アン・バランス・ダイアリー

EKKOです。読んだ本の感想を中心に書いています。たまにライブレポも。気軽にコメントいただけると嬉しいです。

『探偵・日暮旅人の贈り物』 山口幸三郎 メディアワークス文庫



ついに、ファーストシーズン完結です。
灯衣ちゃんのお母さんの顛末とか、細かいところの違いはあったけど、ストーリーとしては、ドラマとほぼ同じ展開でしたね。読み終えて思ったのは、ドラマを見る前に読みたかったなぁってことかな。この切ないけど温かい読後感をまっさらな状態で感じたかったです。多分読んでしまったらドラマにはここまではまらなかった気がするけど・・・・ドラマがあまりにもドラマチックで、映像も凝ってたし、主要人物のみならず、サイドキャラも、リッチーのぶっとび加減が規格外だったり(北村有起哉さんの怪演がすさまじく、ほんま怖かった・・・)、シシド・カフカさんの増子刑事もとてもかっこよくしかも可愛くて、はまってて、とにかくどれもこれもとても濃厚だったので、原作はどうしてもちょっとあっさりに思えてしまいました。それでも、結末を知っていてもこのラストはとても感動できました。4巻まで中だるみなく楽しめました。読んでよかったです。

それにしてもこのシリーズ、物騒で黒い世界を描いてるし、虐待とかドラッグとか、陰鬱な場面もたくさんあるのに、どこかハートウォーミングなのは、原作者の方の優しさがにじみ出ているのかなぁと感じたり・・・タイトルのつけ方とか、あとがきにもそれは表れています。とても癒されました。さて、旅人や灯衣ちゃん、ユキジや陽子先生のその後がとても気になる・・・続編も出ているらしい・・・!?続けて読むべきか、ちょっと間を置いてみようか・・・悩ましいところです。

『探偵・日暮旅人の忘れ物』 山口幸三郎 メディアワークス文庫



さて、第三弾です。「隣の静寂」「森の調べ」「爆弾魔の憂鬱」「雪の道」「夢のぬくもり」の5編が収録されています。「隣の静寂」はドラマでも使われていたエピソードですね。てか、原作読んでみると、案外ドラマに使われているお話が少ないような・・・?中心の旅人のストーリーは比較的忠実に踏襲していましたが。「爆弾魔の憂鬱」とか映像化したら楽しそうなのになぁ・・・

ユキジと旅人の出会いを描いた「雪の道」、旅人が周りの人たちを信じるきざしが芽生える「夢のぬくもり」、この切ない2編により、中心の物語の新しい流れを予感させるものになっています。なかなか引き込まれる構成ですね。少しずつ旅人の過去が明らかになるような、かえって謎が深まっていくような・・・これは続きが気になって仕方ない終わり方ですね!リアルタイムで読んでいた方は、もう落ち着かない気持ちでじりじりと次作の刊行を待っていたことでしょう・・・私はもちろん、すぐさま完結編「贈り物」に入ります!

『探偵・日暮旅人の失くし物』 山口幸三郎 メディアワークス文庫



シリーズ第2弾。「老舗の味」「死体の行方」「母の顔」「罪の匂い」の4作。
前作は全編がほのぼの系。今回は「老舗の味」と「母の顔」はハートウォーミングですが、他の2作は暴力の匂いの濃いお話や犯罪にからむ物騒なお話で、そのバランスの崩れ具合が不穏の予感を感じさせてくれています。そして、穏やかで優しい旅人が、自身の暗黒面を垣間見せる場面もあり、ここはドキッとするところ。旅人の幼少時代の辛い過去を描いた部分もあり、いったいなんであんなひどい目にあったのか?、視覚以外の感覚を失ってしまった原因はもしかしてこの体験なのか・・・?そして旅人の両親は?今回旅人が探し当てた自分の「失くし物」とはいったい何なのか・・・?とても気になる謎がたくさん表れます。私はドラマを見てしまっているので、だいたい見当がついてしまうのが何とも悔しい。まっさらな気持ちで読みたかったですね〜
陽子先生の明るさが救われます。こういう場合、おせっかいを焼いてくれる存在って嬉しいものですよね。

さて、このまま「忘れ物」へ突入です♪

2017年3月に観た映画

3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:325分


マエストロ! [DVD]マエストロ! [DVD]
WOWOWにて。松阪桃季さん目当てで鑑賞。ストーリーはいろいろと突っ込みどころあり、クライマックスも若干盛り上がりに欠けたかなぁという印象ですが、演奏シーンは役者さんたちがかなりトレーニングを積んだとのことで、さすがの迫真の演技。美しい音楽とともにとても楽しめました。駅のホームで演奏するシーンが印象的。そして、エンディングの辻井伸行さんのピアノが素晴らしくて泣きそうに…。あと、松阪さんの手指の美しさに参りました(笑)
鑑賞日:03月26日 監督:小林聖太郎

サイクロンZ [DVD]サイクロンZ [DVD]
BSプレミアムにて。ジャッキー、サモハン、ユンピョウのトリオの人気絶頂期の作品ですね。3人の共演はたしかこれが最後かな・・今あらためて見るとすごいバブルチックなのと、ラブコメ要素が濃いのが面白い。ストーリーは突っ込みどころ満載だけど、超エンタメということで・・・ユンピヨウさんの演じるキャラが個性的で好き。笑顔が可愛くて、身体の動きがしなやかで本当に素敵です〜(当時大ファンでした)。
鑑賞日:03月16日 監督:サモ・ハン・キンポー

ペーパー・ムーン [DVD]ペーパー・ムーン [DVD]
BSプレミアムにて。親を亡くした女の子と詐欺師の男性が旅をするロード・ムービー。ストーリーは王道的だけど、ティータム・オニールの演技が上手くて可愛くて圧巻。テンポもよくてとても楽しい。実の親子が演じているというのも面白い。個人的には派手な彼女が案外いい人だったことが結構ツボでした(笑)
鑑賞日:03月02日 監督:ピーター・ボグダノヴィッチ


鑑賞メーター


退職して時間ができたので、今までなかなかできなかった映画鑑賞もしていきたいなぁと。テレビの録画とか、夫が録り集めているものをぼつぼつ観ていく感じになると思います。週にひとつ観るのが当面の目標です〜

2017年3月読了本

3月の読書メーター
読んだ本の数:4読んだページ数:1197ナイス数:97

はるひのの、はるはるひのの、はる感想ささらシリーズの完結編。もう、ページをめくる指が止まらなくて、ほぼ一気読みでした。関連がないと思っていたすべてものが、数珠つなぎのようにみるみるひとつに繋がり集約されていくラストは、もう圧巻でもありました。そしてはるひの動機がとても切なくて最後はほろりとしてしまいました。素晴らしい構成ですね。参りました。読んでいるあいだ、そして読み終えた後も、心がほっこり暖かくなるのは、登場人物たちがとても明るく優しく、何より一生懸命に生きているからなんだろうなぁ・・・間違いなく加納さんの持ち味だと思います。
読了日:03月24日 著者:加納 朋子

探偵・日暮旅人の探し物 (メディアワークス文庫)探偵・日暮旅人の探し物 (メディアワークス文庫)感想ドラマを見て原作がとても気になり読むことにしました。
設定がとても面白いですね〜登場人物たちのキャラも個性的で、楽しいし。第一弾は全体にハートウォーミング系の展開で、ミステリ色やサスペンス色もそれほど強くなく、これだけを読むと、何だかほのぼの「日常の謎」系のシリーズかな?って思ってしまうかもしれないけれど、最後にブラック旅人が少し顔を覗かせ、まだまだ謎が隠れていることを匂わせてくれます。原作では、旅人はどんな愛のかたちを見つけ出すことができるのか、期待しつつ読み進めます。読了日:03月21日 著者:山口 幸三郎

静かな雨静かな雨感想ゆっくりと静かに心を通い合わせ、生活は地味で質素ではあるけれど、心は豊かだと思える暮らし。とても穏やかで優しい気持ちになれます。宮下さんのフレーズはやっぱり、キュッと心に寄り添ってきてくれる。幸せって実はシンプルなことなのでは・・・と。この本を読んであらためてそんなことを考えたりしました。そして、こよみさんの芯の強さに惹かれました。短くてあっという間に読めてしまうのがもったいない。行助さんとこよみさんをもっと眺めていたかったなぁ・・・そして、やっぱりこよみさんのたい焼きが食べたくなりますね〜 読了日:03月13日 著者:宮下 奈都

蜜蜂と遠雷蜜蜂と遠雷感想凄いとは聞いていましたが、期待以上でした。音楽をここまで濃密に表現できるなんて、読むまでは正直半信半疑でしたが、いやぁ、見事にやってのけてくれてます。
主要コンテスタントの4人のそれぞれのキャラクターやピアノへの思い、過去や未来への展望もきっちりと生き生きと描かれていて、まさに青春群像劇としても楽しめます。
個人的には風間塵くんに夢中になってしまいました(笑)第三次予選演奏シーンは、もう鳥肌もの。実際に聞いているわけではないのに、風間くんの演奏に感動し胸が震え、涙があふれてしまいました。読了日:03月07日 著者:恩田 陸

読書メーター

3月10日に最終勤務を終え、仕事生活を卒業しました。念願の専業主婦です(笑)次男もめでたく卒業でき、配属先の東京に旅立っていきました(淋しい・・・・涙)。3月は京都の家の片付け掃除、引き上げ、卒業式等で3回も京都と大阪を行き来し、忙しく過ごしましたね〜花粉にもやられ泣きながら・・・(涙)
今は昼間は同居の義父母と一緒にのんびり過ごしています。本を読む時間も増えて嬉しいです。
月末には初めてスケートの短期教室に参加したり(!)、世界フィギュアをテレビ観戦して大興奮したり、スケート大好きは変わらず♪
次男ロスと仕事ロスはあるけれど(とくに次男ロス)、心をしっかりコントロールして、これからの生活も充実させていきたいですね。

『はるひのの、はる』 加納朋子 幻冬舎



加納朋子さんは全部読んでいるつもりが、この作品は読み残していました。
「ささら」シリーズの完結編なんですね。

死者との交流、タイムスリップ、このふたつは私の大好物です。これを加納さんが料理してくれる、しかも「ささら」シリーズで!となると、もう面白くないわけがない、感動しないわけがない!のであります。

もう、ページをめくる指が止まらなくて、ほぼ一気読みでした。「はるひ」はいったい誰なのか?未来ははるひによって本当に変えられてしまったのか?正しい現在は、未来はいったい何なのか?あの人、この人は果たして皆幸せになるんだろうか・・・?もう先が気になって仕方がない。読みすすめるにつれ、些細なことと思っていた事柄が、今読んでいるこのページにまさに繋がっている・・!ということが次々と判明し、ページを戻して確認したり、読み直してみたり・・関連がないと思っていたすべてものが、数珠つなぎのようにみるみるひとつに繋がり集約されていくラストは、もう圧巻でもありました。そしてはるひの動機がとても切なくて最後はほろりとしてしまいました。
素晴らしい構成ですね。参りました。
読んでいるあいだ、そして読み終えた後も、心がほっこり暖かくなるのは、登場人物たちがとても明るく優しく、何より一生懸命に生きているからなんだろうなぁ・・・間違いなく加納さんの持ち味だと思います。

加納さん自身の闘病生活があったからこういう作品が生まれたのかな・・・と読み終えてすぐに感じたのですが、それはあとがきできっぱり否定されてしまい、思わず苦笑いしてしまいました。加納さん、ごめんなさい。全てお見通しなんですね。なかなかスルドイ。

オススメです!

『探偵・日暮旅人の探し物』 山口幸三郎 メディアワークス文庫



ドラマを見て原作がとても気になったので・・・(実は松阪桃季くんが好きなのです)
映像作品を先に見てしまうとイメージが固定されてしまうので、原作を読まないことも多いのですが・・・(桃季くんの旅人、ゾクゾクするほど良かったなぁ)
結構長いシリーズみたいなのですが、まぁ、ファーストシーズンだけでも読んでみようかと・・・(松阪旅人ロスを埋める意味でもあったり) →しつこい(笑)

視覚以外の感覚(聴覚、嗅覚、味覚、触覚)を失い、代わりに研ぎ澄まされた視覚を持つ、日暮旅人。彼は、探し物を探す専門の探偵。

設定がとても面白いですね〜登場人物たちのキャラも個性的で、楽しいし。そして、何より!

「僕、視えるんです」→桃季くんの声で再生されるーーー!(だからしつこい笑)

第一弾は全体にハートウォーミング系の展開で、ミステリ色サスペンス色もそれほど強くなく、これだけを読むと、何だかほのぼの「日常の謎」系のシリーズかな?って思ってしまうかもしれないけれど、最後にブラック旅人が少し顔を覗かせ、まだまだ謎が隠れていることを匂わせてくれます。
とことんお人よしで、優しい旅人のキャラがすでに切なかったりするんですが・・・

ラノベ風の文体が若干気になりつつ、まぁ、今のところ許容範囲かな。原作では、旅人はどんな愛のかたちを見つけ出すことができるのか、期待しつつ読み進めまーす。

『静かな雨』 宮下奈都 文藝春秋



「本屋大賞受賞第一作」といううたい文句も見られますが、これは宮下さんが、12年前に文芸誌に応募して新人賞の佳作を受賞しデビューが決まった作品とのことで、「幻のデビュー作」といわれているようです。

会社をリストラされた青年と、交通事故で記憶をとどめることができなくなった女性のお話。
ゆっくりと静かに心を通い合わせ、生活は地味で質素ではあるけれど、心は豊かだと思える暮らし。とても穏やかで優しい気持ちになれます。宮下さんのフレーズはやっぱり、キュッと心に寄り添ってきてくれる。私は最近ときどき思うのですが、現代って、とにかく情報が多くてせわしなくて、皆とにかくたくさんの複雑な知識があるけれど、簡単な大切なものを落としてしまっている気がする。幸せって実はシンプルなことなのでは・・・と。この本を読んであらためてそんなことを考えたりしました。そして、こよみさんの芯の強さに惹かれました。短くてあっという間に読めてしまうのがもったいない。行助さんとこよみさんをもっと眺めていたかったなぁ・・・そして、やっぱりこよみさんのたい焼きが食べたくなりますね〜

『蜜蜂と遠雷』 恩田陸 幻冬舎



読みましたよ〜!もう圧巻でした。凄いとは聞いていたけど、期待を数倍も上回るパワーです。読んでいて興奮がおさえられなくなったのは久しぶりでした。直木賞、超納得です。


彼は観客を根こそぎ彼の風景のなかに連れてゆく。

永遠は一瞬で、一瞬は永遠なんだ。


ピアノコンクールを題材にしていて、第一次予選、第二次予選、第三次予選、本選、と主要登場人物たちの演奏のシーンが細やかに描かれています。恩田さんは以前「チョコレートコスモス」で役者さんの演技を文章化するということを見せてくれていましたが、今回はピアノ演奏。音楽をここまで濃密に表現できるなんて、読むまでは正直半信半疑でしたが、いやぁ、見事にやってのけてくれてます。クラシックに明るくない私でも、全編音楽に包まれた幸せを終始感じることができました。

主要コンテスタントの4人のそれぞれのキャラクターやピアノへの思い、過去や未来への展望もきっちりと生き生きと描かれていて、まさに青春群像劇としても楽しめます。

個人的には風間塵くんに夢中になってしまいました(笑)第三次予選の演奏前に風間くんが、遠くに鳴る雷を感じながらホフマン先生に心のなかで話しかけるシーン、そこから流れ込む演奏シーンは、もう鳥肌もの。実際に聞いているわけではないのに、風間くんの演奏に感動し胸が震え、涙があふれてしまいました。
「狭いところに閉じこめられている音楽を連れ出す」というホフマン先生の願いも素敵ですね。

小説ってこんなことができるんだな・・・

4人のコンテスタントたちが今後どのように音楽と生きていくのかもとても気になります。恩田さん、是非、続編を!スピンオフでも短編でもよいので・・・!また彼らの演奏が聴きたいです。






2017年2月読了本

2月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:467ナイス数:17八月は冷たい城 (ミステリーランド)
八月は冷たい城 (ミステリーランド)感想
「七月に流れる花」の男の子編。七月→八月の順に読まないと、きついネタばれになってしまいますね。
男子編の方が物騒な事件が具体的に発生し、不穏さが増しています。きちんととミステリになっているし、恩田さんにしては着地も安定していて読者が放り出されることはなく、また七月八月でひとつの物語ともなっています。ラストの切な怖さはさすが恩田さんの面目躍如、正直言って結構怖かったです。児童向けというスタンスで、このオチは大丈夫なのかしらん・・・と若干心配しちゃいました。 読了日:02月28日 著者:恩田 陸,酒井 駒子


九十歳。何がめでたい九十歳。何がめでたい感想
このお歳で世の中のあれこれに怒ってる血気盛んな愛子さん、お見事です。素敵です。カッコいいです。文章はさすがに若い頃の勢いではないけれど、それでも90歳を超えてこんな風に書けるのは、凄い。昔はよかったなぁ〜っていう懐古趣味になってないところがいいなぁと思う。いろいろと共感することが多かったです。いたずら電話にいたずらして撃退したお話は、昔のエッセイにも書かれていたような・・(笑)新聞の人生相談コーナーに突っ込むくだりも面白かったです。また愛子さんのほかのエッセイを読みたくなりました。 読了日:02月22日 著者:佐藤愛子


読書メーター

退職に向けて申し送りの日々。
考えすぎると淋しくなるので、深く思わず、淡々とこなしました。

そして何年ぶりかわからないくらい、久しぶりに息子ふたりを誘って4人で家族旅行に行ってきました。淡路島〜鳴門〜讃岐の旅は、パワースポットとグルメの旅でした♪金比羅山にも登ってきましたよ〜もちろん讃岐うどんめぐりも!
楽しかったなぁ・・・
次男もこの春に卒業、就職で、4人そろっての旅はこれが最後かもしれないですね・・・
カテゴリ
Archives
本を買うなら!
コメント
ここでも書いてます
EKKOさんの読書メーター
鑑賞メーター
EKKOさんの鑑賞メーター
お気に入り本ブログの皆さま♪
本プロ仲間の皆さま♪
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ