Ayumundiary

〜歌は人なり、人は歌なり〜 /矢幅歩

アドレスもパスワードも分からなく長らく放置してしまいました。偶然ログイン出来たので、ついでに最近の活動のこと書いてみます。

まだ始動から数年のシティポップ、いやオルタナティブポップバンド、"tozambu" は、2020/6/26、ようやく「1か月1配信&1MVプロジェクト」の10コ目の新曲リリースしました。あらゆるアプリで配信やストリーミングの対応はして貰えてますが、何よりもまずは気軽なYouTubeですよね。良かったら見てあげて下さい。

TRANSWORLD
https://youtu.be/FmGbt9rerUg

コロナ禍によってやむなく仕事を全て失ったタイミングでの作詞でした。再び生きる意味を探したり、再確認するようような人も多かったんじゃないかなと思います。

バンドで何度もミーティングしてきていました。ここは節目なので、青空が見えるような、フェスのステージに映えるような曲にしようと。そしてリーダーが最高の素材を用意してくれたのです。

さて、作詞。自粛に置かれた状況を無視するわけには行きませんでした。誰もが何かを得ようと必死で仕事を頑張るわけだけど、始めて10年も20年も続ければ、きっと初めの頃に求めてたものの内のいくつかは皆既に手に入れているはずです。叶えた夢をまた探すような循環、"もっと"を欲する世の中のジレンマから解き放たれたようなイメージを、僕はこの時期に感じてしまいました。何かがおかしい世の中を、コロナが、誰かがリセットしてくれるんじゃないか、そんな他力本願な思いもありました。それがどうだったかなんてことは後で振り返らなければ分からないことですが、どうであれ自分は自分の手で前に進まなければ、、心が病んでゆくのを感じました。お金や収入は当然大事だけど、最も重要なことではありません。何も無くなった時に、自分が自分の足で歩いて手にする何かしら、作品、繋がり、言葉、生き様、なんでも良いのですが、それこそが、自分の心の1番の栄養であり、生きる証なんだと改めて感じています。

もしかしたら暇してると思われていたかもしれませんが、自粛期間の中盤からはライブは無くても皆制作などで大忙し。気づけば周りの仲間も皆バタバタしてるようで、結局スケジューリングが大変になっていました。

TRANSWORLDは造語でして、"世界を超えて"というような意味で作ってみました。自分達は未だ人類未踏の地にいるのです。手を取り合えば、自分達の足で、目の前の世界を簡単に飛び越えてゆける。自分が知らなかった道でも、怖がらずにどんどん進めば良い。毎日が新しい旅。毎日がこれからの人生の最初の日。見たことがない世界を見に行こう。そんな気持ちで書きました。

久々なので、長々と歌詞の裏にあった想いを少し書いてみました。こごまで読んでくれたアナタ!乱文お恥ずかしいですが、大感謝です。有難うございました。


TRANSWORLD


見ようとするだけ伸びてく 

空はまるでほら

追いかけてみるだけ逃げてく 

風が見せた幻


何もかも 手に入れたはずが

今は何もない

誰もかも もう叶えていた夢を

まだ見ていた


飛び出したままに

まだ振り返らずに

Let it fly,  let it fly,  let it fly

今日始まる旅

繋いだ手の未来

変わらぬ  One Love  胸に

Could there be no limit?  踏み出せ


We'll make it go 'round

(Make the world go around and around and...

Move the world around and around and...)


We'll make it go 'round

(Feel the earth move under our feet

Feel the earth move when you near me)


飛び出したままに

まだ振り返らずに

Let it fly,  let it fly,  let it fly

今日始まる旅

繋いだ手の未来

変わらぬ  One Love  胸に

Could there be no limit?  踏み出せ


We're never too far

(Let it fly,  let it fly,  let it fly

今日始まる旅

Let it fly,  let it fly,  let it fly)



先に続くはずの道が

いつの間にか消えていた

誰もかも確かめてきた意味を

また探してる


受け止めた分だけ

全てを糧にして

前に 前に 前に

夜空の果てまで

見たことない場所へ

変わらぬ  One Love  奏で

Could there be no limit?  踏み出せ


We'll make it go 'round

(Make the world go around and around and...)

(Move the world around and around and...)


We'll make it go 'round

(Feel the earth move under our feet)

(Feel the earth move when you near me)


受け止めた分だけ

全てを糧にして

前に 前に 前に

夜空の果てまで

見たことない場所へ

変わらぬ  One Love  奏で

Could there be no limit?  踏み出せ


We're never too far

(Let it fly,  let it fly,  let it fly

今日始まる旅

Let it fly,  let it fly,  let it fly)


We'll make it go 'round

(Let it fly,  let it fly,  let it fly

夜空の果てまで)

Ah hah We make it go 'round

(Let it fly,  let it fly,  let it fly)


飛び出したままに

まだ振り返らずに

前に 前に 前に

夜空の果てまで



FullSizeRender


IMG_4153


IMG_4156


IMG_4145

IMG_4146

IMG_4164

FullSizeRender


IMG_4078


IMG_4071

IMG_4124

FullSizeRender










10ヶ月で10本PVを作るtozambuプロジェクト。

Assumption のPVが1つ目でした。歌詞が知りたいというリクエストあったので、せっかくなので歌詞を記録しておきたいと思います。ちなみにAssumption は仮定というのが一般的な意味だけど、横取りという隠れた意味もあります。彼氏がいる彼女なのになぜか俺の自主席に座ってドライブしてる、そんな風景をイメージして、英語をふんだんに織り交ぜてライミングをしながら、ちょっとチャラいノリで、首都高走りながら書きためました。曲はオガチンが既に作っていたデモを大幅に変えて、2人で話しながら一緒に作りました。プロジェクトの始まり曲としてもだけど、個人的にとても思い入れがある楽曲です。ミックスもマスタリングも何度やり直したことか。こだわりにこだわったサウンドなのです。だから、是非聴いて貰いたいです。


Assumption 

https://youtu.be/zijEwhMddH4


Assumption / tozambu


※  今でもまだ  I can love you better

誰より傍にいたいから

今だけなら  流れのまま

秘密で  Let me hear your secrets

つづく道は  Loving you forever

君も一緒にいたいなら

明日もまた  気が向くまま

聴かせてよ Doing the sexy, doing the sexy thing


2人だけの Driving streets

教えてよ Why you're next to me

気まぐれでも Let me hear it

どこへゆくの Oh midnight breeze


星が瞬く  視線流れるほど

鼓動波打つ  香り近づくほど

夜が欺く  その電話鳴るほど

ふたり  距離が縮むほど


聴かせてよ Doing the sexy...


誰も知らない River Side

まだまだ帰したくない

2番目でもいいから

いつかは You'll be on my side

(We seem to harmonize)



Something about you, something about an assumption of something

Something about you, I can't do without it, something about your move

Something about you, something about an assumption of something

Something about you, I can't get enough of you

Something about you, something about an assumption of something

Something about you, I can't do without it, something about your move

Something about you, something about an assumption of something

Something about you, I can't get enough of you


聴かせてよ  Doing the sexy...


欲しいものは  君の言葉

ためらい隠せない隙間

願いはただ  心のまま

試しに Let me share your secrets

つづく道は  Kissing you forever

君も一緒にいたいなら

明日もまた  気が向くまま

見つめてよ Doing the sexy, doing the sexy thing


https://youtu.be/zijEwhMddH4


FullSizeRender


tozambu。トザンブと読みます。”踊れるアダルトなサウンド”をコンセプトに2017年に結成。 5人組オルタナティブ・ポップバンド。


大学時代からの20年来の友人でベーシストのOgachingに誘われて2年前に結成したシティポップなバンド、情報解禁です!


tozambu website  https://www.tozambu.com/

Vocal/Ayumu  Guitar/Sho  Keyboard/Takeru  Bass/Ogaching  Drums/Sohei


今まで某プロジェクトなどと投稿してきましたが、ようやくどんな音楽なのか分かって貰いやすい状況が整ってきたということでして。

今は毎月1曲MVを作成するプロジェクトの真っ只中。先月に7曲目の配信、4つのMV制作を終えたところです。どのアプリでも配信されてます。レーベルはKURAMAE RECORDSさん。


フェイスブックページも今日開設されました。

https://www.facebook.com/tozambu/

トザンブインスタグラム 

https://www.instagram.com/tozambu/?hl=ja


おかげさまでやりたかった音楽のひとつがやっと体現出来ています。是非是非聴いてみてください〜。


Assumtion のMV

https://youtu.be/zijEwhMddH4


Blind spot のMV

https://youtu.be/p2YiYrq6Nc0


VR のMV

https://youtu.be/MxsvulfFq4M


あいまいな理論 のMV

https://youtu.be/iFVFeviRMCA



FullSizeRender















ながらくIDもパスワードも分からなくなっていて更新出来ずにいたけど、今朝突然思い出してログイン。

ということで久々の更新。

光栄にも大和田慧さんと共に参加している永田ジョージ(p)&伊藤大輔(vo)主催のVocal Crossing20回目記念ツアーも無事終盤を迎えました。

このイベントの特色は何といっても選曲の幅の広さ、そしてやっぱりそれぞれのコラボレーションですね。毎日変化してくアンサンブルが楽しかった。大事な場面でつい吹いてしまい反省した時もありましたが、、、それもライブだなあ。と思って貰えたら嬉しい。


一昨日は中津川マジョリカ、昨日は神戸メゾンパタジェ、盛り上がりました。みなさまが真剣に聴き入る姿がとても印象的でした。共有できた時間に大感謝です。


明日は渋谷JZBで千秋楽。ソールドアウトとのことですが、キャンセル待ちの方も是非お願い致します。ご来場お待ちしています!


IMG_0484

IMG_0466
FullSizeRender
IMG_0455
IMG_0456
IMG_0448
IMG_0454
IMG_0402
IMG_0410

2018/8/29  本日発売です!10周年を迎えるギラ・ジルカ&矢幅歩のツインヴォーカルユニット、SOLO-DUOのNew albumがようやくリリースされました!

発売ライブも天王洲に新しく出来たKIWAに決まり、告知も始まりました。


■SOLO-DUO new album 

 “Twelve Letters” 8/29 発売&配信開始!


”TWELVE LETTERS”    SOLO-DUO


01. CAN’T HELP FALLING IN LOVE WITH YOU 

02. ラブ・ストーリーは突然に

03. MOONDANCE

04. DON’T LET ME BE MISUNDERSTOOD

05. ANSWER IS YOU(オリジナル新曲)

06. BESAME MUCHO

07. SUNRISE SUNSET

08. YOU ARE SO BEAUTIFUL

09. 君といつまでも

  1. MOODY’S MOOD
  2. ROSANNA
  3. 贈る言葉

IMG_8521


企画・制作・発売元 FAIRPLAY RECORDS

http://fairplay-records.com/solo-duo-twelve-letters/


RECORDING MEMBERS:

竹中俊二(Gt)Shunji Takenaka

秋田慎治(Pf, Keys)Shinji Akita

楠井五月(B)Satsuki Kusui

加納樹麻(Drs)Juasa Kanoh

ゲスト/ 中西俊博(violin) Toshihiro Nakanishi 

かわ島貴文(SAX) Takafumi Kawashima 

Lenny Castro (Perc)


◆iTunes:

https://itunes.apple.com/jp/album/twelve-letters/1431661272?ls=1&app=itunes


◆Apple Music:

https://itunes.apple.com/jp/album/twelve-letters/1431661272?ls=1


■SOLO DUO/Twelve Letters(mora配信)

通常:http://mora.jp/package/43000059/4544170183027/ 

ハイレゾ:http://mora.jp/package/43000059/4544170183027_F/ 


◆CDはこちらからも!

AMAZON http://amzn.asia/d/ewklP7o

TOWER RECORDS  https://tower.jp/item/4773668/TWELVE-LETTERS



発売ライブの詳細、ご予約はこちらをご覧ください!


【Twelve Letters 発売記念ライブ】


★11/29/2018 (Thu) 天王洲KIWA

※9/29から予約スタートです

開場18:45/開演19:30 

http://www.oasis-kiwa.com/schedule/view/374


【SOLO-DUO】

ギラ・ジルカ(vo) &矢幅歩(vo) 

Geila Zilkha & Ayumu Yahaba 

竹中俊二(Gt)

秋田慎治(Pf, Keys)

楠井五月(B)

加納樹麻(Drs)

ゲスト/ 中西俊博(violin)


TRAILER: https://youtu.be/09JgSaGWTng












SNSやってるとブログ更新がままならなくなるなぁと思い出しては忘れながら、もう二か月経ってしまいました。あっという間。

昨日と今日はSOLO-DUOのミーティング。純粋に良いことをしたいという仲間が集まり、ついに次なるプロジェクトへ始動です。献身し合える仲間がいるのは何よりの財産だなあと泣けて来ます。

自分に言い聞かせるような日記になりそうだけど、たまには書いてみます。

今年のテーマは、産むこと。

今年に入って色んなプロジェクトを進めてきています。どれか一つだって、次は無いくらいの集中力で取り組むわけだけど、それが6つ並行して動いているので、これはかつてない試練です。もう少し自分に計画力があったら良いのにと思うことは多々あるけど、何にせよ、嬉しい悲鳴とはこのこと。冷静に、かつ情熱を注いで、少しずつでも前進していきたいと思います。「自分がいる意味」を見つけ、表現することで様々なストーリーを共有したいのです。最終的には人の役に立ちたい。どのプロジェクトもジャンルも内容も違えども精神は同じだと感じています。発表するのが今から楽しみです。

産んだら育てること。これは多分来年のテーマ。ある意味、産むのは簡単。ただ、いつか作品が一人歩きして色んな人の生活に入っていき、少しでも気分を明るく出来るものになって欲しいと思うので、ちゃんと感じて、考えてあげて、自然な形で、全力で取り組まなければなりません。すぐに結果が見えるわけではない時間のかかる大変な作業だけど、その頃の自分が次に何を見ているだろうか、そんなことを考えるのは楽しいです。

今年に入ってからのライブイベントとしては、多くをジャズ・アカペラユニット 鱧人-HamojiN-が占めていた気がします。しばらく育てる次期にいました。歌うことで色んなご縁が魔法の様に繋がり、一本の線になり、またそれが枝分かれしていくのを目の当たりにするのは感動でした。2月頭に天草で 八神純子さん と2度も共演出来たこと、いまだに信じられません。純粋な音楽人に出会えた喜び、これもまた財産です。

鱧人では、メンバーにたくさんの刺激を貰い、知恵を持ち寄り、音響&制作チームのオアシスの力によって開花する。お客様全員に喜んでくれ貰える。このチームの「音楽を育てる」サイクルは改めて自分の音楽人生の答えを孕んだ動きだと言えました。例えばこのミラクルを続けることが夢であり答えなのです。ただ、鱧人は大きなステージが似合うユニットなので、もっとお酒を愉しむためにも、もっと音楽の純度を高め、より大きなステージを目指し、もっと世に知られる可能性を模索したいと思うところです。
今は鱧人も全国ツアーを終えたので、原点に帰り、産みの苦しみの時期にいます。
それにしても地元東京でのライブはやろうということで、6/13に予定を予定する予定でいますよ。作品はまだWijiNのみですが、もう作品持ってるという方も、グッズなら4種類あるので是非来て下さい!(笑)情報解禁は間近ですので、お楽しみに!

今日でもう3/1。これからの一か月に多くのチャンスを活かせるどうかの試練が詰まっている気がします。一体何から手をつけよう!てなってしまうので、とりあえず久々に腹筋から始めて、日本酒でも飲んでみようと思います。

IMG_5887


IMG_5909

IMG_5938

IMG_5935

IMG_5885

IMG_5822

IMG_5812

IMG_5808

FullSizeRender

IMG_5611

IMG_5603

IMG_5631

IMG_5569

IMG_5545

FullSizeRender

IMG_5454

IMG_5353

IMG_5337

IMG_5274

IMG_4687

FullSizeRender

IMG_4686

IMG_4689

FullSizeRender

IMG_5762

FullSizeRender

IMG_4573

IMG_4590

FullSizeRender

IMG_4507

FullSizeRender

IMG_4375

IMG_4310

IMG_4311

IMG_3724

IMG_3726

IMG_3489

IMG_3469

IMG_3461

IMG_3450

FullSizeRender

IMG_3440

IMG_3220













明けましておめでとうございます。久々のブログ更新です。

早いですね。つい先日、新年1つ目のライブが1/5に渋谷であるなんて告知も来年のことではしっくり来ないなーなんて言っていたのに、クリスマスなんてまだまだ先だなと思ってる間に、ハロウィンに近いライブは変装すべきか柄にもなく悩んでる内に、夏の鱧人ツアーは荷物が少なくて済むから気楽だなんて喜んでいたはずなのに、年内にはソロユニットのCDを出すイメージを春頃には抱いていたはずなのに、アソコの2枚目のCDを出す出すサギなMCをしてた3年間を振り返るようになってしまったことに危機感を感じるままに、ひそかに進めているバンドプロジェクトの準備にもう2年も費やしてる現実に少なからずとまどいながらも、ソロの作品をそろそろ残したい衝動に駆られたり駆られなかったりする程に、SOLO-DUOが2018年で調度結成10年になることを感慨深く話し合いながら次作を確実に視野に、自分の未熟さを認めながらも確実なる存在意義を横目に流し目に、自分みたいな人間がこの世に1人くらいいたって良いじゃないかなんて開き直る考えは拭えないままに尻目に、果てしない無い宇宙の広さは無限の可能性と普遍的な孤独のハーモニー、心のユニバーシティ、アンリミテッドな気持ちだけが真のエタニティ、過去から繋がり未来へ繋げていくことが生きる意味、思えば最近ますます友達がマタニティ、あっという間に新年が明けてしいました。

みなさま、今年も宜しくお願いします。
今年は全てやります。

image


↓新年1つ目はこちら↓
image








鱧人-HamojiN- 結成2周年記念ライブ
【釣り名JIN】
2017/11/27 Motion Blue Yokohama

画像の記録です。ステージフォト、ソロショットを主に撮って頂いたSatsukiさん、有難うございました。

万座温泉の初セッション
→真夜中の露天風呂でユニット名を命名
→タレントのラブリさんのサプライズ誕生日シークレットパーティーで初仕事
→レパートリー5曲のみをたずさえて香港でロングツアー
→初アルバム WijiN〜其の壱〜発売
→全国ツアー

皆の知恵と技と経験を持ち寄って常にベストを尽くせたことが財産です。決して気の抜けない濃すぎる内容の2年でした。

さて、鱧人の次は12月ツアーです。お待ちしています!

これからも鱧人のパートナーの音響チームオアシスと共に更なる飛躍をしていきたいと思いますので、ご期待下さい。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image











駆けつけた時にはもう息途絶えてしまっていたけど、まだ温かかった。手から温もりを感じた瞬間から込み上げてくるものがありました。そろそろだと分かってはいたけど、目の当たりにするとやっぱり理屈ではなかった。

もう1匹が悪さをすると家のどこかの隅っこで小さくなって代わりに謝っているかのような、賢くて優しい犬でした。

自分が名前をつけたものがこの世から去るのは初めて。マーレ。イタリア語で海という意味でした。13年間有難う。幸せだったと思いたい。

image

image








【WijiN〜其の壱〜】発売記念ツアー5月編を終えたところで、【鱧人、はじめました。】全国ツアー終了となりました。かなりタイトスケジュールの中、最大限にプロモーションの時間を作れたのも本当に有り難かったです。
色々な方々の助けを頂いて、おかげさまで思い残すことなく終えることが出来ました。
ハモジンくんは毎回寝てました。

香港ツアーから始まり、国内各ツアー、未熟さや工夫の余地を毎回省みながらも、まるでご褒美のような有意義な楽しさが常に上回るという不思議な日々でした。常識にとらわれないメンバーの人間力、音響チームの対応力に驚愕する瞬間がいくつもありました。凄い漢達です。

次回のツアーがいつになるかは分かりませんが、また更なる有意義なステージを目指したいと思います。躍進する鱧人ショウをまた是非観に来てください!

個人的には、とにかく、カイサンのヨーロッパからの帰りの便が無事に飛んでくれて良かった。。。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image












このページのトップヘ