韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

December 2012

5
今日からしばし日本に帰省です〜

何という困難な日に当たってしまったことか。
普通なら車で空港まで二時間くらいですが、雪で道が滑るので電車で行くことに決めました。
スーツケースと子供連れで、インチョン空港まで4時間(TT)

想像するだけでどっと疲れますが、その向こうには実家があると思えば。日本のお正月が待っていると思えば。日本の食べ物が待っていると思えば!!少々の苦労もちっぽけなモンです。

皆様、2012年も一年間ご愛読ありがとうございました。
感謝をし、よいお年をお迎えくださいますようお祈りいたします(^∀^)

2013年もよろしくお願いいたします人?ブログランキングへ



4
※2013年4月15日の記事で、更新しました。


DMZフリークの皆さーん、朗報ですよ〜!!
興味のない方は、スルーしてくださいませ。

ブログを読んでくださっている方々には周知のことですが、私はここ鉄原で日本の皆様にツアーガイドを(勝手に)やらせていただいています。
今日はその関係でのお知らせです。

さて、先月鉄原に開通した「白馬高地駅」の登場にあわせて、鉄原郡が新しいツアーを設けました!

それがこちら ↓

no title



白馬高地駅 開通
安保観光(シャトルバス)
受付案内

2013.1.2〜3.31

1,2月毎日運営 3月から火曜は休み

一日二回(11:10分出発 14:10出発)

コース:白馬高地駅→第二トンネル→平和展望台→月井里駅・動物剥製展示館→白馬高地駅
    (役2時間40分所要)

大人8000ウォン
青少年・軍人7000ウォン
子供(7歳以上)6000ウォン
老人・障害者・国家功労者・参戦有功者 4000ウォン

6歳以下無料(保護者同伴)



ツアー内容は既存の安保観光と同じです。
観光事務所(狐石亭)からのツアーも今まで通りあります。
今までと違うのは、
自家用車がないと参加できなかった点、駅から遠く離れた事務所まで行かなくていい点。
この二点が一気に解決されるんですね。

これは、なかなか良いと思います。

白馬高地駅にいたスタッフ(ツアー活動関係でよく知っているオンニです)に聞いてみると、

・午後はかなり混んで、もたもたしているとシャトルバスに乗れないこともある。午前の方がすいていてよい。
・11:10出発などと書いてはあるが、バスがいっぱいになり次第発車する(汽車の到着は44分)。
・3月までとなっているが、その後の延長の可能性はまだ分からない状態である。

とのこと。

これで、韓国語に不安があるがDMZに興味のある日本の皆様、腰があがる人もいらっしゃるのでは?

えぇ、国がやることですから激安です。
憎い商売敵(笑)ですが、鉄原に来ていただけるだけでも嬉しいことです、お一人様でも気安く参加できるこのツアー、皆様、いかがでしょうか〜


ちなみに私はDMZ以外の場所もご紹介してます。
上記内容じゃないところも見たい、渡り鳥見たい、日本語ガイドを聞きながら行きたい、いやいや、あむはどんなヤツなのか見たい、って方はぜひぜひ私を選んでくださいね☆


↑ 結局、何か言わないと気が済まない(笑)

あむツアーでなくとも、鉄原観光のメール相談だけでもお気軽にどうぞ!人?ブログランキングへ


5
ラブビームを送り続けている相手、ウジンにラブレターを渡したそら(4歳)。

その時の記事はこちら→

今日なんと、返事の手紙を貰ってきたではないか〜
「手紙くれたからありがとってお返事書いてくれたんだよ〜サランヘって書いてある

どれどれ、ちょっとオンマに見せてみなさいな。

黒(笑)の折り紙の裏に書かれた内容は・・・

no title



キムソラ オレらは友達だ 好きだぜ

キムウジン 手紙見ろよな


これは・・・若干、フラれてますw?

書き損じて反対側から書き直してるところとか、短い内容なのに突っ込みどころ満載の手紙。
かわいいぞ(*´ェ`*)
うん、返事を書く律儀さといい、ウジンはきっといいヤツに違いない!
お母さんはこの恋を応援するよ!

しかし、この手紙は将来何かあったときに役に立つかもしれないので、責任を持って私が保管します。シオモニ怖っ

ちなみに、そらがウジンに贈った手紙はコレ↓

no title

今日はウジンにチュウしなかったね?と尋ねるのが日課になっているパパに同情の一クリックを〜人?ブログランキングへ



1
今日の記事は、軽く閲覧注意ですヨ。

なぜかと言うと、私の汚い指の写真をあげているのですヨ~。

元来超乾燥体質でアトピー性皮膚炎のある私は、特に手には苦労しっぱなしなのですが、この冬は人生初の症状が出ました。

いつもなら、切れたり、主婦湿疹がかゆかったり皮が剥がれたり。
爪の変形も日常茶飯事なんだけど、今回は爪と肌の隙間から膿が出ました。
それ自体は、痛くもかゆくも腫れもなかった。

全体的に皮が薄くなったり切り傷で物が何も触れないという限界がくると、免疫力強化剤を打ちに行きます。
いたちごっこと言えどこの効果はあなどれず、とりあえずスタート地点に戻れるので年に一度はお世話になってしまいます。
今年は授乳中のため注射じゃなくて、母乳に影響の少ない飲み薬を処方してもらいよくなりましたが、その時に膿も止まり一安心してたんだけど。

膿が出てたところの爪の付け根から新しく生えてくる爪が、、割れている。というか、正常に生成されてない。

ぽっかり穴があいてます。

no title


穴の部分は、本来は爪で隠れている皮膚の部分なのか?
すごくでこぼこでちょっと硬化してるんだけど、触ると痛い・・・

見た目は諦めるとしても、痛いってのは困ったな、こんな指が三本ある。

膿はとうの昔に治まっているし、爪が作られてない部分は今更どうしようもないだろうし、皮膚科に行くべきか、ただ正常な部分が出てくるのを待つのでいいのか、迷っている最中です。


よろしくお願いします人?ブログランキングへ




※23日、小豆粥について追記しました。

おととい行われた第18代大統領選挙。

与党セヌリ党の朴槿恵候補と、野党民主統合党の文在寅候補の対決、白熱しましたね〜。

晩酌をしながら、10秒に一回「おぉ、パククネがあがった!」「あ、ムンジェインもあがってきた!」
と、上がった下がったを繰り返して、最後まで見とどけるんだと興奮していた主人も、眠気に勝てずいってしまいました。

私は家事の合間にウロウロしながら、遅くまで見ていました。
こんなにも僅差で競り合うとは・・・なんだか見てて面白かったです。

若い世代はムンジェイン、上の世代はパククネ、といった感じでしょうか。
初の女性大統領ですね。これからの5年で隣国たちとどうなっていくのか、気になります。


ところで、今日は冬至です。
この日にいただく、小豆粥を炊いています。

no title


今日の写真もなんなんでしょう。
撮る意味もないような写真ですね・・・もうあとは、夕食に食べるときに白玉団子を浮かべれば完成です。
器に持って団子乗せて撮るのが真のブロガーなんでしょうね。私は食べるときは面倒で撮らない、エセブロガーでございます(笑)。

朝食に食べればいいと思っていて昨日大鍋に炊いたのですが、主人が「普通は夜に食べるものだ」と言いながら、仕事場でおやつに皆で食ーべよっと持って行ってしまいました。
もう一度作り直しで面倒だな〜と思ったんだけど、小豆の炊ける匂いがたまらなく幸せです
ここで思わず、ドバーと砂糖を入れたい日本人的衝動を抑え・・・韓国の小豆粥は日本の餡より塩っ気強で食べるのですが、私は自分の皿だけには砂糖を大量投入して、いただくかも?しれません。

※追記分 ↓

と思ったら、主人もかなり砂糖入れて食べてました。日本のぜんざいに近いくらい。
私はかなり以前にお店で一度食べただけで、その時はすごくしょっぱくいただいたので、そういうものだと思っていたのですが、主人が言うには、好みなので自分のお皿に好きなように砂糖と塩を入れて食べればいいと。
塩で食べる人もいれば、甘くする人もいるそうです。
作った翌日にお友達の家に遊びに行き、そこのオモニが召し上がるのを見ると、砂糖は一切いれてなかった。
家で初めて作ってみた小豆粥、色々勉強になりました!



寒い冬を乗り越えます〜人?ブログランキングへ


4
トルコ旅行から義両親が帰ってきました。

どこまでも広い風景と自然の造形美に感動し、とても良かったとおっしゃいます。
ただ毎日バスで長距離を移動してしんどかった、そして長時間のフライトもかなりこたえたと、帰国した日は倒れていました。
食事はパンがよく出されたので、パン好きなお義母さんはかなり満足した様子。匂いに敏感な義母は独特な香辛料が少し気になる時もあったけど、持参したコチュジャンもほぼ出番無しで、全体的に受け入れられたようです。

帰国翌日が週末で、レギュラーメンバー(またもやウチの人だけ除くw)が全員押しかけ子供たちが一日中ぎゃぁぎゃぁ騒いで、疲労と時差ボケから立ち直れていないお義母さんには申し訳なかったですが、たった2週会わないだけで女達は話に花が咲きます。
機内で買ったというミッキーの腕時計のお土産をもらって、子供たちは大興奮。時計はまだ読めずとも、嬉しげにつけて走り回るうちの二匹と、姪っ子の三人。

私が前に行った時に、チューリップ柄の手描きで絵付けされた器を三つ買ってきました。
トルコ原産の花であるチューリップ柄が使われた物が、食器に限らずとてもたくさんありました。鮮やかな色で塗られた器がきれいで惹かれましたが、質は安物でした。今は縁が全て欠けてしまっているので、もし見つかれば買ってきてください、とお願いしていました。

しかし食器は買えなかったと、代わりにテーブルクロスをいただきました。

義姉は、TOD'Sの靴をもらいましたが、なんと信じられないことに左右のサイズが違った。
こんなことってありうるのか・・・トルコの土産話の中で一番の驚き。

ところで、義両親が帰国する6時間前に、我が家の斜め後ろに住むおじいちゃんが亡くなりました。この方は昔から義両親がとても親しくしていた人で、旅行で疲労困憊の体を無理やり起こしてお通夜に出かけて行きました。

これで、我が家を取り囲む七軒のうち、五軒が一人暮らしのおばあちゃんになりました。女は未亡人になってもちゃんと生活している人が多いですね。男は一人では生きていけないようです。村に独居おばあちゃんは多いけど、独居おじいちゃんはほとんどいません。子供と住んだり再婚したりしてます。
それとも、男がほとんど先に旅立ってしまうからでしょうかね。

私は長生きでなくてもいいので、主人より先にいきたくないです。


1クリック、喜びます^^人?ブログランキングへ


5
no title



どんどんおませ度が上がる娘そら。
字を覚えるのはとても楽しいお年頃らしく、ハングルも英語もひらがなも、書ける字が少しずつ増えていってます。

先日は相変わらず片思い(?)継続中のクラスメートのウジンに、ラブレターまで製作。
紙にピンクのペンで、I LOVE YOU ウジンへそらよりとちゃんと英語とハングルで書いて、持って行きました。

4歳でラブレターかい・・・ウジンは受け取ってくれた?と尋ねると、

「ウジンは黙ってかばんに入れた」

黙って受け取るところがなんとも・・・ウジンはニヒルな男なのだろうか。
これで向こうの親御さんにもモロバレですね〜笑。

ハングルほど熱が入っていないひらがなも、学校ごっこと称して私を先生と呼び、一緒に書いてみたりします。

no title


今回は「の」に四苦八苦。どんなに気をつけても、数字の「9」になる!!と涙顔になりながら「の」と戦ってました。
かわいいやつめ

一方、その頃弟ヒョンは・・・

「オンマ!!見て見て〜 ABC書いたよ〜」

これ↓
no title


誰でも得意不得意があるものです。
ね!

こちらは腰がしっかりしてきて、長く一人で座っていられるようになりました!
no title


いつもありがとうございます(´∀`*)
人?ブログランキングへ







5
韓国生活がスタートした時から使っているうちの炊飯器。
蓋のゴムパッキンが劣化し、湯気が出てはならないところから漏れるようになったので修理に来てもらいました。

我が家の炊飯器は、炊飯器業界ではシェアダントツ一位のクックホームシスです。

やってきたのは私より少し若い独身男性。
私が外国人なので、修理をしながらしきりに「実は外国人と結婚したい願望があるにはあるんですよ・・・」という話をする。

韓国の女性がイヤなわけじゃなくって、ただ「国際結婚」という響きに憧れというか、少し平凡ではないところに惹かれているらしい。
そして、もし実現するならば日本女性がいいとのことで、誰か紹介してください〜なんて言われたが、私が知っている在韓日本人女性はみーんな既婚であり、紹介できる知り合いなんていない。

「国際結婚が簡単でないことも、文化や言葉の溝が問題になることも分かってる。リスクは十分理解したうえで、それでも日本女性と結婚したいが、仕事に追われている日々でチャンスを掴みに行く余裕もない」

と、本気そうに気持ちを語る彼のために何かしてあげられたらなぁ・・・と思うも実用的アイデアは一つも浮かびませんでしたTT。


日韓関係が冷え切っているこのご時勢、話の本気度が低くとも本心でなくとも、こんなふうな話を聞かせてもらうと何だかほっとします。
ニュースを見たり、色々調べたりしていると、イヤでも嫌韓感情に呑まれることがある。自分がそんな方向に向くのは怖い。在韓者として望まない。韓国の人とのたわいない世間話は、そんな私を救ってくれることが多々あります。

私を嫌韓に陥れるのも韓国、その落ちた穴からひゅっと拾ってくれるのも韓国。


彼女いなくて国際結婚願望のある若者は、クック社員の顔でもちゃんとおもしろい話をしてくれました。


1980年代に韓国で一大ブームとなった象印(韓国語でコッキリピョ)の炊飯器。
韓国の炊飯器より性能が格段によく、韓国人は日本に行けばお土産に沢山買って行ったそうです。
そんな象印の技術を独自に研究し、クックはそれと同じ性能の炊飯器を開発して業界一にのし上がったという話。

後でネットで検索してみたら、なるほど、同じ話がたくさんヒットします。

象印の炊飯器は、後にサムソンが象印と技術提携をし、韓国製のコッキリ炊飯器を製造販売するに至ったそうですが、中小企業のクックが大手サムソンにも負けず炊飯器のシェアだけはダントツで抜きん出ているのを見ると、ここまでの経緯にいったい何があったのか、ちょっと気になるところです。


彼がドラマのように街角で素敵な日本人女性とぶつかりますように〜人?ブログランキングへ


5
15cmの積雪を記録した鉄原。
保育園連合会から車両運転自律のお達しが出たとのことで、うちの保育園は各家庭で送迎してくださいと連絡が来ました。

Oh、雪と共に降って沸いた突然の4連休 with 魔の3&4歳児・・・

主人が仕事で使うので、私には車がありません。思わぬ休みに、子供たちは大喜び。
雪と戯れたり、映画見たり、家の中で跳んだり跳ねたり跳んだり跳ねたり跳んだり跳ねたり跳跳跳。

我が家の建っている路地は5軒で構成されていますが、うち3軒は独居老人でできないので、うちは率先して路地の雪かきをする義務があります。でないと、残り一軒のおじさんが一人でやるハメになっちゃう。
道と庭をかくだけでも、かなり体が暖まります。

no title


私が雪をかき、子供たちは雪のクッキーとやらを製作中。

こんな感じで私たち親子がグダグダ過ごしている最中、義両親はトルコへ旅立って行きました。

友達に誘われて、いきなり行くことになったと。
私もいきなり友達に誘われたい。旅費はいきなり出てこない。

トルコは私たちが新婚旅行で行った先です。

お義母さんからの質問
「ホテルの朝食は、どんなだった??」

普通のブッフェスタイルもありましたよ〜と答えると、ビニール袋を沢山持って行くんだ!!とおっしゃる・・・

お義父さんがね、他所に行くといつも食事の量が足りなくておなかをすかせるんだそうです。
だから、持ち帰れるものがある時はいつもストックしとかねばならないんだと。

前日にお義母さんは買い物をしてきましたが、お義父さんの口に合わないと困るからとコチュジャンの小さいチューブ、そしてお義父さんがひもじいと困るからとチョコパイなどのお菓子。

いつもお義父さんのことを考え行動するお義母さん。
すばらしい奥さんだなぁ〜と思う一方、いつも大量に与えてそんな大食漢にしたのもお義母さんだしなぁ〜なーんて・・・

トルコ料理は、ケバブのような羊肉もですがお肉料理が多く、ぼやけている感じはなくどれもしっかりした味、という印象が残っています。
ナンのようなパンもいただいたし、ヨーグルトをよく使うようで、そういったソースのお料理やアイランというプレーンヨーグルトに塩を入れたような味の飲み物、ラクという主人も悶絶のお酒、私たちの食文化とは全然違う、でもおいしかったです。
デザートだけが激甘過ぎて、甘党の私でも辟易しましたね。

そんなトルコの料理にコチュジャンか、、、想像に難いですが、肉や魚が多いから意外とあり・・・なわけないか?!

とにかく自然の造形や遺跡がすばらしかったトルコ。
どんな感想を聞かせてくれるか、楽しみです。

は〜い、ソウデスネーno title

・・・・最近うちに出没する火星人にクリックを贈ってください〜
人?ブログランキングへ





5
雪が積もっています。。。。

no title


子供と一緒に外で園バスを待つ間に庭の雪かきをすると、先に主人が踏みしめた足跡が出てきます。
主人が歩くことで、押し固められて凍っているのです。

箒で掃くと出てくるのを見つけるのが面白くて、ついつい必要以上に広く掃いてしまいます。

鶏の水は沸かしてやらねばならず、裏口の水道はぐるぐる巻きに保温せねばならず、窓は凍って開閉困難、車のエンジンはかかりにくなり毎日今日はかかるかかからないかとドキドキしながら乗り込む、ボイラーの通ってない浴室は隅っこが凍るほど極寒、子供を連れて歩くとアジュンマに「アイゴ、子供寒いのに外に出て〜」と言われ・・・そんな季節の本格開始です。

鉄原の冬景色は美しいですが、私は冬は苦手です・・・


古い家を新調して、古い車も買い替えたら好きになるかな^^;?人?ブログランキングへ


↑このページのトップヘ