朝井リョウさん、あさのあつこさん、伊坂幸太郎さん、恩田陸さん、白河三兎さん、三浦しおんさん。なんて豪華な執筆陣!(白河さんのみ初読みでした)そして、さすがこの面々、いかにもクリスマス!とテイストのお話や、ロマンチックなありがちラブストーリーなんて一編もない。かけらさえない(笑)この一筋縄ではいかないところがたまらない。不思議で、でもでも、たまらなく楽しいお話ばかりでした。なるほど、こういう奇跡なんですね。「滅里、来衆益し!」って・・・もう参りました。恩田さんの頭のなかを一度覗いてみたいですね・・