韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

July 2010

5
毎日、トマトを食べています。
捨てるほどあるので、生で切って食べることはしなくなりました。

一番は、ただミキサーにかけてハチミツを混ぜて飲む。
冷やしてグビグビです

次にはまってるのは、ミキサーにかけてジュースにしたものに水を足し、玉ねぎ、ソーセージ、ズッキーニなどの野菜を煮込んでスープ。

冷蔵庫で冷たいスープにすると、子供達も喜んで食べるし、ヒョンの離乳食も兼ねてる(のは後で思いついたけど)ので、何も調味料を加えないけどおいしい

それから、煮詰めてソース・・・のストックも増えてきたし・・・
次はジャムでもするかなぁーと、ネタがつきてきた頃(一気大量消費調理法に限る)、主人が


ケチャップ作って。


作りました。トマト1kgのレシピです。

1.完熟トマトを、ミキサーでジュースにして皮と種を漉す。
あらかじめ湯剥きしておいてもいいです。

2.灰汁をとりながら煮詰め、かなり減ってしゃもじで鍋底に線が書けるくらいになったら、すり下ろしたタマネギ4分の1と、ニンニク少しを入れて5分くらい煮る。

3.最後に酢20ccと、砂糖大さじ1、塩少々、好きなスパイス少々を入れ一煮立ちさせて出来上がり。

実は最後の「」が超重要だと思うのですが、、、だって煮詰めるだけならただのピューレやん。
クミンとか、セージとか、ローリエとか??

がっしかし・・田舎なもんで、ローリエくらいしか売ってない。
しかもローリエすら入れなかったよ、買い忘れて。

レシピによって書いてあるスパイスは様々で、「生姜」とか「シナモン」とか「パプリカ」「唐辛子」「コンソメ」入れる人もいたし、ようは!!なんでもアリっぽい。

酢の量だって結構適当(入れすぎると酸っぱいです)、調味料を入れるタイミングも最初から入れる人もいれば、最後に入れる人もいて、まぁ煮込めばそれらしくなる、ということで(ホントか)。
砂糖入れない人もいたけど、砂糖は入れた方が食べ慣れたケチャップらしい味がします。

結局、私が入れた調味料は、ニンニク・タマネギ・塩・黒胡椒・砂糖と、
家にあったなんだか分からないスパイスミックス少々(←怖かったので入れなくても同じなくらいちょっと

おいしくできました!!(ホントか)。
思ってたよりおいしくて、ちょっと感動しました。

市販のツルンとした滑らかさでなく、手作り感溢れる見た目。
写真左は黒トマト、右は普通の赤トマト。
画像 056






ミニは4kg炊いて600gくらいになりました。
廃棄部分が多いのでこんな少ないけど、普通のトマトならもっと多くできるはず。測るの忘れました。

まとめとしては

・・・・買ったほうがいいですね。
でも、家庭の味って感じで、これはこれで本当においしいんですよ。

黒は、赤より酸味が強いので酢を減らし、砂糖を多く入れ、且つ皮の厚いしミニだったので皮取り除き作業が大変で、且つ見た目がドスの利いた色合い、、、つくづく加工に向かないヤツです。

黒ミニトマトは、生が一番。

今でも結構満足なできだったけど。
真面目に色んなスパイスを試したら、もっとおいしくなるのだろうか。
あぁ、ちょっとはまりそう。

子供の夜泣きで寝られない〜とか言って、自分でこうやって睡眠時間を削っているのですー
1クリック、応援お願いします(*´ェ`*)人気ブログランキングへ

5
画像 028

うわ、きったない・・・

3年半使用の玄関マットを初めてお風呂で洗ってみたら、案の定。
大雨の後の川の水か!
こんなの踏んでたと思うと、自分でもちょっとぞっとする知らぬが仏


これは、新婚旅行で行ったトルコの物で、ステキな柄が気に入って購入したんです。
羊の毛で織られたこの柄は、染色された糸でなくて羊の毛色そのものなんです。いろんな色の羊のご協力で得られた品。

そこでは、織り子さんたちが、機織り機(というのかな)で一枚一枚時間をかけて織ってました。とても気に入っているマットです。

トルコは、魅力的な曲線の花柄模様のものが多くて、他にもテーブルマットと食器を買ってきました。
チューリップオランダが有名ですが、原産はトルコだそうで、チューリップが入った模様が多いです。
画像 055
セットで持ち帰った片ワレは、そらに割られてしまいました 

画像 054 
左下の角のフサフサ、一つヒョンに食いちぎられてしまいました 泣


そんなこんなで、汚れてきたのが気になりながらも、ヘタに洗ってくちゃくちゃになったら困るなぁ・・・と放置。

しかし、いくらなんでもこの汚れ方はありえないだろっって思うでしょ??

うちは、の・う・か☆ですから!
(全国の農家さんに怒られそうですネ。はい、こんなに汚いのうちだけです。毎日、砂っぽい服と靴下で家にあがるだけでも、こうなるんです。家を建てたら、仕事用玄関と一般玄関を分けよう)


以前より、やっぱり少しバリンとした感じにはなってしまいました。画像 049

でも、白っぽくなった。

汚れたことにも、洗ったことにも気づかない汚れ張本人の主人に・・・イッチョお願いします(*´ェ`*)
人気ブログランキングへ

3
私は世界でこの2人にだけモテモテですよ〜
もうモテ過ぎて、身が持ちませんいや、ホントに。

ある日常の2枚です。
(シャツが曇りがかってるのは、ノーブラ・子育て用の、外に着て行けないあまりにも変な柄という諸事情から)

お姉ちゃんをおんぶしていることに怒りまくって、ついに倒れこんだボーズと・・・

BlogPaintBlogPaint












そんな弟を余所目にしらっと動かない姉。

母ちゃんがあまりに大変だって、笑いながら珍しく主人が撮りました。

いつも写真を撮るのは私。
だから私の写真はただでさえ少ないのに、たまに写ればこんなんかいー

キレイにしている時も多いんですよ、ほっんとですよ!!!(必死)
家ではシャツの襟元は引っ張られ、噛み付かれて体中に歯形だらけ、ヨダレだらけにされ、髪の毛はかき回され・・・いつも捨ててもいいような服装をしてます。
世の子育てお母さんたちで家でもキレイな格好している人、尊敬。


そらは、保育園にようやく嫌がらないで行くようになりました。
今も、行きたいとは言いません。「行く?」と尋ねると、やだと答えます。
それでも、5週間くらいかかったけれど、迎えに来たバスを見て笑って駆け寄って行くまでになりました。
先生が、本当に上手に愛情いっぱいに接してくれてるんだと思います。

先生方は、鉄人です。


最初に比べると随分話ができるようになったそらっち。
歌も歌うし、お友達の名前も3つくらい言います。


201065~4

毎日、「ミンジオンニ、ミンジオンニ!(オンニ=お姉ちゃん)」と私に語るので
ある日先生に「ミンジって子いるんですか?」と訊くと、
「そらのオンニにあたる子は、ユナしかいませんが・・・」っておい、
どこの誰だよ、ミンジって・・




母ちゃんの作った離乳食より、ボクは椅子のベルトがもっとおいしいよ〜画像 015

ものすごく大変でも、ちゃんとすくすく育ってくれています。感謝!!
1クリック、応援お願いします(*´ェ`*)
人気ブログランキングへ

3

週末はいつものように、主人の実家でトマトを採りました。

だんだん一日の収穫量が増え、もう100kgを超えます。
これからもっともっと増えます。
私は週一回しか仕事に行けないけれど、平日毎日手伝ってくれている義両親に頭が上がりません

このように、農家っていうのは家族でできるからよい、と思いがちだけどこれが結構そうでもない。

ウチの主人と義父がけんかをしたのは前に書きましたが、昨日は義兄と母親が小競り合いをし、まぁ24時間一緒に居るとなにかとこういうことが起こりうるんです。
主人は、ハウスを持ってる(一応自分が社長をしてる)仕事があるので、やり方でアレコレ言われるともっと面倒なことになりますが(性格的なこともあるし)兄さんは主導権を全く握っていないからまだマシとは言えるのかな・・


主人は、農業大学校出身です。
農業の行く末が危ぶまれる中、この大学校では海外留学も含め授業料は無料、卒業生は農家の後継者として軍隊行きも免除されるなど、何かと優遇されます。
しかし卒業しながらも、農業辞めちゃう人も当然多くいるわけです。
その理由の半分以上が、家族とのけんかだそうです。父と息子が一番多いでしょうね。やっぱり金銭的な理由が主じゃないかなぁ、と想像します。


会社に通うのとは、根本が違う。
ケンカしないもするも、根底には家族愛があるのです。
だから一緒にしようとするし、簡単に辞められないし。


義父と、(今は亡くなっている)その兄も土地のトラブルで絶縁状態になるほどの大喧嘩をしています。

その時、義両親は夫婦でも大喧嘩になり、お義母さんが「殺すよ!」と言って包丁を投げつけ、壁に当たって割れた刃先がお義父さんの足に刺さったんだって!!わぉ


小競り合いですんでいるうちが華だ〜




同族経営も良し悪しですネ


夫婦2人で毎日ハウスで仕事する日を夢見てはニヤニヤしちゃう私に、、、
1クリック、応援お願いします(*´ェ`*)
人気ブログランキングへ

5
農家の我が家は5月ごろから忙しくなり、しかも仕事場が遠いためパパ(アッパ)は時々しかアパートに帰ってきません。
ほとんど、仕事から近い実家で寝泊りしています。

そんなこんなで、アッパと過ごす時間が少ない子供達。
私は慣れちゃって別になんとも思わないんだけど・・・これが4年目の夫婦

帰ってきても、疲れているので一杯やってテレビの前で寝てしまう。

しかし
今日は「花火をしに行くよ!!」と無理矢理さそい、近くの川に行って百均で買った安い花火を10分くらいやり、アイスを食べて、スーパーで買い物をして9時半頃に帰りました。
日中の出られないくらいの暑さに比べ、夜はすっごく過ごしやすい。
運動してる人、呑んでいる人、キャンプしてる人、釣りしてる人。

どこも遠出できなくても、こんな時間がとてもよし。
思えば、子供ができる前いつも2人で仕事もしていた時、夜遅く疲れて帰ってきても、時々は自転車二人乗りして夜の街にトッポッキ食べに行ったり、ぶらぶら散歩したりしたなぁ。

そらっちも、アッパと出かけて、初めての花火にも喜んでいたし、今日はめでたしな日になりましたヒョンもぼんやり花火を見ていたよ。

お疲れアッパには申し訳ないけど、また花火を買ってくるぞ。ウシシ
私の思いつきにふりまわされるアッパに1クリック、お願いいたしますー
(*´ェ`*)人気ブログランキングへ

4
「家庭でキムチはどれくらい漬けるんですか??」

と、日本の方に聞かれることがあります。

ソウルなどの都会と、田舎とは違いが大きかろうと思いますが、
うちの義母の場合は、年に一度の、白菜が採れた時に大掛かりに大量漬け(キムジャン)の時は約100個前後漬けます。
これは一年分でなく、間でも義母が一人でちょこちょこ漬けるので、数ヶ月分かな。
ただ切って食べるより、チゲにして食べる消費量が何十倍も多い。


これで、両親と子供たち(大人7人)分をまかないます。
また、村に老人会というか義父が遊びに通う会館があって、冬中男性たちがお酒を飲んだり花札したりする場所があります。そこに寄付したりもするみたい。

普通は、家の中で家族だけで少量漬けるんだろうけど、うちは田舎だからか、庭にブルーシートをバーンと広げ、赤いゴム手袋を引っさげておばちゃん連盟が近所周り。
今日は金さんとこ、明日は隣の李さんち!!あさっては向かいの朴さんちよ!!

前日までに、(白菜に塗り付ける)ヤンニョムになる材料を準備しておきます。
買出し、ニンニク、生姜の皮むき、大量の大根の千切り、唐辛子粉などなど・・・
これが大変(ほとんどお義母さんがやるんだけど。というか、手伝いたくてもこだわりがあって、やらせてもらえない)。

そして前日、家の者だけで塩水に漬けて下準備はしておきます。

そして当日、私はよその家は手伝いに行ったことないけど、うちには10人以上集まってた。
その賑やかなことといったら!!!
しゃべってんのか、漬けてるのか、食べてるのか・・・
手と口をマックスで動かす最恐アジュンマたち。

私は当然一番下っ端です、
「のど渇いた、、コーヒーちょうだい!」
「ここ、もっと唐辛子入れて!!」
「あ、鼻、かゆい!かいて!!」
「ちょっと、おいしいわコレ!あんた、早くこっち来て口あけなさい!!」(あ〜ん)

というわけで、私は毎年参加しながら、漬けたことなし。
残ったヤンニョムをお土産に分け、終わり。
このヤンニョムこそが、各家庭の味であるので、この時期になると色んな味のヤンニョムが食卓にのぼります。

最近の嫁達は勤めてる人が多いので、キムジャンの日に義母の手伝いができないことがあります。
しかしできたキムチはいただくので、そういう場合は現金を気持ちとして渡します。
(去年だけは、私は「小さい子がウロチョロすると返って邪魔だから」と、来るなと言われ参加できず、しかし現金もいらんと受け取ってもらえなかった。)


韓国に欠かせない食べ物ながら、韓国で女性の半数は漬け方知らないらしいです。
私も10年くらい後なら、ゴム手袋さげてキムチ行脚やってんのかしら・・・

1クリック、応援お願いします(*´ェ`*)人気ブログランキングへ

5
カメラのボタンを押すと、写真が撮れることを理解したそらっち。

押しまくって、ワケ分からない写真を撮るんだけどそれが意外と、そらの目線ってこんなのかぁと気づかされたり。

その一枚がこれです。
食卓の、自分の席で撮ったもの。向いに私がうっすら。

画像 020

今まで使っていたそらの椅子。
離乳食を始めるようになったヒョンに譲ることになってしまい、そらは大人と同じ椅子で食べています。

身長91cm。机が高くて食べにくいだろうなぁと思いつつも、彼女は大人と同じなのが嬉しいのか、大喜びで自ら座り、ヒョン椅子を返せ~!!などとは言わないのでそのまま。

上の写真は自然なそら目線。やっぱ高い

この写真見てからは、どんなにシツコクこぼしても、怒らないようにしようと誓ったのでした。(諸事情により子供の椅子もう一つ買うという選択肢は保留)

ヒョンはせっかくいい椅子に座ってるのに、ご飯食べないで遊んでばっかだよ~
画像 015

保育園でも、だいぶ慣れてきた様子。
一ヶ月が経ち、毎朝まだ若干嫌がって抱っこはせがむものの、涙ナシにバスに乗って行くようになりました。

私に、お友達の名前も教えてくれます。
201065~4

すんごい必死な顔で何を作っているんだろ。

2082EE~1

子供2人産んで、ばれた秘密が一つ。
それは、、、マユゲ

私はマユゲが激太。
今はまぁ、実際よりは細めに整えてるわけですが、ある日主人、
そらとヒョン見て一言。

「あむのマユゲはこんなん・・・毛が渦まいてるね」

子供って怖いわぁー

いつもありがとう!1クリック、応援お願いします(*´ェ`*)人気ブログランキングへ

5

はい、今回も「久々」の鉄原ツアーでございました

鉄原ツアーとは??
私の住んでいる鉄原郡はDMZ非武装地帯沿いにあります。
北が南侵用に掘った第トンネルをはじめとした戦争跡などを、超個人的に観光案内している活動を適当にそう呼んでいます。時々お客様から聞かれますが、資格などは全くありません。

だいたいお一人か、多くてお二人で見えることが常だったけど、なんと!
今回は4人しかも!全員女性マニアックな土地なので男性のお客様が多い
しかもしかも!!イビョンホンのファン

40、50、60、70代の異色な(だから褒めてるんです)酒飲みでお洒落なマダム達。(70代の方は、私のおばあちゃんにオーラが激似で一緒にいるとなんだか安らぐ

イビョンホンのイベントかなんかで知り合ったんだそうで、みんな住んでるところがバラバラだから仁川空港集合だとか。
イビョンホンへの恋のパワー全開で、若々しいにも程があります。

今回はイビョンホンの誕生日だったそう。
チェジュ島で開かれるパーティイベントには行かないけれど、次の日に直接彼の事務所を訪ねてプレゼントを渡すそうです。
家にも行った、空港で会った、そんな話に私はただ目を丸くするばかり。

真のファンというものを初めてこんな間近で見た。

鉄原ツアーの話がイビョンホンの話にすり変わってますね・・・

ジーンズやブーツを履き、私顔負けの若い格好をしてらっしゃるのに、展示館で北朝鮮の生活用品を見て
「懐かしい〜!昔こんなん使ってた!」
と喜んでいる姿にステキなギャップ

とにかく、元気モリモリのかっちょいいマダム達い同行させてもらって、私もとっても楽しかったんです。
それに、今回はソウルから運転手とガイドさんつきのレンタカーでいらしたので、私はいつものように運転することもなく、おしゃべりに参加させてもらったのでした。

残念だったのは、宣伝用スピーカー設置工事がまだ終わってなくて、展望台に入れなかったこと。ここまで来て、DMZを見れないなんて。
そのために、私は同行しませんでしたが皆様は隣町の金化にある勝利展望台に寄ってからソウルに戻ることにしました。

訪問、本当に本当にありがとうございました!
特に、2度目の訪問をしてくださったお一人の方、心から感謝です。
これからもイビョンホンの追っかけファイトです

お知らせ1です。(第2トンネルに興味のある方のみお読みください
本来は安保観光の第2トンネルツアーは、自家用車での参加ですが、来週末から土日は一日二回運行のシャトルバスに乗っての参加に変わるそうです。
つまり、車が無い人でも、自分で(路線バスとかタクシーで)バス乗り場まで来れば容易に参加できる。車がある人は時間とお金のロスで不便ですが。

平日は今までどおりです。
疑問がある方は、ご連絡くだされば詳細をお伝えします。

お知らせ2
残念なの(は私だけ)ですが、しばらくこの鉄原ツアーをお休みしようと思っています。って、今までも休んでる同然な頻度

農家な我が家は、夏中農繁期です。
今まではたまのこんな外出時は、2人の子供をお義母さんに預けて出ていましたが、家が忙しくてそれも難しい状況です。

本来は私がすべきのハウスでの毎朝のトマトの収穫を、子どものためにできない私に代わってお義母さんが主人と一緒にやってくれています。私は週末だけ。こんな状態で、たまにと言えど子供預かって、とちょっと言いづらくて。

時期を見て、また必ず再開します!
待っててね〜(って誰も困ってないってば)


ブログに来て下さってありがとう!
1クリック、応援お願いします(*´ェ`*)
人気ブログランキングへ

3
スーパーにて
レジでカートに入れたものを差し出していたら、レジのおばちゃんが

「あらぁ、こんなものもあるんですねぇ〜。・・・お湯を入れて作るのねぇ」

と、私の買い物した子供のおやつミックスの箱を、じっーと読み始めちゃって。
おそらく時間にすると、10秒足らず(7,8くらいかな?)だったと思います。

その間、私はおばちゃんを見てたんだけど、子供がぐずぐず言い出して早く行きたいこともあり、
「あの、早く(計算)してください」って言っちゃった。

以前の私なら、絶対そんなこと言えないと思う・・・きっと、ただ待っている。

それから、電車にて。
知り合いと一緒に乗った時、2人掛けの背もたれの向きを変えて、2席同士が向かい合うようにし、一方に私と子供2人が、向いには知り合いが座りました。
 
発車まで時間があったので、知り合いが大きなカバンを置いてトイレへ。

そこにやってきたおじいさん。
登山かナムル採りの帰りか、大きなリュックを背負ってます。
知り合いのカバンが置かれた、私の向かい合わせてる席を指して、
「ここは、一人だけいるんですか、2人ですか。」
と座りたそう。

でも、
「ここは一人ですけど、後ろにも席いっぱいあいていますよ」

と、お返事したんです。

本当に周りはいっぱい空いていたし、知り合いのカバンもかなり大きかったので、(なんでわざわざ人口密度の高いここへ・・・)と思いながらもやんわり提案したくらいのつもりだったんだけど、おじいさん、

「アジュンマ(←ここカッチン)、ひどいね。私がここに座りたいと言ってるのに!!」と怒り出す。
私はちょっとびびって「分かりましたよ〜」
と、知り合いのカバンを取って、ひざに乗せて席が空くようにしました。
私の言い方のニュアンスが悪かったのかもしれません。

おじいさんは座りかけましたが、直後に近くの2人掛けに1人で座っていた人がどこかに立ち去ったのを見て、そちらに何も言わず移動しました。

私が座っていた辺りの席が好き、とかポリシーがあったのかなぁ。

とにかく、以前の私なら、おじいさんの申し出を断ることなどしなかったと思うんですヨ。色々、こわごわ生きてたから。

今も、コワゴワ生きているけど、(良し悪しは別にして)ナンだか少し変わったな、と自分で驚いた2件だったんです。
人が聞いたら、それだけか〜いって言うようなレベルの話だけど。

普通にアジュンマに近づいたのか。
韓国人ぽくなったのか。
性格が悪くなったのか??

・・・どれも、ヤダ。

約束や期限はテキトーに考える(大真面目に守ると一人空回りみたいになるから)
ツッカケ外出平気
道路でとばしても平気
ネコまんまおいしい
胃が増大
髪が軽くボサでも平気

など、イランことばっかり韓国ナイズされ、どーせなら誰とでも話せるとか、値切り術とかいいこと見習えればいいのにねぇ。

トホホな私に1クリック、応援お願いします(*´ェ`*)人気ブログランキングへ







4

毎週末になると、子供を連れて主人の実家に行きます。

平日に息子だけ連れてまで通うのは、一度きりでやめました。
人間ムリしないのが一番

先週末も、主人と一緒に一週間ぶりに私達のトマトハウスへ行き収穫。ミニトマトの木は、すでに3mに達しようとしています。
それを下に下に降ろしながら、管理します。

画像 013


画像 012

↓ 去年と同じトマトだけど・・・今年の写真。
  ほんのり黒いんです。
画像 008



収穫始まってるけど、本格的に量が増えてくるのはこれから。
どうなることやら・・・

1クリック、応援お願いします(*´ェ`*)人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ