韓国に行った日本人―Welcome to Korea

韓国の農家の男性と結婚した韓国在住の日本人。江原道鉄原のガイドをしています。 「鉄原」「あむツアー」のカテゴリをご参照に、elephants322@hotmail.comへご連絡ください〜

August 2013

5
私ね、大学生になったんですよ~。

なんてね。

江原道(ここ鉄原の行政区域)女性大学なるものに参加しました。
今回で第14期を迎える、江原道が女性に対して開催した勉強会で、2時間×週2回×8週で16回。
毎回、作家やどこかの大学教授や、ナントカ健康センターのセンター長さんなどが講義をしてくれるのです。

テーマは健康、経済、政治、文化など。
今日は第二回目の講義を聴いてきたのですが、うーん、内容を理解する以前に私の語学力では聞き取りにせいいっぱい。予想してたけどね・・・やっぱりという感じで^^;
歴史や文化的地理的観点から江原道を見たお話で、後半眠くてしょうがありませんでした。こういう論文ぽいものを目の前にしてお勉強というのは、考えてみれば10年くらいやってないな。まるで高校の、長文問題に出てくるような内容に見えて・・・あと14回が思いやられるね。
間の10分休憩に入った瞬間、隣のハルモ二が「あーっ、おもしろくない!」と一言。私だけじゃないのね。

鉄原の郡庁の一室に集まりモニターでの遠隔講義ですが、先日の開校式は春川にある道庁に出向きました。

鉄原からは15人いるはずが、初日から8人しか出席していない。韓国らしい!?
no title


おばさまたちのアイドル、超人気の江原道知事さん。
ひっぱりだこで写真撮影に応じてました。
no title


そこには、江原道中から集まった女性達が。申請者数は約250人です。
見渡す限り、アジュンマ・ハルモ二!全部パーマ!私より若い人はいないように見えました。普通は、こんな小さい子がいる女性より、余裕のある年配層が受けるものなんですよね。
私は娘をその時だけ預けて出ますが、得るものがありますように。

その道庁での開校式に続けて行われた第1回目の講義が、「笑うことで健康になる」というものでこれは難しいことも一つもなくおもしろく聞けました。

聞き覚えた内容を、帰宅して主人に話しました。

「ガン細胞は35度で活性化し、熱には弱くて42度では死滅する。つまり、体を熱くする事でガン細胞がはたらきにくくなるため、ガンになりにくい」

笑うことでも体力を使い、体が熱くなるので大変よい作用である。という話も聞いた、と伝えたところ・・・

「じゃぁ、酒を飲むと楽しくてすごい笑うじゃん?酒を飲むだけでも体が熱くなるのに、さらに酒の力で笑えるから体は超熱くなるってことだよね。つまり、酒はがん細胞のはたらきを抑えるのに、サイコーってことだね!!」

何この敗北感と絶望感。

とにかく女性大学、眠くてもがんばります。

人?ブログランキングへ


5
息子が満4歳を迎え、なんとも感慨深いです。

特別なサプライズを用意することはできないけれど、、、家族で近場のハーブ園へ遊びに行きました。

過去に何度か訪れ、このブログでも登場したことのある、鉄原の隣町、漣川の「ハーブビレッジ」です。
ゆっくり見ても1、2時間で回れてしかも夜遅くまで開いているので、涼しくなった6時ごろに入場。

no title


男すぃーはどうだか分かりませんが、ハーブだらけの小道は女子にはたまらんです。
no title


전두환(全斗煥)前大統領の息子が所有している園だそうで・・・
結構作りこんであるワリには入場料は高くないし、お客さんもそんなに多そうじゃないなぁとは思っていたんですが、「オーナーがお金持ちで道楽でやっているから、商売っ気がないんだ」と兄嫁は言います。真偽のほどは不明です。

no title


no title


あぁ、これが私の庭だったら・・・と夢を見させてくれます。
no title


no title


伸び伸びと流れるイムジン川。
no title


これは現実・・・4歳、記念の笑顔も相変わらず。
no title


私の大事な人たち。今日も皆、元気です!
BlogPaint


息子のリクエストで、前日はフライドチキンを買ってきて食べ、当日はコロッケを作りました。
揚げ物が大好き。

毎日毎日、パング(おならの意)やトンコ(肛門)ばかり連発し、いくらはたかれようが怒鳴られようが、全く意に介さないふざけんボーイ。私は振り回されて大変です。
戦隊モノが大好きで、日本のお客さんからもらった「キョウリュウジャー」というキャラが載っている子供雑誌を、飽きもしないでずーっと眺めています。字も読めないのに、繰り返し繰り返し見入っては付録のDVDで得た知識を私に説明してくれるんだけど、オンマは何度聞いてもさっぱり頭に入らないよ・・・
夜はキョウリュウジャーの夢を見るんだと言って、枕の下にその雑誌を入れて寝るから、もうボロボロ。

ブロック、ちゃんばら、戦隊モノ、乗り物が好きで、大喰らいで、下品でおちょけでマザコンで、泣き虫で、怖がりで、やんちゃで笑顔のすばらしい、かわいいうちの火星人。
今日もオンマの横で、くっついて眠りにつきました。
人?ブログランキングへ


5
本当なら毎日トマトの収穫に追われてなきゃいけない時期だけど、今年は収量がかんばしくなく2,3日毎に採っているうちのパパ。

その分、時間を手に入れたおかげで、ずーっと放置していた洗面所のリフォームに着手!

そうか・・・・

5月に汚いタイルの壁を剥がしておいて、いつになったら次の段階に進むの?
いつまで土間の水道で沐浴を続けるの?
私にかまってないで、早く浴室を作りなさいよ!!

という、トマトの神様の心遣いなのかもしれない。
ありがたい・・・

しかし、主人はなかなかやる男なのです。
築35年の我が家、多分35年間そのままの浴室。

before  から

窓は小さく、かすかに灯る電球、深緑の暗~いタイルで覆われた、ダンジョンかよっ!って感じだった。

no title


no title


まずタイルを剥がし、浴槽をブチ壊しました。

no title


no title


床のタイルも取り去り、床暖房のパイプをめぐらせます。
冬は−10度以下の恐怖の空間。凍ってトイレは流れない、壁には霜がびっしり、行水はまるで修行でした。

no title


no title


no title


上部に新しく窓を設置。
1.5坪のコンクリむき出しの空間に、便器がぽっつーんと置かれた状態までこぎつけ、ここで農繁期に突入で3ヶ月以上中断。すっきりしたダンジョンになりました。

no title


薄いプラスチックの天井材を乗せてただけの天井も外したので、しばらくは屋根を内側から眺めながら用を足す日々を送る。

no title


そしてここ数日で一気に形作られ、変貌をとげた・・・

no title


after  今ココ ↓↓↓↓↓

no title


no title


no title


no title


no title


写真が上手でないので、全体像が収められず残念。

全体に断熱材とルーバーを貼り、濃い色でモールディングを施し、天井にはベニヤ板と新たな電飾を施すと....。

なんということでしょう!
匠の手によって、湿った重い部屋が、家の中でも一際異彩を放つカフェ風異空間に!

人は彼を「住宅の無免許整形外科医」と呼びます。すべった??よね

とにかく予算が無いので、あれこれ贅沢は言えない範囲でやり遂げねば。
私は床はアンモニアや耐水性に強いもの、塩ビ材とまではできなくてもタイルやトイレ用のフローリング材がいいのではと、かなりもめましたが、結局施工の難易度や予算の都合で「木」になりました。

湿度が高い日に床を貼ったのは、少し失敗でした。
その時は若干膨張していた床材は、後日縮み、少し隙間があいてしまいました。
これはキッチンの食器棚でも上手く行かなくて、棚の戸は反り返ってしまいちゃんと閉まりません。

・・・というような、細かな失敗例は多々ありますが、まぁ今までのリフォーム、家中こんな「まーいっか」な感じで仕上げてきてるので、今更気にしません。

素直に主人には尊敬です。
心の中では、(こういう人を器用貧乏というのかなぁ~)と思っていても、決して口にはしませんよ・・・
こんな彼が大好きです。素敵です。

これから、この部屋に洗面台をつけます。
最後は私がなんやらかんやら置いてごちゃごちゃと飾ります。
まだ全然完成してないのに、ちゃっかり絵を飾ろうと持ってきたのは今まで何も手伝ってない私です。

あれ、お風呂はどこいった??
そちらはまだまだなので、形が見えてきたらお風呂編として後日アップします〜
人?ブログランキングへ










5
収穫し、皮を剥いてそのまま外に投げてあったトウモロコシ。

no title


半乾きの粒からもそもそと芽が出ました。

写真は撮り忘れましたが、大雨で収穫せずに放っておいた豆のさやからも、雨水を吸って出した尻尾で立ち上がった豆が、ピロリピロリと顔を出してました。

小さなカラダに大きな生命力を感じます・・・
農家なのに、見えないくらい小さい種がどうしてこんな立派に育つのか、未だに驚く私です。


人?ブログランキングへ


1
今年も(も、なんて言っちゃってるけど)、うちのハウスの調子はイマイチである・・・

500坪のハウスに今年はトマトを植えた主人。私は今年は仕事に出られないので、一人で毎日奮闘してくれている。

でもね・・・・。

畑の準備から約二ヶ月、あんなにがんばって育てて、待ち望んだ出荷の日は来ませんでした。

栄養不足なのか実が小さいことと、ホウ素不足による内部の腐れ、花の少なさ。

中が腐っているものがそんなに多いわけではないけれど、外から見て判別がつかないので普通に出荷ができない。そういう事情を承知の上で安く買い占めてくれる業者がいて、そちらに出しています。しかし本当に安く、また実が少ないので、それもすぐに出し終わってしまうでしょう。

主人がどんなに精魂こめて世話してきたかを知っているので、その落ち込み方にかける言葉も見つかりません。
そして彼を慰めることを考えてばかりもいられません。完全に赤字なので、落ち込んでる彼には悪いけど他の仕事をしてもらわなければいけません。
もうすぐしたら、土木でも行こうと話しています。

私達って、農家向いていないんじゃないかしら。
作物を育てる難しさに、毎年そう思います。もう辞めちゃいたいと思うことも私はあります。
でも彼は、辞めちゃいたいとは思わないみたい。現実を数字で見ると、なかなか続ける気にはならないのだけど・・・いつかはよくなる、そう信じたいもんね・・・そう信じてもう7年もやってますけどね

経済的にも厳しいし、連日余裕もなくハウスに通うのももうイヤ。しかし農業は辞めたくない!

という彼の言い分を全て呑む作物を思案中。話し合いと熟考の末、一つ、コレいいかなと思うものを考えつきました。来年、本当にそれに転向したら報告します。ほら、なんだかんだ愚痴って、来年またひょっとトマトやってたら気恥ずかしいからねw。

行き場のない、かわいそうな不良トマトが大量に出ます。
それらの一部はウチのジュース、トマトソース、ケチャップに変身。
今日はジュースと、ケチャップを作りました~。

no title


美人さんなのになぁ。市場の水準はキビシイ。
no title


ミキサーにかけ、濾して種と皮を除き、蜂蜜とか砂糖など甘みを少々加えるとごくごくトマトを食べられます。
no title


同じくミキサーにかけて濾したものを、ケチャップにも。

あまりの量に小っちゃくヘタを切り出すのが面倒になり、横にざっくり切り落とすとなんだか綺麗だった
no title


トマトにスパイスや玉ネギや、砂糖などを加えて2時間くらいコトコト煮ます。
no title


no title


作ってみて湧いた疑問。
市販のケチャップってなんであんなに安いの!???トマト5kgくらいと玉ネギや他材料使って、できたケチャップは正味1、5kgくらい。とてもじゃないが、市販のケチャップの安さにはかなわない。
でも味は良かったんです^^ 家族も、おいしい~と言ってくれて。

実はちょっとこんな考えしたのですよ。

落ち込んでいる主人を見て、どうにか私が加工できないかと・・・ジュースは保存がきかないなぁ。それで3日間くらいケチャップを煮まくって研究してみたんだけど、手間のワリには全然量ができない上に、このコストでは市販の数倍の値段を頂かないとダメだわ。その前に売り先が無いので、全く現実的な話ではないのですが。
いつか本格的にやったら、最寄の白馬高地駅の売店にでも売り込みに行こうかな。


人?ブログランキングへ


5
今日は珍しく、思いつきでガイドっぽいレポートを書きます。

テーマは、1968年に起きた「青瓦台襲撃事件」。

相変わらずぼ~ちぼち続けております、鉄原あむツアー。
皆様のおかげです。

今回はリピーターの女性が、お友達と再来してくださいました。ありがたいことにリピートしてくれるお客様が結構いらっしゃって、いつのまにやら鉄原に加え、隣町の漣川の展望台もレギュラーコースになっている・・・



しかし今日は、私も初の場所を訪問する機会となりました。

連川の、武装共産ゲリラ侵入ルート(1.21무장공비침투로)

↓ 漣川のHPより。相変わらず、自分で写真を撮らない怠け者ガイド。 
  実際の模型は、この写真より相当古いらしく色あせていて、奥の建物も変わっていました。

a06_b02_c02_03_img_01


軍人さんから聞いた説明と、あとでウィキでカンニングした内容を組み合わせて書いた
事件概要


1968年1月17日、北朝鮮から、第124部隊第1中隊第1小隊に所属する精鋭部隊31名が、26師団の模擬制服で変装して休戦ラインを突破し、韓国領に侵入しました。地雷原を3時間で突破した実力から、相当に訓練されたエリート集団であることが伺えます。

目的は、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領と要人の暗殺、主要機関の爆破。途中で木こり4人に遭遇しましたが、住所氏名等を聞き出し、「通報すれば一族もろとも消す」等と脅迫し解放しました。しかしこの韓国市民は、解放された後に警察に通報します。

1月21日、ソウル市内に入ると日本製の背広とレインコートに着替え、青瓦台800メートル手前の北漢山まで侵入しました。しかし木こりのタレコミによりすでに警戒中だった韓国当局に検問を受け、その場で手榴弾を投げ、自動小銃を乱射して逃亡。この時、近くを通ったバスに乗っていた市民が巻き添えを喰らいます。突入は阻止されます。

韓国軍と警察部隊の2週間に及ぶ掃討作戦により、29名が射殺され、1名は北へ逃走、1名は捕らえられました。また、射殺は27人で、1名から3名が逃亡したともいわれる。2名が重傷を負いながら軍事境界線を越えて帰国したという話も。

ugc


2週間の銃撃戦で韓国側は軍人・警察官と巻き添えの民間人の計68名が死亡しました。

逮捕されたのは当時27歳の金新朝(キム・シンジョ 김신조)少尉で、彼の供述により北朝鮮における特殊部隊の存在が明らかになりました。また、「軍事独裁を敷く朴大統領が殺害されれば、韓国民衆は必ず労働者革命を起こす」と分析していたといいます。また金少尉はテレビカメラに向かって「私は朴正煕の首を取りにやってきた」と言い放ち、韓国国民に衝撃を与えました。

しかしその後、金日成に騙されてたと気づいたキムシンジョさんは、現在はソウルの성락교회という教会で牧師さんをされています。
当時を語る貴重な人材として、メディアにもよく出ているようです。

当時のキムシンジョさん
ugcCAZWBEVG


ちょっと前のキムシンジョさん
nhnsvc


最近のキムシンジョさん
ugcCA4F4H81


ところが復習のつもりで調べているうちに、こんな記事発見。

興味のある方はひらいてください。
実は31人でなく、33人?南がスパイを養成したのか?

このゲリラ模型は特に何ってことなかったです。
実際の通ったルートではありますが、草っぱらに写真の模型があるだけです。
セットで勝戦OPという展望台を見学させてもらいました。しかしこちらも写真を撮らなかったので、ここでは割愛します。オイオイ


訪れてとてもいい勉強になりました。鉄原から結構遠かったです。何度も行くのは、正直、ちょっとめんどくさいです。
こんなに紹介しておきながら言うのもなんですが、行きたい!と沢山言われない方がいいです(笑)。年に2回くらいだったらやる気になります。オイオイ・・・・

と言うわけで、みなさん、鉄原にはいっぱい来てください!
人?ブログランキングへ


5

久々の成長記録 兼 親ばか話に、つきあってください

ただ今、保育園の夏休み真っ最中。16日連休ですε=ε=(;´Д`)
家にばかりいられないので、用事を作ってはなるべく外出。

1歳2ヶ月になった末っ子すわは、、、
最近やっと歩くようになりました。

no title


まだ下手くそだけど、一生懸命にペンギンみたいによちよち接近してくる姿は、これ以上かわいいものがこの世にあるかと思うくらい。

農家の子らしくキュウリやトマトや果物が大好きで、毎日夢中でマルかじりしてます。
no title


no title


人に対して以前ほどは愛想を振りまかず、知らない人には行かなくなりました。
前は本当に誰にでも抱っこされてはニコニコし、八方美人だったのに・・・やっと来た人見知りの時期。どんだけ遅いんだ(笑)
ゆっくりゆったり成長している感じのする子です。

息子ヒョンは、、、、

ま、あいも変わらずこんな感じで平常運転です。
no title


毎日毎日、余計なことをしては周りを怒らせ、部屋の温度と私の血圧を上げるのが趣味みたいな宇宙人ですよ・・・一番怖いのはオンマ。一番好きなのも、オンマ。

「この先生とあの先生だったら、どっちがもっと好き?」「オンマが好き。」
「おじいちゃんとおばあちゃんだったら、どっちが好きなの?」「オンマが好き。」

これをカワイイと思う私は、主人曰くヒョンの陰謀に嵌って洗脳されてるんですって。そうかもね。いつまでこうやって言ってくれるかな。高校生になっても言ってたらちょっとアレだけどね。

しかし本当に不思議なくらい、言うことを聞きません。姉と毎日5回以上はいがみあいます。私がそういう話をすると、周りは申し合わせたように「男の子だから・・・」という言葉で諌めてくれるけど、、、、私もそう思ってはいるんだけど、、、
うーん、手ごわいわ~(笑)。
世の中の、男児を育てている親御さん、特に複数いるご家庭、皆にエールを送りたい!


姉そらと比べると、ホーント手がかかります。
できない子ほど気になって、大人になってもかわいく思うのだろうか。
しっかり者にならざるを得ないそらには、いつも助けてもらってるね。モノを頼むのも、厳しいことを言ってしまうのも、聞いてくれもしないヒョンより、受け答えのできるそらに多い・・・
ヒョンが生まれた時からすでに出ていたこの兆候、多分一生、変わらないポジションで行くんだろうね。そら、ごめんね~ありがとうね、そしてこれからもよろしくお願いします(笑)。

この二人が通っている教会の、夏の合宿に参加しました。

子供向けの3日間のプログラムで、大人は行かなくていいんだけど二人が幼いこともあって私も見学に行きました。
アニメーションを使って牧師様が聖書のお話をしてくれたり、歌を歌ったり踊ったり、ゲームしたり。

韓国にもだるまさんが転んだ、があります。
「ムクゲ(国花)の花が咲きました」というフレーズですが、教会では「祈り(기도)の花が咲きました」ってやってました。

no title


八百万の神を祭る日本人らしく(?)、私は教会には通っておらず、日本で教会にも行ったことがありません。でも心から入れ込むことはなくても、時々顔を出して聖書の話をかじり聞いたり、雰囲気を見たりすることには少し興味があります。
子供たちは牧師様のお話だって難しくて、一生懸命聞いていません。行くとお姉ちゃんたちが遊んでくれるし、友達がいるので行きたがります。「私が神だ」と豪語している主人も、子供のときは暇つぶしに教会に遊びに行ってたんだって。

後ろで座って眺めていましたが、教会の子供たちはいい子が多いな~という印象。
上の子は下の子をよく気にかけ、長く通ってる感じの大きい子はしっかり運営に関わっており、歌うのも踊るのも恥ずかしがらない。

姉そらは、保育園で先生に「賑やかチームの隊長」に選ばれたんですってよ。
つまり、クラスで一番声がでかくておしゃべりって意味です。元気でいいじゃん~(´▽`)でも母は物静かな大和撫子ですよ。

保育園で。
夏休み中、健康に心がける言葉を掲げて。
「水を飲む」「好き嫌いしない」「お風呂に入る」

BlogPaint


夏休み、元気一杯に過ごす子供たち。
私は小学生の頃まで何して過ごしてたのか、どうも思い出せません。



人?ブログランキングへ


↑このページのトップヘ