韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

July 2013

5
これまた古い内容になっちゃいますが、一ヶ月ほど前、我が家に東豆川(トンドゥチョン)日本人会の皆さんが遊びに来てくれた日がありました。

東豆川からここまでは車で一時間くらいかかるけど、8家庭27名がはるばる集まってくれて庭でパーティ!
no title


米軍基地に勤める日米のご夫婦が、基地内は安いからと買出しを引き受けてくれたので、アメリカのパンやお菓子、お肉で盛り上がりました。
no title


韓国のド田舎で、日韓カップル団体がアメリカンなものを食べている。
no title


半分は子供だったので、水遊びしたりスイカ割りしたり、笑いの耐えない至福の数時間でした。
自分の家にこんな風に人を招待できるなんて、田舎に住んでる醍醐味だなぁ。
とにかく、楽しくてしかたありませんでした。

うちの彼は、アメリカ人のご主人(日本語ペラペラ)と二人で話し込んでいる。
ネイティブでない人が話す雰囲気は、ネイティブのそれよりも柔らかいように感じます。
話の内容よりも、ガタイの良い大の男二人が優しい口調の、訛りのある日本語でおしゃべりしている様子が何やらかわいい感じで見とれてしまいましたね。

せっかく鉄原まで来たのだからと、過去記事にもたびたび出てきたソイ山に登り、みんなで鉄原平野を拝んで解散しました。

no title


BlogPaint



皆さん年齢も職業も事情もさまざま。たまーにとは言えど、色んな話が聞けるのは大変貴重です。
日本に住んでいたのでは、なかなかやらない、こんなコト。
海外在住組特有の縁と絆に感謝します。

遠いところ、足を運んでくれて本当にありがとうございました(●´ω`●)

私にとって、思い出深い、心に刻まれた日になりました。

人?ブログランキングへ





1
また韓国やらかしたなぁ~、と落ち込んでました。

あまりスポーツに興味のない私、サッカーの試合中継は見てなかったんですが、あとのニュースで知ったあの無駄に大きい幕。

目にした瞬間、本能でつっこめましたね、
「歴史を作る民族に未来はない」 と。

自国を世界にそのような形でアピールするのはちょっと違うと、墓穴を掘っていると、どうして気づかないのでしょうか?とーっても不思議です。それともこういう広報活動は、海外に対して日本の株を下げる効果をあげているのですか?英語がよく読めず、私には分かりません。

さすがに韓国人でも、今回のことは恥ずかしいと思っているのでは?
とささやかな希望を抱いてネットで見てみると、ヒットしたブログの上から7つを閲覧したところ、マイナスに捉えてる記事がない・・・・

競技の場でこういう行為をした、ということ云々が問題じゃないみたい。
「歴史を忘れた民族に未来はない」
という言葉は、我々に向けられたものだ、日本の非情な行いを忘れかけている私達に今一度思い起こさせてくれたとか、またはアレのどこが政治的な言葉なんだ、とか、日本の応援団が旭日旗を掲げたこととか、、、、

あー、見るんじゃなかった。

恥じる言葉は見当たりません。

根深い。じーつーに根深い。こりゃ本当にこの先1000年どころじゃありません。
北朝鮮に劣らないマインドコントロールが大成功している韓国。ここにいる私は、このままのほほ~んと住んでいるだけでいいのだろうか。


韓国に基盤をかまえ、ここでやっていこうと私なりに一生懸命生きている身としては連日、頭をニュースという鈍器で殴られるような感覚。
朴大統領も、自称元慰安婦のおばあちゃんも、宮崎駿も、誰もかも私は嫌いたくない。
お父様を亡くし、政治に人生を捧げて尊敬します。戦争で死ぬほどご苦労なさったのでしょう。あなたのアニメは全て大好きです!そのように心から言えるのが、人として本来あるべき態度だろうに。

しかし今の私は到底言えません。
辛いっすね。

ホントに辛いです。
自分まで嫌いになりそうです。
人?ブログランキングへ




3
一ヶ月ほど前のことですが、ちょっとした仰天がありました。

夫婦で健康診断を受け、その結果が郵送されてきた時のこと。
封が届いた時に主人がいなかったので、私が一人で開封して二人の結果を眺めていました。

私はどこも異常ナシ。
意識的な運動はしないし、いつも腹12分目摂取し、甘いものも夜更かしも大好きな私は、自分の健康を過信して年をとって泣きを見るタイプなんだろうか?

主人は・・・あらあら、中性脂肪が高いですと出てます~。
やっぱアレかな、麦や米の抽出液とか謳っては体に浸透させてるアレ。

それと異常がもう一つ。

私は凍りついてしまいました。

↓↓↓↓

no title


HIV 陽性

なんで??
なんで??
なんで??

それから私がやったことは、ネットを開き、このような検査にはどれだけの信憑性と誤診の可能性があるかという調査。泣きそうになる一方で、まさかそんなはずはないだろー、という思考のほうが上まっていて思ったよりは冷静だったはずでした。

そうこう一人憤慨しているうちに、野良仕事中の当の本人から電話が。

「あむ・・・・・・・・・ 私エイズだって・・・・・

「うん、私も結果見た。でもなんで知ってるの??」

「病院から直接電話が来たんだよ。




・・・・・間違いだって!!!ギャハハハハハハ!!!!」

ぷつん。

緊張の糸が切れる音がした。
まさかな、と思っていてもやっぱり相当に不安だったみたい。

陽性が出たので、血液を再検査したところ陰性だったんだって。

次回は手紙が届く前にお知らせくださるよう、よーくお願いいたしますよ~???



ケータイと(ゴミのレシートしか入ってない)財布はいつもどっかに置き忘れ、汚い作業着で9割過ごしている人に浮気の疑いはありません。

人?ブログランキングへ


5
ブログをお休みしていた間、こちらはずーっと雨でした。
じっとりじーめじめ、体感湿度は連日200%。
7月は太陽を何度見たかしら。3度ほどかしら??
雨、降ってくれなきゃ困るなぁ〜っと言ってた6月が懐かしい・・・

ミニ森のようだった庭のサンチュも豆もカボチャも、とめどなく注がれる水に流され、溶けて土に返ってしまいました。
お日様に会えないトマトは赤くならないのに古い我が家はカビで黒くなり、洗濯機の乾燥機能はかつてないほど大活躍。
川は増水し汽車は止まり、会う人会う人、「なんだろうね、いつ止むのかこの雨は・・・」が挨拶代わり。

義両親でさえ、ここまでの長雨は初めて経験するというほどの降りっぷりです。
あれほど長かった冬は寒さによるトラブル対処に翻弄され、待ち焦がれた夏が来ると、長雨と虫の自宅侵入に悩まされている。
気候による要因だけでなくて、うちの場合は「家が古い」ということがトラブルの半分を担っています。

そんな日が続き、今日は待ち焦がれた晴天!!

急いで洗濯機を二回まわし、家中を開け放して、場所を選ばず繁殖しているカビの払拭、払拭、払拭!
玄関に置いていたベビーカーも帽子もやられちゃって全て丸洗いです。

こんなだった韓国カボチャは・・・
BlogPaint


屋根までとどき、もう実が取れない。
no title


背は高くとも、雨の間にできた小粒はほとんど落ちてしまいました(;;)
no title


この、つるの美しい螺旋を見るのが好きだ(^^)
no title


また、ちゃんと更新します。
よろしくお願いします^^

あむ

人?ブログランキングへ


↑このページのトップヘ