韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

January 2013

4
今日も朝からホロホロと軽い雪が降っています。

「犬、買いま〜す ケェ サムニダ〜」
と巡回するトラックの声が、とても寂しげに聞こえます。
昔は、村にもっと犬が多いのが普通だったらしいですが、今はそんなにいないですね。


まだまだ長く深い鉄原の冬。
鉄原の景勝地の一つ、ハンタン江の「直湯の滝(직탕폭포)」です。

高さ3〜5m、幅は80mあり、それぞれの四季にあわせて違った彩を見せてくれる私も大好きな滝です。


数日前通りかかったときの様子。
氷上トレッキングをする人たちで賑わっていました。

no title


no title


最高に寒い時は、流れ落ちる水の形そのままに時が止まったように凍り付いてそれは綺麗です。
最近は気温がかなり上がってきたので(最高が−1℃!)、再び水が流れるのが見られます。

美しいのですけど・・・・やっぱり早く春に会いたいです。
今年の冬は、厳しすぎです。

no title
人?ブログランキングへ


5
保育園で今年のお遊戯会が中止になり、代わりに用意された親参加型の行事に行ってきました。

初めに親たちだけ集められ、「笑い治療のレクリエーション」として、陽気なおじさん&おばさん先生について手をたたいたり音楽に合わせて踊ったり、簡単なゲームをしたり。
笑いましょう、笑っていると顔つきも良くなり幸せになりますよ、というテーマの時間でした。
横で主人が眠い・・・眠い・・・と日本語でつぶやくので、指でつつきながらどうにか持ちこたえる( -д-)ノ

それが終わると、親子でお菓子の家を作りましょうという催し物。
各親子に、食パン一本と色んな種類のお菓子が配布され、自由に作ります。

先生が作ったのであろう参考品は、ヘンゼルとグレーテルに出てくるような三角屋根の可愛らしいおうちでしたが、うちは娘そらの提案でマンションを作ることに。

ではスタート!
no title

誰もが大草原の小さな家を作る中、私達だけど〜んと近代建築に挑戦デス。
ハチミツでお菓子を貼り付けていくだけなんですが、無駄に高さばかりあり、しかも垂直なので滑り落ちて大変...
綺麗に仕上げるより、壁からずり落ちないようにすることばっかり神経使いました。
no title

完成。
ツッコミは受け付けません。
no title

巨大食パンマンションは翌朝の食事にいただきました。
一度開封して、ハチミツがベッタリのお菓子たちは美味しくなくなってしまいましたが、子供達が喜んでいたのでオーライ。

主人はやりたくないばっかりに、末っ子すわを見ててあげますよ〜という先生の親切を断固として拒否し、終始抱っこ。
ほとんど手を出さず何を見てたかと思えば...
帰りの車で、

「ウジン(娘の片想い相手)の顔が分かったぞ。全然ハンサムでもないし、ヤンチャそうだ。母親もツンとしてて第一印象がイマイチだ!」

だとさ。

ハイハイ。

僕は白目むいてれば幸せデース
no title

no title
こーやってクリックしてね〜人?ブログランキングへ


5
最近、仕事が無くてヒマヒマな主人が例の生ハムを食べてみようと言い出して。

丸二ヶ月と数日経った今日、切ってみました。

結果から言うと・・・意外と成功?!な感じだったんですヨ。

コレね。
no title



まず、切る前。
キモイ・・全くおいしそうではない。
豚の足丸々一本だとお肉がいっぱいでおいしそうですが、包丁で押し切った小さい切り身(約250g)だったので、切り口が汚く、カチカチに乾燥・変色しています。

no title


横に真っ二つ。

no title


光加減で、写真写りがさまざまですね。
no title


切れ味の微妙な包丁で、がんばって薄切りを試みる彼。

no title


どうにか薄く切れました。

no title


さぁ、そのお味は〜!?

大丈夫な感じでした。
表面は固いけど中は柔らかく、生ハムチックではあります。
食べて数時間経ちますが、今のところお腹の調子も悪くなっていません。
ただ、塩をぬりこみ過ぎたのか非常にしょっぱかったです。このしょっぱさをどうにかすれば、もっといいかなと思いましたが、期待してたよりはおいしいです!というか、食べられるものができると思っていなかった。

分かっています。
ウチのは、生ハムとはほど遠いということは・・邪道中の邪道でしょうけど、これはこれで半乾きのジャーキー(←こういう感想が出る時点で違う)みたいでいけるんですもん。色んなお料理に使えそうです。

あるサイトでは本場は4℃を保って製造するとありましたが、我が家は−20度から3度以上まで、温度管理は自然に任せっぱなしでした。

皆さんも、参考にしてやってみてね〜!!

以上、生乾きジャーキーの作り方レポートでした〜



コレが最高級ハモンイベリコ生ハム原木(9kg以上!)か!48ヶ月熟成ってw
こちら



前回「最終報告聞きたい人はクリック」をお願いしたところ、いつもより順位下がりました('A`)
今日の記事が面白かったらクリックをぜひ!
私、懲りません!人?ブログランキングへ


3
うちに去年から二ヶ月間ぶらさがっている豚肉・・・

その後どうなっているかというコメントをいただいたので、中間報告です〜

no title


これはもう、(違う意味で)できあがっているのでしょうか??
表面が黒く変化し、乾いています。
全くおいしそうではありません。

置かれている環境は暖房の入っていない物置ですが、今までは−10度以下〜最近は暖かかったので、2、3度以上ときもあります。

始めた人は、根拠もなしに「これでよいのだ」と言っておりますが、ものっすご期待できません。

また報告します。

最終報告聞きたい人は、クリックプリーズ人?ブログランキングへ


5
ファチョン(화천)の、ヤマメ祭り(산천어축제)に義実家メンバーと行ってきました。

※写真はクリックで拡大です
no title


厚さ40cmにもカチカチに凍った広〜い華川(ファチョン)が、祭り会場です。よくもまあ、川の全てがここまで強く凍るなぁと、はたと感心するばかりの光景です。
その厚氷をいくつにも区切って、ヤマメ釣りや氷上のバイク、自転車、スケートなど大人も子供も楽しめる遊びでいっぱいでした。

楽しいのはいいけれど、お金がかかる。
どの遊びも一回5000ウォンするので、沢山はできません。
せっかく「ヤマメ」祭りに来ても、メインイベントの釣りもせずヤマメも食べず、子供向けの乗り物に子供を乗せてほとんど終わりでしたが、雰囲気を見学するだけでも楽しい、寒さを吹き飛ばすような人々の笑顔にあふれた良い祭り会場でした。

no title


素手でヤマメを捕まえよう!というコーナー。
ヤマメが泳いでいる水槽の周りを、ガッツあふれる人々がとりかこんでいます。参加者は同じシャツと短パンを着せられてますが、この時気温は0℃〜2℃。いつもよりは暖かいといってもね・・・

no title


スタート!
いっせいに水に飛び込み、ヤマメを追い掛け回すガッツたち。しかも掴んだヤマメは、自分の服の中に入れるルールです。

no title



義実家メンバーが「あむ、こういうの好きそうじゃん。やりなよ〜」と代わる代わる勧めてくるんですが、大和撫子代表として韓国では極めて静かにしているアタクシですのに、いったいどういった立ち位置で映っているんでありましょうか。
寒いのはまだいいとして、服の中で魚が暴れるなんていくらなんでもイヤですヨ。

あむ的にはあれだ!
と、お義母さんが指をさした方向にはおぉ!!楽しそうな光景が。
スノーモービルに繋がれて暴走するゴムボート。

no title


お義父さんを連れて乗ってきなさい、とチケット代をくださるので、嫁二人と親父との三人で三分間ギョエ〜ギョエ〜と絶叫してきました。思えば、いつかの夏に束草の海でバナナボートに乗って絶叫したのも、この三人だったな・・・。

飛び跳ねながらやっとの思いで撮れた一枚。
私の対面に座ってた義父さん。

BlogPaint


子供たちがもう少し大きくなれば、何だって自分で乗れてもっと楽しくなるでしょう。
no title


肝心のヤマメは??いつも応援ありがとうございます人?ブログランキングへ





3
若干前回の続きです。

幸運の一年の始まりだ!!
と思って大量の洗濯山に取り掛かろうとしたら、アレ??

洗濯機の足(金属製)が一本折れてるや〜ん!!
なんでや・・・
サービスセンターに問い合わせたところ、来てもらって直す方法と足を購入して自分で直す方法の二つを紹介されました。
この程度は迷わず後者。
なんたってウチには、ある程度のことなら無料で直してくれる修理工がいますので。というか、自分でどうにかできる、という自信が先に立たねば、こんな古くて寒くて手直しが必要すぎる家にまず住もうと思いません。

自分でどうにかできなくていいので、水が漏らず、壁がカビだらけにならず、浴室が凍結せず、冬でもトイレが凍らず流れて水道もちゃんと出る完成された家に住まわせてくれる旦那がいいな〜

・・・・

なんて思っていませんよ。
私が選んだパートナーと、私も一緒に選んで一緒にリフォームした家に、愛着を持って楽しく住んでいますよ。

話が随分逸れましたが、自分で修理するのはいいとして、洗濯機の足が届くのが金曜日。
足のない代わりに角材をかませてやってみようとしたけれど、どうしても水平を合わせることができず断念です。
去年洗濯機を若干平らでない場所に設置し、微妙に斜めのまま稼動させたところ、洗濯機が何かに憑依されたかのように大きな音を立てながら移動したのを見たときの恐怖がよみがえります。
お義母さんちに洗濯を頼もうとした日に限って、お義母さんいない。

さらに!

下水道の詰まりが解消され、やっと流れるようになったトイレが。
下水道修理の人たちが帰った直後、今度は便器後方の水タンクの中の浮き(?)みたいな、使用後に水を流して再びタンクに水がいっぱいになると浮いてタンクに入る水を止めてくれるアレです。
それがうまく浮かずに、永遠に水が流れ続けるのである・・・

誰も触らないのにナゼ。急に。ずれるのか。

それはウチの修理工がどうにかしてくれました。

なにかしら。ナンなのかしら?
去年からモノが色々壊れます。
買い替えか修理か、または放棄ばっかりしています。

年末に日本から取り寄せたコタツ。
子供三人に狭い我が家、オンドルがあるのに必要ない!!という私に対し、どうしても欲しいという主人。根負けして商品より高い送料に悩みに悩み抜き、意を決して注文した雰囲気の良い和風天然木コタツは、四隅が全てガッと削れておりました。
発送元に運送会社、韓国の運送会社、販売元と責任をタライ回しにされ、まだ解決していないこの問題。運が悪かったと泣き寝入りするのを、グルになって待っているのでありましょうが、諦めるには悔しすぎます。


日本滞在中にある番組で、細木数子がマツコに「大殺界」の話をしているのをたまたま見ましたが、私もソレかしら。大殺界が何かも知らないけれど。家との相性が悪いとか?あるいは甘い私に喝を入れてくれる何かの試練なのかもしれないな。


いやいや、今年の不運は今月中に使い切りたい。
モノは壊れても体は壊さない。
お正月のおみくじも大吉だったもん!

今日も、家族全員健康は無事でした〜◎人?ブログランキングへ



5
はいはーい、日本一時帰国から戻りました!

今年もブログはやめません。よろしくお願いいたします

戻ったとたん保育園は冬休み中だし、旦那もいるし(笑)、排水管にモノが詰まって数日水を流せないしで少しバタバタしておりました。
忙しいとやらで人がすぐには来れず、三日待ちました。
シンクに蓋をして洗い物をし、終わると水をバケツに汲み出して外に捨てに行ってました('д` ;)。
トイレは氷点下の中、庭にある簡易トイレに走り・・・出先でなるべく済ませるようにしたり。でも後半は嫌になって、便器に溜めっぱなしにしてましたね。

文化の違いもさるコトながら、家の古さや田舎であることも加わって、今まで経験してこなかった不便さが多くて慣れました。旦那もこういうコトあまり深刻にとらえない人ですから、、、このまま行くと、私、山のテントでも幸せに暮らせるようになるかな?

今日から子供たちは登園、先ほど配水管も直していただきましたので、溜まりに溜まった洗濯物と数日洗っていない人間たちも洗浄にとりかかろうと思います〜
あ、トイレ掃除もね。

と思ったら、洗濯機のホースが凍ってますね。解凍からスタートです

日本で毎日当たり前にお風呂に入れていた2週間はありがたかったです。

2013年の韓国生活、出だしちょっと転びましたがこれで不運は使い果たしたはずなので、幸運いっぱいの一年にしたいと思います!
今年初めの応援クリックお願いします〜人?ブログランキングへ


↑このページのトップヘ