韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した日本人。今は日本にいますが、江原道鉄原のガイドをしていました。 鉄原についてお問合わせがある方は、「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください。

先日の韓国滞在期間に、子どもたちには一つのミッションがあった。

それは、

Screenshot_20220915_231425

この
「ペヤングやきそば 獄激辛Final」
を父に食べさせること。

見て、この逸脱な絵面。
閻魔様が真っ青でバッテン作ってるなんて、とても魅力的である。

その前の、閻魔様が赤くて元気な「獄激辛」は、子どもたちフツーに食べる。
(味覚どうなってるんだろうね?)
IMG_20220820_222353

そんな彼らでも完食できなかったFinalを激辛好きな父なら乗り越えられるのか、何をさておき青い閻魔を小脇にかかえ、韓国入りしたのである。

結果は、
ペヤングの勝ち!!!
一口食べて、ブホッとかなんとか言って無言でどっか行った。

韓国人をも唸らせるペヤング、恐るべし。

完食できた人、いましたらお知らせください〜 応援よろしくお願いします〜

中学生の長女の修学旅行が、なんと3度目の変更となった。


一度目は、そもそも行き先が東京だったのが、コロナで東北に変更。

二度目は、東北で地震が起きたので道内に変更。

そして三度目の今回は、クラスメイトにコロナが4人も出てドタキャン。

誰も責めることはできないが、しおりを作成して全ての準備が整った出発直前のことだった。

変更のたびに全てが白紙になり、担任の先生をはじめ学校や旅行会社のご苦労は想像に難くない。

広い道内とはいえ、地震のリスクが高いところ、ロシアの脅威がないところなど、はじいていけば意外と候補地は少ないのである。

もうここまで来ると生徒だって、

「この際、グラウンドでみんなでテント張ってキャンプファイヤーでいーじゃん!」

くらいのノリになってて、まぁ学校の立場としては容認できないだろうが、私はそれもありなのではと思ったりする。

子育て世代としては、コロナ禍で我が子達が、今までの当たり前には当てはまらない学校生活を送っていることに違和感とか、無念さとか申し訳なさなどを感じている。

昔々の自分たちの時代はこーだった、あーだったと比べては、その時とは違う部分に「かわいそう」という感情を勝手に抱いて。

本人たちはわりと今の状況を難しく考えずにあるがままを受け入れ、当たり前だが与えられたものをこなしているだけである。
そしてその範囲で、一生懸命楽しく過ごしている。

子供とは、いつの時代も素敵なものだと思う。

戻りたい😶

応援よろしくお願いします〜

江原道鉄原郡には、

「漢灘江(ハンタンガン)」

と呼ばれるカコイイ〜川が北から南に貫いている。

この川の特徴は、両側が断崖絶壁の柱状節理になっていること。
火山浸食によって形成された、地質学的に貴重な地形をしている。

それをどーにか観光に活かせないか。

という思惑から生み出されたのが、この

「柱状節理の道」

と名付けられたトレッキングコースであります。
その名の通り、本当に絶壁に設置されている。

※柱状節理をモチーフに
IMG_20220811_111731

※チケット売り場
IMG_20220811_111743

※ひたすら歩く
IMG_20220811_112110

※川は雨の後でコーヒーみたい
IMG_20220811_113337

※歩きやすいがアップ・ダウンも
IMG_20220811_114357

※橋もあるよ
IMG_20220811_120403
IMG_20220811_112853

※ここまで壁に接近する来る日が来るとは
IMG_20220811_120304

全部歩けば、片道3.6km。
もちろん1kmでサクッと引き上げた。

北朝鮮との境を有し、戦争と分断の歴史を背負った鉄原の観光は、今まで「安保」を全面に掲げたものだった。

そこに地質学的な要素も大きく盛り入れ、開発を進めました。
これから、さらによくなっていくことを元ガイドの一員として期待してます。

ぜひ、みなさん、鉄原に足を運んでみてください♥

※鉄原は基本的に火曜日は観光地がお休みです 応援よろしくお願いします〜

あぁ。

あっちゅー間に過ぎた夏休み〜
IMG_20220816_201143

会いたい人に会い、

IMG_20220818_185125

聞きたい声を聞き、
IMG_20220817_161657

見たいものを見、
考えたいことを考え、
IMG_20220816_135425

食べたいものを食べた。
IMG_20220817_162352

義実家でペンション一泊したりして子供たちも、連日外出で鼻血出すほど遊んだ。

宿題は済んでると言い張るが、本当か?😅
かくいう私は、片付けの続きを次回に宿題?として繰り越してしまった。
まぁ、いいや。(自分には甘い〜)

と思ったら。

IMG_20220822_102515

帰りの飛行機&帰宅の夜中までブリブリしながらやって、翌日グダグダで登校してた。

コロナにもかからず、無事に日常に戻りました。


応援よろしくお願いします〜

夫のお姉さんは、とても優しい。

初めて会ったときから誰よりも家族想いで、高校から離れたところに入ったので家を出るのは早かったが、農繁期には必ず時間を作って帰ってきては親を手伝い、先に生まれた姪っ子たちを惜しまず愛してくれ、私は爪の垢をいただかなければならないくらいの善き娘であり、善き姉である。

私達よりだいぶん遅れて結婚したが、我が夫はよく、

「姉貴は親父が好きすぎて、親父みたいな人としか結婚できないから見つからないんだ」

と言っていたが、結局お父さんとはかけ離れた人と一緒になった。
(あくまでも私目線)

子供がまだ幼稚園生で、うちの子たちがお姉ちゃんになるので行くと喜んでくれる。

そんなんで子どもたちはお姉さんちに連泊して何日かうちにいなくて、私も甘えて一人の時間を思いっきり過ごしてる!

※癒やしスポット コソクジョン(孤石亭)
IMG_20220813_113910_edit_52258788608171

友人やガイド仲間の先輩たちに会いに行ったり、家を片付けたり、ソファとくっついた日を送ったり。

※安定の写真技術
IMG_20220815_124329
IMG_20220813_182330

すごいすごい、すっごくありがたい、思わずいただいた夏休暇。

戻ったら翌日から出勤で、諸々の日常が手を広げて待ってる。
休んだぶん、ますます忙しないだろう。
IMG_20220813_195446
IMG_20220813_191544

収穫真っ盛りの職場からは、「カオスです」とイモの写真が送られてきました。

HAHAHA😅

今日の日も、ありがとうございます。
全てに感謝です。


応援よろしくお願いします〜

ここに戻ってきて、子供をつれてご近所に挨拶に回った。

隣近所7件。
全員おばあちゃんだ。

だいたい会話は同じ笑

「おばあちゃん!
久しぶりです〜、夏休みだから戻ったよ〜
元気でしたか??」

「オモッ!オモナッ〜?!
誰かと思ったら!アイゴ〜、いつ来たの!
元気だったかい!
オモッ、子供こんなに大きくなって!
学校楽しく行ってるのかい?もういいお嬢さんになって!」

ハグつき、もしくは手にぎにぎつき。

好き。

みな様、あたたかい。
もう長生きしてるけど、頼むからもっと長生きして。


今日は、これまた大好きな藤井風さんのライブ配信だから、眠気がまんして起きてる!

応援よろしくお願いします〜

さて、前回に続き、江原道鉄原郡の新しい観光スポットです。

そもそも、なぜ鉄原にこんな場所を作ったのかというと。
併合時代に、地理的に半島の真ん中くらいに位置していて、元山(ウォンサン)〜ソウルを繋ぐ鉄道の中間地点にあった、なかなか栄えてた都市だった。
という背景があるから。
(気になる人は、過去の鉄原カテゴリを参考にお願いいたします〜)

分断と戦争のおかげで、今は、のどーかな緑の田舎...


労働党舎前の「鉄原歴史文化公園」の中に、設けられた「鉄原駅」
IMG_20220811_133902

約80年以上前、実際に鉄原駅があったことにちなんでいる。

この建物がモノレール乗り場になってて、中にはいるとチケット売り場がある。

※料金表 大人5000ウォン
IMG_20220811_134019
オープンしたての今月いっぱいは無料!

一度に8人しか乗れないので、早めに行って予約する方がいい。

※ところどころかなり急斜面あり。
IMG_20220811_135233
時速3キロちょいでノロノロと15分ほど登る。

すごく、遅い。
その分、景色楽しめる😅
IMG_20220811_135100
IMG_20220811_135053

※まだ工事中の映画セット場
IMG_20220811_134644

お、頂上ついた??
と思いきや。
めちゃめちゃ中途半端な中腹で降ろされるので、上まで行く時間の比較は、歩いて登ってもあんま変わんないのである。
IMG_20220811_143026
IMG_20220811_142306

降りたら、こんなウッドデッキを少し歩いて、展望台に到着。
IMG_20220811_135947

IMG_20220811_140221

しかし、ここも頂上ではなく、さらに150m行かねばならない。
今回はご両親が一緒だったので行かなかった。

IMG_20220811_140429

これ!!
私の癒やし、鉄原平野。
君に逢いたかった😭😭〜
北朝鮮までぶあっと広がる地平線。
変わらずかっこいい。
IMG_20220811_141743

※モノレールチケットは、往復
IMG_20220812_161414

私は5000ウォン払ってはもう乗らないと思うが、観光客の皆様はぜひ一度どうぞ😆

一時間に何本も出ているが、沢山人数乗れないので、午後に乗る予定でも朝に一度行って予約した方が無難だと思います。

IMG_20220811_135929

以上、ソイ山モノレールでした〜
応援よろしくお願いします〜

私は、韓国の最北端、

江原道鉄原郡(カンウォンドチョロングン)

に住みながら、そこで観光ガイドとして働いてました。

二年半前の日本移住とともにガイド業も終えたが、鉄原に対する愛は変わらない。
 
というわけで、日本全国に100万人はいるであろう隠れ鉄原ファンのために。

ホットな新観光地を紹介するよ!

「鉄原歴史文化公園」

北朝鮮の労働党舎の真ん前に、田んぼを潰して広々と作られた施設。

Screenshot_20220811_234602

私が去る頃には工事が始まってたので、見られるのを楽しみにしてた。

※当時の郵便屋さんとか
IMG_20220811_145408

日韓併合時代の町並みを再現する、と聞いていたが、思ってたよりはだいぶんショボかった。
※薬やとか
IMG_20220811_150155

※学校とか
IMG_20220811_145924
IMG_20220811_145728

ボチボチと建物が点在しているだけで、町並みと呼ぶにはほど遠い。

※労働党舎との位置関係
IMG_20220811_143852

しかしオープンしたばかりでドラマの撮影場エリア含め、まだ未公開部分も多くあったため、皆さんが訪れる頃には見ごたえあるものになってるかも。かも。

※トッカルビの食堂やカフェあります
IMG_20220811_125320

ショボい建物はまぁいいとして!

このエリアのメインは、モノレールです。

IMG_20220811_142246


しつこくしつこく、ここに出てくる私のパワースポット「ソイ山」にモノレールができた。


次回に続く


応援よろしくお願いします〜

雨ばっかり💦

意気揚々と出かける気にもなれず...

※地元の市場
IMG_20220808_161004

近所に挨拶とか、その辺をチョロチョロする程度で、一日の半分は何をしてるかというと。

大掃除

ヤバいわ。
二年半。
男一人。
こんなもんかもな。

本人はキレイに過ごしていると言い張るのだが、まぁ...感じ方とは個人差だから〜

二日目にしてゴミ袋が200Lがそろそろいっぱいになり、とてもやりがいを感じて清々しい気持ちであります。

家を綺麗にしておくことは運気を保つこと、特に水回りを放っておくと運気が下がるとよく聞く。

今も特に運が悪い方ではなさそうな彼、今回水回りをこんなにリセットしたら、さらに運気アップして私達ロト10億当たるんちゃうんかな❣

当たったらどしようかな。
ダイソンの掃除機買うかな。
回らない寿司屋行くかな。(ちっさ)

そんなこと考えながら、黙々と。
ロト買わんけど。

でも、ご飯は彼がしてくれる。
同じメンバーで食べるのに、その場所の雰囲気や食材が違えば、食卓の色は全然違う。

どっちも全部、好き。

応援よろしくお願いします〜

北海道に移住して早、2年半。

長らく閉鎖していた新千歳空港の国際線、先月から韓国便が再開した。
再開の見通しが立った時点でビザを取り、再開が発表された日にフライトをとり。

夏休みを利用し、移住後初めての韓国訪問であります。

※再開したとはいえまだ閑散としてる国際線
IMG_20220807_115411

毎年行き来することを想定してた私は、「2年も行けなかった」という表現をしてしまいがちだが、周りの日本の人々だって、2年どころでない期間を会えていない、帰省していないケースがゴロゴロしてる。

コロナ禍で、それぞれが当たり前でない状況に慣れつつある中、与えられたこのイベントを楽しんで来たいと思う。

また、現地から発信します。

応援よろしくお願いします〜


↑このページのトップヘ