electrongirl

ゆるく、ゆるーくありたいものです

麻婆のきもち、豆腐のこころ

先日、ある中華料理店で麻婆豆腐を食べた。
普通、中辛、大辛、激辛、地獄辛という5段階があり、そこそこ辛党な自負もあったのでこちら二人は大辛を注文した。
程なくして真っ赤な麻婆豆腐が出てきた。
山椒のにおいがあたりに立ち込める。口に入れないでも分かる。これは、ものすごく辛いやつだ。
ひとさじ口に入れて意識が真っ白にになる。
黒人の軍人に本気で殴られたような衝撃。火花が出た。辛い。これまで食べた料理の中で間違いなく一番辛い。しかし、舌の痛みの中に本当に工夫された味付けも感じる。
これここまで辛くなければ結構美味い筈、なのはよくわかる。しかし痛い、豆腐が通過した部位が悲鳴を上げている。
目を回しながらなんとか完食したが、一緒にいった同輩は残していた。

その後しばらく具合の悪い時間が続いた。
胃腸は荒れまくり、喉は枯れて、弱った喉から風邪に感染したのか、数日寝込んだ。
本当にそれくらい辛かった。
大辛に挑戦した自分を悔いた。

それからしばらくしてまた同じ店に入り麻婆
豆腐を注文した。今回は「普通」で。
「普通」もそこそこ辛い。「うまから」というジャンルがあるが、そのカテゴリーギリギリ上限の辛さ。要するに、あと少しでも辛かったら暴力、まあそれくらい辛かったが、今回はちゃんと美味さを堪能することができた。



人間はまじ難しいな、と思うことがあった。

本当は根本に真心がある筈なのに、スパイスの加減を間違えたり余計な味を足してしまったがために結果暴力になってしまうこと、
が、ある。

DVなんかもその類かもしれない。
受け入れると痛みや負荷が伴うから受け入れるわけにはいかない。向こうとしては誠意や善意や愛情が根にあるのに、こちらからしたらただ迷惑なこと。ネットワークビジネスの勧誘とか。
綺麗だからといって薔薇を押し付けられれば怪我する。
こういう事態が人間関係に起こるとただただ厄介で、関わったやつみんなが頭を抱える羽目になる。
そんなことがあるから人間はまじ難しい。

人間が難しい日の斜陽が少しきれいで、消化できない気持ちは足枷のように重い。
時間は本当は何も解決してくれない。ただ、時間によって解決をする必要がなくなるだけだ。

そんなことを考えているうちに夜がきて朝になった。解ける目処のない因数分解に、まだ立ち止まっている。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
search
Tatsuo Okazaki

「いい会社」elegirlという会社を経営しています。主たる事業は広告ですが、音楽事業 elegirl labelや演劇制作など、気ままに色々やってます。プロフィール詳細はこちら。デザイナー、DJとしての活動概要はこちら


 info(at)elegirl(dot)com
comment
Booklog
electrongirl