May 21, 2017

ゴキゲン

すでに30℃の真夏日和、1週間続いた田植えも終盤を迎え...

この辺り一帯の景色はほんのり青く色づきました。

今日の鉄原平野と以北
image


image


1日11〜12時間、田植え機に乗り続けてる旦那は夕食を終えると泥のように寝ます。田んぼの土にとられるハンドルをグッと掴み、1日中フルに集中力を求められる機械乗りはエネルギーのいる役割であろう.....(だけどちっとも引っ込まないお腹はナニヨー)

30年前の夫が子供の頃と比べると、田植えの時期は1ヶ月早まっています。

私が仲間入りした10年前と比べても、田植えのやり方は随分変わった。楽になったと思います。
今後10年で、さらにどう変化するのか。もっと、機械化するかな。さっぱり見当つきません。

9割ほど終わった今日は日曜で皆が揃うということもあり、お刺身を食べに行きました。(刺身の写真は例によりございません)
義父がゴキゲンです。義父母がゴキゲンだと、だいたい家族全体の雰囲気がゴキゲンです。
人?ブログランキングへ


elephants322 at 18:53|PermalinkComments(6)TrackBack(0)生活 

May 18, 2017

犬肉

再三に渡り、自分の犬をかわいがっているような内容を披露しておいてナンですが……

image


犬料理屋さんの話です。

皆様もご存知、韓国には犬を食べる文化があります。
肉を、コチュジャンやテンジャン(味噌)とともにじっくりと煮て食す調理法が一番主流です。
それを上の写真の通り、ボシンタンと言います。

私の住んでいる農村では、家でお母さんが調理することも多いです。特に男性がその味を好むことが多く、また一匹分の肉はかなり量があるため、お父さんたち(年寄り世代)はどこかの家で犬を料理したと聞けばお互いに連絡して食べに来いと呼び合います。

私の義母も年に何度か作りますが、私は食べれるけどものすごく好きってことはない。独特のニオイというか、臭みがあります。
女の人は「ムリ!」って人多いし、回りの韓国人女性も食べたことない人の方が圧倒的。

そんなボシンタンを、日本のお客様のリクエストで一度お店に食べに行きました。
image


1人前(肉の量小)で、8000ウォン。
小といっても初心者には十分です。

エゴマ粉、ゴマ油をコチュジャンソースに混ぜていただく
image


家でアジュンマが作るより臭みもなく、美味しく完食しました。

帰宅するとハンビョルがシッポ振って待ってました。うっ。
ま、これはこれ、それはそれと割り切ってますけど...やっぱ犬肉をそんなに好きになれない人は、心理的な部分も大きいでしょうね。
人?ブログランキングへ

elephants322 at 06:44|PermalinkComments(12)TrackBack(0)食べ物 

May 14, 2017

流行の

田植え始まりました〜
image

今年は春から続いている強風が止まらず、作業が大変です。

ところで家の中でもある種の風が吹いてるんですが、コレ、何か知ってますか?

image

ハンドスピナーと言って、クルクル回して遊ぶものです。
韓国ではfidget(ピジェッ) スピナーと呼ばれてます。

image


そう、ただ、ただ、回る。
ひたーすら回る。

これを友達の娘さんが持ってて初めて知り、その数日後うちの子たちが3000ウォンで買ってきました。

それからたまたま、ネットで「世界で流行している!」という記事を見て、1回回して飽きた私は驚愕!
元々は筋無力症の子供たちのために作られたものだそうです。

確かにめちゃめちゃ回ります。
中にベアリングが入っているので、1-2分止まらないのはスゴいとは思いました。

もともと駒が好きで何でも回しちゃう息子は、キラキラを貼り付けて黙々と遊んでます。世の中は思わぬものが流行りますね。

人?ブログランキングへ


elephants322 at 22:16|PermalinkComments(6)TrackBack(0)生活 

May 09, 2017

親の親の日、子の親の日

韓国は「親の日」という記念日があります。

「子どもの日」は祝日ですが、親の日は休みではありません。
それでも親が健在な私たち世代の国民は、親としての立場よりも、子の立場として贈り物や訪問などと、非常に気を使う日なのです。

我が家の場合はまず、毎年恒例のカーネーションを義両親に贈ります。

朝の五時前に。
image


なぜならこの時期の農家は田植の前後で忙しく、その時間じゃないと義父は田んぼに行っちゃってもういないことがあるのです。

それから兄弟三世帯共同で義母に薄手のジャケットを贈りましたが、「気に入らないが返品が遠くて面倒だからしかたなく着る」と、受け取ってくれました。

いつもこんな受け取り方なので何とも思わなくなり、懲りずに贈り続けてます。

このように日頃の感謝を表すのが、親の日なのです。

しかし親の立場でもある私は毎年、子供たちがそれぞれ学校や幼稚園で作ってくる紙のカーネーションや手紙をもらっています。

それでもすごく嬉しいのに。
今年は何だか毛色が違った。
image


image


image


子どもたちが学校で作ってきたものの他に、お小遣いでお花とマカロンを用意して、コーヒーとともにご馳走してくれたのでした。

数日前から長女そらが何やら弟にゴニョゴニョゴニョゴニョやってたのは知ってたけれど...

一生懸命考えてくれたんだなぁ〜

息子ヒョンは、学校で書いたという手紙を読みます!とはりきって立ち上がりましたが、

「.........読めない。」
image


中国語の先生と作ったそうです。
ヒョンらしいです。

私はこの日を、一生忘れたくありません。

人?ブログランキングへ




elephants322 at 23:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)行事 | 子供たち

May 03, 2017

義父のシェパード

義父の家には現在4匹の犬がいるが、そのうちの一匹がシェパードである。

去年のある日義父の日課のウォーキング中に道端で出会い、そのまま義父について来て居ついてしまいました。

シェパードなんてこんな田舎の村ではさすがに珍しい。
首輪がついていたし、警察に届けも出してみたけれど飼い主は現れませんでした。義父の推測では、都会で飼えなくなった人が遠い農村に捨てていったのではないか、とのこと。

それが本当なら、いきなり知らない土地に置き去りにされてさぞかし心細かったことでしょう。
そんな時に「おい」とか何とか知りませんが、とにかく声をかけてくれた人がいたらどわっと安心したのかもしれません。

義父にベッタリで、義父が歩いて行く時は必ずお供。リード無しで!(おーいハンビョル、聞いてるー?)
朝のウォーキングも義父につかず離れずで歩き、義父が冬に花札のために会館で何時間も出てこないなら、そのドアの前で待つ。待ちくたびれたら一旦帰宅し、しばらく退屈をしのいだらまた行く。

とにかく絵にかいたようなハチ公ぶり。(ハンビョル、聞いとけよー!)
彼女の性格を知らない人はその巨体から一人で歩いていると怖がられますが、人に対しては非常に穏やかで臆病です。

当初は義父も「いついちゃって、行かないんだわ」なんて言ってたけれど、今は、とてもすばらしい福が家に来たのだ、と溺愛している。他の古参の3匹は、自分よりずいぶん後に来た者のみが放し飼いにされて主人の寵愛を受けているので、ちっともおもしろくないでしょうね・・・

義父がいなくて退屈な時に時々一人でハンビョルのところに遊びに来ます。
しかしハンビョルがそんなに興味ないみたい。ハンビョルの彼女(?逃亡すると必ず合流する野良女子)は自分と色も大きさも似ている子。その子が家の前を通ると大騒ぎです。
自分より明らかに小さいとか大きいとか、犬種が全然違って見える犬とはあまり絡みません。逃亡しても義父の家には行きません。

犬の世界も色々あるんだろう。
人?ブログランキングへ





elephants322 at 23:25|PermalinkComments(6)TrackBack(0)ハンビョル(犬) 

May 01, 2017

15の夜

コンバンワン!

一週間の滞在で、日本から戻ってきました。

夫は束の間のシングルライフパラダイスだったわけですが、後始末は言うまでもありません。

家についてまず目に入ったのは山盛りのイヌの糞...

それくらい片付けろ〜!と言う嫁の言葉を、
「おい、お前💩するなよ」
とハンビョルに投げ渡す夫...ハンビョルめっちゃ困った目してた。

そんな彼は、私たちがいない期間になぜか尾崎にハマってました。意外と寂しかったのか?

着信音が「15のよ〜る〜」と1日に何度も鳴るので子供たちがマネするようになり。家庭内でプチブームみたいになってます。やかましーです。

しかしまだ幼い我が子に、この思春期の葛藤を表現した名曲を理解するのはハードルが高すぎる。

「こんな歌詞なんだよ」と全貌を聞かせようとしたら、盗んだバイクで走り出す、のところで息子も娘も爆笑!!
ここツボるなんて、母は想定外だったわ...

子供というのはある地点でツボると、そこばかり固執して他を見聞きしようとしないのです。
15のよ〜る〜に加え、盗んだバイクで走り出す〜も合わさって2フレーズ歌っては自分らだけで大爆笑を繰り返している3匹。エンドレスリピート。

しかもなんでか、途中から「バイクを盗んで走り出す〜」に変わってるし。

子供って面白い。ちょっと羨ましい。

この潔い単純さのままでいられたら、人類は平和でしょうか。

人?ブログランキングへ


elephants322 at 23:09|PermalinkComments(6)TrackBack(0)生活 

April 18, 2017

4月18日

いつも見てくださってありがとうございます。

最近なぜか、参加しているブログランキングの順位が少しですがあがった状態が続き、調子に乗って更新頻度もあげております。えっこれで?というツッコミは無しで
他のブロガーさんにリンクしてもらった時なんかは一時的にあがることもありますが、今回は理由が分からずしどろもどろ喜んでます・・・

それから、半島がこのような不安定な状態が続く中、私のことを思い出して連絡をくださった方々には深く感謝しています。

一時期よりは米朝間が平和的合意の方向に向き始めたのかな、という印象はあるものの、まだまだ油断できる状況ではありません。
私に何かできるわけではない、、、が、この周囲ののほほん感には、ウンザリすることもしばしばです。


そんなこんなで本当に急に決めました。せめて4月25日北朝鮮の軍創建85周年の祝日を過ぎるまでは日本の実家に帰ることにしました。
何も難しいことを知らない子供たちは、降って湧いたような「日本のじいちゃんち訪問」に手放しで喜んでいます。私も?

親も心配してますし・・・と言った私に、親せきの一人には「この程度でお母さんが心配するなんて、日本ではいったいどんなひどいニュースが出てるのww?」と言われました。主人が快く帰してくれるのが救いです。

明日から少し、うどん食べに帰ります。その間ブログは更新するか分かりませんが、過去の自分を見るにあまり期待できないと思っています。

ちょこっと帰ってすぐ戻ります。うどん何回食べれるかなぁ〜
韓国にいる皆様にも、日本にいる皆様にも、また呑気な日常をお見せできますよう
人?ブログランキングへ




elephants322 at 20:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)生活 

ノリを焼きます

今日も平和に...ノリを焼きます。

こんなノリを手に入れると、
image


ゴマ油に塩を混ぜたものを、1枚ずつハケでヌリヌリ。片面のみ塗ります。
image


ハケが無ければ、使い捨てのビニール手袋をつけて手で塗ってもいいと思います。
塗り残しのないように...

塗り終わると、更に少しパッパと全体的に塩をふる。

そして焼きます〜

温めたフライパンを弱火にして、ノリをを置いて10〜20秒。裏返して同じく。タイミングを見逃すとすぐに焦げます。

真っ黒だったバディが、とても綺麗な緑に変身!食感もパリッと。
image


ハサミや包丁でお好きな大きさに切って完成〜

これで市販の韓国海苔と同じものができあがり!

油や塩の量は、一枚目を食べてみてから好みで調節してみてください。
私の手加減では、油は思うより少し多め、塩は思うより少なめ、少しの勇気と我慢でちょうど良くなります。

ナゼ日本の海苔は高密度で、韓国の海苔は薄いのだろう…


どちらも好き💚
人?ブログランキングへ





elephants322 at 08:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)食べ物 

April 15, 2017

4月15日

正直に言うと、金日成生誕105周年の今日、緊張していました。
幸いにも何も無く平和に夜を迎えられました。

種まきから一週間経ち、綺麗に並べられた稲はグリーンカーペットのようです。
image


私は庭の小さな畑スペースを耕したり、、まだ外仕事がそんなにありませんが、出る時はこう!
image

可愛くハートつけてみたりして...

私だけでありません。この辺りは誰だか分かりゃしない人だらけです。

つい先日は子供たちがツクシを採ってきてくれて、少量だけど卵とじでいただきました。
image


一緒にいた友達が「これ、食べれるの〜!?」と、うちの子が「食べれるよ!」と一生懸命とるのでマネして採って持って帰ったら、お母さんにソッコーで捨てられたそうです。

韓国はよく分からない雑草は結構食べるくせに、ツクシのことは誰も知らないなんて。
私も最近は、ナズナとノビルは自ら採って調理するようになりましたよ。あとはまだまだ詳しくありません。

ナズナの和え物
image


梅に桜にレンギョウ...
ここにも、たくさんの春が咲いています。

人?ブログランキングへ




elephants322 at 20:54|PermalinkComments(3)TrackBack(0)生活 

April 14, 2017

逃亡者

キム ハンビョル。

我が家の犬です。

生後1年以上が経ち、家族の誰もかなわない怪力犬に成長。
そして悲しいことに、そのバカヂカラは主に「逃亡」に使われる。

隙あらば逃亡!

をモットーに生きてるんだろうなぁ〜。

ある時は力技で首輪とチェーンの接続フックがはじけて、逃亡。
ある時は散歩中(人間は命がけ)にうっかり手から離れた瞬間に猛ダッシュで、逃亡。
またある時は杭からチェーンを外して、逃亡。

チェーンのひっかける輪っかの部分を、深く地面につきさした鉄の杭にかけています。その杭がそんなに高くないことをいいことに、首で強く引っ張るとその輪っかが杭を伝って少し上がる。そこからチェーンの張りを緩めずに引っ張り続けると、どんどん輪っかが上がって杭から抜ける。。。という離れ業を習得。まさか、偶然の成せる技だろうと甘く見ているとこれで2回やられました。
とにかくいつも引っ張るのです。ものすごい全力でチェーンを引っ張り続けるのです。

野良が通れば引っ張る。近所の犬が吠えれば、反応して引っ張る。

なので輪っかの上から穴あきブロックを置きました。

同じ技でブロックを3回カチ割りました。

なのでブロックを重いものにしました。←今ココ
image


ガッコン!!ガッコン!!と音をたてながら挑戦し続けているので、これが割れるのも時間の問題。そうなる前に輪っかと杭をロープで括り付けなければならないだろう。次は杭ごと引っこ抜いて逃げるかもね・・・

何度逃げても捕まるのは、帰ってくるからではありません。彼の行き先がだいたい同じ場所だからです。見るといつも同じ野良犬と一緒にいるのでその犬に会いたくて行くのかもしれません。友達なのか彼女なのか、見た感じ分かりません。

追いかけながら、うんちをするタイミングを見ます。しばらくキバる瞬間がこちらのチャンス。その時はこちらをチラ見して「ヤベッ」て表情しますが、さすがに出してる途中に駆け出す気にはなれないようで。
捕まってしまうと暴れません。おとなしくお縄につきます。

私も心が痛い。
こんなに自由を求めているヤツを、家に括り付けておく権利がない。
もうどこでも行って、たくさんいる野良仲間と好きなように生きなさい。

最後の逃亡時には、そんな気持ちになって探すのを一生懸命になれませんでした。

ところが私以上に熱心に探しに行く人がいます。
そう、義父です。
彼はハンビョルが珍島犬(=いい犬)だという理由から、もったいない!と必死で探す。最後も結局お義父さんが捕まえてきました。

つながれもせず、家の前で寝そべっている飼い犬を見てはうらやましく思わざるをえません。

かわいがっているつもりなのですが・・・ハンビョル・・・どうすればいいのでしょうかね^^;

人?ブログランキングへ




elephants322 at 06:37|PermalinkComments(14)TrackBack(0)ハンビョル(犬)