韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した日本人。今は日本にいますが、江原道鉄原のガイドをしていました。 鉄原についてお問合わせがある方は、「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください。

韓国にいる夫とは、だいたい毎日ラインをしています。

色んな仕事をマルチにこなす彼。

主業の農家のみならず、
農薬散布ドローンの操作、
田植え 稲刈り 麦や大豆刈りの委託、
農機修理、
等など能力は高いので色々やる。

いわゆる、器用貧乏というやつですよ
あっ言っちった💦

で、終わりに仲間とチキンと酒を引っ掛けて帰るというところまでが仕事。チッ

今は、人んちのエンバク(燕麦)収穫。

エンバクって??
オーツ麦のことです。グラノーラとかに入ってるアレ。
※画像はお借りしました
Screenshot_20200701_232454
ほぼほぼ緑肥や飼料に利用されますが、食用としてはオートミールと言えば分かる人多いと思う。


今日はそれを刈ってるんだ♪とのこと。
※作業中のコンバイン内から刈り取りの様子
1593425779736

私は?
パート先の農家さんで、毎日収穫と除草作業!
IMG_20200621_134726
キャベツやレタス、ブロッコリーを連日出荷してます。有機農場で無農薬なので、虫はいるし草はモサモサだし色々落ち着かないが、「安全なものを提供する」という農場主さんの信念の元、従業員一同一生懸命やっています。
IMG_20200621_134340
先週寒い日があってストーブをつけるほどだったけど、そろそろ夏日になりそう。
皆様も夏の暑さには本当にお気をつけて!
人?ブログランキングへ


息子ヒョンの顔を見て、

「1.2.3....10個もホクロあるね〜」

そう言ったら、彼は私の顔をまじまじと見て、

「1.2.3....お母さんは20個くらいあるよ」

って、それシミや。マジメか。
あーあ、あーあ

今日はこれだけです、ゴメンナサイ

慰めて
人?ブログランキングへ



シナプスが病みがちな私はあんまり過去のことを覚えられず、写真やメモはいつも重宝しています。

私の100倍、私のことをデータで把握しているgoogleさんが(お世話になり過ぎてもはや呼び捨てならず)、去年のこの日アンタこんな写真撮りましたよ!と自動的に教えてくれる。

5年前の本日をたまたま覗くと...

江原道文化観光解説師(だから長いって)の、
100時間講習at江陵(カンヌン)

真っ最中でした。

※カンヌンの宿にて。
持ち寄りのおかずで食事
MyPhoto_1143637669_2171~2

※貝焼きで一杯
MyPhoto_1143637669_2211~2

※カンヌンの海
MyPhoto_1143637669_2180

食べてばっかな感じだが、昼間はちゃんと講習受けてますヨ。

この楽しい仲間のお母さんたちは皆まだ最前線でガイドしてる。
私は抜けてしまったと言えど、自分の勉強にもなって、厳しくて、素晴らしい経験になって、人に堂々と言えて、役に立てた仕事だったと思う。


これからも、隙あれば一生治らない鉄原職業病をチラチラとちらつかせるよ。その時ははいはい、って聞いてあげてください。

改めて、我が街・鉄原の発展と健康を願います。
人?ブログランキングへ


ここ数日、なんだかアクセス数あがったな。

と思ったら、やっぱり北のおかげでありました。

自分でも忘れていた、「北朝鮮向けビラ」というタイトルの過去記事に集中していました。

ニュースから、
「ビラとはどんなものなんだ?」
と多くの人が関心を持ったと思われます。私のブログがその疑問を解決したかは分からんけど。

しかし、北はこういうことは有言実行ですね。

皆様ご存知、私は、国境の街・鉄原で数年間「安保」観光ガイドしてました。
その間だけ見ても、ムン大統領政権の下で安保観光の在り方は変わりました。
まず、「安保」ではなくて「平和」観光と名称が変わりました。
観光案内所に併設されていた北朝鮮の蛮行の紹介や非難めいた展示館は一掃され、鉄原の野生動物を見せるマイルドなスペースになりました。
部隊訪問時にお客さんに見せる上映も、北を侮辱する内容はカットされました。
平和のなんちゃら、とやたら「平和」と名のつくイベントが増えました。
そういう行事のスピーチでは必ず、非武装地帯はこれからは平和地帯になるだろう!と、鉄原の議員がマイクで叫びます。
最前線は軍事施設を減らし、手薄にしました。
平和の道と称して、非武装地帯を渡れる道を開通させました。
北に向かって大音量で煽ってたスピーカー放送もやめました。

これら自体は、間違っていると思いません。終戦はなされるべきだし、知れば知るほど南北分断は計り知れない悲劇です。
平和は、誰しも願う当たり前の権利です。

ただね、南北の見ている方向が違いすぎる。両方のベクトルが同じ方を向いてこその平和じゃないの?
こちら側が差し出している手をハエたたきであしらわれ続けているような状況の中、何が平和の観光か、と仕事中にモヤモヤすることもありました。

朝鮮半島の悲痛な叫びと痛みは、いつまで続くのだろう。
そんなふうに思わされて、絶望的な気持ちになる時もあります。

美しく穏やかな鉄原の風景は、裏側にそんな陰があってこそのものなのです。
20190925_092016
1546991025413

20180427_134907
20171225_105027
image
最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
ついでだから押してって⬇⬇
人?ブログランキングへ




息子ヒョンが、またうどんを打ってくれました。

これで通算3度目のうどん屋さん。
2回目まではここに秤が無くて目分でやってたのを、秤があればもっとうまくできる!と豪語するので、ほんまやな?ゆうたな?(←意地悪)とキッチンスケールを購入。

では、順を追って見てみましょう!

1度目⬇(スケール無し)
IMG_20200504_174200
2度目⬇(スケール無し)
IMG_20200516_183359
3度目⬇(スケール有り)
IMG_20200620_130714

え?

ちなみに、見た目はアレだが味は良いなどという意外性はなく、見た目と味はしっかり比例しております。

最初が一番美味かった...
2度目はブチブチ切れてたし、3度目なんてスジェビ(すいとん)やん。うどんちゃうやん、って全員に言われてた。

もっと修行するって言ってるんで、4度目があれば報告します。

4度目見たい人は応援してください!⬇⬇
人?ブログランキングへ




息子が、
「お母さん、先生が、だべ、だべ、って言うのは何?」
と登校初期の頃に言ってたけど、そりゃ北海道弁だべや。

昔少し住んでたと言えど、ほぼ北海道初心者の私が、この2ヶ月で農家の職場で教えてもらった北海道弁がこれだ〜
皆さんはご存知のはありますか?

・あずましくない
→落ち着かない感じ。子供がバタバタしてて騒いでる時とか。

・こわい
→しんどい。農作業中に年配の方がよく言ってる。

・いいっしょ〜/よかったっしょ〜
→いいでしょう。あまりに聞きすぎて、私にもうつった。

・ぼっこ
→棒。

・いずい
→ムズムズする。むず痒い。「ホコリ吸っちゃって鼻がいずい」とか。

・つっぺ
→栓。花粉症で鼻にティッシュ詰めてる人が教えてくれた。

・おがる
→大きくなる。「いやー、ちょっと見ないうちにレタスおがったね〜」

・なげる
→捨てる。

・いたましい
→もったいない。

・かっちゃく
→引っかく。草をクワでかきとってる時に聞きました。

広いから、他の地域に行けばまた色々あるんでしょう。

子供たちは私に讃岐弁で育てられたにもかかわらず、ナゼだか影響をそこまで受けていません。

そのうち娘が、「それなげるの、いたましいっしょ〜」とか「ヒョンがぼっこまた振り回して、ホントあづましくないべさ!」とか言い出すんかな。
なら私は、「よっけあるけん、えーやん」とか、「またケンカしょんちゃん、ほんまに〜」と返すよ。
そこは謎の対抗心を出すよ。
人?ブログランキングへ







週末、砂浜で遊んできた!

私が住んでる千歳方面から約3時間、西の海「せたな町」でございます。

せたな町には山に買い置きしてる土地が少々あるので、それを時々見に行くついでに海も寄るんです。
見ても何かあるわけじゃないが、なぜか見に行きます。

※掘らなくてよいのに掘る
1592098655546
あんまり深入りするとクマに会うとヤだから早々に海に移動。
あるもんね、クマや鹿の痕跡。木の皮がベロベロに削られてたり、糞があったり。

※風車の舞う海辺
IMG_20200614_100030
ここ、町中を見ちゃうと寂れてて終わってんなぁって感じなんだけど、山、海、牧場や風車など自然色がなかなかステキな場所。
海が晴れていると奥尻島が見えます。

子供に
「この海、渡ったら韓国?」
と聞かれて、
「いや、残念だけど北朝鮮だね」
と答えたが、後で最寄りはロシアだと気づいた

子供たちは砂遊びに夢中で夢中で、何がそんなに必死なのかというと、
「トイレ制作」
photos
ねぇねぇ?
お母さんは常々ロイヤルファミリーのようにお上品を心掛けてるってこと、ご存知ないのかしら?

せたなの海は、超透明で国内でもトップクラスの水質だそうなのに、その美しきお水で...

※流し込むなっちゅうねん
photos
これがなかなか思ったより良くできてたので、ちょっとひいた。

※嬉しげにすな。
IMG_20200614_123654

せたなには人気のあるシュークリームがあります。
IMG_20200614_115702
その名は、岩シュー。
海にそそり立つ三本杉岩と呼ばれる奇岩にちなんでいるそう。
何と賞味期限一時間に設定されてます。
※岩と岩シュー
IMG_20200614_120634
岩のようなゴツゴツ感にデザインされてる皮のクッキー部分はサクサクで、中のクリームは濃厚で美味でした。
IMG_20200614_121007
せたなにお出かけの際はぜひ♥
岩シューは毎日販売じゃないのでお気をつけ下さい。

シュー以外にも、店内の他のお菓子もすごく美味しそうでした!

海辺には人は数人しかいなくて、思いっきりトイレ作ってトイレの歌を大声で歌って、あぁ楽しかった。でざます。
人?ブログランキングへ




韓国の義両親とは、週1以上はカカオトークで通話しています。写真も送り合います。

私もかけるし、お義父さんからもしょっちゅうかかってくる。
親と同じ村に住んでる夫が実家に寄り付かないもんだから、私の方が義両親の様子に詳しかったりします

先日はモニターに写る義母の口元に大きなヘルペスができていて、ははぁー何かやってるなと思ったらやっぱりの大整理大会でした。

義母は、疲れるとすぐにヘルペスができる体質。今回は、洗濯乾燥機を買ったものの置けなくて土間の模様替えとのこと。溢れかえってる物たちを全部出しての二日間の奮闘ぶりは、ヘルペスが物語ってた。
その都度ちょこまか整理できなくて、溜め込んでどん!とやるタイプの人だから、毎年定期的にこうなります。

夫が諸用で数日家を空けてるから、ハンビョリを預かってるぞ!と写真を送ってくれたお義父さん。
1591890557500
うん、やっぱ見た目はイケてるわ。
中身はアレだけど。

私のこと、覚えてるかしら?
人?ブログランキングへ




「ミニトマトを育てて観察しましょう」

という学校でするはずの取り組みが、しばらく登校できないので各家庭でやってくださいと、種を一袋もらってきました。

卵パックに土をつめて芽出しをしたら、100%の発芽率で24個のトマト苗ができました。

登校が始まって持って行くときに、用意してた植木鉢に一番大きな一本を植えて持たせ、残りは2つほどだけベランダで育ててみよか?と言ったら、息子が「もったいない。僕が面倒みるから捨てないで」と言う。

うちは今賃貸マンションなので、畑も庭もありません。
日当たりの悪い狭いベランダでどれだけなるか分からんけど、じゃあやってみな〜となって今こう。
IMG_20200611_062420
種が配布されたのが遅くて、まだ小さい...

写ってないけど、まだ横にいくつかあります。
勤めている農場から肥料袋をもらってきてそこに土を入れて植えればいいけど、これ全部は物理的に無理かな。

毎朝水やりしてる息子ヒョン。
韓国で農家の息子で、庭があり畑があった時は興味🍐(ナシ)だったくせに、ハードル上げすぎじゃありません?
天邪鬼の性格は誰似ですか〜....

ベランダがトマトでモジャモジャになれば報告します。
報告なければ察してください...
人?ブログランキングへ



夏は夏なんだけど...未だ肌寒い日があったりして、ここの夏はきっと短いのだろうと感じずにはいられない。

※ドライブ中、菜の花満開
IMG_20200606_150830
極寒の地・鉄原の民である我が子達は、私が起毛の冬服にくるまっている時から半袖短パンになり、学校でも会う人会う人に「寒くないか?!」と声をかけられたそうな。

クラスに一人はいる、年がら年中夏服のやつ的な?DNA怖っ〜

※その辺の草花を末っ子が上手に生けてくれた
IMG_20200608_082900_1

昨日、一本の電話をもらいました。

先祖代々日韓併合時代まで鉄原に住んでいた90代のおじいさんで、今は東京に見える方です。数年前に、故郷の鉄原を先祖の永代供養のために訪れた時に私を訪ねてくださり、それ以降も何度かお電話をくださってました。

ところで私は、素っ頓狂なことばかりするから一見心が強く見えるかもしれないが、芯は相当軟弱。ソフトテニス部に入部した娘に昨日買ってやったテニスボールそっくりです。

自分で決めた北海道移住を実行し、希望と明るい興奮に満ちあふれてなきゃいけないのにまーだグジグジとこれからの不安や、周りへの申し訳なさから脱却できずにいて、自己嫌悪がすごい。
自分のやることに全く自信がないんですね。ないのに中途半端にやるから迷ってばかり。いつもそんなんです。だから情熱大陸とか、ガイアの夜明けとか激レアさんとかローランドとか叶姉妹とか好きなんかな(行き過ぎ?)?自分をしっかり持って進む人に憧れてるんかもね〜!
我ながら面倒くさいアラフォー女...

おじいさんと話してるうちに、つい、ポロリとそんなことを漏らしてしまったのに
「北海道に来たことは正解なんですよ。本当に良かったんです。宿命だと思いなさい。いつも、頭の中だけでもいいから仏様や神様に感謝はしなさい。」
と。

人と話すのはありがたいこと。
仏様の前におじいさんに感謝を伝えて電話を切りました。

もう一度鉄原でお会いし、ガイド仲間の人等もこの方の歴史のお話を直接聞いたらどうかと思っていますが、タイミングがなかなか合いません。
どうか、いつまでもご健康でいてほしい。
人?ブログランキングへ



↑このページのトップヘ