韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

April 2012

3
食用のニワトリを4羽飼っています。

一羽がオスで三羽がメスです。
タマゴを産むための大人のニワトリと比べると、3倍はでっかくなっています。
去年主人がもらってきた時はまだ幼くて(といっても工場で捌かれるところだったのを譲ってもらったのだが)、最近になってタマゴを産むようになった三羽。
時期を同じにハーレム状態のオスが発情しだし、しょっちゅうその巨体を自分より少しは小さいメスの上に乗せるようになりました。

no title


といっても、例えば他の哺乳類のそれを目撃しちゃうようなちょっと気恥ずかしさを伴う光景ではなく。
ただぐわっと飛び乗り、ぶっとい足でつかみかかり無理やり踏み潰そうとしているのに近い・・・
そんなの見たことのない私は、初めの頃は完全にいじめているんだと思い、
「ニワトリの世界にも猿のように階級があって、自分より下の者に立場を思い知らせているのだろうか」
と大真面目に言って主人にバカにされました。

おかげで、三羽の背中の羽はいつもどろどろに汚れており、鋭い爪をたてられるせいでちょうど二本の足が着地するところが少し禿げてしまいました。
特に気に入られてるメスは皮膚が完全に見えて、どろだらけに。

毎朝回収している卵は有精卵なのか??
私が知っている有精卵って黄身の部分が赤みを帯びた濃い色だと、そう認識してましたがウチのは薄い黄色。
有精卵も生産せず、ただメスをいじめているだけ(?)のこの悪い男、このままだと彼が一番先にお肉になりそうです。
人?ブログランキングへ


4
※鉄原の路線バス時刻変更に関しての続き(?)です。→

地元の路線バスの時刻が変更され結構経ちますが、この不便なダイヤが住民に定着するには時間がかかりそう。

本数は平均すると変更前と変わらないんだけど、毎時だいたい同じ時刻に出発してたのが、20分後に次のがあるかと思えば、その次は2時間後、と間隔が尋常じゃない不均等差になり、バス利用者としては時刻表の携帯必須になった。

先週は子供を病院に連れて行った帰りにちょうどバスが出てしまって、次のバスまで一時間半をロッテリアとバス停の椅子で過ごしました。やっぱり車は2台必要かなぁ・・・

市街地のバス発着点前の薬局で新たに貼られていたメモ。
一番目のバス停なのに、小さな時刻表がペロンと隣り合わせた薬局に貼られてるだけなのです。

その時刻表の下に追加されてた内容は。

no title


「薬局は、バスの時刻表に対して知っていることは何もありませんので、疑問事項があればバス会社に電話してください」

首をかしげた人々が、かなり尋ねに入った模様・・・

バス停前って場所はいいけど、そういう悩みも生じるのかと、少し笑ってしまった瞬間でした。
人?ブログランキングへ


5
今日も、昨日に引き続きまさのさんとDMZ展望台巡りです。

まさのさんの展望台に対する情熱には恐れ入るものがあります。
望遠鏡を覗いては声を上げて喜んでいるまさのさんの後ろで、こんなにまで楽しんでもらえると、ガイドをしていて良かったなぁ〜としみじみ甲斐を感じます。

今日は鉄原の隣、金化の勝利展望台と、華川郡の七星展望台。
※写真は撮影規制のゆるゆるだった勝利展望台から。

no title


no title


両方とも、模型を使って軽く説明をしてくれます。
どこの展望台に行っても眺めるのはDMZ(非武装地帯)ですが、同じDMZと言っても見る場所・角度によって違う山、違うGP(見張り台)、違う風景、北までの距離が違うので行く価値ありです。今日訪れたところからは北の兵士が住む村と彼らが畑を耕す様子、線路跡、GP前に出て座っている兵士の姿が確認できました。

しかしそこの事務所のおばちゃんに、「弟さんを日本からお招きしたの?」って言われたのは相当ショックだった(TДT)
まさのさんが8つも年上やし。
ええ、まさのさんの風貌は確かにお若いですよ。
でも、私ってそんなに老けてる('A`|||)???

そんなまさのさんは、韓国は食事がおいしい!と絶賛しながらも辛いものが苦手。
納豆チゲを頼んだのですが、私がうっかり「辛くしないで」と伝えるのを忘れて、そのまま出てきてしまいました。

それで少しでも辛さを軽減させようと、唐辛子粉をちまちまと丁寧にとって皿の縁に並べるまさのさんの図↓

no title

ホントごめんなさい・・・でも一生懸命な姿につい写真まで撮ってしまった。

いつもそうですが、私にとってもとても楽しい二日間でした。
来て下さって、ありがとうございました!!



まだ独身のまさのさん、いつか行くであろう新婚旅行はDMZ展望台巡りがいいと言うので、それは女として大反対しておきました 笑
人?ブログランキングへ




5
鉄原ツアー、、、ではなく、今日は隣町の連川ツアーになりました。

日本からまた一人のお客様をお迎えしました。
この方は2年前に一度来て下さってて、当時は鉄原の第2トンネルツアーと、連川にある台風展望台などを一緒に訪れました。
韓国の(DMZが見える)展望台マニアと自称している面白い方です。
韓国には北朝鮮が南侵用に掘ったトンネルが4つ認められていますが、その全てを制覇しているツワモノ。

まさのさんのHP→http://t-bone-jp.com/tunnel_2nd.php

その時の旅の様子を詳しくレポートしているHPに私のことも載せてくださって、全く宣伝ゼロの私のブログやツアーにも、まさのさんのHPを介して沢山の方が関わってくれるようになりました。実質、私の宣伝部長(?)的役割を担ってくれてます・・・ツアーでいただいたお金の一部をお支払いしなきゃいけないくらいです。支払わないけど・・・スミマセン。

たまにリピーターで来て下さる方がいると、私はとっても嬉しい。
鉄原という場所がちょっとマニアックなテーマや土地だけに、なおさらです。

今回は、連川の鍵展望台という場所です。
このように民間人統制線といって検問所を通らなければならない場所にある場合、第1、2トンネルのように数日前の事前申し込みが必要だったり、個人では自由に立ち入れずツアーに参加することが必要な場合も多いですが、この台風展望台や鍵展望台はいつ誰が行っても身分を示せば簡単に入れてくれるので、わりと行きやすいスポットです。


肝心のDMZの展望は撮影禁止なのでしょうがないとしても、相変わらず写真不精です。
詳しい写真は、まさのさんのHPを参照に。
ガイドのくせに他人に丸投げ。

no title


no title


no title


鉄原の平和展望台に比べるとそんなに大きな展望台ではなかったのですが、私としてはかーなり「良い」展望台でした。
2階建ての1階部分は写真の軍人さんの寝泊りする部屋の再現、近隣の戦闘の概要・歴史などの展示。
2階部分はDMZの模型と、それを示しながらの軍人さんの説明。
この若い軍人さんが、私が質問攻めにしても全て答えてくれました。よく勉強しているなぁという好印象。
おかげで今後役に立ちそうな知識をたくさん与えてくれて、ガイドとしての勉強にとてもなりました。

望遠鏡では北の一つの宣伝村、軍人だか民間人だか田んぼを耕している姿、向こうの最前線に勤務する兵士の姿、様々なものが見えました。DMZ内の、つまり軍事境界線(実質の国境になっているライン)には200m毎に木製の立て看板のようなものが設置されているとは以前から知っていましたが、実際に見えたのはここが初めて。興奮してしまいました!

私にとっても「初めて情報」を沢山仕入れて、めちゃめちゃしゃべりたくて口が、というかキーボード打つ手がウズウズするんですけど(←需要ないってばよ〜)、全部言っちゃうと今後お客さんたちにシッタカができないので、やっぱりやめます。
聞きたーいて人は、来てくれたら教えます!!!!需要ごく一部

とにかく、台風展望台とあわせてDMZ好きにはお勧め展望台
連川駅からタクシーでも行けます。

その後、お昼に新望里(シンマンリ)駅前にあるスンデグクを食べに。

no title


このユイルスンデグクは、巷では人気の有名店です。
私も主人も大好きで、韓国に来た当時から時々通っています。

スンデとは、豚の腸に春雨を詰めて煮込んだもの。
見た目はグロくて昔私の妹が遊びに来たとき連れてきたら、ダメでした・・・普通、慣れない日本人(特に女性)は初めからは受け付けない場合が多いと思います。

でも、食べ慣れたら本当においしい。

no title


スンデとホルモンが一緒くたに煮込まれています。
エゴマの粉末がたっぷりのせられて。
no title


まさのさんには辛すぎるので、辛くしないようお願いしました。

no title


落書きだらけの壁は、店の人気度を表すものです。
no title


no title


no title


鉄原からは少し遠いですが、連川旅行に来た時はぜひお試しを。



食べ物を載せるの珍しいでしょ!?いつも写真とるなんて考えつく間もなく食べちゃうので。
今日はまさのさんのおかげで、食べる前に撮影する、という発想に至れました。人?ブログランキングへ


5
私は眉毛が濃くて手足がでかく、主人は頭が少々でかい

だから我が子の身体的特徴を言うときは、

「この子ホントに足がでかいな〜。足見ても眉毛見てもあむの子だって分かるね。将来は(合う靴が無くて)苦労するよー」

プププ ヒョンは頭がでっかいね〜。やっぱりアッパ(パパ)の子だねぇ〜。いたずら小僧ぶりもアッパの幼少期がうかがえるわ。」


と子供をダシにしては、お互いを貶し合う。


そんなアッパは最近始まった農家仕事のために、数日間日の下にさらされっぱなしでした。
おかげで顔が真っ黒に日焼けし、すでにメガネ線がくっきりと浮かび上がり、口の両側のほうれい線に沿った部分から頬にかけて皮がむけて白くなっている。
鏡もろくに見ない人なので、自分の顔がどうなっているかも把握しない。

シャワーあがりの主人。洗う際に顔を強くこすったのか、剥けたところがひどくなっています。

「わ、皮の剥け方が広がってるヨ。痛々しい・・・クリームでも塗ろうか?」


「え、そう??いいよ、これは皮膚の再生だから。剥けたらまた新しく生まれ変わって、いいことだよ!」
と言うので、いつものごとく悪のりして

「あははー、脱皮する虫みたい。古い皮を脱ぐとさらに成長するって」

と言ってしまった。
私は成長=向上 の意味で、皮膚が綺麗になるという考えだけでの発言だったが、

「えっ??成長って顔がもっと大きくなるって????顔だけ?顔だけ?」

と彼の過剰反応であ、そういう意味にも取れるね、と気づく。改めて見るとそういう意味にしかとれない言い回しネ・・・
勝手にドツボにはまって抜け出せなくなった私の横で、一人黙々とインスタントコーヒーを淹れる彼。
「ま、もうね。うん、いいよ、もう。はぁぁ」
何かぶつぶつ言っている。

彼は私に、背中に産毛の鳴門(鳴門って言葉、どこで覚えたんだよ!使い方微妙だし)があるとか、ヒョンはあむに似て昔の日本の総理のような眉毛になるのでは、とか、(村山さん!?そこまでひどくねー!)もうお互いに散々である。

こんな楽しい貶し合いができるのは世界中で彼一人なので、大事にしなければならないと思うのでした。


思春期までに死ぬほどコンプレックスだった体の特徴は、年齢と彼のおかげで今や全てネタに・・・人?ブログランキングへ


5
最高気温が20度近くなってきて、今日は上着なしで外遊びができました

毎週行くおじいちゃん家にも誰もおらず、人とのこれといった約束もなく、車も無く何も無い週末でちょっと憂鬱でしたが、お天気に助けられてたくさん外で過ごせました。

私が花を植えようと庭を均していると、そらが漫画で見て覚えた(雰囲気)宝の地図を製作し持って来ました。
紙にミミズのような線を描き、線の先にはX。
ここに宝があるんだ!って架空の「宝物」を探し始め、地面を掘る。
汚れを気にするそらは道具を使い、姉がなぜ掘っているかも分かってないどうでもよしのヒョンは素手でとりあえずマネる。

no title



当然、何か出るはずもなくすぐに放置。

no title


次はかくれんぼ。
二人それぞれ同じに柱にくっついてますが、状況説明をすると、そらは数を数えておりヒョンは隠れています。
10!と言って振り返った瞬間、見つかります。
ヒョンがあほなのかと思ったけど、あとで姉も同じ位置に隠れてました。

no title



韓国のおばちゃんはよく頭の上にでっかいモノを乗っけて運びます。
私もやってみたけど、うまくバランスが取れないばかりか、頭が痛くて長続きしません。
あのクルクルパーマがクッションになっているのかしら。

しょっちゅう、そんなおばちゃんたちの真似をしては喜んでいます。

no title



こんな感じで終わった週末。
子供たちはかわいいが、私の日曜の夜は金曜の夜のサラリーマンの気分である。


毎日一人で子供を見ているお母さんたち尊敬!人?ブログランキングへ



3
去年からずっと、80kgをキープし続けてきた我がダーリン。


身長は174cm(韓国成人男性の平均ぴったり)。
筋肉質でがっちり系なので、数値ほどに太っているようには全然見えないこともあり、口では気にしているようなことを言いながらもダイエットらしいことは全くしていませんでした。
私も深刻に考えてはいないものの、お腹周りだけぼてっとしている彼に「浮き輪ついてるやーん」くらいは笑って言ってた。

だって北海道の農場で出会った時(もう7年も前ですよ)は初めての海外生活のストレスで65kgまで落ちてて、今と同じ筋肉ながら背中から腰にかけてしゅっとしてて、真夏に体の線にぴったりするタンクトップ一枚で日焼けして働いてたんだよね。
そんな後姿に「あら」と騙されたこともあったと、しみじみ思い出したりしちゃう。
そんな話をしたら、彼も当時の私と今目の前の私を比べて何か言いたそうだったけど、そこはスルー。

土木とか農業とか体を使う仕事なのに、何で痩せないんだ〜

と毎日首をかしげている。ただ単に、摂取量が多いだけだと思う。

そんな彼がここ最近、2kg痩せました。
彼は夕飯時に飲酒をして8時頃に自然に就寝、夜中の2,3時に起きて一人ネットで遊んでから早朝出勤という生態リズムです。4、5時頃に何か食べる(ラーメンとか)のを辞めたらしくて、それのせいじゃないかと本人は言う。確かに、夜中食べたら太るよね。

2kg痩せたと大喜びして、分かる分かる?と裸を見せてくる彼に、うーん、あんまりワカンナイ、もっと痩せなきゃ全然ワカンナイと冷たい私・・・

大してお義母さんはすごい。
久々に会った息子を見て、「痩せたねぇー
家族が太るのは気にしないが、痩せる=苦労している という固定観念で、痩せることには敏感なお義母さん。
その「かわいそうに・・・土木は大変だから・・・」という感情がにじみ出た口調に、
上記の超冷たいコメントをした嫁は、黙っーてるしかありませんでした。

ちなみに私は彼と逆で、9時から10時の間に子供を寝かしつけるとほっとして、それから何かを口にしてしまいます。結構がっつり甘いものを摂ってから寝るのが習慣づいてしまい、むしろ私のほうが危ない。

私の体重増加は1人目・2人目の妊娠時より大幅に上回っているのです。
で先日の産婦人科の検診では、「子供が少し小さ目ですね」だって。どうしようもない。


2人目3人目になるにつれ、妊娠子育てに使う神経が少ないのをひしひしと感じています。人?ブログランキングへ




 

5
だんだん春めいてきて、外にかなり出やすくなりました。と思ったら。

今日は大雪でびっくりしました。

春のジャケットを子供に着せようかな、と思った次の日には雪が散らついたりしてまだまだ油断できない・・・

村の雰囲気は、そろそろ始まるモミ撒きや田畑の準備で徐々に慌しくなっています。
私はまともにしゃがむのもしんどいので外仕事はもう難しいかなぁと思っていても、天気のいい日にできることを見つけてはたまーに手伝いに行き、軟らかい日光を浴びて少しの汗と埃にまみれるとすごくいい気分転換になります。

日曜日に村の小学校の校庭に子供をつれて遊びに行くと、そらと同じクラスに通う男の子が小一のお兄ちゃんたち数人と一緒にいました。

毎日保育園で一緒にいるのに、お互いを見たときの嬉しそうな二人といったら。

「あ!イ・シホだ!!シホー!シホー!!」
「あっ、そらー!!そらー!!」

・・・一年振りの再会か

だけど私は嬉しかった。
そらから友達の話は毎日聞いていても、実際に一緒に過ごしているのを見る機会は貴重だからです。
どんな風に遊ぶのかな、と思って見ていたら。

ただ走る。叫びながら追いかける。叫びながら追いかけられる。笑う。走る。止まる。名前を叫ぶ。一緒に走る。

たまに滑り台。走る。シホがこける。そらが爆笑。

そのうち、いとこだという小学生のお姉ちゃんが迎えにきて、「お母さんが子供だけで遊んでたら知らない人が連れて行っちゃうかもしれないから、帰って来いだって!」 と言い、みんな帰りました。
こんな誰も鍵をかけない田舎でも、そういう心配するんだなぁ。もう少し大きくなれば大丈夫だと思うけど。
私もそんな心配をしますが、それよりトラクターや軍用車、大型トラックの往来が激しい村なので、そちらにハラハラします。

弟ヒョンやよく顔をあわせるいとこのリン、私の友達の子供たちはみんなそらより幼くて、一緒にいる姿を見てもお姉ちゃんだからついついそらが「もう大きい」と錯覚してしまう。
そらだってまだたった4歳で十分にまだ幼くて、弟の存在のためにいろいろ我慢していることを忘れてしまいます。

それでたまに同じ年齢の子や、特にそらより大きい子と一緒にいるのを見ると、「お姉ちゃん」とばかり思い込んでいたそらがすっごく小さいことに気づいて驚くくらいの時があります。

この日は、園でも友達と楽しくやってんだろなぁとほのぼのと見れました。


でも片思いのウジンに街ですれ違ったときの笑顔は、もっと輝いてたのよ。
no title


今日もありがとう人?ブログランキングへ







3
※この記事に関しては更新しました。→新時刻表


このブログを見てくださっている方々には、一名にも需要の無い情報かもですが・・・

前回載せた、新炭里駅〜鉄原 のバスの時刻訂正します。
前回のも間違いではないですが、京畿道連川が担当する時刻表だけだったようです。
鉄原の会社が運行するダイヤもつけたします。

鉄原中心街のバス停に行ってみると、違う時刻表が貼られてました。

※クリックで拡大no title


左が汽車(前回記事と同じ)、右列がバスです。
バスはやはり鉄原と京畿道連川の共同運行、二つの会社がほぼ交互に往復しているよう。
しかしややこしい・・・しかも赤で「臨時」って書いてあるし。

まだ改正されたばかりで、鉄原住民みな首をかしげながら乗っている。

バス停前の薬局に貼られているこのちっちゃい時刻表。
皆さん、その前で凍ってる。

no title

「は?ナニコレ」
「は?」
「は?」



「は?」
no title


時刻表の写真、クリックしても見づらいですね・・・必要だというモノ好きな方には個人的に連絡してくださればお教えします。


いつもいつもありがとう人?ブログランキングへ








↑このページのトップヘ