど、3人とも車掌のシゴトをしていて、列車に乗り続けるシゴトをしている訳だから、交通機関に乗り続ける事は言わば“当たり前”の事。しかも、3人とも長時間乗務の夜行列車に日常的に乗務している故、深夜の移動も日常茶飯事。それを考えれば、深夜バスだって苦にならない、そういう事情もあるのだろう。本家どうでしょう程の“ヒドいヤラレっぷり”を呈する事もなかったです。とはいえ、3日間、総移動距離2461キロに渡るぶっ通しの移動し続けの旅は相当な疲労を蓄積させたのでしょう。アパートに帰りつき、何をするでもなく、そのままバタンキューで今朝を迎えております。

「また行きたいな」とは、言わない。でも、「もう一回くらいやってもいいかな?」と、ちょっと思う。お金と時間に余裕のある方、一度ご体験あれ!



ekimax_f315 at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 01, 2010

旅に出ます

サイコロフリップ明日(日付変わっちゃったから今日か…)から旅に出ます。列車区どうでしょう班の男三人、宛てのない旅です。

どこに行くか、はたしていつ帰れるか、全てはサイコロ任せ。ここまで書けば、判る人には判るでしょう、どういう旅かw

「何が出るかな、何が出るかな、それはサイコロ任せよ」♪

行ってきます!


ekimax_f315 at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)