2004年09月21日

トモダチ

 先月のお盆、中学時代に仲のよかったメンバー4人で
 ひさびさに集まった。
 そのうち一人は、高校を卒業後、すぐに美容師として働き出し、
 今年の7月からは、京都に自分の店を持つことになったのだという。

 学生時代の彼は、勉強の成績こそからっきしだったが、
 なにか一つのことに打ち込むと、凄まじい力を発揮し、
 卓球にしろ、空手にしろ、全国大会のイイ線までいくほどの
 すばらしい実力を備えていた。

 これから実際に店を切り盛りしていくのは本当に大変だと思うが、
 彼の腕前や社交センスを持ってすれば、必ずうまくいくと思う。

 ところでみんなで集まるたび、いつも驚かされるのは、
 その彼の、飛び抜けたファッションセンスのよさである。
 あるときはスリムの、またあるときはダボダボの、
 彼でしかあり得ないような型のズボンをはき、
 それを実にさらりと上の服に合わせている。

 人はあまりにオシャレな人を見ると、ライバル意識なんてものは
 消え失せ、ただただ「今日はどんな服を着てくるのだろう?」と、
 そのモデルさんを鑑賞してみたい気持ちになるものらしい。
 もし僕が彼の恋人なら、それだけでも毎日ときめき続けて
 いられる気がする(あくまで、気がする)。

 ちなみに彼とは、小学校時代からの付き合いだが、作文の授業にしても、
 図工の製作にしても、お互いにやたらと張り合う場面が多かった。
 中学を卒業するまで、タレント本の読み比べなどもしていたが、
 僕が、いまこんなホームページを開いているんだと話したら、
 「オマエらしいな」といって、とても興味深げに耳を傾けてくれた。

 その後、店を出てカラオケに行ったら、終盤に彼がケツメイシの
 「トモダチ」を歌ったので、思わずジーンときた。

 「ずっと友だち だが時は経ち……」

 出会ってから、一緒に遊んだりしていた記憶が浮かんでは消え、
 すこし切ない気もしたが、感傷にひたってる場合じゃない、
 僕も負けていられない、と自分自身に言い聞かせた。
 お互い別々の場所で暮らしていたが、やっぱり同じ歌を
 聴いていたことが、うれしかった。


日記・ブログランキング
↑応援よろしくお願いします!

ekomo at 02:20│Comments(2)TrackBack(0)知人・友人 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by エディズム   2004年09月23日 00:24
ジーンとした〜こもさんはホンマに人が好きですね(ノ^^)八(^^ )ノ
エリツィンの結婚式の余韻にひたってたのでタイムリーな話題でした。明日も頑張ろ〜☆恐怖の鍵当番で五時半に起きなあかん…もう一生寝てたい、朝御飯食べてゆっくり用意してたら出かけるまでになぜかきっちり二時間かかるねんな〜…
2. Posted by コモリ   2004年09月23日 05:10
ま、こっちもコレ書いている時点で、
感傷にひたってるんやけどね。友達ネタは、力入るわ。
朝二時間はかけすぎやろ〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔