2004年09月09日

金メダルを繰り上げる!?

(↓推敲しているうちに、ずいぶん古い話題になってしまいました……)


 本当にいまさらという話題になって恐縮だが、ハンマー投げの
 アヌシュ選手にドーピング違反が発覚し、室伏選手が繰り上げの
 金メダルを授与することになった。

 僕は深夜に行なわれた決勝の模様をナマで見ていたが、
 室伏が投擲をした直後にあげた「ウォ――――ッ!」という
 雄叫びやガッツポーズの力強さ、その確信に満ちた面つきを
 見ながら、これぞ金メダルにふさわしい映像だと感じていたから、
 彼がけっきょく銀に終わったときは、いささか拍子抜けの感がした。

 事件後、金メダルの通知を受けた室伏は、
 「本当は表彰台でもらいたかったのですが……」と
 さわやかに会見していたので、スゴいなと感じたが、
 僕はありきたりの意見になるのを承知で、IOCには
 事前の検査チェックをより厳重なものにしてもらいたいなと思う。

 室伏が後日いくら金になろうが、彼が競技後に味わった屈辱感、
 もっと限定すれば、あのとき過ぎ去った栄光の瞬間というものは、
 どうあがいても取り返しようがない。

 かつて、ベン・ジョンソンが9秒79という100メートル走の
 快記録を出したとき、僕は子ども心に異常にエキサイトし、
 またそれだけに後日、裏切られた感も強かったが、
 彼がいなければ、文句なしに世界一の風を浴びていた
 カール・ルイスの目の前に、走っても走っても追い着けない
 怪物走者がいたとき、ルイスの感じた挫折感や屈辱の気持ちと
 いったものは、一体いかほどのものだったろうかと想像する。

 アスリートに限らず、人が決して裏切ってはならないものがある。
 そのひとつが「時」だ。


人気blogランキング
↑応援よろしくお願いします! 現在、30位付近をウロウロ……

ekomo at 01:32│Comments(3)TrackBack(0)本・映画・テレビ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by エディズム   2004年09月10日 13:13
切ない話だね〜…今年もあと三ヶ月でおわりだよ!時間は誰の上をも平等に流れていくね…ハァ…せちがらい…
2. Posted by コモリ   2004年09月10日 17:25
そっか、あと3ヶ月なんやなぁ。
そろそろ赤の長袖買わんと。
3. Posted by エディズム   2004年09月10日 23:02
そこんとこ、こだわるのね…(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔