December 2011

December 28, 2011

Theo Parrish doing the ODB verse on 'Protect Ya Neck' live


セオがウータンのライブでRAP。最高だね。



December 27, 2011

80年代

散歩がてら久々代官山へ行きました。
最近できたらしい大人のTSUTAYA、T-SITE。本屋がかなり充実していて楽しかったです。
本を積み上げたバーカウンターがナイスなラウンジには昔の雑誌が並んでいて読み応え十分でした。
とても気持ちいい開放的なスペース。また近いうちにゆっくり本を漁ろうかと思います。

そういえば最近YOUTUBEで見つけた80年代のCHINOさん。
自分がCHINOさんを認識したのはちゃんねるず時代で、その頃はB-BOYだって事も知らずに。まあ絶対にやっていないと出来るはずがないハイクオリティ過ぎるドリルやトラックスを繰リ出しまくっていたので知ったときは全く不思議ではなかったですが。
にしても80年代でこの完成度。凄いとは思っていましたが自分がダンスにも全く触れていない小学生だった80年代に既にこんなだったとは、、今更ながら吃驚です。







December 21, 2011

文脈


今週金曜、明後日か、modiでDJします。
忘年会的な?年末なんで全てそんな感じでしょうか。

最近は70、80年代ダンスクラシックをまた聴き漁っています。
この時代のハウスは、というかラリーの選曲は本当に自由で、且つ芯があって本当に面白い、驚かされる。
ロックでもジャズでも何でも消化してしまう。自分も好きなTHEOもそうだし、勿論その他にも素晴らしいDJも素晴らしいダンサーもその人自身の解釈のそれがある。まあもっと広げていくともちろん全てに関してそう言える事は言うまでもなく。

例えばターンテーブルの使い方を変えたり、例えばロックという音楽のかけ方を変えたり、例えばラルフの着こなしを変えたり、例えばタップのステップのタイミングを変えたり、、というようなことをストリート・クラブカルチャーは生み出してきた。元々スクラッチさせるために、元々ハウス文脈としてかけるために、元々黒人にオーバーサイズで着てもらうために、元々ストリートダンスで踊るために、創造されたものではなく。
そういう作者の意図と外れた使い方、遊び方の発見、サンプリング的なカルチャーは大事な、というか面白いストリートの流儀の一要素だと思いますね。











December 19, 2011

ROCK!


昨年からPV、コンサートとダンサーお手伝いをさせて頂いている矢沢永吉さんワーク。
最近の武道館通勤も本日でラスト。

昨日も武道館終わってからコノサーへ。この規模の違い!
しかしながら両方とも熱いって事は共通。STEREOCiTI氏カッコよかった。
皆のダンスも。共にROCKですね!

今年も色々楽しかった。さよなら武道館、また来年。


画像 018




December 16, 2011

・・・・・




December 15, 2011

Atmosphere


Didier × Kyle Hall at Atmosphere。
デトロイトでもKyle呼ぶあたりが渋いね。一足先にやられた感。
TWITTERにKyle本人が「Didier firmin is KILLA DJ !!!!」みたいなこと呟いてた。
ダンサーとディープミュージックの架け橋。ナイスワーク!!!!!




December 13, 2011

今週末


土曜の2クラスですが、今週も代講です。申し訳ないです。

来年少し仕事が落ち着いたら水曜にハウスのクラス増やそうと思っています。
ただ内容を上級でやろうかなと。
上級というのは単に難しいという意味だけではなく、ルーティーンを組むとき、即興で
踊るときなどで自分が心がけている事や、ステップや技も後々それぞれが個性を出して拡張していける
ような「原型」となる動き(まあそれを基礎と言うのかな)など、とにかく濃くダンスをしたい
少数派に向けてやってみようかと思っています。
毎回最後にサークルもやりたいな。今の時代にはあまり無い?ちょっと厳しい内容を。
まだいつから始めるか決めていませんが、この時間は本気でやりたい人に来てほしいです。
(て土曜も本気でやっていますが、もう少しハードというか、、)

あ、あと今週日曜はコノサーです。
代々木では唯一のダンスミュージックオンリー、ノーショーのフロアパーティー。
勿論飲んだり喋ったり、カレー食べたり、(千秋君のカレーがホント美味い!)
個々の楽しみ方で当たり前ですが良いのだけど、皆で楽しくも少しピリッとした大人のサークルが
自然発生で楽しめたら結果楽しいんじゃないかなと思ってやっています。
ダンスを純粋に好きな皆で協力してこういうシーンを更に発展させていきたいなと最近また強く思う。

自分は音楽も空間も絵でも何でも好きだけど、やはりダンスは根本にあるので、そこを好きな皆で
灯を消さないように、当たり前の日常を見過ごさないようにお互いにサポートし合っていきたい。
ダンス好きな人はもっとダンスが熱く楽しくできる環境を共に創っていこう。

コノサーはパリ帰りのMAKKIもいるはず。O TRIPあたりとサイファーやってるかな。




CONNOISSEUR #10

2011.12.18 (sun)

open 18:00
close 24:00

entrance:
adv 1,500yen / 1d
door 2,000yen / 1d

guest dj
STEREOCiTI (Mojuba)

dj’s
もんだいがい (ホワーン)
Suthoom (SYMBOL-ISM / 白熊)
宏獅 (livin-room’production)
KANA (GZM)

live art
BIGEON (PHONO GRAPH)

food
千秋CURRY (SENKEI NIGHT)

DJ STEREOCiTI (Mojuba)








December 12, 2011

90's

大阪に行っていました。大阪城はじめて見ました。夜の大阪城は格段に綺麗で、そっちに気を取られ月食見ませんでした。

金曜は夜中はフラッとHOOK UPへ。90's RAPなるお題で盛り上がってましたね。実際懐かしいのばかりで
心踊りましたね。まあ酔っ払っていたのでなんでも楽しかったのですが。

90年代は確かにHIPHOP、HOUSEの大盛り上がり時代ですね。特に初期は。
LAからNYへと注目度が移行して音も踊りもスムースになり、ファッションもスタイリッシュさに磨きがかかり。

自分がダンス始めたのが確か92年なんですが、自分は大分出身で当時情報が全く無かったので、
多分80年代後期あたりの踊りを1年間くらい何も解らずひたすらやってました。いわゆるホーシング、
ソウルブラザーズの踊りとかブレイキングでもひたすらパワームーヴ。なので90'sの踊りや音、
ファッションを知ったときは衝撃でした。クロスカラーズがゲスやジルボーに変わり、
ユーイングがイエローヌバックへ、音がDEFJEFからトライブへと移行。
ブレイキングでもブレイカーと言わずB-BOYと呼び、ヘルメットは被らず、一回のムーブにノースピンでフリーズが何度も入るケンに衝撃。まあこれはかなり初期すぎる90'sですが。

90年代は自分の中で若い青春だったから美化するわけでなく、今現在検証しなおしてもストリートダンスの純度を保ちつつ進化させた年代だなと思います。あの時代に関わっていた人達はハイセンスだとも思う。極めて抽象的な表現が開花した瞬間だったと思う。

気付けば2010年代ですよ。もはや90年なんて20年前。今となってはあのときの音やファッションそのもの自体が問題ではない。(勿論今見ても聞いてもかっこいいのだが)
現代ではあの時代の何が熱狂させたのか、何が革新的だったのか、何は継承すべきで何は実際関係なかったのか、を自己解釈するところに興味が沸く。
色んなジャンル、色んな時代の見習うべき要素を学び抽出し、今現在を生きている踊りをしたい。

ちなみに肝心のHOOK UPは酔っ払いすぎて眠くなったので直ぐに帰ってしまいました。スタッフの皆さん、挨拶できずにすみません。

96年 RUBBERBAND & PRANCER 素晴らしい。


December 06, 2011

EDIT

今週土曜のクラスは2レッスンとも代講になります。
で、金曜のSYMBOL-ISMクラスの忘年会も行けません。申し訳ないです。また個々に乾杯しましょう。
今週後半は大阪へ。

そういえばティミーがFELA KUTI EDITみたいなのを出していた。
自分はFELA KUTIを長い間好んで聞いているので、オリジナル以外はあまり、、けど一応、と思って聞いたら何だかんだで上がった!
オリジナルの良さを消さずの相乗効果。ティミーはFELAの事ホント好きなんだろうなと。

オリジナルのYELLOW FEVER。


14年くらい前。自分が二十歳くらい。まだハウスとかには浸かってなくて
レアグルーヴとか掘ってる流れで行き着いた。聴いた瞬間身震いしましたね。
それくらいの時にちょうど息子のFEMIがBLUE NOTEでライブするっていうので見に行って。
女性ダンサー大勢引き連れて出てきて踊りまくってて、圧倒されました。
その前夜祭かなんかが青山のFaiであってその時DJが皆FELA、アフロビートだけのセット。
その時DJブース行きまくってジャケットチェックして次の日レコ屋行ったのを覚えてます。
TONNY ALLENのALLIYAとかFELAのCROSS EXAMINATION等の隠れダンスミュージック(個人的に)はその日に知った。確かDJはHASEGAWA KENJIさんだった気がします。



とまあ昔話でした。TIMMIYはTOWER RECORDで視聴したのですが、その隣にあったTHEOのUgly editも流石の内容。
二人とも今月ELEVEN来るからか。
こういうピュアな音楽やダンスを皆で楽しめるように自分も出来ることを頑張ろう。




December 02, 2011

約2年振り

またブログを始めてみようかと思い、来年2012年に向けて。
2012年は久々活動的な年にしよう!と考えているので。まあ勿論マイペースにですが。

気付けば2011年末。代々木でスタジオワークル始めたのが2003年末なんでもう8年。
あの当時26歳、若い。。
相変わらずな部分と変わっていかなくてはいけない部分、両方を出来る限り理解して1歩1歩確実に
9年目に突入したいと思います。

ED最近リリース。このダサかっこよさ。


12月今年最後のコノサーは18日ANCEで。DJはベテランStereociti氏。
co_omote


Stereocitiさんは青山はManiacloveで回していたらしい。自分も22,3歳の頃、水曜日ですが遊びに行ってた。ハウスダンサー沢山いた記憶。
sciti_moved


最近ソロ。音源はFRED P。少し長めに踊れる機会は楽しいです。