韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

うっすらと初雪が舞った今朝。
今年のキムジャンも無事、終了です〜

手分けして剥いてきた何キロものニンニクとショウガをフードプロセッサーで砕く義母を見ながら、
「昔だったらこれ全部たたいて潰したんですもんね。本当に大変だったでしょう」
と言ったら、
「こんなにいっぱい入れなかった。何でもちょっとだったし、入れるもの自体なかったから味もシンプルだった」
この手の過去を振り返る話は、私が聞くので毎年語ってくれます。昔のシンプルなキムチも食べてみたいけど、現代人にはおいしくないんだろう。

たくさんの近所のおばちゃんが来てくれる共同作業。
image

おばちゃん毎の、性格が出るね(笑)

image

この時期になると忙しさから家におかずがない代わりに、冷蔵庫の中はコッチョリで真っ赤っか。
コッチョリとは浅漬けのことで、キムジャンをすると必ず最後に作って作業を締めます。白菜の真ん中の黄色くて柔らかい葉だけを使い、さらに調味料を濃くしてすぐに食べておいしいようにするんです。それを手伝ってくれたおばちゃんたちに分けて持って帰ってもらうのが通例です。
image

義母の手伝いしかしない私と違って、あっちこっちの近所のキムジャンに行く義母の冷蔵庫は色んな家のコッチョリだらけ。それを分けてもらう私の冷蔵庫もそれぞれ味の違うコッチョリ王国。
食卓に数種の赤いお皿を並べ、「これは〇〇さんちのでだいぶ辛いよ、こっちは△△さんちので甘め。でこっちは□□さんちのコッチョリで昆布入れたんだってよ。」とまぁ、しばらくこんな具合です。利きコッチョリ大会か。
image


保育園でもキムチづくり体験
image

キムジャン終わると、あとは冬を迎えるのみという気持ちになります。
子供たちがクリスマスプレゼントの話題を盛んに出してくるこの頃・・・・サンタは親であった、という事実を明らかにしてから、ダイレクトに遠慮なく私に欲しいものを伝えてきます。おかーさんの溢れるような愛をプレゼントするよ!と言ってみたら、「それは毎日もらってるからプレゼントにはならない」と、長女のうむを言わさぬ模範解答でひらりとかわされました。


いつも応援ありがとうございます
人?ブログランキングへ



明日はキムジャン〜

キムジャンって、その当日よりも前々の準備の方がよっぽど大変なんです。
毎年やる事はおーんなじですが、今年もお義母さんの元に私と兄嫁ちゃんとが集まります。

昨日は畑に行ってトラック3往復分の白菜と大根と、カラシナ、ネギをとってきて、売ってるのみたいにキレイじゃないからそれらを整理して、白菜は塩漬けして、糊になるおかゆを炊いたりして、夜は手分けしてそれぞれの家でニンニクとショウガを剥きました。
[画像:078831ba-s.jpg]

今日は大根を洗って千切りにおろし、昨日漬けた白菜を一旦取り出してさっき上部だったものがタライの下になるよう入れ直して、明日はたくさんのアジュンマが来るのでそのための買い物に行き、夜10時にこれ以上塩水に漬けたままだと浸かりすぎると判断し、電気を付けて全ての白菜を洗いました。

[画像:a72c6b61-s.jpg]
[画像:6f10ca31-s.jpg]

写真は上のもの以外はちっとも撮れませんでした。
かなりの重労働です。体の節々に響く作業ばかりですが、男の人はノータッチです。

興味ある方は、過去のキムジャン記事が何年分かあるはずなので参考にしてください

ニュースではますますキムジャンをやらない人が増えたと言ってますが、気持ち分かる...
私たちは農家だから広い庭で水をバシャバシャ流してできるけど、マンション暮らしは材料を買ってきて運んで狭い浴室でやらねばならないし、あんまり食べないし、それなら買った方がいいわ〜ってなるよね。

義母がアジュンマたち来たら餅を振る舞うんだと、20kgの米を持ち込んで今日注文もして来ました。もちろん、主人がアンガ田中さんの店です。

人?ブログランキングへ


<

知り合いの結婚式に出席するため汽車に乗ると、高校生くらいに見える女の子が前髪にカーラーを付けたまま乗ってました。

かなり前からこのカーラー女子(心中で勝手に呼んでる)が闊歩してますが、私には腑に落ちないこのファッション...
生理的に到底受け入れられない。

なぜ?なぜカーラーまいたまま人前に出れるの?
2017年最大の謎であります。

化粧テキトーだからマスクしていけばいいやとか、髪イマイチだから帽子かぶっていけばいいやとか、そんな感覚で前髪キマらないからいっそのことつけて行っちゃえ〜!とこうなのか?

はたまた前髪がキマるとかキマらないとか関係なくて、カーラーがかわいいから頭にリボンをつける具合に前髪にはカーラーなのか?

頭ごなしに否定はよくないので彼女たちの気持ちを考えてみたりもしたけれど、本人たちに話を聞かないかぎり分かりそうもありません。

今日も見てしまったと曇った心(←嫌いすぎ)で式場に着くと、なんと!

式場にもいるではあーりませんか〜
なぜ、親は教えないのだ、結婚式くらい外して行けと...お前の場違いなカーラーはズボンの上からパンツをはいてきてしまうくらい恥ずかしいんだぞと…

髪関連で、ガイド仕事中にお客さん(おばちゃん)にこんな話をされたことがあります。

旅行が好きなので日本にも主要都市はあちこち訪れた。日本は料理も口に合うし、とてもステキなところだが一つ気に入らないことがある。
なぜ女性はパーマをしないのか?
パーマをかけてない人々の頭が非常に管理を怠っているようで、キレイに見えなかった。

この人の言うパーマとは、韓国で年配の女性なら誰しもしている短髪クルクルパーマのことだと察しました。
韓国でも若い人はパーマをしてもウェーブ程度で、ちびまる子ちゃんのお母さんみたいにはしません。

それを日本ではオバチャンたちがクルクルパーマじゃなかった、という意味で言ったのでしょう。
私は韓国中のおばちゃんが同じようなパーマであることに笑いを感じながらも、それが楽でまたオシャレに思っていることも知っているので否定も肯定もしませんでしたが、人間の美的感覚の違い、これは正解がないものであるからして...

かくいう私も昔の写真は見たくないものが多いので、人のこと言えないんですけどね。
それでもカーラー女子とは分かり合える気がしない
人?ブログランキングへ


ケータイを水没させ、買い換えたお義父さん。

周りのお年寄りもぞくぞくとスマホを手にする中、お義父さんはまだガラケーでした。

その理由は、番号を変えたくないから。
韓国では絶滅危惧種である011から始まる番号を所有している義父は、機種変更すると今や一般的な010になってしまいます。
番号が変わったと通知するのが面倒だ!と変えずにいましたが、壊れてしまっては仕方がない。
義姉と店に行って、ガラケーとスマホの中間みたいな(ガラホ?)のを買ってきました。見た目は折りたたみ式でボタンもそのまま、しかし画面はタッチパネル。
やはり完全スマホにするには抵抗があったようです。

タッチパネルに慣れない義父は使い方がわからないと言って、届いた日の夜にうちにやって来ました。

一通り教えて、理解して嬉しくてニコニコ帰る義父に、「明日も来るんでしょ〜」と冗談言って送り出したら、ホントに翌日も来てまた一つ教えて、今度は「多分明日も来るわ」と自ら自虐飛ばして帰られましたが、その言葉通りちゃんと来ました。
今日で連続3日、カメラの使い方と撮った写真の見方まで行った。多分明日もいらっしゃるでしょうから、次はカカオトーク教えようかな〜。まだレベル高すぎるかな


変わった電話番号は、今までの番号でかけてきた人に3年間自動音声で通知されるので、義父は何もしなくていいのですね。

新しいことを覚えるのは私でも大変です。
いつもいつも義父には教えてもらうことばかりなので、たまには私が教える立場になるのも面白いですね〜



人?ブログランキングへ


5歳の末っ子すわ。

オンマ(お母さん)が好きで好きでたまらないと、毎日ラブラブビームを放ってきて私を悶え死にさせる女・・・

私と二人の時は「オンマが世界で一番好き〜!もうめっちゃ好き〜!結婚しようね♥」と言いながら、父が「オンマとアッパ(お父さん)どっちが好き?」と尋ねると「二人とも好き」と答えるセンスも持ち合わせているあなどれない女・・・

このすわの体重が背中に乗って踏んでもらうにはちょうどいいらしくて、アッパはいつも「すわ、マッサージして〜」と頼みます。

でもすわだって面倒だから、あまりマジメにしてくれない。そこでアッパはある対策を思いついた。

私たち夫婦がぴったり並んで座ってたりくつろいでたりすると、それを発見するなりすっとんできて「ダメだめー!はなれてはなれて!オンマはすわのだから!」と間にねじ入ってくる習性を利用し、

「じゃマッサージしてくれる?そしたらオンマと離れるから」

で、アッパの背中で必死に跳ね回るすわ。

なにこの関係性(笑)

また最近は「〇〇と△△だったら、どっちが好き?」という二択質問ブームに一人どっぷりはまっており、一日に果てしなく質問を繰り返しています。

オンマ、りんごと紫だったらどっちが好き? 
オンマ、本と地球だったらどっちが好き?
オンマ、風船と車だったらどっちが好き?

こんな感じ。
言いたいだけで私の答えになんの興味もないようで、とりあえず二つのうちどちらかを答えれば「ふーん」と言って次の質問に移るのですが、そうはいかない質問が一つ。

オンマ、アッパとすわだったら、どっちが好き?

正解:すわ

誤答:アッパ→号泣

「アッパと結婚したのですわとは結婚できない」というふうなマジレスも号泣対照となります。

子供なりの一生懸命に、今日も感謝と尊敬

人?ブログランキングへ








image


ここ鉄原の公式観光ガイド資格を取得し、まる2年が経った・・・

もう〜、ホンマっにあっという間でしたよ、コンドルだよ。

時の流れの速さをこんなにも感じている理由は明確にあります。
それは、私自身がまだまだシロウト感いっぱいだから。
こんだけしか実務経験がなく、先輩と比べると知らんことだらけのピヨピヨやのに、月日だけが2年も経ったのですか???
という意識の中で泳いでいるからなのです。

※ちょっと解説
〈ブログにはそれ以上以前から、日本人のお客様にガイドをしていることを書いています(カテゴリ鉄原を参照)。個人的活動での日本人ガイドは長いですが、鉄原公式ガイドに所属してからは2年です。今も両方の活動を行っています。公式の方はある程度の人数の団体様でないとガイド指名予約などの点で郡が関与できないため、少人数で来られることの多い日本の方々へのガイドは公式資格関係なく、変わらず個人的活動の域で継続してます。〉

ここで何度かグチってる気がしますが(笑)、当時の募集要項には「日本語」話者優遇とありました。鉄原郡がさらなる観光部門の発展を図り、日本語だけでなく英語・中国語の外国語ガイドを取り入れようと試みた年に、私を含め各言語にそれぞれひとりずつガイドが配属されました。

それで受かった私は、日本人のお客様のみに会えばよいと思っていたのですが、世の中はキムチのように辛かった・・・

日本のお客さん、どこ〜???

ほとんどの少人数単位で来る観光客は、一日7本毎日同じ時間に出発するツアーの時間に来て予約なしで参加します。その個別で来た方々を一つの団体として、その時間にシフト入ってる一人のガイドがまとめてひっぱって行くシステムです。
日本語を必要とする人がたまに一人二人でいらしても、私がその時間のツアー担当である確率は非常に低く、また運よく当たっても韓国人客のほうが圧倒的に多い中、日本語で詳しく説明できる状況でなかったりします。

団体様のみガイドを事前予約可能で、例えば「いついつに日本人団体が行きます、日本語ガイドをお願いします」と前もって観光案内所に連絡いただくと、私の日本語の出番となるのです。
そしてその出番というのは、年に3回くらい

じゃ、私は年に3回しか出ないのですか?っちゅうとそんなわけなくて、他のガイドさんと同じく「韓国語でガイド」という指令、私にとっては富士山のような高みを目指すことに・・・イチイチ大げさ

当然ながら、教育資料は全部韓国語。
まず内容をかみ砕く以前に分からない単語が多すぎるし、はじめはまず辞書を引くことから始まり、辞書を引くことで終わるという状態でした。
どんな内容の話を韓国人は好むのか、冗談だって言っておもしろいこととつまらないことの温度差もよくわからない、まず何より発音がうまくできない、冷や汗をかくことばかり。

もうしんどくて、ストレスしか感じなくて、仕事の前日から胃が痛くて、、、シフトは自分の入れる日だけ入れられるシステムなので、他のガイドさんは用事がある日以外は毎日やる的態度な一方、私は自信の無さからほんのちょっぴりしかシフト入れない小心者。だから実務経験が少ない。

ずっと、そんなんでした。

ところがやっとこさ最近になって、少し変わりました。
前日になっても胃が痛くないし、バスの前に立っても以前よりずーっと平気になりました。実力の向上よりも、ただの慣れでしょう。

いいかえれば、つまりは、できないなりの開き直りがひどくなったのです!とも言えますかな?

あかんやん、そんなん。
と言われるかもですけど、これがなんともバカにできない意識効果なんです。

発音は相変わらず悪いし、小難しい表現も駆使できない。
その部分は少しずつ少しずつ努力を続け、前進していくように。先輩には「私は、できません!なので教えてください」の態度を崩しません。できないの嘘じゃないし。外国人で年齢もはるかに若いことが大幸いして、先輩方も哀れに思ってとても親切にしてくれる。教えてもらうのに、プライドはいらない。

それから怖がらないこと。どんなにしたって、韓国語がまずいのは隠せないのだから正々堂々と、失敗したなと思ったら次は何かしらそれよりは改善できます。お客さんは思うよりずっと優しいです。

私しかできない話をすること。鉄原の話ばかりでなくて、お客さんがおもしろいと思うならプライベートの話を絡ませる。「外国人がガイドについた」なんて、お客さんにしてみるとこれ以上ないネタなんです。私が自分の話をチラチラと見せる時のお客さんの集中した視線は、笑えるほどまとまりがあります。


私の、ガイド。

これが一番大事。


富士山3合目くらいまで来て、やっと、引き返そうかなという迷いがなくなりました。
写真の資格証、宝物です。



顔写真は詐欺なほど昔の物ですので…子供にこれ、お母さんの写真?って言われた。
人?ブログランキングへ


最近の日本の結婚式の招待状はどんなでしょう??

私は10年前にどのようにしたかとんと忘れてしまいましたが...
どれだけ浮かれていたのか(恥)ウェルカムボードとかピアノ演奏とか、演出を色々と手作りした記憶はあります。今の私と同じ人物だとは考えられない女子力です。
。。。。
韓国の招待状は二種類見られます。

紙と電子。

紙タイプはテンプレ通りの造りで、シンプルに名前・日付・場所の記載。特に個性はありません。
[画像:115eac08-s.jpg]

こちらは当人たちより親関係の人々向けっぽいです。

韓国はほとんどの場合、決まった人数のみ呼ぶのでなく親の関係者には誰でも声ががかります。招待状が届いたって行かなくてもいいし、届かなくても行ってもいいんです。
適当な時間に行って3万ウォン(関係が薄い)〜10万ウォン(友達とか濃い関係)くらいのお祝い金を受付で渡し、ビュッフェをとって広い会場の空いてる席に座って食べ終われば帰ればよいのです。

一方、電子は面白い!

当人に直接関係ある人々向けと言えるかな。
スマホに当人からカカオトークで送られるサイトを開くと、BGMとともに2人の前撮りフォトアルバムが見られるなど演出いっぱいのステキ招待状。
[画像:5120ca43-s.jpg]

招待客の席がキチッと決まっている日本ではまだ浸透してないスタイルではないでしょうか。
来ようが来まいが何百人と呼ぶ韓国だからこそのやり方?

誰にでも転送できちゃうので個人情報大丈夫かな?とか考えちゃうあたりがオバハンなのかもだが、このお手軽感もわりと好き。
人?ブログランキングへ


突然に寝違えたみたいに首が回らなくなり、そのせいで腕も上がらないので、病院へGO!

自分ではまだイケると思っていて周りの年上からもまだまだ若いと言われても、30代になると明らかに今までには他人事だった症状がみごと自分のものになります。と感じています。

なにやら首がやられていると思いこんでましたが、実際は肩でした。
肩こりの?飲み薬を処方されて数時間で治りました。

その診療で首のX線撮影をしてもらったところ、ある問題を指摘されました。

ストレートネック

病気ではないが現代人に多い症状であり、テレビでも紹介されているようなのでご存知の方も多いのでないでしょうか。

人間の首は本来ゆるいカーブ状に曲がっているのですが、そのカーブがまっすぐになってしまっている骨の歪みを言います。
PC操作・スマホ操作によるうつむき加減で長時間過ごすこと姿勢の悪さが代表的な原因で、それで何がいけないかというと、慢性的な頭痛や肩こり、めまいなどを引き起こし、ひどい場合は鬱なども発症するようです。
詳しいことは「ストレートネック」で検索するとたくさん出てきます。

私は上記のような慢性症状は今のところありませんが、結構ショックだった。
自分で姿勢がよくないな〜というのは感じていましたが、首の骨がおかしくなってるほどとは・・・仕事がデスクワークでもないのにね。元々猫背気味なせいかも。

その病院のお医者様は、一度なると二度と治りません、と言い切って私を絶望させましたが、ネットでは症状を軽減させる方法も探せば出てきます。

「コンピュータ操作が原因」と言われ、ショックを受けて解消法をコンピュータで検索する・・・・

これぞ、ザ・現代人 でなかろうか。

人?ブログランキングへ





田舎暮らしの私は、完全に車生活です。

スーパーも銀行も病院も10km以上離れているし、畑も数km、義実家は歩いて5分だけど車。
車に乗らずして家の敷地を出ることがほとんどありません。

そんな私が、韓国在住10年目にして警察に呼び止められるTT

先日、多文化センター(国際結婚移民者支援センター)のある行事に参加するため、私の運転で数人の外国人仲間とともに移動していました。

場所は手慣れていない隣町。
迷った私は間違えて目的地を通りすぎてしまい、学校の門前の広くなっているスペースに一旦入ってターンして再び道に左折で出てきたところでパトカーがどこからともなく現れる。
「前の車〜、止まりなさい〜」

えぇ、ワタクシ?

なななんと、学校からの左折が、信号無視だったんですってよ。

私は左右の目視確認をして車が一台もいなかったことから斜め左折で出てしまったけど、私がUターンに使った学校前のスペースは左側に路地とくっついていて信号が前にあったのだ。

9万ウォンの罰金と30点の減点だそうで、ショックを受けつつも「ま、やっちゃったものはしょーがないや〜」と争いが面倒ですぐ諦めて従うのが私。

諦めないのは中国人。
後ろに乗っていた中国のアジュンマは、「私たちは外国人でこれから行事に参加するんだから見逃せ」とか「信号なんて全然わからなかった」とか、最後まで何でもいいから叫ぶのです。
強いな〜・・・と感心しながらも、言っていることはあまり筋が通っていないので「もういいよ〜私が気を付けてなかったから」となだめつついると、何やらコソコソ話をしていた警官二人が、

シートベルト、してなかったでしょ??

と突然の切り替え。
ナニその、華麗な方向転換は。その質問こそ信号無視の減点やん。

やってないことには当然抗議します。
「シートベルトは締めてましたよ、あなたに止められてから話をするために外したんですよ!」
と言うと警官、小声で

初めてだしシートベルト違反で処理してあげようとしてるんですよ、それなら罰金3万ウォンで減点無しですから

あ!

そうですそうです、シートベルトしてませんでした、すみませ〜ん!

手のひらくるっくるですよ。

解放された後も、中国アジュンマは自分が文句言いまくったからそうしてくれたんだと誇らしげに言い、私たちは外国人女性ばっかり乗っててかわいそうに思ってくれたんかねーなんて呑気な会話をしました。反省しろ

帰宅し、夫にこの話を。
「9万の罰金と減点をくらいそうになったんだけど〜」

まで話したところで夫が

「シートベルト違反にしてくれたんでしょ」

なぜそれを!!

自分も経験あるから

.........

私たちが哀れな外国人たちだからじゃなく、中国アジュンマのマシンガン文句の効果でもなかった。

あぁ、とにかく、私も警察のお世話になるほどにここで月日を送ったのね。感慨深いわぁ...


...んなわけない。反省します

人?ブログランキングへ







ここ鉄原郡は、広い「江原道(カンウォンド)」という行政区域の端っこに位置し、すぐお隣は「京畿道(キョンギド)」の漣川郡です。

なので漣川にもよく遊びに行きます。
なぜなら京畿道は江原道よりもずっとお金持ちで、やること成すことが一段階上でおもしろいからぁ〜
漣川郡も鉄原に負けないくらい田舎なのに、それでも何かやったら「お金のかけ感」がにじみ出るんだよね・・・(江原道民の京畿道に対する劣等感丸出し)

例えば、北朝鮮を水源とし、鉄原を通過して漣川に流れている「ハンタンガン」っていう川。
漣川内でイムジン河に合流する川。

このハンタンガン、50万年以上前にマグマが流入したことで形成された、いわゆる「火山江」。
マグマが冷えて固まる際に作られる柱状節理や、玄武岩・花崗岩といった地質学の分野においては非常〜に関心を持つべき特徴を多々兼ね備えてて、「国家地質公園」という特別区に指定されてる。
私がしつこく紹介しているコソクジョンもそうです。

そんな有利な財産をうまく観光開発に活用するのはやっぱり漣川が先。関連の展示館を作ったり、ツアーを組んだり。地質専門ガイドを養成したり。このように、なんだか・・・いつも私たちは後追いのような、京畿道に接しているおかげで無駄に出遅れ感を感じております。

漣川では今はカボチャ祭りやってて、変わったおもちゃカボチャと菊展が開催されていて、子供たちとGO〜

忙しい忙しいとあまりにほったらかし過ぎて、日曜日にどこかお出かけしたいと言うから、コソクジョン行くかと言うと怒られました。コソクジョン飽きているね。
image

ヘビキュウリ と書いてありました。
image

韓国の何かにつけて作りたがる朝鮮半島型がここにも
image

image

他にも漣川にはハーブヴィレッジなんてこじゃれた庭園だってあるし
image
image

旧石器が発掘されるからって広い広い旧石器公園だって持ってる。ここで大規模なフェスだってやっちゃう。
image


ハンタンガンの壮大な滝(ジェインポッポ)を下から見上げる形で見せつけるあたり、やっぱり勝てません〜
image

こんな階段、鉄原作れんもん(上の滝に降りる階段)
image

柱状節理もここぞとばかり分かりやすく見せつけ〜
image


やるな漣川・・・大好きだ。

鉄原も貧しいなりにがんばっています。皆さん、遊びに来てください(今更)

人?ブログランキングへ


↑このページのトップヘ