November 2006

November 30, 2006

今年も結局人と共に

もう12月を迎えようとしてます。今年もあと僅か。色々あった一年だった。ホント・・・。来年は色んな事が変わる。得たもの、失ったもの、全て学んで次に行こう。

昨日はいつもやってる練習会。皆一生懸命踊ってた。美しい風景。

最近ふと思いました。将来子供が出来たら勉強やスポーツやらの点数や記録等、目に見えるところだけできる子供を褒める親にはなりたくない。もっと大事なものを見つけて伸ばしてあげたい、なんて。



el05181 at 11:04|この記事のURLComments(4)

November 26, 2006

THEO

本日はYELLOWにて僕らのアイドル THEO PARRISH がDJです。がしかし明日が朝7:58の新幹線で大阪なので諦めました。
こんな日に限って「今日THEO行きますよ」なんてTELが何件かかかったり・・・。

悔しかったのでTHEOのアナログ買ってみました。「Faling up」。最高ですよ。でさっきSuthoomに教えようとしたら同じの買ってました・・・。

さて明日はディライト大阪。明日はジャッジもするので熱いダンスに期待大です。僕らもハッスルします。THEO行けなかった分取り戻そ。



el05181 at 02:01|この記事のURLComments(3)

November 24, 2006

仲間作り

ダンスの祭典(採点でもある)「ダンスディライト」の東京大会でした。
僕らはゲストでの参加でしたがコンテストの方もほぼ全部見てみました。

結果は審査員の方々が決められたのでもちろん良いと思いますが僕なりのいいチームもあったわけで。
僕は賞に入らなかったチームでいうと「みどりがめ」と「168」はかなり踊ってたと思う。普通に入ったかと。

しかしながらやはり様々な方向、考え方がある。その目指す方向に突き抜けた人達が結果を残すのがコンテスト。間違いは結局のところ何も無い。

この場所は異種格闘技的なダンス祭り。自分の価値を皆に見せて共感してもらえるか試す。だからこそ等身大でやらなきゃ意味ないと思う。

ここでの結果や手応えを糧に自分のフィールドでの活動をしていく。これが大事だと思う。コンテストで勝つ事ばかり考えると勝った後やることなくなっちゃうしね。

今日は僕らもゲストとして踊りました。皆がどう思ったか解らないけどまた仲間が増えた気がした。そう、等身大の僕らを見せたから。いつも通りが好きですね。












el05181 at 00:39|この記事のURLComments(7)

November 20, 2006

いつもの場所

今日は異常な寒さだった。昨年もちょうど今くらいからだった。

全身の体が痛い。風邪のひきかけにも関わらず昨日のsambalismで踊りまくってしまった。一回一回の皆のダンスに大笑いした。あんな楽しい時間はなかなか無い。
1時間ぐらい途切れず間髪入れずに踊ってた。あの出てくるタイミングは絶妙だね。

大人B-BOY「SIETE」の二人がカッコよく女の子達が面白がって皆フロアに手を付いてフットワークをしてたのが何とも面白く。
ジャッキングも皆いけるもんだね。大笑いしながらも何気に勉強になった。爆発してて凄かった。

ANGOLA TOKYOのTAKA君が来週から約半年BRASILへ。またここへ戻ってきてくれるという事なのでお互い成長しつつも何も変わらないいつも通りの雰囲気に安心できるようこの場所を守っていこうと思う。行ってらっしゃい。






el05181 at 01:38|この記事のURLComments(4)

November 16, 2006

FRESH!!

3fffc494.jpg






昨日いつもの様に「bottle cafe」に行くと何かいつもと少し違う居心地の良さがあった。
よく見ると外においてあったグリーンやディスプレイの配置等が少し変わっていた。店内にも今まで使ってなかった工業用の什器を転がしてその上にロウソクが置いていた。倉庫の奥に眠っていたトナカイのオブジェも入り口に。

昨日は水曜恒例のハウスの練習会。ハウスといいつつ昨日はFUNKをかけてロック、ポップばかりやって遊んでました。かなり無茶苦茶な動きで最後は何踊りか分からなくなってましたが・・・。しかしその後ハウスに戻したのですがいい感じ。楽しいんです。

日々のちょっとした刺激や遊び心は大事ですね。商売に関しては以前何かの本に載っていたのですが、「商い」とは「飽きない」が重要。ただの駄洒落っぽいけど納得する部分もあるなと。それはお店にとってもお客さんにとっても。ダンスも近いと思う。ちょっとした事での新鮮さは自分の中に沢山眠っているはず。ステップも物置からたまに引っ張り出してそれっぽく飾ってみましょ。今だったらいいかも。

el05181 at 09:24|この記事のURLComments(3)

November 13, 2006

暖かい北海道

3b655f93.jpg







北海道SYMBOL-ISMショー行ってきました。濃厚な二日間。

まず行きの飛行機、Suthoomさんが寝ている、とここまではいいのだが、僕の肩に寄りかかって寝てる、、気持ち悪。しかし起こすのも何なんでそのままに。しかしながら更に体重がかかって来たので少しずらそうかと思ったら起きてしまい、寝ぼけ眼で僕を見ながら何度もうなずいてました。どういう事なのでしょうか。

到着したらなんと北海道初雪。そして市場で海鮮丼。早くも満喫。

お昼からワークショップ。皆真剣に受けてくれて良かった。有難う。

そして夜はショー。久しぶりの二人。勿論ですが真剣に踊りました。
率直に物凄く楽しかった。お客さんにもそれが伝わってたような気がした。あくまで 気がした、ではありますが。

終わったあとは色んな人が話しかけてくれて真剣にダンスの話、馬鹿な話に花を咲かせ、皆で乾杯。たまたま別の仕事で来てたALMAのHIRO君にもテキーラ飲ませ、僕らも皆に飲ませられ、慣れないウエッサイなHIPHOPで踊りまくり、潰れていきました・・・。ホント楽しかった。

またまた色んなものを得ました。
やはりダンスは凄く人間的ないいものだと思いました。行って良かった。有難う。



el05181 at 22:09|この記事のURLComments(0)

November 11, 2006

目の前の事、その先の事

fb595442.jpg







明日は札幌へSYMBOL-ISMで行きます。
明日を皮切りに年末までほぼ毎週末色んなところでショーをする。
あまり毎週のようにはショーをしてない僕にとって今年末はかなり多いショーの数。
こちら側からすると数あるうちの一回のショー、しかし見る人にとっては一度きり。伝えられるもの、共感してもらえる事を念頭に一生懸命踊ります。

そして年末の「Sun*nova」。昨日は映像、生音サイドの打ち合わせ。皆実力あるメンバーだから面白い。普段は主に音楽からインスピレーションを受けてショーを組み立てるが、そこに映像やミュージシャンの意思が加わると勿論また新たなものが生まれる。ジャンルとして括られてないものは所謂ダンス層には難しい解釈になるかもしれないけどそういう面白さ、つまりはオンリーワン的な表現が結局一番大事だという事を伝えたい。

来年の計画も始まって気持ちだけはもう2007年春にいます。今やってる事はそれくらいに反映され今反映されている事はかなり前に取り組んだ事だったり。そんな事ばかりなのでどんどん歳とっちゃいますね、楽しいのでいいのですが。

el05181 at 10:51|この記事のURLComments(2)

November 08, 2006

enjoy play

現在SYMBOL-ISM + CLOCK EYED CANVAS は新たなショーを作っているのですが良く考えたらdelight、つまりコンテスト以外でガッチリ振りを作るのは初めてだなと。(軽いショーはあったが・・・て軽いって何だ?)
コンテストもショーも同じと言えば同じなのですが、そうは言っても時間規制も特になく、やはりリラックスできてる。リラックスとはいいものです。遊びの中から生まれる踊りは理屈抜きに楽しい。音楽とそこにいる人とが一緒になれます。
この雰囲気を何とかステージに持ち込めるよう頑張ります、いや持ち込めるよう頑張りません。

自分はダンスや音楽が好きすぎて気持ちよくなって嫌な事とかあっても全部忘れてしまう。ダンスって凄いよ。

あ、そうそう、大したことではないのですが最近ふらっとクラブに遊びに行くんです。色んな箱に行くと同じ曲でも違う音が聞こえてきます。行くだけで動きや発想が増えると思う。お酒飲んだり人と喋ったりそんな中ふといい曲が聞こえてきたり、とやはり単純に楽しいです。20代前半の頃は好きな音楽がかかるクラブに毎週のように通っていたのですが(ちなみにその頃はJAZZ、BRASILを聴いていて青山BLUEやFai、新宿OTOに行ってた)最近はそんな遊びが年々少なくなってた。クラブに行くだけでダンスがカッコよくなるとは決して言い難いがストイックモードのみも物足りないと最近つくづく思う。ダンスは遊びって言うのはどうかと思うけど、自分自身が無茶苦茶楽しむって事はやはり好きかな。

el05181 at 18:48|この記事のURLComments(4)

November 07, 2006

サークル

最近いいサークルの発生率が増えてきた。先日のsambalism、I.T.Tやワークルでの練習会。この上なく嬉しい事です。

ショーやショーバトルは多くの人に伝えられる大事な場です。それは重々承知ですが、サークルで伝えられるダンサーはやはり素晴らしいなと。もちろん素晴らしいダンサーはショーにもそれが出ているのは間違いないのですが。
サークルは本当の意味で真価が問われると思う。その瞬間の音楽、空気をその場にいる皆と分かち合い精一杯自分の意見を叫び会話する。会話が成立するかどうかは僕が考えるいいダンサーの条件として一番重要なこと。

最近僕の周りでも何とか伝えようとするダンサーがほんの少しだけど増えてきた。技術は努力していけば後で必ず付く。なので気持ちで音楽を聴いて欲しい。
そうすれば3年後、5年後は皆にとってとても楽しい環境が出来ている気がしています。

el05181 at 00:45|この記事のURLComments(0)

November 01, 2006

止まらない男

先日久しぶりにTAPダンサーのSUJIさんに会った。
気が合う熱苦しいダンサーがあまりいない中この人は僕が少し引くくらい熱い。
この日も渋谷の道端に板一枚置いてタップシューズを履き一時間半くらいパフォーマンスしていた。猛烈なパワーで。

この男はいつまで突っ走るんだろう・・・。

現状に満足せず様々な事に疑問を持ち、自分の手法、生き方を探す。この人と出会った21歳。会ったばかりの時からお互いそんな話ばかりしていた。

先日も結局8時間くらい語りっぱなし。後で考えたら「気持ち悪」って思うくらい長いけど真剣にやってる事ってこれくらい語ったぐらいでは収まらないものです。

また色々学びました。SUJIさん、有難う御座いました。

el05181 at 14:28|この記事のURLComments(3)