→大きな写真で見る


大きな地図で見る

そういえば、これも高架下建築だった。元交通博物館だ。いまや鉄道博物館として大宮に移転してしまったわけだが、名高架下建築としていつまでも覚えていたいものである。

あまりにしっくりきていてここが高架下だということの意識が希薄だった。こなれた高架下利用であったことの証であろう。当たり前の幸せは、失ってからそれと気づくものである。大げさか。