砂漠


ここのところ、ライブだトリノだと、ほかのことに夢中になってしまって(トリノはちょっと淋しい展開ですが)、読書がお留守になってしまっています。ぼちぼち読んでようやく読み終えました。時間はかかりましたが、面白かったです。とても良い読後感でした。



大学生活の4年間の思い出は、誰しも独特の思いいれがあるもの。私自身も、仲間に恵まれ、一番自由があって無茶ができた頃で、すごく楽しかったですから。その大学4年間の出来事を描いた、伊坂流の青春&友情小説。伊坂さんが書くとなるほど、こうなるのね。



『学生時代を思い出して、懐かしがるのは構わないが、あの時は良かったな、オアシスだったな、と逃げるようなことは絶対に考えるな。そういう人生を送るなよ。』


友情があって、恋愛があって、裏切りがあって、勉強はあまりなくて(笑)、青春小説の王道のエッセンスが詰まっていて、とても楽しいです。でもどこか、人物造詣やストーリーにリアリティが薄いように思う。そのあたりが受け入れられない人もいるかもしれません。でも私にとってはその「嘘っぽさ」が結構心地よくて、不快感がない。伊坂作品の魅力はこの一筋縄ではいかない微妙な嘘っぽさの空気なのだととつくづく感じました。(前作の「魔王」ではそのあたりがちょっと鼻についたのですが、本作はいいバランスでした)
登場人物たちは皆いい奴ですが、面白かったのが、西島くんのエキセントリックなキャラです。ひとつ間違うとアブナイ人なのかもしれないけれど、でも主人公の北村くんや彼の友人たちは、温かく、自然に彼を受け入れている。おそらく彼の言葉に大きくうなづいたり、共感したりできるのは、社会と言う砂漠をまだ知らない大学生の特権なのかもしれないな〜なんて思ったり。やっぱり大学生っていいもんです。表紙の顔は西島くんではないかと思うのですが、どうでしょう?



東堂、西島、南、北村と、東西南北が揃ったメンバーで、彼らはよく麻雀をします。残念ながら、私は麻雀が全然わからないので、麻雀のシーンは飛ばし読みでした。わかれば微妙なニュアンスをもっと感じ取ることができたかもしれないのですが。



あと、北村くんの彼女が東堂さんに初めて会うシーンで、彼女が『東堂という名字だから、ものすごく記憶力が良かったりして?』と言うところがあったのですが、このあたりの含みが私はわからなくて、気になりました。これまでの伊坂作品に関わることでしょうか?わかる方があれば、教えてくださいませ。


あと、西島くんが以前お世話になった家裁調査官って・・・やっぱりあの人かなぁ、とこれは嬉しかったです。



面白い本に出会えたので、これからしばらくは読書に没頭、寝食忘れて読んで読んで読みまくる生活になりそうです。
なんてことは、まるでない。