2007年06月

2007年06月16日

言葉を惜しんではいけない

ひと月前、妹が結婚した。
式に出れば泣くことは初めから分かっていたが、
予想以上に涙が出て、嗚咽に近い状態になってしまった。

半年前、結婚の意思を固めていた妹が、
「あったかくなったら、一週間くらい東京に泊まりに行くわ」と
話していたことがあった。
僕はその約束を楽しみにしていて、
どこか街へ出かけたり、友達とレストランに入ったりするたび、
ここへ連れてきたら喜ぶかな、こういう料理は好きそうだな、
と妹の好みを考えながら、いろいろな店のカードを持ち帰り、
いつでも予約の段取りをつけられる状態にしていた。

しかしその妹からは、春になったというのに、
一向に連絡が来ない。
しばらくするうち、母が「結婚式のことで忙しくしてる」と
連絡が入り、とても東京へ来るどころではないように思えた。

僕がゴールデンウィークに実家へ帰った時、
5月半ばに結婚を控えた妹に
「結局、遊びに来んかったな」
とさり気なく話してみたら、こんな答えが返ってきた。

「東京へ行く、とメールをしたけど、
 そのことには何も触れず、ほかのことについてメールを
 返してきたから、迷惑なのかな? と思っていた」

言われてみれば確かにそんなメールをもらっていた気もする。
しかしそれについての返事をしなかったのは、
あえてする必要もなく、妹は当然遊びに来るものだという
考えが自分の中にあったからだ。
妹にそんな遠慮があったとは思わなかった。

今年、僕はある本の中で、
「あらゆる人々に対して言葉を惜しんではいけない」と
いう言葉に出合い、それを一年の抱負にしようと決めていた。

自分にとって身近な人であればあるほど
意識しておかなくてはならない言葉である。

ただ一つの言葉を惜しんだがために、
二度と戻らない時間がある。


ekomo at 10:18|PermalinkComments(3)TrackBack(0)