【妄想】実写版ドラゴンクエスト10~キャスト発表~

dq10logo


こんにちは!





先日ツイッターでこんなのを見かけました。


”テレビを見てたら、この二人を見て家族が「ジュリアンテとマリーン」って言うから笑ったw”
マリーンジュリアンテ

確かに雰囲気ありますねwww

ジュリアンテは鉄骨飲料もってきて!とかいうかはわかりませんが、なんか扇子もってジュリアナ東京のお立ち台で踊ってそうだしねw




んじゃ逆にマリーンが紫の冷蔵庫の人だとして、妖精図書館シリーズのリィンはどうなるのかなぁと考えてみました。
img_1_m

自分のイメージではこうでした。







koikeeiko

小池栄子はちょっと生意気で反論してきそうなところとか、おっぱいが大きいところがいいね。
あと、戦ったらちょっと強そうだし、全体的におっぱいが大きいですよね。

それを考えたら佐藤江梨子もキューティーハニーなんかやってましたし、おっぱいが大きいですよね!
男に振り回されそうなところがイメージに合いそう!っていう意見もありましたが、やはりおっぱいが大きいです。



どっちかというと俺は小池栄子かな!

ということで並べてみました。








マリーンジュリアンテ2

拾ってきた写真がたまたまですが、同じ紫色の服着ててワロタwww









こんな風に実写版を考えたら面白いのかなぁということでちょっとだけ考えてみたよ!



実写版のキャストを考える

冥王ネルゲル
ネルゲル3



ネルゲルといえばDQXプレイヤーが思い浮かべるのはこちら。
hujigeru
ふじげるさん。
開始当初のディレクターの藤沢仁さんです。
この人に似せて作ったのでは!という憶測も飛び交うくらいですが、自身も自覚してるのか冥王ネルゲルにコスプレしたことがありますねw







いやしかし、ダディの推すネルゲルはこの人。
北村

北村一輝
日本人離れした濃い顔、それででいてパッチリした力のある目、声や演技のキツさなどなど自分の理想にピッタリ!
ネルゲルお決まりのカッコイイセリフ、ぜひ吐き捨ててほしいところです。












続きまして

大魔王マデサゴーラ

madesa

芸術おじさん、クワガタのおっさんなど呼ばれながら今でも多くのプレイヤーに愛されるラスボス、彼の名は「大魔王マデサゴーラ」。
邪神の宮殿でもボスに抜擢され、己の美学を追及する姿は決してブレない。



マデサゴーラには、この人を推薦しておきます。

おおすぎれん

大杉漣

そう、ファイナルファンタジーと現実世界を舞台に親子の絆を表現し現在人気の「光のお父さん」役の大杉漣である。







大杉漣をあまり知らない人には「???」って感じかもしれませんが私にとって彼が悪役・ラスボスをするのはすごく普通に思えます。

なぜなら大杉漣は過去にこんな役にもキャスティングされています。


jigokutaisi

地獄大使
平成仮面ライダー10周年記念映画『劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』でキャスティングされたラスボスである。
ちなみに地獄大使は大杉漣、死神博士は石橋蓮司が演じており超ハマってた。




今、このタイミングで大杉蓮がマデサゴーラを演じたとしたら・・・




必然的にキャッチコピーが

「光のお父さん」から「闇の大魔王」へ!?

となり、話題性としては十分なものになるだろう。
実写版DQXを製作するにあたって興行収入を得るために、これは考えるべきキャスティングなのだ!












対する正義のヒロイン。

勇者姫アンルシア
anrusia1

兄の姿に翻弄され悩みながらも突き進んでいく気高く強いアンルシアだが、一方か弱い少女の部分も合わせ持つ、まごうことなき俺たちの勇者姫だ。

ストーリー部分では一緒に戦いながら成長してくれたりと本当に愛着のあるキャラクターの1人である。







さて、このアンルシアのキャストに選んだのは・・・






satomi

石原さとみ!!!


うおぉおおおおおおおおおおおおおおおお!!
さとみぃいいいいいいいいいいいいいいいい!!

思わず好きすぎていっぱい写真を貼ってしまったが許してください!
もうね、石原さとみですよ。

一緒に戦ってくれるし、こんな勇者姫だったらいいなぁ~(ポワワワワン
さとみが行方不明になったら竜族の世界でもなんでも探しに行きますよ。
エステラなんて目じゃねぇぜ!さっとっみっ!さっとっみっ!





もちろん!

アンルシア姫には楽しい機能が搭載されているのでそれも実写版には投影します。





それが
「アンルシアおめかし衣装」
です。



anrusia4

水着を着せたり・・・

anrusia3

うさぎの衣装を着せたり・・・







あとね、素晴らしいのが「石原さとみはぺったんこじゃない」ってところ。
アンルシアは敵に「胸無し」なんて罵倒されますが、結構脱いだらすごかったりするようなギャップ部分も非常にGOOD。

シーン的に、悠久の回廊は再現して、夏のビーチを取り入れておくのでアンルシアありきで撮影しましょう。











とかいろいろ遊んで書いちゃいましたが、みなさんも想像して遊んでみてはいかがでしょうか!

それではまた!


FF14オンライン体験版を遊んでます(FF14・FFⅩⅣ


こんにちは!

ここ最近まわりもFF14の話題が多くなってきて気になっていたので、フレンドさんの勧めもありファイナルファンタジー14オンライン体験版で始めてみました。


ドラマ「光のお父さん」も好調のようで、現在キャンペーンもあり、初心者さんが多く体験&課金しているようです!
この波に乗ってみようか。


体験版ですし、ドラクエ10はお休みしてはいないので、どっちもやりつつですよ~

レベル34までの体験版ですが気付いたことなんかを書いていこうと思います。
文章での紹介が多いとおもいますので雑記的に読んでいただければと思います。




体験版DLに4時間かかるとか

体験版は家にあるゲーム機で一番使っていないPS4版で行いました。
理由はHDに余裕があることと、サブ垢の画面にPS4をつないでいるからです。

ゲーム関係の私のスケジュール的に

7月中   ドラゴンクエストⅩ 3.5後期アップデート予定
7月21日 スプラトゥーン2(私はswitch同梱版を予約済) 発売日
7月29日 ドラゴンクエスト11 発売日


と7月になると目白押しで、上記以外の他ゲーをする暇がなくなるので6月だけのつもりです。

PS4で体験版をDLしたんですが容量が10GBを越えていて、DLに4時間ほどかかりました。。。
なんというボリュームですか。
まぁ体験版とはいえ、ほぼ全部のシステムを組み込んでいて体験版終了後スムーズにFF14の世界に飛び込めるようになっているのでしょうがないと言えばしょうがないですね。

さてやっとの思いでDL完了して開始。
キャラメイクで遊べるということもあって、まずはそこから。




やはり楽しいキャラメイク

「キャラメイクだけで1時間くらい遊べるよ!」
と言われつつ絶賛期待してやりましたが、自分の場合、意外に早かった・・・

結果15分でこうなりました↓

FF14

「ピンクのリーゼントスタイルに身を固めた槍持ちヤンキー」に仕上がりました。
出来れば声はもっと甲高くしたかった(設定には高い声は無かった)


ちなみに「ヒューラン/ハイランダー/槍術士」です。





あっと、ここで私の導入した周辺機器などを簡単に説明しておきます。

PS4>PS4純正デュアルショックコントローラー
PS4>エレコム ブルートゥースキーボード
PS4>エレコム ブルートゥースマウス


この3点です。


マウスとキーボードはあった方がいいですね。
こないだ周辺機器紹介の記事で触れたこれが欲しいところでもあります。
PS4keyboard

初めて入った時に会話もままならず・・・

なんとなく定型っぽいコマンドを見つけて発言。





「日本語は話せますか?」
と周囲に発言して超笑われました・・・
(自分もめっちゃ笑ったw)




急いでどこか家の中に余っていた、かすかな記憶を頼りにキーボードを探しました。デスクの中にあったw
マウスは次の日に安いものを購入。

PS4はブルートゥースで接続できるので機器は無線接続がいいですね。
オススメは自動オンオフ機能のついたものがオススメです。
常にマウスをいじったり、しゃべっているわけではないのでコントローラーを使っている時間が長い感じでした。




操作することすらままならない

ドラクエ10を長い事プレイしているのでハッキリ言ってFF14の操作は歩くこと以外何も出来ませんね(汗

いかにドラクエのインターフェースが分かりやすく出来ているか再認識出来ます。

まずはチュートリアルのようなクエストをこなして少しづつ動きを覚えて行きます。

平成世代には当然だと思うのですが昭和にはつらい、そう、
説明書なんてものはありません。



なんとなく動かしながらはじめて行きます。

これについて来れるか来れないか、今後のゲーム人生の死活問題になりかねない。。。
なので脳みそフル回転してプレイするので何かと疲れますねw

インターフェースの情報量やそれに伴う表示の細かさ、マップの使い方やコマンドの出し方など全く勝手が違います。




ドラクエはご存知のマルチウィンドでのコマンド選択システムで、今何を自分がしようとしているかを文字として読み取ることが出来るので非常に分かりやすいです。
しぐさやチャットに関してもドラクエの方がより単純で分かりやすいとも思いました。


FF14はたくさんのコマンドを瞬時に呼び出すための工夫がなされており、主にLRで切り替えて、L2R2のどれかを押しながら上下右左△〇×□の8つのボタンでさらに行動を選択する方法で複数のコマンドがすでに選択肢にある感じ。

DQXの感覚で言えば選択コマンドを選ぶ代わりに、そのコマンドに直接指令を出すボタンがすでに手元の任意のボタンに割り当てられている状態ですね。
これが進化するといわゆるキーボードなどに割り当てられたマクロってやつなんだと思います。





まぁ最初これに気付くまでに2日かかったんですけどねw




前にFFエクスプローラーズという3DSをやった時のことを思い出したんですが同じ仕様でした。
攻撃する際は例えば右側のR2を押しながら右ボタンを押すと、そこに配置されている技を繰り出すといった感じで敵を攻撃して行きます。

敵自体は矢印のようなマークでターゲット選択&決定していくので、ドラクエ10のシンボルエンカウントではなく、シームレスに戦闘が始まり別画面にはなりません。

3~4日目は適当に彷徨ってクエスト受注しながら世界観を楽しんでみました。





眼精疲労(老眼ではない

特に気に入ったのは槍術士ギルドクエストで、武道場みたいなところで少しづつ訓練を受けて行くような感じ、すごく好きでした。
途中、道場破りみたいな新キャラも出てきて伏線を張っていったり、槍を持つものの心得みたいなものも学べてすごく良かったです。

FF14の槍術をみると、とてもじゃないですがDQXの槍うんぬんは見れません。
そのくらい槍に対しての考え方が違うように見えます。
FF14では攻撃を休まずに相手を突き崩す術。
DQXでは使える職が超攻撃職ではないので半分半分みたいな感じだし。


FF14の槍は強い!って印象を受けました。




逆に最初の印象でよくなかった点は、何だか分からないが目が疲れるってことです。

私はDQXと比べていますが、インターフェースの表示が非常に細やかなので見る場所が多くかなり目が疲れました。
シームレス戦闘のせいか、たまに強い敵に絡まれることもあって森を歩いていてもあちこちをぐるぐると見てしまい、ちょっと疲れましたねw

あとパッと見、分からないことだらけだったのでいちいち読もうとすると疲れるので、FF14を先にプレイ中のフレがいうように
「途中から画面は雑にみてボタン連打する人になるよw」
というのが良さそうで、そうしようとしなくてもこうなるのはうなずけますw






例えば攻撃していると画面にたまに



「DODGE」




スッ



って文字が下に流れて消えて行くんですが、最初はこれが大事な何かだ!と一生懸命目で追っていたんですが、「MISS」って意味なのであまり気にしなくても良さそうでした。





他にも技を出した後に、タイム表示が出てそれが満タンになると次の行動に移れるのですがこれも目で追っていました。
このあたりも慣れたら「来たか?」って感じで適当に出したい技を出せるようになるので見る必要もないのかなぁとか。




固定観念

FF14に対する自分のイメージがこんなだったんですよ。

maxresdefaultのコピー









こういうのしか見たことなかったんで

「なんかめんどくさそう」
「すごい難しそう」
「どれみても一つも理解できない」


とか良い印象一つもなくて、全然できる気がしなかったんですよね。







でも実際やってみたらこういうのはかなり高度な事で、普段は
FF14
こうだっていうのが分かったのは収穫だと思います。






今後どの程度FF14をやるかは不明ですが、オンラインゲームの一つの選択肢として加えてもいいな!という気になりました。

実はFFは、シリーズを2作くらいしかやっておらず、しかも中途半端にやったので音楽とか歴代登場人物とか、呪文とかも分からないんですよねw
オンラインは一度FF11?かな?これはやったんですが、なんとなく勢いでやったので半年くらいプレイしたところでやめました。
FFに関しては予備知識も経験もほとんどないので不安しかないんですよねw

チョコボの曲なんて最近覚えたんだぞ?



そういえば当時ゲームにインしても英語圏の方しか周りにいなかったのでたぶんサーバー選びですでに失敗していて、英語圏のサーバーに居たんだと思うのですが、それでもそこそこ英語を話せた(そこそこ勉強した)ので半年は続きましたね。。。

日本語で言うと「(笑)」を、英語でいうと「lol」だったりスラングや、ゲーム用語もあったりするので当時結構苦労した覚えがあります。

アメリカの方とパーティーを組むと、最初はいいんだけど長いPT時間になると、時差がかなりあってこっちは深夜だけどあっちは昼みたいな感じで見事に寝落ちw

ログには悲しく「JAP!HEY!JAP!」という言葉だけが残っていました。
今思うといい思い出です。。。





FF14オンラインを購入するか


今はFF14に2つのパッケージがあるようで、さらに6月には紅蓮のイベレーターという追加パッケージが登場するようです。

すでに登場しているこの2つのパッケージは現在、新パッケージ発売記念ということでセール中になってますね!
セールFF
(この価格でお求めになれるのは2017.4.6 10:00 amから2017.6.19 11:59 pmまでの間だけです)

嬉しいことに体験版が終わっても引き継ぎできるし、30日間無料期間までついてくるので7月のゲームRUSHまでしばらく遊べそうですなっ。





さてこの「紅蓮のイベレーター」追加パッケージの予約特典には「LV50以下で経験値30%UP」するという鬼のようなレベリングアイテムのイヤリングが付属するとか。

リベレーター1


リベレーター2
これから始める人にはぴったりですし、この「アラミガンイヤリング」が非常に人気になりそうですね。



とりあえずやるかやらないかは別にしてもこのアイテムがあれば後からやる気になった時に良さそうなのでパッケージも買おうかと悩んでいます。



ではまた!




【11日目】道具職人育成日誌


こんにちは!


今日で一応最終日です。
レベルは45になり「必殺小アップ」を手に入れたまでが昨日のまとめ。

さて、今日中に300万達成なるか?

11日目

今日はいつも通りレベルアップ用にトゲトゲルアーを打ちましてレベル46へ。
集中3Upでした。

評判のほうは、なぜか昨日と一緒でマスターの評判は変わらず。
評判変わらず2

かなりルアーを作ってるのになぜなんだ。。。
ここに来てルアーに限界を感じる。





これはもう・・・
光道具を連作していくしかないっしょ。。。






というわけで光の錬金ランプを気合を入れてガガガガッと作成します。

昨日のおさらいになりますが、さらに進化させてみます。

光ランプ

会心ターンでは打つ力も強くなるため数値を見ながらはみださない強さの打ち方をするのが基本のようです。
ねらい、2倍、3倍と残りの数値を見ながら打っていきます。

「光の錬金ランプ数値」
205~213/306~318
205~213/120~126


必ずしも会心狙いの「ねらい打ち」が有効とはいえず、会心ターンでどれだけ入れていけるかなので出来るだけ良い道具で挑みましょう。
というか光ハンマー☆3推奨です。

各温度で打ったときの数値なども知っていればいいのでしょうが、覚えられないのでその辺は適当ですw
他サイトに詳細があると思うので危ないシーンでは確認してみるのもいいと思います。





今日の戦歴。

光の錬金ランプ
☆0/1
☆1/1
☆2/5
☆3/6


46%で☆3が出来た計算になります。
まぁ初めてがっつり作ったのでこんなもんでしょうか。



すべてを売り切っては居ませんが、目標金額の300万Gに到達!
これで資金をすべて取り返したことになります!



Screenshot_2017-06-06-22-33-39

やったぜ!

さて、一応の目標達成となりまして、この育成日誌は一度閉じることとします。
これからも道具職人は続けていこうかと思いますが、まずは伝説入りが目標ですね!

見てくれた皆さんありがとうございました。

そして急いで売った為、相場を賑やかにしてしまってすみませんでしたm
これからはゆっくり確実にやっていこうと思います。

みなさんもいろんな職人にチャレンジされてはいかがでしょうか?

それではまた!



  • ライブドアブログ