政治犯の菊政です。
私の長い耳が傍受した怪電波をお届けします。
怪電波は内容保存のため、
ウザイですが全文を掲載します。

米国 レイア姫の女優、体内からコカイン…死亡後の検視で

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

アメリカは麻薬の全面解禁に、
踏み切るような気がしてならない。。

売春もです。。。

取り締まるカネが無いから、解禁するという
後ろ向きな解禁になるような気がします。。。

 それが起きたら阿鼻叫喚。
 米国債の永久債化。。。が来ますでしょうけどね。。

アメリカ人て、、、眠る為に睡眠薬を飲み、
起きる為にコーヒーを飲み、
リラックスする為に麻薬を使い、
集中する為に禁止薬物を使い、
ご機嫌になる為にコカインを使い、
忘れる為にアルコールを使う。。。

フーゾクしたくなったら、男も女も相手を探します。
陽が暮れたら、相手を探すのが当たり前って
感じの人達もいます。。。

 人体もまた、薬代わりに使用しあうわけですわ・・

栄養補助でサプリメント、
スポーツクラブでプロテイン、
頭痛がしたらアルカセルツァ、
寒気がしたらイブプロフェンです。。。

 なんかおかしいぞ、この人ら。。。

・・と思った事を思い出します。。。


1


当の本人が一番辛かったでしょうね。。。


米国  レイア姫の女優、
体内からコカイン…死亡後の検視で
2017年6月20日

人気映画「スター・ウォーズ」シリーズの
レイア姫役で知られ、昨年12月に60歳で死去した
米女優キャリー・フィッシャーさんについて、
米メディアは19日、体内からコカインなどの
薬物が検出されたとする検視記録の内容を報じた。

ほかにヘロインや合成麻薬MDMAも検出された。
これらの薬物が死亡にどう影響したのかは不明。
ロサンゼルス郡の検視当局は
睡眠時無呼吸や薬物の使用が死因としていた。

フィッシャーさんは昨年12月23日、
航空機内で体調を崩して救急搬送され、同27日に死亡した。

フィッシャーさんは生前に
薬物依存などの体験を明らかにしていた。

 

【ロンドン火災】 「長年の放置」が原因=ロンドン市長

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

ロンドン市長の方が
メイさんより政治センスがありますね。。

>カーン市長は18日付の
>英日曜紙オブザーバーに寄稿し、
>」1960年代から1970年代にかけて
>全国に建てられた高層公営住宅を
>すべて建て直すべきだと提案。

>それが実現するかどうかが
>「この悲劇の決定的な顛末(てんまつ)」
>となるかもしれないと指摘した。


「全国の高層スラムの建て直し」って、
「低所得者に罰を与える」行為を
やめるという意味ですから。。

スラムを国の一箇所に寄せて地区ごと封印する事はできません。

火災のあったケンジントン・チェルシー地区は、

>国内でも「最も金持ちの区」

。。かも知れませんが、
地区の底辺労働をしているのはスラムの住民です。。
清掃やメイドや運転手といった辛いサービス業です。。

「金持ちの区」だって、ゴミの始末はアサイチですから、
誰かが近くから出勤して来る必要があります。。

 「金持ちの区」だから家賃は高いぞ! エッヘン!

。。。でも構いませんが、高い家賃を平然と払える人は、
清掃やメイドをやりませんから、
そこはサービス無しの地区となり果てます。。。

 無価値地区になるんですよ。。

なので、どんな「金持ちの区」にも、
スラム高層があるわけです。。

しかし「低所得者への罰」もしくは「当然の扱い」として、
「長年の放置」ですから、本末転倒なんですよ。。


東京は港区など、特定の地域の家賃が高額ですが、
なぜか家賃は高額地区を焦点とした同心円状態です。。

 アサイチ出勤は難しいと思いますよ。。。

高額家賃地区に早朝から働きに出る人々は、
かなり離れた所から、長い通勤をしています。。
つまり、始発通勤です。。。

早朝というのは深夜と同じなので、
始発で肉体労働に出る人々は、
生活サイクルの乱れと疲労の積み重ねになります。。

 なので体が持たず、やめてゆく

東京の高額家賃地域の肉体労働が、
常に人手不足なのは、
イギリスのように、
「スラムを作ってあげる最低限の親切心」すら、
無いからなんですよ。。。



【ロンドン火災】 「長年の放置」が原因=ロンドン市長
2017年06月19日

ロンドン西部の公営高層住宅
グレンフェル・タワー(24階建て)を
襲った大火事について、
ロンドンのサディク・カーン市長は18日、
地元行政当局や政府による「長年の放置」が原因で、
「防げる事故だった」と批判した。

政府は、住まいを失った人々に一世帯あたり、
5500ポンド(約78万円)を
緊急援助資金として提供すると明らかにした。

現場近くのセント・クレメンツ教会で
開かれた追悼式に出席したカーン市長は、
「みんな怒っている。火事直後の区役所や
政府のお粗末な反応に怒っているだけでなく、
区役所に長年放置されてきたことに。
自分たちの心配を区も政府も理解していないし、
気にかけていないという思いが強い」と述べた。

市長はグレンフェル・タワーの火事を、
国家的な対応が必要な国家的な災害だと述べ、
「この地区の人たちは、政治家のおべんちゃらに
飽き飽きしている」と付け足した。

ロンドン警視庁はこれまでに、
少なくとも58人が死亡したと発表している。
BBCの取材では、約70人が死亡した
恐れがあることが分かっている。

スチュアート・カンディ警視長は、
「行方不明報告のない人たちが
まだ建物内にいる可能性は
検討しなくてはならない」と述べ、
さらに犠牲者の数が増えるおそれがあると示唆した。

警察は建物内の様子を示す
複数の写真を新たに公開。
カンディ警視長は、「火災による状況は
、筆舌に尽くしがたい。そのため、捜索活動は
あと数週間はかかる長い作業となる」と述べた。

グレンフェル・タワーを所管する
ケンジントン・チェルシー行政区に対しては、
住民の多くが支援や説明が
不足していると批判している。

テリーザ・メイ英首相と面会した住民団体は、
区の委託で公営住宅を管理していた団体について、
「悲劇の後に姿がまったく見えない」と批判し、
「今回の悲劇に至る長年の管理体制の問題について、
住民がいかに怒っているか、首相に伝えた」
と明らかにした。

ニコラス・パジェット=ブラウン区長は、
住民の怒りは理解できるものの、
区の職員は14日以来「昼夜を問わず」
対応に取り組んでいると説明した。

さらに、出火原因と、なぜあれほど速く
燃え広がったのかは、
区としても知りたいところだと述べた。

さらに、火事は一つの区役所が
単独で対応するには規模が大きすぎ、
区役所が現場にいない、あるいは関係機関と
連携していないという批判は不正確だと反論した。

救援作業の応援に政府も公務員を派遣している。

18日午後には現場周辺で複数の政府職員が、
蛍光色の上着を着て支援活動にあたる姿が見られた。

■500万ポンドの緊急基金■

テリーザ・メイ英首相は16日に、
500万ポンド(約7億円)の
「グレンフェル・タワー住民裁量基金」の創設を発表。

家を焼け出された住民に対して、
3週間以内にできるだけ近隣に新居を提供し、
その間は仮住まいの費用を負担し、
さらに必要な資金援助を提供するというもの。

週末にかけて、基金からどのように
住民に資金が提供されるかの詳細が発表された。
一世帯当たり現金500ポンド(約7万円)
が払われるほか、5000ポンドが振り込まれる。

仮住まい先に避難した人への支援金や、
葬儀費用の支援も提供される。
また、出火原因に関する公開調査に参加する住民には、
弁護士費用の支援も用意される。

さらに、救急職員の心の健康ケア費用として、
150万ポンドが追加で用意される。

メイ首相は、「政府は今後の厳しい数日、
数週間、数カ月、そして数年にかけて、
被害に遭ったすべての人を支援するため、
引き続き最善を尽くす」と述べた。

救援対応をまとめるため、
新たに「グレンフェル火災対応チーム」が設置された。
行政区と中央政府、赤十字、ロンドン警視庁、
ロンドン消防庁で構成され、
近くのウェストウェイ・スポーツ・センターでは
24時間体制で、スタッフが常駐する。

カーン市長は18日付の
英日曜紙オブザーバーに寄稿し、
1960年代から1970年代にかけて
全国に建てられた高層公営住宅を
すべて建て直すべきだと提案。

それが実現するかどうかが
「この悲劇の決定的な顛末(てんまつ)」
となるかもしれないと指摘した。

フィリップ・ハモンド財務相はBBC番組に出演し、
グレンフェル・タワーの大規模修繕工事の際に
何かの基準に違反していたかどうかは、
刑事捜査で明らかになると述べた。

野党・労働党のジェレミー・コービン党首は
英ITVの番組で、ケンジントン・チェルシー行政区は
国内でも「最も金持ちの区」ではあるものの、
「これほど大規模な危機には対応できない」
ようだと話した。

友人の写真家ハディージャ・セイさんを
火事で失ったデイビッド・ラミー下院議員(労働党)は、
グレンフェル・タワーの修繕と管理に関する
全資料を保全するよう呼びかけた。

炎がなぜ瞬く間に建物全体に燃え広がったのかについては、
大規模修繕で使われた外装材が原
因ではないかと広く取り沙汰されている。

 

国際銀行間通信協会の役員、フィンテック勢けん制

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

ログインしないと全部が読めない記事ですけど、
だいたいわかります。。。
(菊政はログイン嫌いなので、ログインしないんです。。。)

えーっと・・・
どこのおっさんだか知りませんが、

>フィンテック勢けん制 

。。したわけですね?


IT屋抜きで、銀行がどうやって生きてゆくつもりか、
興味深いですが、、、そもそも論でいきましょうか。。。

日本国内は金利ゼロですよ。。

イコール投資先ゼロです。。。

 せやから住宅ローンとかサラ金とか、
 ネチネチした手数料とか、自分の元本を食うだけの投信とか、
 一方的で卑怯なものにたかっていたわけでしょうが?

投資先が無いなら、銀行には決済業務しか残らないですよ。。

投資・融資は、人間の従業員の判断力が必要ですけど、
決済業務は自動化が可能なんですわ。。

んで行き着く先がブロックチェーンですから、
(だwかwらw、今の子にプログラムを教えても、
 成長する頃には無駄技術に成り果てる)
サーバー管理すら要らない。。
「サーバーに相当するのが、あんたの機やで」。。。

するとなると銀行は保険屋に成り果てる。。。

 あなたのポイント。。円に交換します保険

人間どころか、ATMすら要らないですね。。?

んでIT屋はポイントの流通を支配する。。
IT屋は立ち回れるが、銀行は無人の保険屋と化すわけですよ。。

 へんなたとえですけど。。。
 日本年金機構だって、年金を税化してマイナンバーすれば、
 20211人いる人員なんか、20210人リストラして、
 一人いれば十分でしょ?
 入ったゼニを月にいっぺん、
 GPIFにポンすりゃいいわけだから、
 ボタン押し係が一人いりゃ十分な勘定。。
 
 人員一名なら、年金の信用度は上がりますよ。。


それと同じで、銀行も爆発的にリストラすると、
株価は上がるわけですわ。

どこの企業もですよ。。
リストラすると株上がる。。
自動化・無人化すると株上がる。。。 

この仕組みである以上、株価がいくら上がろうとも、、
GDPが増えるわけないんです。 

んでGDPが増えないから、インフレせず金利も付かない。。
総てが死に絶えるまで、この無限ループ。。。 

 これが仕組みなんですから、
 さっさとカネなんか配ってしまえばいいんですよ。。。

 グローバル化と自由化(効率化)で、モノとサービスの値段を
 無に近いほど叩き落してしまえば、
 今あるゼニのモノに対する為替も上がるから、
   配るゼニが小額でも、
 死線をジャンプで乗り越える事が出来る

 モノの値段を人為的に吊り上げている公務(員)も、
 最低限を残して根絶やしにすればよい。
 あれらの無駄業務を維持する為に費やされている資源を
 考えてみればいい。。

 たとえば天下りは、モノとサービスの値段を上げて、
 質を劣化させるんです。。


 官製インフレなんか、すべきじゃないところに来ていますよ
  



国際銀行間通信協会の役員、フィンテック勢けん制 
2017/6/19

世界で銀行間取引の情報インフラを担う
国際銀行間通信協会(スイフト)の役員で、
アジア・太平洋地域を統括するアラン・ラース氏が来日し、
日本経済新聞の取材に応じた。

金融とIT(情報技術)を融合した
フィンテックの台頭で、国際送金にも変革の波が押し寄せる。
ラース氏は「顧客の期待に応えるため
技術革新を目指す」と新興勢力をけん制した。

スイフトは専用回線で膨大な決済情報を管理する。
スイフトを通じ取引される金額…

続きはログイン・・・


 

ロンドン 車両1台が突っこみ多数のけが人 1人拘束

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

おやま。
随分と都合の良い路上犯罪が発生しましたね。。

これは自然な路上犯罪でしょうか?

ロンドン火災は「資本主義vs低所得層」の闘争に
なりかけていました。。

 それよりは「テロ」の方がマシですわね?


菊政は、このテロは官製だと感じます。。
やらせですね。。

「資本主義vs低所得層」の方が、
「ムスリムヘイト路上犯罪」よりも遥かに危険で深刻ですよ。。

 原発暴走と家屋火災くらい違う。。。

ロンドン高層住宅火災という「資本主義vs低所得層」を、
イギリス当局が、「ムスリムヘイト路上犯罪」で
爆風消火をはかったとしか思えませんわ。。

このやらせ・・成功するでしょうか。。?
日本からだって見え見えですから、
現地はもっと敏感でしょう。。

 自分達のプリンセスでさえ殺す国ですからね

 この路上犯罪が描き出す図式は、
 「ロンドン火災の犠牲者層は、
 ムスリムを無差別襲撃する犯罪者」
 。。。です・・

「資本主義vs低所得層」を「低所得層vsムスリム」に
置換する矛先逸らしにしか見えませんわ。。。 


菊政は、極端は申しておりません。。。

 それが政治の文脈だと思うのです。。。



ロンドン 車両1台が突っこみ多数のけが人 1人拘束
2017.6月19日

イギリスのロンドンにある
イスラム教の礼拝施設モスクの近くで19日、
車両1台が歩行者に突っ込んで多数のけが人が出て、
ロンドン警視庁はこれまでに
1人を拘束したと発表しました。

イギリスのイスラム教の団体は、
モスクから出てきたイスラム教信者を
無差別に狙ったものだとして非難しています。

ロンドン警視庁によりますと、
19日午前0時20分ごろ(日本時間の午前8時20分ごろ)、
ロンドン市内で車両1台が歩行者に突っ込みました。
多数のけが人が出ており、
1人を拘束して調べているとしています。

イギリスのメディアは、目撃者の証言として、
少なくとも10人のけが人がでているとか、
3人が重傷だなどと伝えていますが、
詳しい状況はわかっていません。

現場はロンドン北部の移民が多く居住する住宅地で、
イスラム教の礼拝施設モスクの近くで、
礼拝を終えて建物の外にいた人たちに
バンが突っ込んだと伝えられています。

これについて、
イギリスのイスラム教の団体の幹部はツイッターで、
「バンが信者たちを意図的にひいたと聞き、
ショックと怒りを覚える」と投稿し、
イスラム教の信者を無差別に狙ったものだとして
非難しています。

イギリスでは、このところ
イスラム過激派の影響を受けた人物によると見られる
テロが相次いでいますが、
ロンドン警視庁はこれまでのところ、
テロかどうかなど詳細を明らかにしていません。

今回はイスラム教徒が
標的とされた可能性があることに、
衝撃が広がっています。

■目撃者「車に3人乗っていた」■

車が突っ込んだイスラム教の礼拝施設の
近くにいたという男性は、地元のメディアに対して、
「礼拝施設の近くに様子を見に行くと、
車両には3人乗っていて、1人が警察に捕らえられ、
2人は逃げた」と話していました。

また、メディアの中にも、車両には3人が乗っていて、
2人が逃げている可能性があると伝えているものもあり、
警察が詳しく調べています。

■現場周辺は■

現場はロンドン北部のフィンズベリ-パーク周辺で、
さまざまな国籍のコミュニティーがあり、
移民が多く暮らしている住宅地です。

目撃した女性のひとりはアメリカCNNのインタビューに対し、
モスクが近くにあって、ラマダン期間中のため
人が多く出歩いていたと話しています。

■官房長官「邦人被害 確認されていない」■

菅官房長官は記者会見で、
「現在、英国当局が事件の背景を含め捜査中であり、
負傷者数などの詳細は承知していない。
在英国日本大使館を中心に情報収集を進めているが、
現時点では、邦人の被害は確認されていない」
と述べました。

■テロ事件相次ぐイギリス■

イギリスではここ数か月間、
テロ事件が相次いでいます。

ことし3月にはロンドン中心部の議会議事堂の近くで、
男が車で歩行者を次々にはねたあと
ナイフで警察官に襲いかかり、
5人が犠牲になる事件が起きたほか、
4月にも議会議事堂前から首相官邸につながる大通りで、
刃物を隠し持っていた男が
テロを企てた疑いで警察に拘束されました。

また、先月には中部マンチェスターで
大勢の観客がいるコンサート会場の付近で
自爆テロが起き、若者など22人が死亡しました。

さらに、今月にはロンドン中心部の橋の上で
3人の男が車を暴走させ歩行者を次々にはねたあと
近くの市場にいた人々をナイフで襲い、
合わせて8人が犠牲になる事件が起きています。



中国が最も「御しやすし」とした歴代首相は鳩山由紀夫

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

うーん。。。

中国にとって一番、安心して見ていられたのは、
小泉首相だと思いますよ。。

 なんせ日本と自民党破壊に余念が無かったから、
 安心感倍増セールだったでしょう。。。

逆に鳩山さんは気味の悪い相手だったでしょうね。。

気味が悪いから中国は日本を叩いたわけで、
相手が「傘下」なら、普通、温存しますよ。。

 中国側から見れば、
 自分(中国)が、相手(日本)に飲まれるのは厭

 日本側から見ても、中国に飲まれるのは厭

 つまりお互い、ツノ突き合わせている時が、
 一番、安心していられる時なわけで。。
 「微笑まないのが最大の礼儀」。。という時もあるですよ。。
 (日中間では、です。 コリアンは論外)

 しかし微笑んだのが、空気読まない鳩山さんだったわけで・・・ 


日本が自分よりガタイの大きい中国を、
飲んでみせる才がある事は、帝国陸軍が証明している。。

(今でも中国に対する感化力が半端無いんですよ、日本て。

 中国人を「感化(教化)」すべきは共産党ですから、
 中国当局から日本への攻撃が止まらないわけでして。。。

 民間レベルの中国人が日本人とコトを構えたという話は
 殆ど無いでしょう? 官製デモとかを除けば)

中国が日本に敵意満開なのは、根底に恐怖心があるからで、
そこら辺は見誤らない方がいいです。。。

 逆に、日本への奇妙な愛着もあり、
 中国人が己の見てくれを気にする唯一の相手は
 日本だと思う。。

 ヨーロッパ人になんか、どう思われていいと、
 中国人は割り切っていると感じますので。。

 
今現在、AIIBに鳩山さんがお席を得ているのは、
当時とは事情が異なると思う。。

 鳩山さんを接着剤に使おうとするくらい、
 中国側もテンパっているわけですわ。。。

中国がキャンキャン吠えている間は安心していられる。。

 中国が微笑みだしたら、その時はやばい・・・



 
中国が最も「御しやすし」とした歴代首相は鳩山由紀夫
2017.06.15 

したたかな外交戦略で日本を揺さぶり続ける中国。
彼らにとって最も御しやすかった平成の首相は誰か。
産経新聞外信部次長・矢板明夫氏が解説する。

 * * *

中国が「御しやすし」とした歴代首相の筆頭は
間違いなく鳩山由紀夫である。
私は2009年10月に北京で開かれた
日中韓サミットを取材したが、
このとき鳩山は突如
「日本は今まで米国に依存しすぎた。
これからは中韓と仲良くする」と宣言した。

これには日本政府関係者ばかりか
中国の温家宝首相まで唖然とした。

正体不明の「東アジア共同体」構想を掲げる
鳩山は東シナ海のガス田開発問題でも、
中国の胡錦濤国家主席に
「東シナ海を“友愛の海”にしよう」と呼びかけるなど
親中発言を連発した。

頼んでもいないのに中国が期待する政策を
連発した鳩山政権時代、中国の野心は膨張した。
その後の安倍政権が対中で強硬な態度を取ると、
中国は「安倍は軍国主義者だが
日本の民意は鳩山にある」など、
自らを正当化する手段として鳩山を今なお利用している。

ちなみに鳩山政権の“最大の実力者”と言われた
小沢一郎も中国とズブズブの関係だ。
2009年12月に当時国家副主席だった習近平が来日した際、
「30日ルール(*)」を破って
天皇陛下と会見させた件は記憶に新しい。

【*国要人が天皇との会見を希望する場合、
当日の30日前までに文書で申請することを求めた
宮内庁と外務省間の取り決め。】

その後の菅直人は前任者の反省から
対中政策を若干厳しくした。
2010年9月、尖閣諸島沖で起きた
中国漁船衝突事件では、
海上保安庁の巡視船に衝突した中国漁船船長を逮捕。
法に則り粛々と対処する姿勢を見せた。

だがこの時、中国の常套手段が出た。

彼らの対日外交は、持ち金を全て賭けて勝負に出る
“オールイン”という手法が特徴である。

事件後、中国は首脳級から民間までの
交流を全てストップするだけでなく、
何の関係もない「フジタ」の社員を拘束して
レアアースの輸出を停止した。

このオールインに恐れをなした菅は
那覇地検に責任を擦りつけ船長を釈放。
中国の恫喝外交が完全勝利した。

自民党政権も民主党政権とさほど変わらない。

中でも国際社会で中国を利した平成初の首相は海部俊樹だ。

1989年6月4日の天安門事件後、
中国のイメージが失墜し国際社会がこぞって制裁措置を取る中、
海部は世界に先がけて対中制裁を解除した。

海部に続く宮澤喜一は、反対が多数を占めた
天皇皇后両陛下の訪中を閣議決定し、
天安門事件で四面楚歌の中国に突破口を与えた。

一連の動きの背景には、
自民党の親中派議員の働きかけがあったとされる。(文中敬称略)

●やいた・あきお/1972年中国天津市生まれ。
15歳のときに残留孤児2世として日本に引き揚げ。
慶應大学卒業。松下政経塾塾生などを経て
産経新聞社に入社。

2016年まで約10年間北京特派員として中国に駐在。
『習近平 なぜ暴走するのか』(文春文庫)
などの著書がある。

 

ついにメガバンクに「大失職時代」がやってきた!

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

あらまあ。
年収1千万、2千万さん、どうしましょ。。

国債を売り買いだけして、カネを日銀に眠らせて、
付いた利息をしゃぶって、ATMが吐き出す紙っぺら一枚に
100円の手数料を取ってりゃ、
そりゃ「要らない人」って事になりますわ。。。

「マス」は要らない。。。とか、
ぞんざいな態度を取っていたら、
そりゃ「マス」の方でも要らない。。になっちゃいますよ。。

 新聞のネット記事と同じ。
 ネットに記事を載せれば、新聞の値は下がるが、
 だからといってネットに載せなければ、
 存在自体を忘れられて終了。。。


AIがどうのこうのではない。

印鑑と元号が発生させる無駄作業で食ってる、
公務員と全く同じ。

 ただ要らないだけ

じゃあ、って事で始めたのがサラ金でしょう?

 人々に生活費を借金させて食っていこうって腹

手下も同然のサラ金は年利30%でしたよね?

んで投信と来た。。。 投信ですよ!
あのアホみたいな投信!

 笑えるほどの薄汚さですよ

よくもまあ、そんな事が出来るものだと、
逆に感心しますわ。。

貸し先が無くなったのは、
借り手の所為じゃなし。。

どうとでもおなりなさいな。。。


・・と言うか。。。
行員を目指した。。。までなら話はわかる。
(今から16年前までなら、、、の話ですけど。。)

でも「住友」って時点で話は終わってません?

客にカネを貸さない銀行が、
従業員にカネなんか費やすわけが無いじゃないですか。。


>メガバンクはフィンテック企業に投資することで
>果実を手にする戦略だが、失敗すれば、
>逆にIT企業に銀行が侵食される恐れもある。

侵食される以外に、道なんかあるんですか?

人々は行員を食わす為に存在しているわけじゃない。
モノを売ったり買ったりしたいから、
カネに触ってるだけですけど?


 

ついにメガバンクに「大失職時代」がやってきた!
2017.6.19

三井住友銀行の「4000人配置換え」は
「銀行員にもう仕事がない」ことを証明している 
――超低金利と「手数料目当て投信」の販売禁止で、
稼ぐ方法も手段も見失ってしまったのだろうか…。

■超優秀なAIに仕事を奪われる■

「私はこれから何をすればいいのですかね……」

大手信託銀行に勤める職員(40代後半)は
喫煙所でこう呟いた。彼は20年にわたって
都内の支店で勤務してきた内勤のベテラン職員だ。

営業マンが顧客からもらってきた契約書などの
書類の内容に誤りがないかをチェックしてきた。
このチェックを経ないと、上司に書類が渡らず、
決済ができない仕組みだった。

その仕事がなくなる。

この信託銀行では、人の手による書類チェックが
今年度から段階的に廃止されることになったからだ。
同行の課長(50代)が話す。

「彼らは現場を経験し、
どこにどんな誤りが潜んでいるのかを
知り尽くした人材です。

たとえば、融資や投資の実行日が休日になっていないか。
投資商品ならば、顧客の資産や年収に比べて
無理な取引になっていないか。
ハンコやチェックが漏れていないかなど、
その確認は細部に及びます。

これまでの銀行業務では、
そうした長年の経験の積み重ねによって
培われた能力が必要でした。

しかし、今後は書類が電子化され、
手書きの書類がなくなってしまうんです。
営業マンは各自タブレット端末を支給され、
そこに必要事項を打ち込んでいく。

コンピュータが入力ミスなどを指摘して、
その場で完璧な書類ができあがる。
後はそれを上司に転送するだけ。

これまで重要視されてきた仕事が、
IT化によってあっさりと必要なくなってしまう。
実に残酷な話です」

書類のチェックにあたっていた職員は
全員の配置換えが決まった。
どの部署に異動するかはまだ決まっていない――。

冒頭の職員はこうぼやく。

「新しい職場で能力を活かしてほしいと言われても、
私はこの仕事を20年やってきたんです。
これから新しい知識や技術を
一から覚える気力はありません」

銀行員の仕事が激変している。
これまで人の手によって行われてきた仕事が、
コンピュータに取って代わられていく。

今後、銀行の業務に導入されていく人工知能、
AIは金融業に変革をもたらす。
AIは単なるプログラムではない。
自ら学び、進化していく。
周知のとおり、囲碁では世界チャンピオンをAIが負かし、
今後、二度と人間は勝てないと言われている。

定められたルールと情報を入力すれば、
人間の知能とは比べ物にならないスピードで
「正解」へとたどり着くのだ。
その能力は、金融業という分野でも
圧倒的なパフォーマンスを発揮する。

その結果、ダブついた人員は行き場を失い、
閑職に追いやられる。
彼らを組織内に抱えるだけの体力があるうちはいい。
だが、長くはもたない。

予兆はすでに表れている。
今年4月、三井住友銀行は銀座の新名所
「ギンザシックス」内に次世代型の店舗をオープンした。
この銀座支店の特徴は「ペーパーレス」で、
従来の店舗にあった記帳台などは設置していない。

その代わりに特殊な端末によって
サインの筆跡や文字を書くスピードを読み取って
本人確認をするため、印鑑を使わずに
口座開設や預金の引き出しなどができる。

三井住友銀行は今後3年間で、
全店舗をペーパーレス化し、相談業務を中心とする
次世代型の店舗に移行する。

事務作業は事務センターに集約し、
AIなどを使って作業の効率化を図ることで、
約4000人を新たな事業部門に移すという。

同行の40代の中間管理職は不安げだ。

「店舗が減らないとはいっても、
これまでどおりの仕事ではなくなるでしょうから、
自分のこれまでのスキルでやっていけるのか、
漠然とした不安はあります。
同期の行員数人と飲んだときにも、
AIに関する話題が出ました。

『客からの照会にロボットが対応するようになったら、
俺は銀行にとって必要のない存在かも』とか、
『企業の与信審査をロボットがやるようになったら、
俺も要らない』など……」

■手数料ビジネスの終焉■

こうした危惧は間違いなく近い将来に現実のものとなる。
これまで銀行は顧客から預金を集め、
それを運用することで儲けるビジネスモデルだった。

ところが、成熟を迎えた日本経済の中で、
有望な投資先など、そうあるものではない。

メガバンクでさえ、大幅な収益減に苦しむ。
5月に出揃った'17年3月期決算では、
三菱UFJフィナンシャル・グループと
みずほフィナンシャルグループの
実質業務純益はそれぞれ8484億円、4943億円と、
2割超の減益となった。
三井住友フィナンシャルグループは
前期比プラスだったものの、
'18年3月期は減益になる見込みだ。

これまでは積み上がった預金を国債購入にあて、
金利を受け取ることで糊口をしのいできたが、
日本銀行によるマイナス金利政策によって
利ザヤはどんどん小さくなっていく。

そこで、金融機関が目をつけたのが、
手数料ビジネスだった。

「各行は積極的に投資信託や保険商品を売るようになり、
それで儲けを出すようシフトしていきました。

ところが、金融庁から販売手数料が高すぎると指摘され、
手数料率の開示など、様々な注文を出された。
販売時の説明も今まで以上に
丁寧にすることが求められています。

事務手続きが増えれば、収益は下がるわけで、
今後はますます厳しくなっていくでしょう」
(大手行企画部門社員・30代)

もう一つ、このところの銀行が
収益の核に据えてきたのが、不動産ローンだ。
元富士銀行行員で『銀行員大失職』などの
著書があるディー・ディー・マイスター代表の
岡内幸策氏が言う。

「地方銀行は、住宅ローンやアパートローンを
積極的に売ってきました。
ただ、銀行間の金利競争が激しくなり、
利益が出なくなった。

そこで、アパートローンを組む顧客を
建築業者に紹介する見返りに手数料を受け取っていた。
建築請負額の3%もの紹介手数料を要求する
地銀もあるというのですから、これはやり過ぎです。

顧客への融資をネタに
建築業者からのキックバックを受け取って稼ぐとは、
金融機関として本末転倒も甚だしい。
金融庁はこうしたアパートローンを問題視して、
是正を促しています」

この数年、銀行が収益源として力を入れてきた
カードローンも社会問題化しつつある。

年収の3分の1までしか貸せない
消費者金融に取って代わり、
規制のかからない銀行は貸出額を増やしていった。

「超低金利下で、
10%を超える金利収入はあまりに魅力的です。
しかし、厳格な審査もなく、担保も取らないで
年収の3分の1以上の金額を
貸しこむこともあるのですから、いずれ、
かつての消費者金融のような大問題になることは、
銀行幹部なら誰でもわかっています」
(メガバンク元幹部)

融資でも稼げず、手数料ビジネスも
早晩行き詰まる可能性が高い
――銀行という業態自体が袋小路に入っている。

■ローンの審査もAIで■

そこで各行が目をつけたのが流行りのAIだ。

経営コンサルタントの加谷珪一氏がこう話す。

「銀行はこのままではジリ貧なので、
できることはコスト削減しかありません。
彼らにとって、AIは新たなビジネスチャンスを生み出す
前向きな取り組みではなく、
あくまで人件費削減のための取り組みなんです。

たとえば、コールセンターでは
AIの導入が始まりつつあります。
AIが顧客の会話内容などを分析し、
それに沿った資料や回答を用意してくれる。
問い合わせへの対応速度が劇的に上がるので、
人員削減につながります。

また、融資の審査に使うスコアリング
(信用力の数値化)もAIで自動化されれば、
時間も手間も大幅に削減できる。

とくに住宅ローンの審査などは
現状でも機械的に判断しているので、
AIを活用すればむしろ正確さは増すでしょう」

メガバンクはフィンテック
(ファイナンスとテクノロジーを合わせた造語)の導入に積極的だ。
みずほフィナンシャルグループの
デジタルイノベーション担当・山田大介常務はこう語る。

「'20年をメドにフィンテックの活用で収益を拡大し、
コスト削減を進めて1000億円の付加価値を生み出します。
フィンテックによって顧客の利便性を向上し、
社会コストを低減することに銀行として取り組み、
収益を上げていかなければなりません」

メガバンクはフィンテック企業に投資することで
果実を手にする戦略だが、失敗すれば、
逆にIT企業に銀行が侵食される恐れもある。

「米国ではアップルが決済機能
『アップルペイ』で、個人間の送金を
実現させることを発表したばかり。
このサービスを利用すると、銀行を経由しなくても
送金が可能になります。
日本でも銀行の存在感が薄くなり、
顧客が離れていく可能性がある」
(SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリストの藤本誠之氏)

フィンテックの導入を急ぐ金融業界の中で
存在感を増しているITベンチャー企業が、
クラウド会計サービスを提供する「freee」だ。

同社は、中小企業向けにインターネット上で
経理処理できるサービスを提供する。
'15年12月には三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行など、
11の銀行との協業を発表。

freeeの持つ会計データを元に
これまで手の回らなかった中小企業や創業支援など、
新たな融資先を開拓している。

すでに横浜銀行や鳥取銀行と組んで
具体的な融資サービスも始めた。

将来的には経理情報をデータ化して大量に蓄積し、
AIが分析することで、その会社の経営状態が
明確にわかるようになるばかりか、
どのくらいの資金需要があり、
かつ与信の程度が判断できるようになるという。

その判断を元に金融機関が投融資の判断を下すというのが、
同社が思い描く一つのビジネスモデルだ。

同社執行役員で社会インフラ企画部長の
木村康宏氏がインタビューに応じた。

「私たちの会計サービスが浸透することで、
たしかに今の銀行がしている仕事が
なくなることはあると思います。

ただし、うちのサービスは事務作業を省略し、
これまで手の回っていなかった分野を
やりきるためのツールだと思ってもらいたいですね。

これまで銀行では中小企業の担当者がいても、
各社の決算書を読み込むことに
人員を割くことはできませんでした。
そもそも銀行に担当者がいない中小企業もある。

大企業や高齢者が収益の中心である
銀行の今までのやり方だと、
中小企業への融資まで細かく見ていると
採算割れしてしまうんです。

そういった中小企業や創業支援の与信を、
私たちのクラウド会計サービスを使って
判断しましょうというやり方です」

■まず中間管理職が用済みに■

数多くの金融機関とタッグを組めば、
多くの企業の財務データが集まっていく。
融資の判断も同社の基準が元になっていく。

であるならば、自分たちで
手元資金を貸し付けたほうが
大きく稼げるのではないか。

今後、銀行の持つ融資という機能を、
freeeが奪うのではないか――。木村氏に率直に聞いた。

「将来的に当社のおカネで
融資するという選択肢もあると思います。

ただ、当面は難しい。
現在はどんどん作業が自動化していって、
余った人員を他のやるべきことに
振り分けていく状況だと思います。
当然、ある程度、作業の自動化が進むと
ついていけない人間が出てくるでしょう。
それは仕方ありません。

ついていけない人間が増えて
解雇せざるを得ない状況になったら、
もはやそれは銀行の問題というよりも、
社会保障の問題ではないでしょうか」

自分たちの居場所が
銀行からなくなってしまうのではないかと
怯える銀行員は多い。

みずほ銀行の管理職(40代)は心境をこう語る。

「単純な業務に関しては
人間よりもAIのほうが正確で速いに決まっている。
そうなると近い将来、これまでの銀行員が行ってきた業務は
大きく様変わりするでしょう。

今は個人の資産運用の相談業務には
行員が対応していますが、
すぐにロボットが対応するようになるはずです。
企業の有価証券報告書を分析する
アナリストの仕事も必要なくなるかもしれません。
また、資産運用を行うディーラーもいなくなり、
AIが売買するようになるかもしれません。

最近は店舗でも、ATMコーナーに
行列ができるほど混雑することはなくなりました。
現金は銀行でなくともコンビニで引き出すことができるし、
そもそもスマホなどで決済するケースも
増えているからでしょう。

銀行の店舗は街の中心地にありますが、
多くの人が現金を使わなくなれば、店舗は要らなくなりますし、
何台ものATMを置いておく必要もなくなる。
いずれ支店は半減してしまうのではないか。

私自身も近い将来、どんな仕事をしているのか、
想像もつきません」

融資の審査や書類の作成に携わってきた人員。
その書類にハンコを押すだけの中間管理職。
ある意味で、これまでの銀行業務の「中心」にいると
思われていた人材から用済みになる。

時代の流れとはいえ、
そこに割り切れない思いを抱く銀行員も少なくない。

■出向もできなくなる■

今後は、人間にしかできないと思われていた
投資に携わる仕事もAIが取って代わる。

米ゴールドマン・サックスは今年に入って、
'00年に600人いた株式トレーダーを2人に減らし、
AIに置き換えたと明かした。
日本の金融機関でも同じことが起こる。

そもそもバブル以降、銀行員は能力が低下していて、
失職しても仕方がない人材も多いと、
前出の岡内氏は指摘する。

「今の銀行員はお客のニーズに応えるという、
銀行本来の努力をしていません。
試しに投資信託を勧めてきた行員に、
細かい手数料の内訳などを聞くと、
途端に凍りついてしまいます。

今後、販売の現場ではAIを駆使して
相手に最適な金融商品を提案すると各行は口を揃えます。
それは結構なことですが、最終的に人間が必要なくなる。

バブル崩壊以降、
銀行は不良債権処理に追われて
前向きな仕事をしていない。
だから能力が低下したという意見もあります。

しかし、銀行に勤めていた私に言わせれば、
不良債権処理ほど勉強になった仕事はありません。
税務や法律にも詳しくなったし、
修羅場の人間力も身についた。
不良債権処理に真剣に取り組んだ者は
事業再生を含め、高いスキルを身につけました。

しかし、そういった人材を銀
行はきちんと処遇しなかったために、
能力が高い人ほど外資系金融機関など、
条件がいい職場に流出した。
しかも、フィンテックの進展で
人材のミスマッチが発生し、
時代の流れに適応できない人が
ますます増えます」

これまではそういった人材を
融資先や系列企業に天下りのように
押し込むことができた。

だが、銀行は融資額を減らし、
株式の持ち合いも解消しており、
これまでのように行内でダブついた
ベテラン行員に職をあてがうことはもはや不可能だ。

「世の中、人手不足といっても、
中高年で求人があるのは、コンビニの店員や警備員、
介護など限られた分野です。
しかし、これまで銀行員として
エリート然としてきた人ほど、
そうした仕事に就くことを嫌がる。

ある銀行の人事部員が言っていました。
AIでお客に最適な投資信託を選ぶのもいいが、
行内の余剰人員に対して、
『あなたの現在価値はいくらです』と
提示するのに活用してほしい。

面と向かって人事に言われると腹も立つが、
AIに言われれば仕方がないと思って
辞めてくれるのではないか、と」(岡内氏)

銀行員「大失職時代」は目前に迫っている。



「マクロン新党」、決選投票でも圧勝

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

マクロンさんに対する・・・
菊政のひっそりした期待に、
バックハンドブローを入れて下さったコメントを
ご紹介します。。。

>欧州連合を離脱しない以上
>ドイツにうまか棒にされるだけですよ。

いつに増して噛み応え十分ですわ、名無しさま(^▽^)/↑
(しかも表現が超面白いしw!)



直近の活火山情報。。。

・革命はフランスから
・戦争はドイツから
・2極化はロシアから
・新世界秩序はアメリカから
・ドイツはフランス・イギリスに勝てない。。

火口が生きてるなら、何か起こるんじゃありません?


マクロンさんがアンリ2世なら、
ザクセンとはうまくいきますわよ。。。





「マクロン新党」、決選投票でも圧勝
2017.06/19

フランスの国民議会選挙の第2回投票が18日に行われ、
マクロン大統領の新党「共和国前進」が、
過半数以上の議席を獲得し、
安定した政権基盤を築くことになった。

フランス内務省によると、各党の議席数は、
マクロン大統領が結成した新党
「共和国前進」グループが350議席、
右派・中道連合は131議席、
左派・社会党が29議席で、
「共和国前進」グループが、
過半数の議席を獲得し、圧勝した。

これによって、マクロン大統領は、
安定した政権基盤を確保し、政策の実行が容易になる。

また、大統領選挙で注目された極右政党
「国民戦線」のルペン党首は、
初めて国民議会議員に当選し、
党も、これまでの2議席から、
8議席に増やしている。

一方、投票率は、この60年間で最低を記録し、
現地メディアは、8カ月にわたる長い大統領選挙のあとで、
国民の政治への関心が薄れていたほか、
第1回投票で共和国前進が圧勝したことで、
今回投票に行かなかった有権者がいたという見方を伝えている。


 

2年前から理由なく怒鳴られ、風呂も入れず  男の我慢限界、平手一発で最悪の結果に

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

えーっと。。。

アパートの二階住まいの電気工さんが、
隣の区画に住む、おそらく経済的には十分な老婦人を
誤って殺してしまったという記事です。。。

その老婦人は、自立した暮らしを営んではいましたが、
(おそらく)精神異常であり、
ご近所の電気工さんを標的にして、
2年もの間、常軌を逸した誹謗、
罵声を浴びせ続けたそうです。。

電気工さんは、自室の入浴の音ですら、
老婦人の攻撃材料になるので、
お風呂に入らず、耐え忍んだそうです。
(引越し資金は無かったそうです)

2年経ったある日、いつもの罵声を浴びせられた電気工さんは、
老婦人に一発平手を入れてしまいまいた。

結果、脳に出血をきたした老婦人は死亡。。
老婦人の身内すら、電気工さんを哀れんだそうです。。
(幸い、執行猶予が付きました)


・・このお話。。。

菊政から眺めるなら、
老婦人は電気工さんを使って、自殺したのですよ。。
んで電気工さんは、(最悪の形で)自分の人生からの
救助を求めたわけです。。 社会にね・・・


オモテの思考、考え、決断は、その場の現実を作ります。。
オモテ面だけなら、電気工さん側は「忍耐」。
老婦人側は「電気工の排除」です。。

フロイトの言う「無意識」は、
オモテの、、たった一段下のレイヤーであるに過ぎない。。

フロイト的「無意識」では、電気工さん側にあったのは、
「惰性(問題に対処するのが面倒だから耐える)

老婦人さん側は「寂しい(=やる事・考える事が欲しい)


しかし、、、もっと深層には、
人類全部に繋がっている領域があると菊政は感じます。。
そこもレイヤー、「相」です。。。

そこでは「個人の生存」すら優先されず、
ただただ「取引(平衡力)」があり、
「個人(尊厳)」は意味をなさない。。

人の「思考・考え」は、この底の奔流からの、
ボトムアップの結果に過ぎないのではないかと思うのです。。

 人は何かを考えているのではなく、
 「自分に可能なサイズと解像度に翻訳された全体」
 を、ささやかに映し出しているだけ

マグマと、各種火口(個々人)の関係ですね。。

マグマにはマグマとしての使命(宿命)があるだけで、
自分のどこが冷えてて、どこが熱いか、
どこが地上に噴出していて、
どこが高圧のまま放置されているかなど、
頓着が無いでしょう。。。

「人類」という「全体」もそんなようなもんで、
マグマが「各種法則に従うこと」以外は無いのと同じで、
「人類(という全体意識)」もまた、
「存続すること。その為に必要な変化は厭わない」
・・だけだろうと思います。。。

その強烈な「全体の宿命」が、個々人の切実な望みや、
尊厳、生存さえも、“ディール”してしまうわけです。。

この点、「人類の功労者でない人間」など、
一人もいないと言っていい。。
(道徳化も法律化も不可能な考えですけど)


んで菊政は何を言いたいのか。。。

 人の存続を不可能化する「カネ」や「主義」など、
 生きながらえるはずが無かろうが。。

 このお婆さんは気のふれた被害妄想の「資本主義」サマやで。。

 んで電気工さんは「その他、おおぜい」やろが。。。


両者の間で・・・深層では“ディール”が成立していた。。。
・・・ように、菊政には見えます。。。



「相」が、「自動車事故の無い世界」を実現する為に、
何人の犠牲
(試行)が必要でしょうか。。。

「相」が、人の「性」に内在する問題を最適化する為に、
何人の犠牲(試行)が必要でしょうか。。。


では菊政は、何に祈っているのか・・・・

 
ロゴスです。。。



2年前から理由なく怒鳴られ、風呂も入れず 
男の我慢限界、平手一発で最悪の結果に
2017.6/15(木)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000523-san-soci

隣の住宅に住む高齢女性を殴って死亡させたとして、
傷害致死罪に問われた栃木県足利市緑町、
電気工事業の男性被告(46)の
裁判員裁判の判決公判が6月1日、
宇都宮地裁で開かれ、佐藤基(もとい)裁判長は
懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役5年)を言い渡した。

アパート暮らしの被告は約2年前から、
隣の一軒家に住む被害女性に
理由もなく怒鳴られるようになり、
黙って耐えていたが今年1月、
平手で一発たたいて転倒させ、死亡させたのだった。

「自分だけが我慢していれば…」。

裁判で浮かび上がったのは、最後まで他人に相談できず、
最悪の選択をしてしまった被告の姿だった。
一人で問題を抱え込んだ結果の代償は大きかったが、
被害者の親族を含めて同情的な証言が法廷で示され、
被告は人生をやり直す機会が与えられた。

人にけがをさせ、死亡させる傷害致死事件は、
国民から選ばれる裁判員裁判の対象だ。
判決によると、今年1月30日午後10時5分ごろ、
自宅前の路上で、隣の無職女性=当時(92)=の
顔面を殴って転倒させ、外傷性くも膜下出血などで
死亡させた。

被告は平成20年ごろから、
アパートの角部屋に一人で住み始めた。

隣の一軒家に住む被害女性が、
被告のアパートに向かって
怒鳴りつけるようになったのは、
27年8月ごろからだった。

「2階の男! 音がうるさい!」。

2階に住んでいるのは自分だけ。
被告は、自分が標的にされていると感じた。

検察側の冒頭陳述によると、
女性には精神疾患があったとみられる。

月1、2回の頻度で怒鳴られるようになったが、
被告は「引っ越しは金がかかるのでできない。
兄弟に迷惑をかけたくないから
カネを貸してほしいと言えなかった。

ひたすら我慢すれば、(女性が怒鳴るのを)
やめてくれるのではないかと思った」と耐え続けた。

日常音にも異常に気を付け、
ボイラーの音を出さないため、
風呂に入るのもやめた。

生活の中で少しでも音を立てると緊張するようになった。
「風呂に入りたい」。

だが、我慢に我慢を重ねた。

昨年12月末からは扉を叩かれ、
路上から怒鳴られるようになった。

事件前日の1月29日。

「毎晩うるさい」。

怒鳴られて、そう言い返した。
そして30日夜。「2階の男、降りてこい」。
1人で晩酌をしていた被告は、
ささやかな一日の楽しみを邪魔され、怒りがこみ上げた。
限界が来た。「今から行くから待ってろ」。

小走りに女性に駆け寄り、平手で顔をたたいた。
女性は路上に転倒。くも膜下出血などで死亡した。

公判で、検察側は被告に同情する
関係者の供述調書も読み上げた。
被害者の訪問看護師は
「女性は被害妄想を抱いていて、
隣のアパートに怒鳴り声を上げていた。
家に置いておくのは最良の方法ではなかった。
でも、『夫と一緒にいた家からは離れたくない』
と言って入院は拒んでいた」とした。

また、女性の息子は供述調書で、
「母は80歳を過ぎたころから、
『いたずら電話がかかってくる』などと言い始めた。
入院も拒んだ。私の妻に対しても
『通帳を盗んだ』『判子を戻してくれ』と言っていた。
今から考えれば、縄で縛ってでも入院させれば良かった。
隣の男性も被害者で、加害者は病気です」と、
被告への同情も示した。

弁護側による被告の父親に対する証人尋問では、
被告の半生が語られた。
被告は6人兄弟の長男。幼少期に母親が浮気し、
サラ金から4千万円を借りて男性にみついでしまい、
両親は離婚。

6人兄弟は母親に引き取られ、
被告は父親代わりに小学生のとき、
新聞配達を始めた。

中学卒業後は定時制高校に通い、昼間は会社へ、
夜は別のアルバイトをして家計を支えた。

弁護士に当時の被告について聞かれると、
父親は「不平不満は一切言わなかった」と、
肩を震わせて一気に泣き出した。

傍聴席でもハンカチで目頭を押さえる人がおり、
すすり泣く声が聞こえた。
「我慢強い性格。何一つ問題を起こさない。
今も変わっていない」。

事件後に被告に面会した時も、
変わらぬ大人しい様子だったという。

「なぜ周囲の人に相談できなかったのか」との問いに、
父親は「自分で全部引き受けて…。
兄弟には迷惑を掛けたくないと思ったのでしょう。
相談してくれれば良かったのに」と、
被告の性格を推し量った。

幼少期から母子家庭の6人兄弟の長男として、
愚痴もこぼさず、ひたすら真面目に働いてきた被告。

裁判の中でも、女性被害者からの罵詈雑言に
「自分だけが我慢していれば」と
思っていたことを繰り返し証言した。

執行猶予付き判決を言い渡した佐藤裁判長は、
被告に対し、「これで刑事裁判は
一定の区切りとなったが、まだ人間として
やるべきことがあるはず。心配している親族のために、
恩返しをする形で生きてください」と説諭した。

被告は深く一礼して椅子に腰掛け、
顔を真っ赤にして、声も出さずに泣き出した。

裁判終了後、4人の裁判員が記者会見に出席した。
40代の女性は「被告は物静かな感じで温厚そうだった。
被害者に対する怒りに同情した」と話した。

隣人同士のトラブルが、
死亡事件にまで発展した最悪のケースだった。
幼少期からの我慢強い性格は一方で、
誰にも相談しないという悪循環につながった。

それでも、裁判長の言うように、
「物に当たってもいいから人を殴ってはいけない」
と踏みとどまれなかったのか。

被害者の無念の思いも背負い、生きてほしいと思う。

 

仏総選挙 マクロン派が勢い増す 決選投票始まる

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

この人って、確か社会党出身なんですよ。。

社会党→無所属→自分の新党。。。です。
その新党が躍進してるというニュースですわ。。

んで確か・・フランス社会党の政策が、
ベーシックインカムやロボット課税なんですけど、
マクロンさんの政策も、殆ど変わらないはずです。。

んじゃなぜマクロン氏が大統領選挙で、
社会党から立候補しなかったか、、、ですけど、
オランドさんもそうですけど、社会党は所詮、社会党。。

 臭いんですよ・・

じゃあ、って事で右を向きゃ、
極右のルペンさんしかいないわけでしょ?

 やっぱ臭い・・

という風にフランス人のお鼻が反応すると、
マクロン一択になるという空気かな。。。と。

マクロンさんは新自由主義者とか、
グローバリストと言われてますけど、
イマドキ政策がそれだけじゃ支持されないです。。。

しかし・・・不思議な事に、この人の政策は、
日本では確たる報道がなされていないんですよ。。

 ここは一発、、、
 菊政と同じ決意をしたヘーゲル学徒(投資銀経験アリ)が
 立ち上がったと思いたい。。。


菊政の考えはシンプルです。。。

 ①カネを配れ。それしか方法は無い

 ②その為に、グローバル化と自由化を、
 逆に超特急で進めてしまえ (でなきゃカネも配れないから)

②。。だけを見せれば、
グローバリストで新自由主義者にしか
見えませんわね。。。


映画「スピード」って、ございましたよね?

・チンタラ走れば爆発する
・急いで走れば事故って止まるから、やはり爆発する

。。↑・・の状態のバスの指揮を執る事になった
主人公ジャックは、、、走行中の高架の高速に
「先が無い(道が一部未完成で、崖になっている)」と悟った時、
逆にアクセル全開を選択しましたやんか。。

 仕掛け爆弾の付着したバスをトップスピードに乗せて、
 高速の「先が無い(道が無い)」部分を、
 ジャンプして飛び越して、向こう岸に着地したんですよ。。

s1

s2


経済でも同じ事が可能ですよ。。

 その時は、ジャックがそうしたように、
 ジャンプする為に乗客の配置を工夫すると同時に、
 着地の衝撃でケガをしないように、
 あらかじめ手段を講じておく事です。。。 

 簡単ですよ。所得を保障すればいいだけ。 


社会党出身の“グローバリスト”なんて、
他にどう解釈したらよいやら。。ですよ。。

 日本の報道は、マクロンさんについては、
 念押しするかのように
 「グローバリスト」「新自由主義者」と
 決め付けるが如しですわ。。

 だったら諸手を上げてマクロン支持の論調かというと、真逆。。
 「王様気分」だの「驕りがある」だのと、
 むしろ罵っていますわ。。

売文屋が罵るという事は、
この人は民の味方なのかも知れません。。

「ヘーゲルやって投資銀に行って、社会党に入って、
わざわざ離党して、大統領に立候補して、当選して、
「日本経団連・役人・サヨク新聞」である日本の報道に
陰湿なガスライティングをされるフランス大統領」
やろうとする事って。。。?

 一つしかあるまいが?

。。。とか思ったりする菊政でした・・・




仏総選挙  マクロン派が勢い増す 決選投票始まる
2017年6月18日

【パリ賀有勇】
フランス国民議会(下院、定数577)総選挙の決選投票が
18日午前8時(日本時間18日午後3時)に始まった。
世論調査では、第1回投票で得票率首位となった
マクロン大統領の中道新党「共和国前進」が、
連携する中道政党とともに勢いを増し、
過半数(289)を大幅に上回る
議席獲得が予想されている。

即日開票され、同日夜(日本時間19日午前)にも、
大勢が判明する見通し。

下院選は小選挙区2回投票制で行われ、決選投票は、
11日実施の第1回投票で過半数を獲得した候補者が
いなかった573選挙区で、1回目の得票数が
上位の複数の候補者によって行われる。

マクロン氏陣営が勝利し下院議席の過半数を得た場合は、
労働市場の規制緩和などマクロン氏が大統領選で
公約として訴えたさまざまな政策を
実現に移す態勢が整う。

マクロン氏陣営はさらに勢いを増している模様で、
調査会社オドクサが16日に公表した
最新世論調査を基にした予想獲得議席数は、
マクロン氏陣営が、430~460議席と
全議席の8割に迫る。

マクロン氏陣営の勢い拡大の背景には、
逆転が望めないと感じた他党の候補者の
支持者の間に諦めムードが漂っていることも
あるとみられる。

投票率は、1958年に発足した
現在の政治体制「第5共和政」で最低となった
第1回投票の48.7%を更に下回り、
47%程度に落ち込むとの予想が出ている。

バカロレア哲学試験問題2017年版:これがフランスの大学入試!

菊政アイコン消化試合アイコン新世紀

あっひゃっひゃw
これ、正解は無いんですよ。。

命題に対して、自分が何を根拠に、
どういう結論が妥当だと思うか。。。を、
他人より論理的かつ崇高な説明で
披露すりゃいいんです。。

西洋の科挙みたいなもんですわ。。
くだらない。。

では菊政が悪名高いバカロレアに挑戦してみましょう。。。


主題1 知るためには観察するだけで足りるか。
(Suffit-il d'observer pour connaître ?)

足りるわけありゃせんが?
観察は常に一方的じゃろ?
知るからには対象に対する何らかの問いかけが必要で、
パソコンだってフィードバックループで彼我の現実を
把握しおうとるが? 

主題2 権利を全て実行することは正当か。
(Tout ce que j’ai le droit de faire est-il juste ?)

正当なわきゃねえんじゃ。
男が正当な権利を実行すりゃ、
毎日不法移民と結婚して、毎日離婚できるが?
もっとマシな問いかけをせえ。

主題3 以下のルソー『人間不平等起源論』の
抜粋を説明せよ。(問題文略)
(ROUSSEAU, Discours sur l’origine et les fondements de l’
inégalité parmi les hommes, 1755.)

問題文が無いから答えられねえが?
ひとつ言えるのは、今時ルソーなんか読んでっから、
国ごとドン詰まるんじゃ、アホかいな。
『人間不平等起源論』は、
ありもせん崇拝対象を設定した一種の宗教だから、
論として欠陥品だわ。出直して来いや。

主題1 権利の擁護と利益の擁護は同義か。 
(Défendre ses droits, est-ce défendre ses intérêts ?)

同義のわきゃねえんだわ。
権利は本質的に法的なもの。 
利益は宿命的に商業的なものじゃけえの。

主題2 人は自らの文化から自由たり得るか。
(Peut-on se libérer de sa culture ?)

境界線の曖昧なものから、自由か不自由かは
誰にも観測の可能な事ではあるまいて。

主題3 以下のフーコー『知・身体』の抜粋を説明せよ。(問題文略)
(FOUCAULT, Dits et Ecrits, 1978.)

これも問題文無しかいな。
そもそもフーコーなんざ、
深層言語の概念すら無いままに、
「権力」への被害妄想から
「身体」を論じたおっさんと違うか?

主題1 理性は全てを説明し得るか。
(La raison peut-elle rendre raison de tout ?)

無理ゲー!
理性は総てを説明しようとするが、
「しようとする事」と「しえる事」の間には、
100億光年の隔たりがあるわ。。
常に総てを説明しているのは、神だけじゃけえの。

主題2 芸術作品はすべからく美しいか。
(Une oeuvre d'art est-elle nécessairement belle ?)

「観察される」作品と、「感じる」美の間には
何の関係もねえわい!

主題3 以下のホッブズ
『リヴァイアサン』の抜粋を説明せよ。(問題文略)
(HOBBES, Léviathan, 1651.)

これも問題文が無いわな。。
ホッブズも、まちごうとるで?
ホッブズの定義が正しいなら、
人間はそもそも文明なんぞ築いとらんわい!


菊政。。。バカロレア不合格、決定!




バカロレア哲学試験問題2017年版:
これがフランスの大学入試!
2017/06/15

6月15日、フランスで毎年恒例となる
バカロレア資格の哲学試験が行われた。

バカロレア資格とはフランスの大学入試に相当する試験。
毎年6月中旬からおよそ一週間にわたって行われる。
中でも初日の哲学試験は4時間にわたって
一つの命題と格闘することを要求されることで知られており、
この日はフランス中がバカロレアの行方に
関心を寄せる事となる。

そんなバカロレア哲学試験、
今年は一体どのような問題が出題されたのだろうか。
早速問題文をチェックしてみよう。
文系(L)

主題1 知るためには観察するだけで足りるか。
(Suffit-il d'observer pour connaître ?)

主題2 権利を全て実行することは正当か。
(Tout ce que j’ai le droit de faire est-il juste ?)

主題3 以下のルソー『人間不平等起源論』の
抜粋を説明せよ。(問題文略)
(ROUSSEAU, Discours sur l’origine et les fondements de l’
inégalité parmi les hommes, 1755.)

理系(S)

主題1 権利の擁護と利益の擁護は同義か。 
(Défendre ses droits, est-ce défendre ses intérêts ?)

主題2 人は自らの文化から自由たり得るか。
(Peut-on se libérer de sa culture ?)

主題3 以下のフーコー『知・身体』の抜粋を説明せよ。(問題文略)
(FOUCAULT, Dits et Ecrits, 1978.)

経済社会系(ES)

主題1 理性は全てを説明し得るか。
(La raison peut-elle rendre raison de tout ?)

主題2 芸術作品はすべからく美しいか。
(Une oeuvre d'art est-elle nécessairement belle ?)

主題3 以下のホッブズ『リヴァイアサン』の抜粋を説明せよ。(問題文略)
(HOBBES, Léviathan, 1651.)

さていかがだっただろうか。
大学入試というとセンター試験のように
解答が一意に決まる試験を想像しがちだが、
バカロレアは論述力が要求される。

おしゃべりで議論の強いフランス人に
ぴったりの試験方式といえるだろう。

なお、本誌では毎年継続して
バカロレア哲学試験の過去問を特集している。
今回の記事を読んで興味を持った方は、
以下の関連記事から2014年以降の過去問を
チェックしてみてはいかがだろうか。


最新記事
メッセージ
  • ライブドアブログ