政治犯の菊政です。
私の長い耳が傍受した怪電波をお届けします。
怪電波は内容保存のため、
ウザイですが全文を掲載します。

ただいま。。。

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀


ただ今、帰宅しました。。

帰りの新幹線の中のニュースで、
ここ三日の世間を知りました。。


トラさんが温暖化グループに戻るようで、
おめでとうございます。。。

トラさんも遂に、経済成長に諦めが付いてきたわけですよ。。

成長せんものを成長する(させる)との強弁で、
あほどもが人々を苦しめているわけです。。

 成長するという前提で、馬鹿を温存して富ませるから、
 中間値の人々と、中より下の人々を
 結果的に苦しめる事になるのです。。。


これから、中国が行った粛清が、
全世界規模で起こります。。

一足お先にサウジでは、権力が、
資産家から資産を強制的に剥がしています。。
これと類似の事が、そこら中で起きる。。
なりふり構わず、カネモチから剥がすわけです。。。

 日本では、庶民から剥ぐ準備に余念が無いようですが・・・


サウジは独裁国だから、例外であると言いたいのですが、
残念ながら違う。。。


これまでの世界では、中と、中から下が、
厄介者扱いされ、面罵されてきましたが、
それが逆転します。。

しかし共産主義革命などにはならない。。

一旦(一時的に)、
革命より面倒な事になるだろうと
感じます。。

明日か、あさってあたりから、
今後の世界の様相を、言語化できたらよいなと
思います。。。 (言葉、あかんやろが、うさぎぃ。。。)





和子さま。。。 お久しぶりです。。
その火狐トラブル、世間でも多発している模様です。。











雑記

原油、55ドル割れますか。

ベネズエラが、ええ感じに腐ってきてる。

ズドンと行ってくれたら、
資本主義崩壊\(^_^)/

ええ、はい。
多忙鬱じゃなくて、躁状態。

離席します。。。

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀


すみません。
離席します。。

希望の党は残念です。。。 (号泣)

時間を見つける事が出来れば、
執拗に書きます。。。




メラニア氏 昭恵氏に「なぜ韓国の話ばかりするの?」と疑問

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

森友を、明恵夫人一人の責任にする工作っぽい記事ですね。。

確かに、籠池氏というアブクを夫の身辺に引き込んだのは
明恵さんです。。

 青山氏を通して、ですね。。。

明恵さんは妻だから、首相の「願い」を知悉していたのでしょうよ?

 日本人全部を、戦前の木偶に戻す・・という「願い」を

 その為に「教育」を使う。。。という

 (実はうまくいっていなかったんですよ、この方針。。
  日本の研究がダメなのは、
  産官学で、学(サヨク)が、金も手柄もワタクシしてしまうから。
  産は「民」で=「研」でなければならないのに、、、です・・

  財界などはその問題に気付いているから、
  ダメに決まっていたんですわ、
  「明治精神重視の教育を大規模再現」なんて)

 せいぜい「魁 男塾!」と「インターナショナル」程度で、
 体育会系は男塾に行きましょう。。。程度ですわ。。
 (それでも今より随分マシになるでしょうけど)

で、妻なりに気を利かせたつもりだったのではないです?

 ダメでも、ほら、モニュメント事業を用意したから、
 元気出して (はあと)

夫も、、、、

 ま、いっか、、一校だけ認可して、
 面白模範校に育てば楽しいかな。。。w


次は、こうですよ。。

 小学校だから、いっか、妻発でも。


小学校以上は夫の領域じゃないですか。。?

中学というのは、「学徒」ですから、
出陣が可能なんですよ。。。 だから男の世界

 籠池氏の幼稚園で「安倍首相バンザーイ」とやらかしたのも、
 不仲な夫婦関係が生んだ、歪んだプレゼントだったんじゃ
 ないです?

 「こういうのが、あの人は好きだろうから」で、
 「安倍総理大臣、バンジャーイ」(←子供達)

 妻からのプレゼントですよ。。


で、夫婦雪解けで、籠池氏に首相が100万円プレゼントでしょ・・

 妻の「夫へのギフト」制作遊びに、
 夫がお賽銭を投げてやった格好



首相夫妻は家庭内別居ですよ・・

 明恵さんが、あまりにも「知」に問題のある人なんで、
 安倍家のママから毛嫌いされているからですわ。。

 明恵さんは悪い人ではなく、
 ただちょっと、お出来にならない、
 だけです。。。 


サヨクがぎゃんぎゃん騒がなければ、
洗脳学校なんぞ籠池氏の1校で済んだ。。

 もうダメですね・・ 絶望的。。
 安倍さん当人が、政権の命乞いで、サヨク利権と
 ディープに結びつく展開になってしまったから。。

 8兆出動になったら、もうオシマイ。。
 やめれば死人が出る展開。。
 菊政イチオシの茂木さんが、8兆触れる魅力で
 目の色、変わっていますし。。。

 本当、人間てダメになりますよね、、、


。。↓。。の記事は、「夫ですら病気で酒は飲まないのに、
明恵夫人は空気を読まない大酒のみだ」と書かれていますけど、
こんなん大嘘ですわ。。

安倍さんはもともと下戸ですよ。。
体質的、下戸。。

政治家が下戸ではつとまらないので、
後援会とかでは、飲めない夫の代わりに、
夫人の明恵さんが飲むんです。。

夫は飲むフリ、妻は飲む。。。

 それが夫婦の役割分担

選挙区の人なら、誰でも知っているはずですわ



明恵さんが「韓国主導」なのも、夫の「表向き嫌韓」との
バランスを取る為でしょう。。。

 家庭内野党なんて、お笑い草ですわ

 役割分担ですよ、こんなの・・・

 「
夫は飲むフリ、妻は飲む」。。。ですよ・・
 酔っぱらうのも肝臓痛めるのも、妻が被害担当艦。。(暗示的)




メラニア氏 昭恵氏に「なぜ韓国の話ばかりするの?」と疑問
2017.11.13
http://www.news-postseven.com/archives/20171113_628453.html

就任後初のアジア歴訪のため、
11月5~7日に来日したドナルド・トランプ米大統領(71才)。

長旅の疲れも見せず、来日初日に
霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉・川越市)で
安倍晋三首相(63才)とのゴルフを楽しんだ。

その間、安倍首相夫人の昭恵さん(55才)も
メラニア米大統領夫人(47才)のホスト役を務めていた。

そもそも昭恵さんとメラニア夫人は、
ファーストレディーとしては対照的な存在だ。

昭恵さんは“家庭内野党”を自称し、
しばしば夫を批判するぐらい政治的な活動をすることが好き。

「首相夫人」としてどこにでも
顔を突っ込みたがることが災いし、
森友学園騒動を招いてしまった。

一方で、メラニア夫人は
政治的なことにはほとんどタッチしない。

息子・バロンくん(11才)の母親として
日々の生活を送ることに集中していて、
学校の送り迎えはもちろん、教育のために、
多忙な夫とは別居生活を送っているほどだ。

「メラニア夫人が各国の首脳夫人と会って
話す話題といえば、もっぱら“子育て”についてだそうです。
でも、昭恵さんはお子さんがいませんし、
もっと女性の活躍について話したいというタイプ。
オバマ前大統領のミシェル夫人に
傾倒していたということもありますし、
そもそも話が合わない2人なんです」(官邸筋)

前に出たがる昭恵さんと、
意外にもトランプ氏から二歩も三歩も下がる
メラニア夫人にはこんなすれ違いもあった。

「今年2月の安倍夫妻の訪米の際、
大統領夫妻と会食する機会がありました。
トランプ大統領は、“酒は身を滅ぼす”という主義で、
口にしません。メラニア夫人も一滴も飲まない。
安倍首相も潰瘍性大腸炎を患った過去もありほとんど飲めません。

そんな3人を尻目に、昭恵さんだけが白ワイン、
赤ワインとどんどん杯を重ねていったんです。
その様子をトランプ夫妻はいぶかしげに眺めていましたが、
メラニア夫人はたまらず“こういう大切な場で、
しかも主役である夫が飲んでいないのに
酔っぱらうのはいかがかしら”と呟いたそうです」(前出・官邸筋)

晩餐会でもてなしを受けたら
お酒を嗜むのも社交界のマナーの1つ。
トランプ氏特有の“偏屈さ”でもあって、
昭恵さんが“上から目線”を感じて
ムッとしたのもわからないではない。
しかし、これにはさすがにシュンとしたという。

「昭恵さんはメラニア夫人を前に、
自分の好きなK-POPアーティストのことを“カッコイイ”と
饒舌に話したんだそうです。
すると、メラニア夫人は、
“あなたは日本人なのになぜ韓国の話ばかりするんですか?”
と返したそうです。
それには昭恵さんも苦笑いするしかなかったようです」
(別の全国紙政治部記者)




習近平氏が「微笑外交」に戦術転換 狙いは「憲法改正阻止」にあった

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

>微笑戦術への転換の兆しがあるのは、
>トランプ米大統領の出現により、
>日米同盟が強化されたことが大きい。

馬鹿じゃないのか、産経。。
馬鹿か・・ どこまで馬鹿なのか。。


はい。。。
気を取り直して・・・

この産経の記事も
ロクなもんじゃないですわ。。

 皇帝になった後、関係修復

↑。。これは毛沢東時代からの様式、お約束であって、
トランプさんも安倍さんも、一切関係無く、
中国自身の自己都合です。。。

この記事では、産経は中国の微笑転換に裏があるかのように
書いていますけど、そんなものは無い。。

 北朝鮮のミサイル発射と同じで、「ウリ達の日程ニダ」よ。。

 「安倍先生はウリ達の日程に、
 自分のクチバシを合わせているニダよ。。」

 

習近平氏は毛沢東のように、
文革・大躍進を成功させた(独裁権力を手に入れた)ので、
江沢民のクビを土産に訪日するという荒業をやっても
OKなんですわ。。

毛沢東のように、中華人民を犠牲にして、
外交の遅れを取り戻してもOKなんです。。

 それを受け入れる日本の政権は、
 自民じゃなくてもOKだったんですよ。。

 中国主導、なんですから、
 「希望の党」でも、ぜんぜん問題無かった。。 (←未練がましい)

 米中が緊張関係をデタントしてきたなら、
 北朝鮮も一触即発ではなくなる。。。
 (・・・と、小池姐さんが言おうとした瞬間に、
  公開討論を遮ったヤツがいましたわ。。)


日中和解は・・・

手順としては、おそらく、安倍さん訪中、
次が習氏来日、締めくくりに新帝訪中です。。

 この手順の過程で、産経や読売や、
 電波オークションに震え上がっているマスコミ各社は
 一斉に「安倍晋三の成果! 平和的勝利!」と
 大嘘を吹きまくりますでしょうけど、
 馬鹿になりたくない人は、決して騙されないように。。。

 馬鹿・・・はっきり申しますと、
 韓国人のような狂人になりたくない人は、
 今後は冷徹な眼差しを持ち、
 産経などは、韓国のオーマイニュース相当だと思った方が
 正気でいられますでしょうね。。。


新帝訪中までこぎ着ければ、
日中関係は1989年以前に戻れます。。。

代わりにロシアは置き去りになりますよ。。
日露関係はひどく悪いものになる。。

現にロシアは、APEC中に、
日露平和条約は諦めろと、言い出してますしね。。

 安倍政権中は無理、と言い出しています・・

安倍さんは中国の一帯一路へ協力すると言いましたが、
一帯一路はロシアの国益を圧迫・侵害するんですよ。。

 安倍さんは分かってて言ったんですかね?
 とてもそうは見えないのですけど?

ロシアも無茶苦茶ですけど、安倍さんの方でも、
相当おかしな事をやっていますわ。。
おあいこですよ。。 
日本も朝鮮人のようなマネをしているんですから。。



>狙いは「憲法改正阻止」にあった

これも、相手にとっちゃどうでもいい事。。
文句を付けるのも、殆ど様式美の世界。。

憲法改正は、安倍さんにとっての重大事ですよ。。

 だからでしょう?

 
中国が日本の憲法改正に反対しているぞ。
 敵が嫌がる事をやれ。 憲法改正だ! (←産経)

馬鹿か、産経。。

死んでしまえ!

何がどうなっているのかを、きちんと伝えて、
国民に、自分の頭で判断させるべきですよ。。

 習皇帝中国の行く末については、別な機会に・・・



習近平氏が「微笑外交」に戦術転換 
狙いは「憲法改正阻止」にあった
2017.11.12
http://www.sankei.com/politics/news/171112/plt1711120004-n1.html

衆院選に大勝し、
第4次政権を発足させた安倍晋三首相。
10月の中国共産党大会で2期目の
指導体制を確立した習近平国家主席。

政権基盤を強化した両首脳の6度目の会談は
余裕の笑顔で始まった。
習氏が「微笑戦術」に切り替えたのはなぜなのか。

習氏「この会談は日中関係の新たなスタートとなる」

安倍首相「全く同感だ」

約50分間の会談は最後で
このような友好モードで終わった。
冷え切った日中関係は改善の兆しを見せる。

複数の政府筋によると、日本側は習氏との会談は打診したが、
李克強首相との会談は特に要請していなかった。

中国の方から「マニラでのASEAN関連首脳会議の際に
安倍首相と李首相の会談をやりたい」と持ちかけてきたという。

来年に日中平和友好条約締結40周年を迎えるとはいえ、
習政権はこれまで「反日」「反腐敗」を掲げてきただけに、
早急な対話路線への転換はリスクも伴う。

にもかかわらず、微笑戦術への転換の兆しがあるのは、
トランプ米大統領の出現により、
日米同盟が強化されたことが大きい。

5年近い「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」が奏功し、
太平洋とインド洋に面した国々による
対中包囲網も広がりつつある。中国経済も変調をきたしている。

これらが習氏を対日関係修復に動かす
大きな要因だといえるが、実はもう一つ理由がある。

憲法改正阻止だ。

安倍首相が5月に平成32年の改憲目標を掲げて以来、
中国は程永華駐日大使らを通じて、
日本側に改憲への懸念を何度も伝えてきた。

日本側が「日本が自分たちで国を守れるようにするためだ」
と説明しても、中国側は「実際には北朝鮮情勢を
利用して改憲しようとしているのではないか」と
疑念を隠そうとしないという。

内政干渉に取り合う必要はないが、
北朝鮮情勢を考慮すると、
中国との関係改善は避けられない。

対北経済制裁には、北朝鮮の貿易量の9割を占める
中国の協力が不可欠だからだ。
さらなる事態悪化を考慮すると
首脳レベルでの対話も非常に重要となる。

ただ、日中間には尖閣諸島(沖縄県石垣市)問題など
懸案が横たわり、微笑(ほほえ)まれただけで
簡単に親中に転じるわけにはいかない。
安倍首相は習氏にこうクギを刺すことも忘れなかった。

「東シナ海の安定なくして、日中関係の真の改善はない」



トランプ大統領アジア歴訪まとめ

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

トランプ大統領のアジア歴訪は、
13日のフィリピン首脳会談で終了ですが。。。


ちょっと複雑なので、結論から。。

 米中はプーチン4期目の阻止を優先したのだと思います。。

 来年のロシアの大統領選挙ですね。。。標的は・・


ベトナムでの米露首脳会談は
ございませんでしたね。。。。

 ・・・・・・・

更には、、、ロシアはシリア復興会議を 
アスタナや国民会議ではなく、
ジュネーブで、と表明した時点で、 
譲歩し過ぎというか、負けに近い。。。↓

米露首脳 IS壊滅へ連携 シリア和平でも協力
2017年11月11日

>また声明は、国連主導でスイスのジュネーブを
>舞台にして開かれてきた和平プロセスの枠内で

 ジュネーブはアメリカ主導ですがな・・・


ロシアは実力で勝ちを固めた後に、
「譲歩する」を持ち出して、相手国に交渉を求めるが、
その交渉が即座に「駆け引き」に変わるから
面倒臭いし信用されない。。

 事実、日露交渉も、交渉から駆け引きに変わったが、
 そういうマネがルール違反だという事が、
 ロシアって国は、わかっていない感じがします。。

 日本人でも「交渉は駆け引きだ」とか、
 平気で宣言してはる人がいますけど、
 「交渉」と「駆け引き」は似て非なるものですわ。。


ロシアがここまで勝って、ここまで「譲歩」して
誰からも相手にされないのは、
皮肉な事に「勝っているから」でしょう。。。

状況的に勝っているAが、
「交渉」と「駆け引き」の区別が付いていないのだから、
Aが勝っている以上、
BはAから求められた「交渉(話し合い)」に応じて、
「駆け引き(実力行使)」されたら負けじゃないですか。。

 負けるくらいなら、土俵に乗らない方がマシだと、
 誰しもが思いますわな。。。

加えて、、、Aであるロシアは、
「勝ちを維持する能力が無い」以上、
Bは、ただ待てばよいという事になる。。

太平洋戦争と一緒ですよ・・・・。
アメリカは1943年を待てばよかったのと同じ展開ですわ。。


プーさんは短期決戦で、和平をやるために
北朝鮮を使おうとして、失敗した感があります。。

 プーさんが狙った和平は、「クリミア・中東方面での和平」

 クリミア・中東の事を。。ロシアは「アジア方面でいざこざ」を作って、
 「アジア(正確には北朝鮮)での面倒をコントロールしてやるから
 クリミア・中東を手打ちしろ」、という「駆け引き」を米に仕掛けて
 失敗した感ですわ。。。

プーさんに対して米中がどう出ているかというと、

 ①アジアの事はアジアで (やくざ話なら排除します)

 ②中東の事は中東で (適度にご活躍下さって結構ですよ)

・・↑。。を原則論に掲げた感じの「態度」を
米中は取っているように見えました。。。

 プーさんは辞任するか、
 反プーチン運動が「ロシアの春」的に湧いてくるであろう
 来年の選挙を、自演テロでも起こして乗り切るしか無い。。

 一旦、ショイグさんに政権を渡すのも手でしょう。。。

 おそらく欧も米も中も、メドベージェフ氏しか
 相手にせんでしょうけど。。。



プーさんはトランプアジア歴訪に賭けていたらしく。。。↓
(産経の記事なので、あまり信用できませんが)
米露首脳会談見送り、プーチン氏が強い不満 「関係者処分する」 
2017.11.12 



えーっと。。。

菊政が何の事をブツブツ言っているのかというと、
トランプさんの実力とは無関係に、
(勿論、安倍さんとも無関係に)
米中、日中、双方の和平の気配が、濃厚になってきましたやんか。。?

 日中雪解けと、米中和平の双方が動いている気配。。。

日中雪解けと、米中和平の双方が、このままやり遂げられるなら、
それは習氏が実力で中国皇帝になりおおせたからですわ。。
皇帝となった習氏は、
国内の派閥を気にせず、必要な相手国と
必要な取引に専念出来る。。。(必要な相手国とは、日米です)


トラさんも、安倍さんも、
中国皇帝誕生の祝賀会場(APEC)
「居合わせただけ」で、何もしていないです。。

 ええ。驚くほど、何もしていない。。

だからこういうくだらないヤツが、産経で国民騙しをする。。↓
トランプ氏のアジア政策は
安倍晋三首相の構想を堂々と採用したものだった 
保守本流に近づく米外交 古森義久
2017.11.12 

。。↑。。恥ずかしくないんでしょうかね、こういう事を書いて・・
案の定のヤリクチですよ、これ・・・


習氏的には、おそらく反日も、もう必要は無いはずですが、
「駆け引き」用に、反日は温存されるかも知れないですね。。



で、菊政はハタと気付くのですが。。

日米が中国と和すなら、
それは「中国は海洋進出はしない」事が条件となります。。

もし今回、日米が中国と和したなら、
中国は海洋進出をせず、
内陸に集中する事を決めたという事です。。

くどいようですが・・・
アメリカは、中国が海洋進出をしないのならば、
内陸開発にはいくらでもOKを出しますよ。。
(アメリカ自身も一帯一路に噛んでくるでしょう。。
 しかしそれは独特の理由により、中途挫折するのですが、
 その時までは、目先のゼニをアメリカは稼ぐ事が出来る)


一帯一路というのは、ローゼン閣下の、
「自由と繁栄の弧」のパクリなのですが、
この構想がうまくいった時は、
ロシアは中国に圧迫される事になるのです。。。

中国によるユーラシア内陸支配が進むわけですから、
必然的にロシアへの封じ込めとなる。。。

 それを捨て置けないプーさんは、
 「自由と繁栄の弧(一帯一路)」にロシアが前向きな形で
 組み込まれる事を望んでいる。。


APECベトナム前に、こんな論文を出してまで。。。↓
プーチン露大統領が寄稿した論文の全文
2017年11月09日
http://www.yomiuri.co.jp/world/20171108-OYT1T50162.html

>「共に繁栄と調和の取れた成長に向かおう」


一帯一路にロシアが前向きな形で組み込まれたい。。↑

その為の、日本との”領土交渉”です。。。
だからこその「経済優先」ですね。。

 ロシアはロシアで極東に都を築かないと、
 ただただ中国に圧迫されるだけになる。。

この程度の事は米中も予想済なので、
全力でプーチン排除をするでしょう。。(4期目の阻止)



んで、今更こんな事を言い出した。。。↓
日露平和条約は「多くの課題」…プーチン氏 
2017年11月12日
http://www.yomiuri.co.jp/world/20171111-OYT1T50090.html?from=ytop_main4 

>プーチン氏は「ロシアは、日本が安全保障面で
>パートナーに対しどんな義務を負い、
>それが平和条約締結交渉にどう影響するかを
>見極めなければならない」と語り、
>日米安全保障条約に関する議論が
>日露交渉のカギを握るとの考えを示した。

。。↑。。一見、説諭調ですけど、
ロシアの対日依存が増大するわけです。。。


日本は相当巧みに立ち回らないと、
米露の間で引き裂かれる展開になる。。 (案の定)

ロシア側はこの展開を予想して、
北方領土にあらかじめ兵を寄せていますので。。。

ロシアの積極的なエモノは日本ではないにせよ、
シベリアを中国から護る為なら、ロシアは何でもやるでしょうし、
ウラル以東を侵略する為なら、中国は何でもやる。。。

 中国は何でも持っているが、最重要な「水」が無い。。
 「水」が無ければ、一帯一路など絵に描いたモチですら無く、
 絵すら無い「言葉だけ」。。

 中国はシベリア水源が何としても欲しい。。
 特に目先は旧外満州の水が欲しい。。。

 で。。。それやこれやで、
 結局はモンゴル帝国が復活してしまうのですが、
 これは少し先の話。。 (いや、案外近いかも)


えーっと。。。
相変わらずまとまりの無い文章ですが・・・




どうやら米中は和解に踏み出している気配なので、
毛沢東が文革を収束させた後と同じ展開が来る可能性大。。。

文革で権力固めをした毛沢東がやったのは、
アメリカとの唐突な和解です。。
(個人的な権力が固まるまでは、
 毛も独自外交路線は取れなかった。。
 中国共産党の保護者はソ連でしたから)


個人崇拝を獲得した毛は、米中国交正常化をやった。。
それで追いつめられたのはソ連だったんですわ・・・・

 米中国交正常化のついでに、毛沢東は、
 田中という、空気読めない日本のザコとも和解してくれました。。

 田中さんのおかげ様で、日本はキッシン爺さんからは
 永遠に信用されない展開となった。。

 キッシン爺さん路線は、爺さんの死を以て終わりとはならない。。
 旧約聖書のイザヤと同じで、イザヤ路線を”アウフヘーベン”してゆく
 イザヤスクールが、時代を超えて存在したくらいですからね。。

 
今後もアメリカのキッシンジャースクールは日本の敵ですよ・・
 このスクールの方針は「日本死すべし」ですわ。。。
 「日本」という、2千年継続した人々、
 スピリットが死ねばいいという考え方ですよ。。

 日本の国土は「米中蜜月」から齟齬を出さない為の装置として、
 「善用してあげましょう」程度に向こうは思っていますわ。。。

 この点、日本のウヨが朝鮮半島を眺める視線と同じだと
 思っているくらいで正解です。。。 (菊政もウヨですけど)



米中再和解ならば、「ロシア陣営に残るかどうか、勝手にしろ」
という視線で、北朝鮮は眺められる事になる。。。


だwかwらw。。。こういう展開に。。。↓
トランプ米大統領 いつか金氏の友人に? ツイッター投稿
2017年11月12日
http://mainichi.jp/articles/20171112/k00/00e/030/163000c


二度目でくどいですが。。。

 
北は「アメリカに届くミサイルさえ諦めれば、
 アメリカから敵視はされない」。。と気付くでしょう。。。


米中陣営からは。。
で? 北朝鮮さん。
ロシアと心中するのですか、それともこちらに来ますか?

・・・に、質問内容が変わる。。。

答えが見いだせない北朝鮮は、矛先を日韓に向ける。。
北が核ミサイルで恫喝する相手が、アメリカから日韓に変わる。。


韓国と言えば。。。


この馬鹿者どもがAPEC後、調子に乗り出した理由。。↓
対日関係「年内にも回復」=韓国首相
2017.11/10

韓国若者の就職難 日本市場での解決模索へ=外務次官きょう訪日
2017/11/12
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/11/12/0200000000AJP20171112000100882.HTML


。。。↑。。米中が和解方向ならば、
「米中の圧で日本は韓国の言う事を聞くに決まってる」
という、
連中のいつもの先走りです。。。



韓国という国は、何らかの形で無くなるのではないですか。。

少なくとも文大統領という人は、
朝鮮半島統一の為に(南が北の核を頼りにする)
出て来た人ですから、政権の使命も「北もしくは中国と共に」で、
「日米陣営と共に」ではない。。。


えーっと。。。
どこのガッコーにも一人はいる、
「何言ってんだかわかんないセンセー」のような
書き方の記事になってしまいました。。。

 いっつも推敲無しなので。。。 すみません







サウジアラビアの富豪らが、国外に個人資産を移転

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀


ソフバン・・ダイジョブか。。。???
(サウジから10兆引っ張って、アメリカでゲートウェイ投資)


ほんの少し前までは、、、ですね。。
スイスの銀行がアメリカにやられたもんだから、
資産をサウジに移す人や組織が多かったんですよ。。。

 日本からもね。。。


そのカネ。。。どうなるんでしょう・・・?


んで、これも少し前から始まっていた騒ぎですけど、
民族移動のように、サウジの王族が世界中のホテルを
放浪していまして(それが彼らの日常と言えば日常なんですけど)
最近は日本にも頻繁に王子連中が来ているんですわ。。。

 危機感ゼロで、
 アキバへGOな人も結構いますけど


ほwらwねw

サウジのカネモチ達が国外脱出して、
流民のように野を彷徨い始めたでしょうがw

彼らは一箇所にはいられませんでしょうね。。
狙われるから。。


菊政がそれをここに書いた当時は、
「まさかぁ?」。。と思われたでしょ?

そのまさかが簡単に起きる世の中になったんです。。


 ですから、「新世界」は来ますよ。。
 今はトンデモでも、必ず来ますわ。。


サウジの富豪(王族)は何万人もいます。。
数についてサウジは公式発表をしていないのですが、
女子供を含めて、2万人以上いるのは確か。。

 王族だけで小国を作れますわな・・


彼らは習近平(いや金正恩か)と化す、
サルマン皇太子から逃れるわけです。。

 ムハンマド・ビン・サルマン、ですので
 報道では「ムハンマド皇太子」と書かれる傾向になってきました。。。
 同名の父「サルマン国王」と区別する為でしょう。。

 でも菊政は「サルマン皇太子」の方が、ピッタシ来るんですよ。。
 「サルマン」は「ソロモン」ですから。。(ユダヤだと「ザロモン」)

 ソロモン王というのは、賢王と言うより、
 極端な人ですわ。。 (最後は財政破綻した)

 ソロモン王の積極策が裏目に出て、
 イスラエル王国は南北に分裂。。(紀元前930年)
 以降、一度も統一される事無く、独立国に戻る事も無く、
 紀元132年にハドリアヌス帝によって、地上から抹殺されました。。


ゆけ、ソロモン王! ダビデの息子。バト・シェバの不義の子。


失礼しました。。。


サウジ王族は今、たいへんな動揺状態にあります。。。

サウジで粛清拡大、差し押さえ資産約91兆円に
2017 年 11 月 8 日 

サウジ王子、搭乗ヘリ墜落で死亡=「粛清」恐れ逃亡図る?
2017/11/07

墜落
墜落現場

サウジ汚職摘発、「始まりに過ぎない」=司法長官
2017年11月7日


今日、わかってきたのですけど、
粛清された人々は、ISや軍事行動の反対派だったようです。。。
(逆情報が出回るかも知れません。。)


菊政が武闘・謀略派の雄として評価してきた
ヴァンダル王子は、サルマン皇太子と類似の路線のはずですが、
(ブッシュ家と親しく、ワッハーブ・サラフィジハード・タクフィール、
 チェチェンの反ロシア派といった狂人をコントロールして、
 テロを駆使していた王子。イラク、イラン、シリア打倒派)
・・・最近はヴァンダル王子の名が報道に出てきません。。。

ヴァンダル
ヴァンダル王子

 人間として好きか、と、
 乱世の梟雄として好きかは別なのでして。。

 ヴァンダル王子が、
 サルマンの立太子にも関わっていただろうなと、
 菊政は思います。。

 この人はサウジ名家の温存にはこだわらないでしょう。。
 お妾さんの子ですから。。

 ヴァンダルの後継者ですね、サルマン皇太子は。。



サルマン皇太子は「穏健なイスラームを目指す」と言っていまして、
女性の運転免許取得なども許可したようですが、
IS反対派や、シリア侵略反対派や、カタール封鎖反対派や、
イエメン侵攻反対派を粛清する動きは
「穏健なイスラーム」という言葉では説明出来ません。。

司法関係者や聖職者からも、逮捕者が出ているようです。。



サルマン0
可愛いかったサルマン皇太子。。


サルマン2
毛蟹化。。。


サルマン1
やばい・・・


サルマン3
巨大化。。。


菊政が、、
「サルマン皇太子はキム・ザ・ファットのように、
 笑顔に本物の愛嬌があって、邪気が無い」。。と言ったら、
菊政のきょうだいが言いました。。

 
「邪気なんか無いに決まってる。両方ともマジなんだから」





サウジアラビアの富豪らが、国外に個人資産を移転
2017年11月11日

サウジアラビアで、王族や政府関係者、
投資家など数十人が拘束されたことを受け、
同国の富豪や投資家が、凍結を回避するために
個人資産を国外に移転させています。

国際金融情報サイトブルームバーグによりますと、
サウジアラビアのムハンマド皇太子が汚職対策と称し、
同国の権力と富の中枢を成す王族や閣僚らの
拘束を拡大したことで、
これらの人々の間に恐怖感が広まったことから、
同国政府による汚職対策計画が、
民間部門の活動家の財産の窃取計画に変化するのではないか、
という懸念が生じています。

この報告によれば、一部の貿易商と王子らが、
自らの個人資産の凍結を恐れ、
サウジアラビアやペルシャ湾岸協力会議の加盟国内からの
ほかの国・地域への個人資産の移転を目的に、
銀行や保険会社、金融専門家や
フィナンシャルプランナーに
相談を持ちかけているということです。

サウジアラビアの証券取引所において、
民間貿易機関や企業の多くの株価が下落したことを受け、
投資家らは、同国の経済・金融情勢の
かく乱の元凶となったムハンマド皇太子の行動に
懸念を示しています。

サウジアラビア政府が、
1700件以上の銀行口座を差し押さえ、
それらの名義人を拘束して以来、
世界の証券取引所における株価に悪影響が出ているほか、
アメリカドルに対するサウジアラビアの
通貨リヤルのレートも下落しています。



国連、「殺人ロボット」の使用に関する会議を初開催へ

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀


 行け、トヨタ!


失礼しました。。。



暴徒鎮圧用無人兵器くらいは
出て来るでしょうね。。。

アメリカにもおるやないですか、
移動するゴミ箱みたいな警備ロボ。。

あれが低周波とか出したら、たまらんですわ。。


 音というのは馬鹿に出来ないのでして、、、

声でワイングラスを割る隠し芸を持っている人は多い。。。
https://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/pa42ccef5820c4b9576bdaf5fecd20b1c

 標的を打撃した時に出る音と、
 同じ音を出せば(出し続ければ)割れます。。

 柔らかいもの(細胞など)は、超低周波で破裂しますよ。。




菊政から眺めるに、今かろうじて支配層にいる側は、
暴徒鎮圧と、大量殺戮の両建てをしているように
見えますよ。。。 (猜疑の目)

先だってのエボラ騒ぎですけど、
(アメリカに上陸した途端に、パンデミックがおさまった)
あれは「パンデミックという宣伝の軍事転用演習」でしょう?

 あれも国連主導でしたわね。。 WHO


リベリアの様子で、なーんとなく感じたのですけど、
病原体の無差別散布は、化学兵器の散布と同じで、
意外と現実的でない。。 

風頼みだし、、、
ならば・・・と、政治力を使った強制隔離では、
陸軍が必要なくらい手間がかかって、
大変そうでしたね・・



だから。。。「その時」は・・・
パンデミックを宣伝して、
非常事態体制を敷いて、
ワクチンを使うのだと思います。。

 本命はワクチンの中に入っているのですよ。。
 狙った相手(グループ)だけを、効率良く始末できますから

 遅効性の何か・・・ですね。。きっと (想像力豊か)


TOKANA過ぎるネタですけど、(いや、「月刊ムー」か)
アフリカの結構な都市でエボラが出て、
(ザイール川周辺ならわかりますけどね)
WHOが狂喜乱舞して、住民の強制隔離をしたが、
「隔離が死因」だと住民が暴動を起こして、
人々が隔離所を打ち壊したのに、リベリア人は全滅していない。。

加えて、「エボラを退治してあげます」と
勇躍乗り込んだWHOを、隣国のギニアに至っては
賢明にも叩き出したんですわ。。

 「お前が病原体だ」、と言って

ギニア人は全滅していない。。。

これらは現実に起きた事です。。



。。。んで、何が言いたいのかというと、、



 行け トヨタ!


国連、「殺人ロボット」の使用に関する会議を初開催へ
2017年11月11日
http://www.afpbb.com/articles/-/3150180

【11月11日 AFP】
国連(UN)は来週、史上初の「殺人ロボット」とも呼ばれる
自律型兵器の使用に関する会議を開催する。

米電気自動車(EV)大手テスラの
イーロン・マスク最高経営責任者ら、
人工知能分野の企業家100人以上は今年8月、
完全自律兵器は民間人をとてつもない危険に
さらす恐れがあると警鐘を鳴らす活動家らに同調する形で、
そうした兵器を世界的に禁止するよう求め、
国連に書簡を提出していた。

特定通常兵器使用禁止制限条約として知られる
国連の軍縮に関する会議はスイスのジュネーブで、
13日から5日間の日程で開催される。

しかし会議の議長を務める
インドのアマンディープ・ギル大使は11日、
会議では禁止どころか条約の締結ですらまだほど遠く、
こうした兵器の禁止を求める人々は
失望することになるかもしれないと語った。

ギル氏は記者団に対し「(殺人ロボットを)禁止する法を
制定するだけなら簡単かもしれないが、
とても複雑な課題についてことを急ぐのは賢明ではないと思う」
「われわれはスタートラインに立ったばかりだ」と述べた。

ギル氏は、市民社会団体やテクノロジー企業なども
出席するこの会議では、開発中の兵器の種類についての
理解などにも焦点が当てられることになると語った。




トランプ、プーチン両大統領、歓迎夕食会で握手 APEC首脳会議

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

AFPです。。

一応、各国、、、米ロ首脳会談があるかどうか
固唾を飲んで見守っていますね。。


今回のトラさんのアジア歴訪で、
うっすら見えてきたんですけど、
トラさんは安全保障の話からは外されていますでしょ。。

 仮に米露が首脳会談を行ったとして、
 何を話すのか・・・

 話すべき事があるとすれば、北朝鮮ではなく、
 中東情勢だろう・・・と


トラさんはおそらく、
難しい話は、副大統領のペンス氏に
丸投げしているのですよ。。




トランプ、プーチン両大統領、
歓迎夕食会で握手 APEC首脳会議
2017年11月11日

【11月11日 AFP】
アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するため
ベトナム中部ダナンを訪れている米国の
ドナルド・トランプ大統領と
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が10日、
歓迎夕食会で短時間の握手を交わした。

この日の夕食会で各国首脳は、
開催国ベトナムが今回のために発注した
ゆったりしたシャツに身を包んでいた。

トランプ、プーチン両大統領は短時間の握手を交わし、
他の国の首脳らと共に写真撮影に臨んだ。

ベトナム滞在中に両首脳の会談が
行われるかどうかは現時点では不明で、
この数日間、会談予定に関する米ロ政府の情報は
錯綜(さくそう)し、さまざまな臆測が飛んでいる。



文在寅政権がインド太平洋戦略で迷走 …安倍晋三首相提唱に不満? 中国を恐れ?

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀


産経は馬鹿か悪質か、
その両方か。。。ですわな、この記事。。

>文在寅政権がインド太平洋戦略で迷走

残念ながら、今回は韓国の態度の方が現実的ですよ。。


インド太平洋戦略自体は真面目なのでしょうけど、
トランプさんが”不真面目”なんですよ。。


トランプ・中国間での、
大商談を見ていて思ったのですけど。。。↓
トランプ大統領の訪中で見込まれる28兆円の商談、
巨額だが中身伴わず
2017年11月9日
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-09/OZ4ZRT6JTSEB01


不真面目。。。と言うか、、。。
トランプ大統領はTwitterは勇ましいけど、
安全保障のコアな話からは、外されていませんか? 

 でなきゃ、中身があろうと無かろうと、
 大商談は出来ないですわ。。

 知っていたらいけないんですよ、商売人は。
 安全保障の予定を。

 ええ。ダメなんです。。
 責任が発生しますから。。

トランプ政権は軍事政権ですけど、
オバマ時代に劣化しきった軍の再建だって
「軍事」のうちですよ。。

軍の再建にはカネが掛かる。。
トラさんは単にそのカネを集めているんでしょうよ?

 何も知らされないまま、外交をしている感じは
 安倍さんそっくり。。
 内政が出来ないから、外交で点数を稼ごうとするあたり・・


インド太平洋構想は、オバマ大統領も言及したネタですが、
トラさん、、、確実・・理解してない上に、
トラさんが言った事は、後日に全部覆される可能性が高いから、
誰だってこんな気まぐれ話には、危なくて付き合えないでしょう。。。

 アメリカが信用できない、とは言えないから、
 文大統領は「安倍の提案だから乗らない」と、
 巧く反日ネタに転換したわけですわ。

安倍さんは、トランプ豹変の呼吸が、
わかっていない人だと思いますよ。。

別な言い方をすると、アメリカは豹変出来るが、
日本は出来ないんです。。

そこがわかっていない。。


安倍さんは、何事も米に追随していれば
(豹変にも追随すれば)
八方が理解してくれると信じているようだが、
ボスが姿勢を変える時は、
旧レジュームの懐刀だった部下を血まつりに上げて梟首し、
かつての敵に対して、過去の清算とするんですよ。。

 どこへ行っても、岸さんとこのボンとして、
 丁重に扱われた人だけに、甘いと言うか、
 ・・・・・なんか、無意識の自殺志願者に近いですわ。。。

インドを含めた防衛構想には、
インドと同じく、
「中国と商売はしたいが、侵略は御免だ」のロシアが
インド海軍との交流を開始しています。。。

インドはアメリカ全盛期にも、米軸足外交を避けて、
ソ連との両輪だった国です。。
ロシアと同じで、他人と組むのが嫌いなんですね。。要は・・

次の時代は中国を加えて、三輪車で安定したいのがインド。。
もう一勢力が加わればインドは四輪駆動。 国家は驀進できます。。


 
安倍さんは野党時代、
 やくざとのお付き合いを仄めかせていた人でしょう?
 
 衆院選でも自民は地元やくざを使った。。

 だったらやくざは決して、
 一輪車に乗らない事くらい、わかっていろやと。。。

 日本は一応、ロシア乗りしていますけど、
 ロシアは車輪としてしっかり嵌まっていないですね。。
 そこへもってきて、安倍さん方式の乱暴乗りでは、
 米が豹変すれば、我が国は米ロの間で引き裂かれますよ。。

 従米必須でも、やり方ってもんがあるだろう・・・と・・

 特に、北朝鮮で大騒ぎして見せた事は、
 本当に戦争にでもならない限りは、
 日本の禍根になりますわ。。 痛恨のね・・


産経は安倍さんを褒めるか、
韓国を腐すだけ。。。↓

韓国が巧く立ち回った時は、韓国は巧く立ち回ったと
書くべきですよ、新聞なんだから。。
日本の正確な立場も、書くべきですよ。。

産経じゃ、誰も何も理解出来ませんわ・・・





文在寅政権がインド太平洋戦略で迷走
…安倍晋三首相提唱に不満? 中国を恐れ?
2017.11.10 

【ソウル=桜井紀雄】
韓国の文在寅政権が、トランプ米大統領が
7日の首脳会談で関与を呼びかけた
「自由で開かれたインド太平洋戦略」に
「不同意」や「協力の模索」を示すなど、
迷走を見せている。

中国の海洋進出に対抗するため、
安倍晋三首相が提唱した戦略なため、
中国の反発を恐れる文政権としては、
おいそれとは乗れないようだ。

「日本は、オーストラリア、インド、
米国をつなぐ外交ラインを構築しようとしているが、
われわれは編入される必要はない」

大統領府の金顕哲(キム・ヒョンチョル)経済補佐官が、
文在寅大統領の訪問先のジャカルタで9日、
記者団にこう説明したことが騒動を招いた。

別の大統領府関係者も
「日本が推進してきたもので、国際情勢を考慮すると、
参加は望ましくない」と述べた。

米韓首脳会談後の共同発表文には
「トランプ大統領は、米韓同盟がインド太平洋地域の
安全保障や繁栄のための核心軸だと強調した」と明記された。

にもかかわらず、韓国側は
「トランプ氏の一方的発言だ」と突き放したのだ。

韓国外務省報道官は9日、
「韓国の政策方向と一致する部分があり、
協力方法を模索していける」とし、
政府内で食い違いが表面化した。

インド太平洋戦略は、
安倍氏が2007年のインドでの演説をきっかけに昨年、
ケニアでの国際会議で表明。

トランプ氏も海洋進出を強める中国に、
アジア各国や豪州と共同して当たる新構想として相乗りした。

文政権としては、米国の提案だけにむげにはできず、
関係改善で合意したばかりの中国の
機嫌を損ねるわけにもいかない。

米中の板挟みになり、
「安倍は余計な提唱をした」との本音もにじむ。

結局、大統領府は
「適切な地域概念なのか、もう少し協議が必要だ」
と釈明した。



最新記事
メッセージ
  • ライブドアブログ