◆あらすじ
聖守護者の闘戦記Ⅲ、最強状態の冥骸魔レギルラッゾ&獣魔ローガストをバトマス構成(バト・占い・天地・僧侶)で息も切れ切れなんとか撃破したエルコンであったが、バトの削りが18分41秒で9万ちょっとという悲しい事実が発覚してしまう。つらたん…(´・ω・`)

やはり聖守護者ⅢにおいてバトマスはDPSを出せないお荷物なのか!?
3
そんな疑念を打ち砕くべく、バトルマスターの誇りと威信を賭けて再び立ち上がったエルコンは、
連戦の疲れからか、不幸にも黒塗りの高級ドルボードに追突してしまう。パーティメンバーをかばい全ての責任を負ったエルコンに対して、ドルボの主、暴力団員谷岡が言い渡した示談の条件とは…。

ということで、前回の記事の続きです。


◆前回からの改善ポイント
*Aペチ→はやぶさ斬りへの変更
攻撃速度を意識してAペチを使ってましたが、前回の検証で最も致命的だったのが、「敵の守備力やみかわし率が高すぎて会心以外でダメージが蓄積されない」という点でした。

そこで右手武器をローガストに特攻が乗る「天恵石のつるぎ」に持ち替え、メイン攻撃手段を「はやぶさ斬り」に切り替えることに。

*はやぶさ斬りのメリット
通常攻撃から特技に切り替えることで、死神ピアスと闘魂180スキルの「特技ダメージアップ」で合計35ポイントの固定ダメージが乗ります。

これが最低保証ダメージとして担保されるので、バイキルトが掛かりづらい環境で戦う際に非常に有意義だと感じました。

また、前回の検証のときに「CT技の使用回数」がそのままダメージ量に直結することが改めて確認できました。
Aペチと違い常に特技コマンドを開くはやぶさ斬りであれば、CTアイコンを視認しながら攻撃プランを立てることができます。

まじかよ強くねっ!?(ふつう)

*ギガスラッシュの採用
歴代シリーズの最強剣も、DQ10の世界では魔塔専用「ワロスラッシュ」の汚名を拝しているわけですが、バフに影響されない守備力無視の広範囲攻撃」という特性は、キラパン&天地&占いといった聖守護者メインアタッカーたちと共通しています。

難点は威力が低い点ですが、バトマスは二刀流の恩恵により他職の約1.7倍の威力を出すことが可能…!
場面を選べばちゃんとした武器になると考え、このギガスラッシュを要所に組み込んで戦ってみることにしました。

*まよけの鈴との決別
俺、決めたんだ…。まよけの鈴はもうつけないって…。お別れの花束を贈るよ。

これまでは壁成立を意識して「魔除け:バト占い天地/引き寄せ:僧侶」でやってましたが、
バトマスを「パワーチャーム」に変更しました。

バトは敵の近くに行かないと攻撃することができないので死亡リスクが高い職となりますが、裏を返せばバトの近くには高確率で敵がいるので、バトにタゲが向きやすくなることで、自然と2匹の位置がまとまりやすくなるはずです。

これにより範囲攻撃での巻き込み率がアップし、間接的にパーティ火力に貢献できるのではという狙いです。

ちなみに、引き寄せの鈴をつけたら壁が全く成立しなくなったのでダメでしたw

*パワーチャーム最強説
パワーチャーム=はやぶさ斬りや超はやぶさ斬りの会心時ダメージが20ポイント近く伸びる計算。
これはもう実質180スキルがもう1個付くようなモノだから、パワチャ片手剣バド強いですよww



◆バトマスチャレンジ目標ライン
上記の改善を加えて、ひたすらⅢに挑戦し続けます。今回のチャレンジでの目標は2つ。

①バトマスの総ダメージ量が10万3333を超えること
レギルラッゾ+ローガストの合計HPは31万以上と言われています。
これを僧侶を除く3人のアタッカーで削り切るわけですから、単純に考えてアタッカーとして3分の1を担うことができれば、最低限の責任を果たせるはず…!

②主流構成(天天占僧・天占占僧)に対抗できる討伐タイムを出すこと
たとえダメージ量が伸びても、戦闘時間が長くなってしまっては火力貢献したとは言えません。
極論ですが無限に時間を掛けていいなら、バトマスだけで31万ダメージを与えて倒すこともできるからです。

大事なのはそのダメージを与えるのに掛った時間、いわゆるDPSってやつですね。

男の価値を決めるのは、学歴の高さでも身長の高さでも年収の高さでもありません。DPSの高さこそが男の真の価値を決めるのです。

_人人人人人人人人人人人人人_
> DPSが高いとモテる! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

バト=お荷物&出荷枠とならないように、しっかりと高いDPSを出して、最低限テンプレ構成に迫るタイムは欲しいところです。

上記の2点を意識して、2日間に渡りⅢの日に挑み続けました。



◆自己ベストタイム更新!13分54秒86!
ひたすら挑戦を繰り返した結果、2日目の最後の”泣きの1飯”でついにその時は訪れたのでした。
3
自己ベストを一気に5分近く更新した、
13分54秒86

魚おおおおおおお!!やったぜ!!

これはテンプレ構成の第一線と比較しても遜色ない好タイムのはずです。

目標ラインの②はクリアしたと言っていいでしょう!


さて…問題はこの戦闘における「バトマスの火力貢献度」です。
果たして目標ライン①は達成できているのでしょうか…。

「出すもん出してもらわんと困りますなぁ(DPS的な意味で)」と、暴力団員の谷岡が悪魔の微笑みを浮かべます。

深夜で集中力が切れて特に立ち上がりでのミスが多くて、正直バトの立ち回りの感覚的にはイマイチだったんだよなぁ…という不安(言い訳)も浮かべつつ、いざ、実測…!!


◆調査方法
前回と同様、録画した動画でバトマスが与えたダメージの合計をひたすら数える。(ちからずく)

◆調査詳細
今回も行動別に分けて、ダメージデータ+その技に関する所感を書いていきます。


4
期待した通り、Aペチで多発していた「Miss」表記がほとんど出なくなり、会心が発生しなくても最低限のダメージは蓄積出来ました。
会心の発生率は28.3%ということで、会心運は良かったと思いますが、災禍時など肝心なところで会心が出なかったです。
バトマスは主にローガストの範囲攻撃を誘発しつつ合間に殴っていくのが役割となりますが、短モーションのおかげで差し込みはしやすかったように思います。



4
高守備力の敵を相手にする際に真価を発揮する優秀なCT技。前回この技の使用回数が極端に少なかったことが反省点でしたが、
今回はCT45秒に対して83.4秒に1回というペースでした。もう少し撃っておきたい気もしますなぁ…。



4
こちらも会心率を上げる強力なスキルですが、はやぶさ斬りに比べてややモーションが長いのがネックです。
超はやぶさ斬りもそうなのですが、ローガストの3回連続行動の合間に差し込もうとすると、かなり高い確率で次の行動を回避できずに返り討ちにされます。実際にそういうシーンが何度もありました。

ゆーえーにー!使い度どころが難しい!

狙うなら3回行動終了後に次の行動を起こすまでの切れ目ですかね。

そのあたりが徹底できていれば、会心率アップの効果を生かしてさらにダメージを稼ぐことが出来たかもしれません。

犬のターンを数えながら攻撃する」というのは重要スキルですね!



4
巻き込みが前提とはなりますが、聖守護者においてバトマスの最大打点となる範囲攻撃です。
CTも60秒と短めなこともあり、片手剣最強スキルに恥じない安定したダメージソースになってくれます。

あたし、こんなにギガブレイクのCTが貯まるのを待ち焦がれる日が来るなんて思わなかった…////

今回の討伐ではお見せできませんでしたが、チャレンジの過程では「バト必殺からのSHT災禍ギガブレイク」で、
犬骨のHPを合計1万ポイント以上削り取った脳汁ぶしゃああ案件がありました。
テンションブーストとの併用はリスクも大きいですが、狙ってみる価値ありか!?



4
二刀流バトルマスターの秘密兵器。

結論、大正解でした。

想像以上に広い8mの攻撃範囲がポイントで、使いどころとしては「シャドウウィスパー」を受けた直後

バトマスはローガストに密着して攻撃しなければいけない性質上、ウィスパーの回避が非常に困難です。
また、接近しなければ攻撃できない職業ですので、ウィスパーで「移動速度ダウン」状態になると、敵がはやぶさ斬りの攻撃範囲外に移動した場合にまったくダメージを出せなくなってしまうのです。
いっそ殺してくれと思いますが、ウィスパーのダメージ量が絶妙すぎて生殺しにされるんですよね。

そこで活躍するのが、自分を中心に360°の広い攻撃範囲を持つギガスラッシュです。

はやぶさ斬りが届かない距離からでも、ギガスラなら届く…!

”通常の間合いの外から飛ばせる攻撃” これがこの技の最大の利点だと思いました。
4

「鼻先でウィスパーを見たらギガスラ連打」くらいの感覚でやるといいかもです。


4
二刀流3連撃の巻き込みグランドクロスは強い(確信)
災禍の陣のCTが溜ってないときはこれを使いましょう。


4
間違えて押した。


◆調査結果
以上、13分54秒86で与えたバトマスの与ダメージ合計は…
9万9042ポイントでした!

ぐぬぬ…!3分の1割れてる…!!結構惜しいところまで行ってるのに…

一緒に行った天地さんと占い師さんのDPSが高すぎてダメージ比率で押し負けた感じですね。

ですが、前回は18分41秒で約9.1万ダメージだったの対して、今回は13分54秒で約9.9万ダメージなので、バト個人のDPSとしては「81.23/sec」から「118.63/sec」まで大幅に伸ばすことが出来ました。

動画を見返してみると、災禍の陣で会心を引けなかったりとか、立ち上がり凡ミスで乱れたりとかでまだまだ改善の余地はありそうな予感はしています。

▼動画リンクはこちら


◆まとめ
はい、ということで長くなってしまいましたが、大好きなバトマスで満足のいくタイムを出せたことを嬉しく思います。
1
最後にはなりますが、テンプレ構成から外れたイレギュラー構成にここまで付き合ってくれた、討伐メンバーを始めとした多くのフレンドたちに心からの感謝を。

難易度の高いバト構成でのお誘いを、何の躊躇もなく受けてくれるナイスなフレンズです。

ありがとうございました!


次は12分台まで連れてって!!


おしまい。

ドラゴンクエストXランキング